2007-09-30

〔NEWS〕 英国のホームスクーリング運動 急拡大

 英国でもホームスクーリングが拡大しているようだ。
 英紙インディペンデント(電子版、9月29日付け)によると、一部の地域ではこの5年間に8倍も急増しているという。

 ホームスクーリングの普及に取り組む英国の団体、「エデュケーション・アザーワイズ」では、実態はその3倍に達するかも知れないと指摘している。

 記事にはホームスクーリングの具体的事例も紹介されている。

 プレストンの近郊、カーカムに住むエイヤーズ夫妻(スチュアートさん=大学講師、レベッカさん=図書館司書)は、8歳と6歳のお嬢さん2人をホームスクーリングで育てている。

 一家のホームスクーリングは高度に「構造化」されていない。2人のお嬢さんはフランス語や音楽を他の子どもたちと一緒に、他の先生から教わったりしている。

 プレストンの公立校の校長は、学力テストの平均点を上げるために、子どもをホームスクーリングに追いやる傾向もある、と言っている。


http://news.independent.co.uk/education/education_news/article3010202.ece

Posted by 大沼安史 at 06:02 午後 ホームスクーリング | | トラックバック (0)