« 〔コラム 夢の一枝〕 「わたしはあの子を医者にしてあげたい」 アンジェリーナ・ジョリーの涙  | トップページ | 〔NEWS〕 米ユタ州の州民投票でバウチャーを否決 »

2007-10-07

〔NEWS〕 小さな町の自閉症児プログラム……米国の話

 米ニュージャージー州のナトレーという町の教委が、自閉症児のための教育プログラムを開始した。
 私立のプログラムに委託しているのを改め、自前のプログラムを始めたもの。

 ニューヨーク・タイムズ紙が「ある学校の特別な抱擁」と題して報じた。

 ナトレーは生徒数4000人の町。
 自閉症児はこの町でも急増しており、現在、5年前の倍にあたる27人に達している。

 ナトレー教委が始めたプログラムは、ふたつの学校に分かれ、現在、16人の自閉症児が登録している。残りは私立のプログラムに残って、様子見している。

 教委では自閉症児の才能を引き出す、天才児プログラムや美術・音楽プログラムも併設する予定だそうだ。

 〔大沼・注〕 米国では自閉症児がなぜか、急増している。日本ではどうか? その教育支援の実情は?
 現役の教育ジャーナリストの諸君には、この点の解明をお願いしたい。   


http://www.nytimes.com/2007/10/07/nyregion/nyregionspecial2/07Rautistic.html?ref=education

Posted by 大沼安史 at 09:36 午後 NEWS |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 小さな町の自閉症児プログラム……米国の話: