« 〔渇っ! BOO仙人の連坊語録〕 誰が、日本語を殺したか? | トップページ | 〔For the Record〕 産学協同研究費 「学長、学部長が(9割を)ピンハネ」 ノーベル賞受賞の小柴昌俊さんが言明  »

2009-07-29

〔いんさいど世界〕 「神の国」はいつでもどこでも「死の教育」

 「戦争」を考える――考えねばならない「夏」が来た。日本の権力者どもは文部省の統制教育を通じ、さらっとなぞるだけの“神隠し・教科書無記述”の情報戦に勝利を収め、おかげで私たちの「戦時中」は、歴史的な記憶のいわば「真空地帯」と化している。

 「神の国」の「死の教育」を強制した文部省は、自ら手を汚さず、子どもたちに墨を塗らせて証拠隠滅を図り、涼しい顔を続けて来た。
 おかげで、われわれもまた、「あれっ、日本って、アメリカと本当に、戦争したっけ?」などと、間抜けな面(つら)を曝け出している。

 戦争は終わっても、戦争責任、教育責任に終わりはない。同様に戦後世代のわれわれだからと言って、戦争を知らないからと言って、知らないで済まされない、だろう。

                 *
 
 英紙インディペンデント(電子版)に、タリバンがパキスタンのスワット渓谷で、自爆を教える死の学校を開いていた、との記事が掲載されていた。
 ⇒  http://www.independent.co.uk/news/world/asia/taliban-running-school-for-suicide-bombers-1764028.html
 
 最年少の子は、なんと9歳!
 「神の国」は、いつでもどこでも「死の教育」をしたがるものだな、と暗然たる思いに囚われた。

 聖戦の自爆戦士たち!――日本の戦時中と、同じではないか!

 爆薬をからだに巻きつけて特攻攻撃に向かうタリバンの子。
 人間魚雷や練習機で特攻攻撃に向かう皇国の少年戦士たち。

 タリバンのカミカゼ学校は、日本の「戦時中」を映し出す鏡である。

                 *

 私が尊敬申し上げる教育学者の長浜功氏は、戦時中のファシズム教育を研究する専門家である。
 その著書、『国民学校の研究』(明石書店)で、尋常小学校改め「国民学校」の「修了生の答辞」を紹介していた。

 昭和十八年三月二十三日 横浜市大岡国民学校修了生代表の「答辞」である。

  「私達は今日修了証書を頂いてこの新たなる決心と輝かしい希望とを忘れず、必ず今後に実行いたします。今日本が大東亜戦争を完遂しなければならない形に、私達一人一人めいめい決心を完遂し、中途で止める様な事は断じていたしません。では校長先生と諸先生並になつかしき在校生の皆様、いつまでもご健康で御奮励下さることを神かけてお祈り申し上げます」

 敗戦まで2年半――長浜氏によれば、この時期の「答辞」は、これでもまだ「牧歌的」だそうだ。

 それでもまだ「希望」を語る修了生代表。12歳、ぼくも「少国民」。

                 *

 日本の「国民学校」では「練成教育」というのがあって、子どもたちは「皇国のために身命を捧げて励みます」など「誓詞」を言わされていた。

 タリバンの学校でも、子どもたちが同じようなことを言わされているのだろうか。

 日本の国民学校のように、ひょっとしたら修了式のようなものがあって、「答辞」を言わせられている(言っている)卒業生代表がいるかも知れない。

 日本の子どものように「聖戦の完遂」を語り。「神かけて」在校生に別れの言葉を告げる、神の国の子が……。

                 *

 「九条の会」の呼びかけ人で作家の澤地久枝さんは、戦時中、トルストイに共鳴して兵役を拒否し、その後、熊本の山村で農業を営みながら、トルストイの翻訳を続けて来た北御門二郎氏との、中学生たちを前にした対談(1992年、エミール社刊、澤地・北御門共著、『トルストイの涙』収録)で、ミッドウェーの海戦での「日本側の一番若い幼い戦死者は15歳です……日本は満14歳で志願して15歳で死んでいった。それこそ人を愛することも、あるいは失恋することも知らない、人生のほんの入口で死んでいった子供たちが含まれて帰ってこないんです」と、痛切な思いを込めて語っていた。

 そして、「そういう意味で私は……戦争に対して『ノー』と命がけで言わなきゃならないだろうという人間にとうとうなってしまったと思います。それが今から四十七年前の八月十五日に、ああ神風は吹かなかったと思い、それまでは何とかして戦争に行って死のう、死ななければ申しわけないと思っていた人間の人生が行き着いた場所です」とも。

                 *

 長浜功氏はこの『国民学校』でも少し触れているが、他のところで、戦時中、皇民教育の旗を振ったファシスト教育者どもが戦後、民主主義教育者になりすまし、時代の寵児となって、しまいには進歩的な教育者として大学の学長までなりおおせた――など、とんでもない実例を実名を挙げて、紹介している。

 「戦後民主教育」など、一皮剥けば、その程度のこと。
 一枚、めくり返せば、そこには、戦時中の皇民教育、死の教育の、なおギラついた目が、こちらを睨んでいる。

 だから、検定歴史教科書なのだ、だから君が代・日の丸なのだ。

                 *

 北御門二郎さんは東大英文科を中退し、農村で晴耕雨読(訳)の毎日を送り、生涯を絶対平和主義のトルストイとともに歩み続けた方だ。
 
 民主主義の仮面をかぶり、子どもに墨を塗らせて、過去の犯罪を隠滅して来た者どもとは、人間の格が違う。

 日本の教育改革は、戦時中、「戦争にノー」と言った北御門二郎さんの、絶体絶命の極限まで遡り、「死の教育」を否定するところから始めなければならない。

                 *

 「生き残り」を賭けた、トーナメント戦及びバトルロイヤル戦に子どもたちを追い込み、「死の教育」をなおも続ける、日本の権力者たち。

 子どもに号令をかけ続け、子どもの自由を許さない、統制教育のネオファシストどもに、「死の学校」を運営するタリバンを笑う資格はない。

Posted by 大沼安史 at 09:21 午後 いんさいど世界 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いんさいど世界〕 「神の国」はいつでもどこでも「死の教育」: