« 〔いんさいど世界〕 アスペルガーの天才 ダニエル・タメットさんの精神世界 | トップページ | 〔NEWS〕 シュワ知事 チャータースクール支援法に署名 »

2007-06-30

〔NEWS〕 教組がチャータースクール ニューヨーク進出を支援 教組連係のチャータースクール「グリーン・ドット」(緑の点)がサウス・ブロンクスに高校新設を計画 

 ロサンゼルスでチャータースクールを展開する「グリーン・ドット」が、ニューヨーク進出計画を進めている。ニューヨーク・タイムズ(電子版)が6月28日に伝えた。

 開設場所は、同市最大のスラムのひとつ、サウス・ブロンクス。
 米国nの教育運動家、ジョナサン・コゾルが、著書、『アメージング・グレース』で、その悲惨さをルポした、あのサウス・ブロンクスだ。

 そこに、州政府の認可で、チャーター高校を開設する計画だ。

 「グリーン・ドット」のNY進出を支援しているのは、UFT(統一教組)。
 新設のチャーター高校は、UFTとの間で労使協定を結ぶ。

 労使協定には「労働時間数」は盛り込まれないが、「プロフェッショナルな労働日」を過ごす、との条項が設けられる。教師の身分保障(テニュア)の規定もないが、解雇権の濫用を防ぐため、解雇に関するガイドラインが設けられる。

 「グリーン・ドット」はロサンゼルスで教組との連係によるチャータースクールづくりと取り組んでおり、これをUFTが評価し、ニューヨーク進出を求めた。

 UFT自身、ニューヨークのブルックリンで、2校、チャータースクールを展開している。

〔大沼・注〕

 日本で「チャータースクール」を口にすると、「左派」から決まって返ってくるのが、「新自由主義」の非難だ。

 「ネオリベラリズム」の非難の大合唱のなかで、「日本型チャータースクール」を求める動きは足踏みを余儀なくされ、結果的に右派の「統制教育」がまかり通る、残念な事態になっている。

 チャータースクールとは「公教育」を破壊するものではなく、「公教育」に新しい息吹とかたちを持ち込むものである。

 かつてニューヨークのイースト・ハーレムで公立学校の改革運動に邁進し、いまマサチューセッツに移ってチャータースクールを開くデボラ・マイヤー女史の実践は、「ネオリベ」でもなんでもない。

 「ネオリベ」を警戒するあまり、「リベ」まで窒息させ、「教育ファシズム」の露払いをすることは、断じてあってならない。


http://www.nytimes.com/2007/06/28/nyregion/28schools.html?ref=education

http://www.greendot.org/news/union_to_help_charter_firm_start_school_in_the_bronx.html

Posted by 大沼安史 at 12:27 午前 チャータースクール |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 教組がチャータースクール ニューヨーク進出を支援 教組連係のチャータースクール「グリーン・ドット」(緑の点)がサウス・ブロンクスに高校新設を計画 :