« 〔お知らせ〕 CLCA子ども能・狂言発表会 | トップページ | 〔NEWS〕公立小中高校の授業 個別に決定 「特区」で実施済みの教育内容を申請なしで 政府方針 日経が報道 »

2006-01-25

〔NEWS〕 ニューオルリーンズの公立校 チャータースクールのネットワーク主体に ハリケーンが吹き飛ばした教育官僚制

 ハリケーン「カトリーナ」に直撃された米国南部、ニューオルリーンズの公教育が、チャータースクールのネットワークを中軸とするかたちで再建されることになった。

 米誌「エデュケーション・ウイーク」(電子版)がこのほど(1月18日付け)、報じた。

 ニューオルリーンズの公立学校システムは、ハリケーン被害により、地元教育委員会による運営が困難になり、ルイジアナ州政府の管轄下に入る。

 州議会で成立した州法によると、州政府は同市の公立校117校のうち102校までを直営できることになったが、その大半はチャータースクールとして再開される見通しだ。
 すでに授業を再開している公立17校のうち、15校までチャータースクールとして再開校した。

 教育委員会を頂点とした教育官僚制によらず、チャータースクールのネットワークが、ニューオルリーンズの公教育再興の土台を形づくることになった。
 

 (大沼 注)

 トップ・ダウンではなくボトム・アップ。

 統制ではなく、下からの創造。

 ハリケーンが教育官僚制を解体し、草の根に学校ネットワークの根付かせた。

Posted by 大沼安史 at 11:16 午前 チャータースクール |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 ニューオルリーンズの公立校 チャータースクールのネットワーク主体に ハリケーンが吹き飛ばした教育官僚制: