« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »

2007-05-24

〔NEWS〕 英国 「あしたの言語・中国語」教育に力 国立言語中等学校250校にカリキュラム導入 中国 教師200人派遣

 英国が中国語教育に力を入れるそうだ。
 国内に250校ある国立の言語中等学校に中国語のカリキュラムを新設。そのため、中国から200人のネイティブ(?)教師を受け入れるという。

 英紙インディペンデントが報じた。

 中国語を「あしたの言語」と紹介している。

 「英語」ばかりが「外国語」に日本でもそろそろ、たとえば中学校レベルで「中国語」教育を導入すべきである。
 われわれ日本人は昔から中国語のお世話になったし、中国語の習得はこれからますます重要になるだろう。
 

http://education.independent.co.uk/news/article2578493.ece

Posted by 大沼安史 at 07:31 午後 NEWS | | トラックバック (0)

2007-05-22

〔NEWS〕 2007年のベスト・チャータースクールの栄誉 53校に

 米ワシントンのNPO、教育改革センター(CER)はこのほど、2007年の「ベスト・チャータースクール」として53校を選び、発表した。

 全米3951のチャータースクールのなかから選ばれたもので、先住民族の学校あり、農場学校ありと、例によって多彩な顔ぶれだ。

 文科省(政府)を頂点とするピラミッド教育支配がますます官僚統制を強める日本とは大違い……ついつい、愚痴も出てしまう。
 
 そんな教育における国家統制のかげで、「チャータースクール」を、まるごと「新自由主義」と「批判」するばかりの、われらが「進歩派」の面々……残念なことではある。 

http://www.edreform.com/index.cfm?fuseAction=document&documentID=2637&sectionID=55

Posted by 大沼安史 at 08:51 午後 NEWS | | トラックバック (0)