無料ブログはココログ

« Lullaby | トップページ | Danny Boy »

2010年3月22日 (月)

Song of the seashore 

 スコットランドのミュージシャン、グラハム・ウィルソンさんの編曲・演奏で、「浜辺の歌」を。
 前半はスコテッシュ・アコーデオンでの演奏。

 グラハムさんは、昔、一緒に歩いた日本人女性から、この歌を教わったそうだ。

 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=tOAFSz1jtIc&feature=related

 この歌は、中国語にもなっている。 「海濱之歌」
 以下は、米カリフォルニア州アーヴァインの教会の新年会で2年前に歌われたもの。

 中国語と日本語のコーラス ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=hVXxviRd9TQ&feature=related 

 そして、中国の合唱団の素晴らしい演奏を ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=o8VxvpFbDNM&feature=related

  いいなあ! 「浜辺の歌」が結ぶ日中友好!

  ユーチューブにはギタリストのチェット・アトキンズさんの演奏も載っていた。⇒ http://www.youtube.com/watch?v=MukKiVTG7VA&feature=related

  林古渓作詞・成田為三作作曲。

 近代日本において、「こども」が「発見」された「童謡の時代」、大正デモクラシーの歌だ。
 だから、今の時代にも、国境を超えて心に響くのだろう。

« Lullaby | トップページ | Danny Boy »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Song of the seashore :

« Lullaby | トップページ | Danny Boy »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30