無料ブログはココログ

« The Little Bird | トップページ | The Lighthouse  »

2010年10月 9日 (土)

Moonlight On The Mountains

 エイミー・アリソン(Amy Allison )さんのこの歌を(何度も)聴いて、午前中、ただ黙って、窓から曇り空を見上げていた。

 部屋の窓の向こうには茶褐色の長大なマンションがあって、牛が寝ているような、山のように見えなくもない。

 雲の向こうの青空には、ひょっとしたら月がかかっているかも知れない。

 昼間の月でも日の光を反射し、応分の光を地上へ放っているはずだ。

  ♪ 月の光は透明な魔術で、愛する人が地上を去っても、ちゃんと「世界」を残して置いといてくれる。
    月の光は愛するその人。「世界」を愛する魔法をかけてくれる人。

    孤独の中で、月の光に照らされ、熊のように眠ればいいのだ。いつの間にか、朝は来る。

 以下は、ニューヨークのロウワー・イースト・サイドでのライブのビデオ。
 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=hyONQp0vWqQ

 「聴く」だけなら、以下の彼女の公式サイトに入り、「music」のページで、MP3のこの曲のリンクをクリックすればいい。(もちろん、音質はレコーディングだから素晴らしい)
  公式HP ⇒ http://www.amyallisonmusic.com/

 後半、一緒に歌っているのは、お父さんのジャズ・ピアニスト、モーズ・アリソンさん、だろう。

 CDが届けば、たぶん、わかる。

  拙訳歌詞

 
  ♪ 月の光が山々の端を照らしている 
     わたしの周りには誰もいない
   なんだか見捨てられたような
   私を見つけてくれる人なんか、いない

   月の光はあなたになって
   わたしの心に魔法をかけるの
   わたしに月の光を愛しなさいと
   そしてあなたはわたしに世界を残してくれた

   どこからかで生き物たちのざわめきが聞こえる
   夜明け? でもわたし不安だわ
   でも、わたしの周りに日の光があふれ
   わたしの心を充たしてくれる

   新聞の見出しを見て、どうして跡形もなく消えたの?
   野生のなかで永久に消えるなんて
   その愛の抱擁って何?

   お日様は山の上に昇ったわ
   熊さんのように眠っていたのね
   お月さまは魔術をかけてくれた
   つらい現実の世界を消してくれた

   月の光はあなたになって
   わたしの心に魔法をかけるの
   わたしに月の光を愛しなさいと
   そしてあなたはわたしに世界を残してくれた

    

« The Little Bird | トップページ | The Lighthouse  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Moonlight On The Mountains:

« The Little Bird | トップページ | The Lighthouse  »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30