« 2010年12月 | トップページ

2011-10-29

〔フクシマ・For the Reord〕 武蔵野市 給食牛乳 7ベクレル/キログラム検出 小学生に飲ませないと決断 給食牛乳の安全基準に先鞭 ★ 宮城県 25ベクレルでも飲ませる!

 東洋経済 → http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/42933f34496dae5e310adcf6cc1d03e0/

  東京・武蔵野市の小学校で10月26日、給食に出される予定だった低温殺菌牛乳から放射性物質セシウムが検出された。これを受けて、同市教育委員会は急遽牛乳の提供を取りやめた事が判明した。

 牛乳の取りやめがあったのは、同市の小学校12校のうち8校。8校は同じ給食センターから牛乳を配送されている。同市教委によれば、今回の低温殺菌牛乳は毎日児童が飲んでいる通常時の高温殺菌牛乳とは別に、市が昨年から月1回に群馬県内のメーカーから仕入れている牛乳だ。

 ……今回、検出されたのはセシウム134と同137合計で7ベクレル/キログラム。児童と保護者には、学校から牛乳の急遽提供中止の事情説明に関する文書が配られた。「国の暫定基準値である200ベクレル/キログラムよりもかなり低い数値だが、保護者からの不安な声が多く、独自に判断した」と、同市の給食担当者は述べる。これには保護者や住民から感謝の声が多くあったという。

 ◇ ツイッター情報 宮城県はなんと3倍以上の25ベクレル牛乳を子どもたちに飲ませている!

  ☆ dadajiji dadajiji39
はやおさんから:7ベクレル検出された牛乳(群馬県産)を給食から外した武蔵野市と、25ベクレル(!)検出された地元宮城県産牛乳を問題なしとして給食に出し続けている宮城県の対応の差。宮城で生きることのリスクを、またしてもまたしても露呈させています 1時間前

  ☆ sunnyside7899 高野晃 Takano Akira
武蔵野市民として安堵。RT @p_sabbar: 7ベクレル検出された牛乳(群馬県産)を給食から外した武蔵野市と、25ベクレル(!)検出された地元宮城県産牛乳を問題なしとして給食に出し続けている宮城県の対応の差。宮城で生きることのリスクを、またしてもまたしても露呈させています。1時間前

 

Posted by 大沼安史 at 11:40 午前 | | トラックバック (0)