無料ブログはココログ

« 恋しているんだもん | トップページ | Greenfields »

2009年12月20日 (日)

Ae Fond Kiss

 スコットランド民謡を、スコットランドの女性歌手、エディー・リーダーさんが歌っている。

 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=YIKWHuxljFE

 詩は、18世紀のスコットランドの詩人、ロバート・バーンズの作。

 拙い訳で恥ずかしいが、参考までに付けた。

Ae Fond Kiss
by Robert Burns

Ae fond kiss, and then we sever
Ae farewell, and then forever
Deep in heart-wrung tears I'll pledge thee,
Warring sighs and goans I'll wage thee.
やさしいキスをひとつ それでお別れ
ひとつの別れが永遠の別れに
苦しみの涙の奥から あなたに誓う
せめぎ合う吐息と嘆きをあなたに贈る

Who shall say that Fortune grieves him,
While the star of hope she leaves him
Me nae cheerful twinkle lights me,
Dark despair around benights me.
幸せの女神に泣くことはないわ
希望の星を、くれたのだから
でも私を、絶望の闇が包む
 
I'll ne'er blame my partial fancy:
Nothing could resist my Nancy
But to see her was to love her
Love but her, and love for ever.
脆い夢のせいにはしないが
迷いは去らず、つきまとう
会ってしまえば、また愛してしまう
彼女のいない愛 永遠の愛

Had we never loe'd sae kindly,
Had we never loe'd sae blindly,
Never met - nor never parted -
We had ne'er been broken-hearted.
あれほど優しく愛し合わなければ
あれほど忘れて愛し合わなければ
会わずにいたら――別れもなく
心が張り裂けることもなく

Fare thee weel, thou first and fairest
Fare thee weel, thou best and dearest
Thine be ilka joy and treasure,
Peace, Enjoyment, Love and Pleasure
さようなら 最愛の美しき極みの君よ
さようなら 最高の親愛の極みの君よ
君は喜び そして宝
平和と喜びと愛と愉楽

Ae fond kiss, and then we sever
Ae farewell, alas, for ever
Deep in heart-wrung tears I'll pledge thee,
Warring sighs and groans I'll wage thee.

エディー・リーダーさん Wiki  ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Eddi_Reader

ロバート・バーンズ 日本語Wiki  ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA

« 恋しているんだもん | トップページ | Greenfields »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ae Fond Kiss:

« 恋しているんだもん | トップページ | Greenfields »

最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31