« 〔教育コラム 夢の一枝〕 日本の夏休み……りんごの木の育たない夏  ブレイクの詩に寄せて   | トップページ | 〔渇っ! BOO仙人の連坊語録〕 誰が、日本語を殺したか? »

2009-07-21

〔教育コラム 夢の一枝〕 公立「中高」で「入試」をする頽廃 

 私が暮らす仙台市の連坊で、旧・県立宮城ニ女高の立替工事が進んでいる。公立の中高一貫校に生まれ変わるのだそうだ。

 受験産業が早速、騒ぎ出し、受験生(小学生)を相手に「模試」を実施する、と宣伝している。

             *

 この仙台の新設「中高一貫校」に限らず、「中高」の「中」は、もちろん、義務教育の段階だ。

 そこにどうして点数による「競争原理」を持ち込むのか?

 「高」ならまだしも、「中」で。しかもその「中」の狭き門に挑むのは、「小」(学生たち)である。

             *

 アメリカにチャータースクールという公設民営校がある。そのシステムについては省くが、地域住民全員の税金(の一部)が投入された準公立校である。

 けっこう、人気が高い。

 だから「選抜」することになるが、方法は――「籤引き」か「(空き)順番待ち」だ。

 公平の原則が徹底している。

             *

 当然だ。公立学校は――とりわけ義務教育段階の公立学校は、税金で(つまり、自治体を構成するみんなの負担で)運営される学校だから、中高一貫校といえども(教委の直接統制をまぬかれたチャータースクールといえども)、一部の「お受験組」のための学校ではないし、そんなふうに運営してはならない。

             *

 公立学校――いや、「学校」とはそもそも、「学力を引き上げる」場所であるはずだ。学力の低い子どもに、より注意を向け、援助する場所であるはずだ。

 入試をして、小学校から塾通いした(教育投資を一身に浴びた、教えやすい)「点数の高い子」を集める……

 教育界のモラルは、どこに行った? 

 どうしても「入試」するというなら、点の低い子から取りなさい……などといったら、あなた方はきっと、せせら笑うのでしょうね。
 
 
 

Posted by 大沼安史 at 02:07 午後 コラム・夢の一枝 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔教育コラム 夢の一枝〕 公立「中高」で「入試」をする頽廃 :