« 〔NEWS〕 チャータースクールにも公立と同額の公的資金援助を メリーランド州の裁判所が判決 | トップページ | 〔NEWS〕 連邦政府が200億ドルを投入 貧困学生らを支援 米国で「大学生奨学法」が成立 »

2007-09-28

〔コラム 夢の一枝〕 「緑の学校」 ここに

 米紙ボストン・グローブ(電子版、9月27日付け)に、地元マサチューセッツ州のクィンシーで建設が進む、エコ・フレンドリーな「緑の学校」のことが出ていた。

 街中にある公立の「クインシー高校」を、「環境」に配慮した新校舎に全面改築するプロジェクト。1億2600万ドルを投入して、最先端の校舎につくりかえるのだそうだ。

 太陽発電、太陽蓄熱、温室、農園。
 そしてカレッジ並みの広々とした緑の校地(キャンパス)。

 エネルギー効率が高く、光熱費を毎年数万ドル、節約できるそうだ。

 これだけなら、別に驚くほどのことでもないが、新校舎に付属して750席の講堂が建設され、一般市民にも公開される、とのくだりを読んで思わず唸った。

 学校の講堂(ホール)を市民に開放・共有するなんて、文科省による「統制教育」の中からは飛び出しっこないアイデアだ。

 もっと驚いたのは、「クインシー高校」で生徒たちが運営している「スリー・シーズンズ」レストランがグレードアップして再開店することだ。

 一般市民にも食事を提供するというから面白い。

 日本の「兵舎型校舎」とはコンセプトを異にする「緑の学校」。
 設計は「国が示した基準」に従うのではなく、建築家に頼んだそうだ。

 同じ「お役所教育」でも、違いがありすぎるといわざるを得ない。

 公立学校の改築計画を進める教委の担当者は、いちどクィンシーに行って見学してくるといい。
  


http://www.boston.com/news/education/k_12/articles/2007/09/27/quincys_heart_of_green/

Posted by 大沼安史 at 07:00 午後 コラム・夢の一枝 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム 夢の一枝〕 「緑の学校」 ここに:

» 後組み発進でも大丈夫?って! トラックバック アフィリエイトで毎日幸せじゃけん
いつも読んで頂きありがとです。!! 感謝の気持ちを込めてブログ書いてます 今日のインフォトップランキングは何位? ☆☆今日の人気ブログは何位?☆☆  こんばんは娘の運動会の用意で更新が遅れ気味です 今日は 「後組み発進でも大丈夫?」 ご質問いただきました。 大丈夫!! もちろん誰よりも早くすることは 大事です。 けどそれよりも、大事なのは 継続する事です。 先に始めた人でも続かなくて 辞めた人は沢 ... 続きを読む

受信: 2007/09/29 0:41:32