無料ブログはココログ

« 浜辺の歌 | トップページ | 生きるものの歌 »

2014年12月 5日 (金)

 Any Way the Wind Blows

 

 ようやく風邪が抜け、疲れもとれて元気になって、天井板の拭き掃除をして、さっぱりした気分になった。

 そして…………近くの農道を、30分間(片道15分)、足の向くまま、ジョギング!

 誰もいない谷間の道かと思ったら、道端のバス停で、農家のおかあさんが、スクールバスの到着を待っていた。迎えに来たのだ。

 走りの行きも帰りも、待っていた。

 スクールバスが狭い道を走ってきた。

 運転手さんにあいさつすると、あいさつがかえってきた。

 なぜか、とってもうれしくなった。

 うれしくて体の調子も、よくなった。

 そして…………夕方、BBCスコットランドの歌番組をネットで聴いていたら、この歌!

 アーネイス・ミッチェルさんの Any Way the Wind Blows

 歌詞は ⇒ こちら

  ♪ 風は吹くのよ! どんな方にも!   

 古民家のかやぶき屋根の下、いのちの残りを生きて行く。

 風の吹くまま、また、新しい生活が始まった。

 山霧がたなびく山村。

 「日の丸」という名のついた小山のそばで。

« 浜辺の歌 | トップページ | 生きるものの歌 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31