« 〔NEWS〕 審判の日は 日本時間22日 午前7時、信じる者は 「天国」行き ? | トップページ | 空から歌が聴こえる My Heart's in the Highlands »

2011年5月20日 (金)

〔いんさいど世界〕 ドミニク・ストロスカーン(DSK)「転落」の謎

 IMFの専務理事、フランスのドミニク・ストロスカーン(DSK)の「性的暴行」スキャンダルについて、「陰謀」説が広がっている。

 カナダの「グローバル・リサーチ研究所」のミッチェル・チョスドフスキー教授によると、フランスでの世論調査によると、57%のフランス人が「事件」をでっち上げだと見ているそうだ。⇒ http://www.voltairenet.org/article169953.html

 陰謀説の中で最も有力(?)なものは、DSKが次ぎのフランスの大統領選に出馬し、アメリカの手先であるサルコジを追い落としそうだから、罠に嵌めて政治生命を奪った、というものだ。

 一見、説得力のある見方のように思えるが、さて、いかがなものか?

 DSKはフランス社会党に政治家でありながら、サルコジの大統領選を側面から支援し、IMF専務理事のポストにありついた男。
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2008/09/post-4b28.html

 アメリカとしてはDSKをフランスの次期大統領にしても一向に困らないはずだ。左派の新人に大統領になられるより、DSKを据えた方がコントロールしやすい。

 それに、チョスドフスキー教授によれば、DSKは世界のトップ権力者、富豪らでつくる国際組織、「ビルダーバーグ」の一員。

 そういうDSKを、どうしていま、嵌めなければならないか?

 「嵌める」には、もちろん動機がある。嵌めるということは、DSKをIMFの専務理事ポストから追う出すこと。
 問題はなぜ、アメリカがDSKをIMFから追い出さなければならないか、ということだ。

 理由は――分からない。分からないが、想像することはできる。

 おそらくアメリカの権力は、「IMFの金」に手を出さなければならないほど、「IMFの金」を囲い込まねばならないほご、金融・財政・軍事面で追い込まれているのだ。

 そのために「旧世界」にルーツのあるDSKを斬った!

 DSKはたぶん、「ワシントン=ウォールストリート・コンセンサス」にとって邪魔者になったのだ。

 ふたつの戦争と金融バブル大崩壊にあえぐアメリカ……。
 現代のグローバルな権力闘争を解く鍵は、やはり「マネー」にある。 

|

« 〔NEWS〕 審判の日は 日本時間22日 午前7時、信じる者は 「天国」行き ? | トップページ | 空から歌が聴こえる My Heart's in the Highlands »

いんさいど世界」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いんさいど世界〕 ドミニク・ストロスカーン(DSK)「転落」の謎:

« 〔NEWS〕 審判の日は 日本時間22日 午前7時、信じる者は 「天国」行き ? | トップページ | 空から歌が聴こえる My Heart's in the Highlands »