2017-03-29

〔スマートメーターで異常値?〕◇ 甲賀の里の避難先で、昨年来、異常な電気消費を記録 / 「超節電モード」を開始・継続後も立て続けに、平常時の2倍以上の消費量(日量)に跳ね上がることも!

 ◎ これはあくまで疑いに過ぎませんが、スマートメーターは外部の第三者によって、操作可能なものかも知れません! 

 本日から毎日の使用量のモニタリングを開始します!

          *

 ★ マイクロ波などによる照射攻撃も、さらに激化しています。

 見守っていただければ幸いです。 大沼安史 拝 

Posted by 大沼安史 at 02:05 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔影の政府・闇の権力・組織によるハイテク民衆支配を許してはならない〕◇ 南米移民の末裔の日系人(ボリビア国籍)がブラジルに入植した祖先を訪ね、1992年から1998年まで来日滞在中、脳内に埋め込まれたマイクロチップで、思考・知覚・感情などをモニター・操作する人体実験被害に遭ったことを告発! ―― ◎ 「ウィキリークス」が公開した文書で判明!

Screenshot5495

Screenshot5494

Screenshot5493

………………………………………………………………………………………

 ☆ 訴えているのは、ブラジル生まれ、ボリビア国籍の Fernando Arakaki Miranda さん。

 マイクロチップは来日中に埋め込まれたものかハッキリしない(ボリビアのサンタクルスの大学での可能性もある!)が、日本滞在中、脳内ジャック被害が始まったことは確かなようだ!

          *

 ★ 直接、関係するかどうかわからないが、集団ストーカーとして、南米から働きに来ている日系人の方々が動員されているケースも多いようだ。

 脳内操作の実験が、日本を舞台に行なわれていた(いる)とは!

 若くて気鋭のジャーナリスト諸君の調査報道に期待する!

          *

〔★は大沼〕 ◎ ウィキリークス 公開資料 (フェルナンドさんの告発はリストの2番目に掲載) ⇒ https://wikileaks.org/gifiles/docs/16/16811_fw-impeach-these-criminals-please-with-100-attached-torture.html

          *

 I have the honor to direct me to his distinguished person for the following reason:

 I Fernando Arakaki Miranda been born in Brazil, and am nationalized Bolivian. To have Japanese ancestry trip to Japan where I have exactly lived from 1de June on 1992, until the 1998. In that time interval which I was living in Japan I was used with the technology cybernetics but outpost, through you implant of cerebral microChips against my will, without my consent.

 These you implant have the capacity to gather, to keep, to transmit the thoughts, sensations, feelings I have inclusively can see through my eyes, with the technology cyborg but called outpost SOUL CATCHER 2025, with this artificial telepathy can speak to me directly to the brain, controlling until in my dreams. This means that I have been used as laboratory rabbit and now arms of electromagnetic radiation estan trying to destroy my brain using that is cerebral torture, forming groups of people to harass day and night to me being treated to silence and that this crime is unpunished.

These criminals live, work single to destroy the human beings. These cruel acts do not have excuses, are without God nor law. Also they use the lie deceiving people with calumnies in my against trying to isolate to me, is the form to create to the schizophrenic paranoid and for this aim there are counted twenty six crimes of which I am being victim, between which we have:

Threats, criminal association, blackmail, insults, psychological attempt of homicide, damages to the health, damages, discrimination, levelling, robbery, etc.

These are some of the crimes that are using to conceal this subjugation in the city of Santa Cruz of the Mountain range. I am being studied by universities of this country as a rabbit of Indians by the newness of this implants of the technology outpost that much people ignore in countries of third world, are violating my human rights in all its magnitude. Sir as you can see deals with vejamen, lesa
humanity and these injustices is sanctioned by the Organization of United Nations (O.N.U), and the Human rights of the entire world, so that the human being has right to the life, the freedom, and the rights to look for his happiness. This does not mean that this against the science, if not that to the human being is due to respect in its physical integrity, mental, it seems that they are forgetting God and its principles. This denunciation that I do publishes is thinking about the victims who have been silenced cruelly and those crimes have been unpunished. Sir I wait for you you include/understand my situation, I need its collaboration to do I publish east upsetting and thus to be able to arrive in an international opinion with justice, being requested compensation of damages with a right indemnification through the legal routes.

For but details to look for in google following the pages: weapons implants psychotronic tortures, soul to catcher 2025, mind control forum, victims implants mind radiation
I DEMAND AN INTERNATIONAL INVESTIGATION INTO THESE CRIMES AND HUGE VIOLATIONS OF HUMAN RIGHTS!

Posted by 大沼安史 at 12:50 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-03-23

〔影の政府・闇の権力・組織によるハイテク民衆支配を許してはならない〕 ◇  <「脳の活動を読解」するナノレベルの微粒子、「スマート・ダスト」(nanotechnology agents (“smart dust”) that aid the readout of brain activity.)> を浴びせ(呼吸吸引させ)、それでもって電磁波で攻撃することさえ行なわれている!

   ◎ 米トランプ大統領に対して、作家や医師ら46人が、秘密の監視活動を名目に、米国内において行なわれている指向性エネルギーやマイクロ波などを使った、内部告発者や活動家ら市民に対する「ハイテク拷問」を摘発するよう求める公開覚書を提出 その④

 ★ 「スマート・ダスト」の写真は、グーグル写真検索。

Screenshot5356

Screenshot5355_2

………………………………………………………………………………………

 ★ 「スマート・ダスト」について「覚書」は詳しく触れていないが、実用化が進むRFID (radio frequency identifier)のミニチュア版のことだ。

 このRFIDの極小サイズ(ナノ粒子)、シリコン製の「スマート・ダスト」が、「ケムトレイル」で大気中に投棄され、それを呼吸した人びとの血流に乗って脳内に侵入、それが電磁波拷問・支配の手段になっている……これが「覚書」が言わんとしていることだ。

 しかも、その「スマート・ダスト」は自己複製能力(self-replicating)まで持っている!

 日進月歩の軍事研究では、どうやらそんなところまで、開発が進展しているらしい。

          *

 ★ さて、このトランプ大統領あての「覚書」はもちろん、米国内の状況について書かれたものだが、日本とは無縁なものとみなすのは早計である。

F3cfbde0867dd14884de5a6b5d7b2fca 「ケムトレイル」(航空機による空中散布 写真左は極端な例)で「スマート・ダスト」が大気中にばらまかれ、投下地域の人びとが実験材料として使われている可能性が、日本でも、疑われている。

 それどころか米国並みに、実験段階を通り越し、「実戦」レベルに達している疑いもなしとしない。

          *

 ★ わたしが昨年から住みはじめた滋賀県では、日野町の方が、「ケムトレイル」観察を続け、ツイッターで報告 してくださっている。

 それによると、この3連休は「大量散布が続いた地獄の3連休」だったそうだ。

Screenshot5353

 

         *

 ★ 日野町はわたしの住む、甲賀の里の隣接地。

 わたしの家の周辺にも、「咳が止まらない」「頭痛がする」という人がいる。

 まさか、とは思うが、もしかしたら、とも思う。

          *

 ★ いずれにせよ、トランプ大統領あて「覚書」が提起した「スマート・ダスト」の問題は、「対岸の空」の出来事ではない。

 あの「9・11」で火ぶたを切った「ディープ・ステート」権力の、電磁波を使ったフル・スペクトラム・全民衆支配攻撃は、(すくなくとも米国においては確実に/日本でも恐らく)すでに、大気中への「見えないスマート・ダスト」散布にまで進んでいることを知る必要がある。

 私たちは、恐ろしい時代に生きているのだ。

………………………………………………………………………………………
 〔★は大沼〕 ◎ Memorandum on Domestic US Torture Programs Running Under Cover of Surveillance / Covert US Military/Intel/Justice Physical Mutilation of the Population EMF Weapons, Neuro-Weapons, Bio-Terrorism, & Organized Stalking
 (2017年1月25日付け)⇒ 
https://stop007crimes.files.wordpress.com/2016/10/memo-to-president-trump-on-domestic-us-torture-programs-running-under-cover-of-surveillance.pdf

 ・ ……infections with biological or synthetic self-replicating nanotechnology agents (“smart dust”) that aid the readout of brain activity.

Screenshot5269

………………………………………………………………………………………

          *

◎ 既報 米トランプ大統領に対して、作家や医師ら46人が、秘密の監視活動を名目に、米国内において行なわれている指向性エネルギーやマイクロ波などを使った、内部告発者や活動家ら市民に対する「ハイテク拷問」を摘発するよう求める公開覚書を提出 ① ―― ◎ 米国で諜報機関・軍部・国土安全保障省および下請け組織が国民に対して、「電子戦争(Electronic Warfare)」攻撃による国内テロリズムを続けている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/electronic-warf.html

          *

◎ 同 その② / 米国の軍事・諜報機関が一連の「行政命令(directives)」で、「合同標的作戦(Joint Targeting operations)」「フュージョン・センター」「地域情報共有システム(RISS)」、あるいは民営の「地域警察活動」「近隣ウオッチ」などをいった組織・オペレーションを一体化し、「監視」の名の下、米国民を「奴隷化」し、電磁波などで「拷問」を繰り広げている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/directivesjoint.html

          *

◎ 同 その③ /  「テロとの戦い」を名目にした、米国・地域社会の「プレデター(捕食者)vs プレイ(餌食)」への2極化、進む! / コラボレーターの攻撃側民間人、「携帯電話」を使って「指向性パルス照射攻撃」!( cell phones to direct pulsed radiation attacks」/ 新車やプロ野球チケットなどの報償も / コラボレーターに、「強姦」など「不法行為のライセンス」! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/vs-cell-phones-.html

Posted by 大沼安史 at 12:57 午前 4.電磁波被曝問題 |

2017-03-22

〔影の政府・闇の権力・組織によるハイテク民衆支配を許してはならない〕◇ 「テロとの戦い」を名目にした、米国・地域社会の「プレデター(捕食者)vs プレイ(餌食)」への2極化、進む! / コラボレーターの攻撃側民間人、「携帯電話」を使って「指向性パルス照射攻撃」!( cell phones to direct pulsed radiation attacks」/ 新車やプロ野球チケットなどの報償も / コラボレーターに、「強姦」など「不法行為のライセンス」! 

  ◎ 米トランプ大統領に対して、作家や医師ら46人が、秘密の監視活動を名目に、米国内において行なわれている指向性エネルギーやマイクロ波などを使った、内部告発者や活動家ら市民に対する「ハイテク拷問」を摘発するよう求める公開覚書を提出 その③

 ★ 写真は、テキサス州の医師、ジョン・ホールさん(被害者)が、クラウドファンドで制作中のドキュメンタリー映画(予告編)の一場面。

Screenshot5337

………………………………………………………………………………………

 
 ホールさんによると、無法者のコラボレーターたちが、電磁波などで美女を無力化して集団強姦(ギャング・レイプ)し、撮影ビデオを会員制サークルに売り渡すことさえ、米国では行なわれているという。

          *

 ★ しかし、それにしても、「携帯電話」が「指向性パルス照射攻撃」のデバイスになっているとは!

 わたしの観察では、日本のストーカーたちはターゲットに近づき、「携帯」のスイッチをONにすることが多い。

 これは、あくまで想像だが、ある特定のナンバーにつなぐことで、携帯が「指向性パルス照射攻撃」のデバイスになるようなシステムになっているのではないか!

          *

 ★ 民間人への報償では ―― わたしたちは、ご褒美に「軽の新車」を手にした人を知っている。

 
          *

 〔★は大沼〕 ◎ Memorandum on Domestic US Torture Programs Running Under Cover of Surveillance / Covert US Military/Intel/Justice Physical Mutilation of the Population EMF Weapons, Neuro-Weapons, Bio-Terrorism, & Organized Stalking
 (2017年1月25日付け)⇒ https://stop007crimes.files.wordpress.com/2016/10/memo-to-president-trump-on-domestic-us-torture-programs-running-under-cover-of-surveillance.pdf

 ・ In the name of the War on Terror, in 2017, American neighborhoods and communities have been transformed from calm, peaceful, and neighborly communities into predator vs. prey, i.e.divided holdouts of covert spying, snitching, Electronic Warfare, smear campaigns, and studied COINTELPRO attacks on neighbors, planned and coordinated through federal governmentsponsored intelligence, information and command centers at the national and local levels, suchas the Regional Information Sharing System (RISS), the U.S. Department of Justice, and the network of Fusion Centers.

・ Collaborators are paid handsomely and bribed with home renovations, new cars, and tickets to luxury holidays and ball games. They are also trained in the operation of certain equipment,including cell phones to direct pulsed radiation attacks, which they now turn on their innocent
neighbor.

 ・ This rewards and entrenches corrupt behavior in a manner that will utterly splinter and disintegrate our society for decades to come. Worst of all, this system of routine horrific abuses has developed a life of its own whereby ever more vindictive acts are committed and the perpetrators on the ground take free licence to do whatever they like at the expense of economically productive members in our society. Their excesses include
electronic rape.

Screenshot5269

………………………………………………………………………………………

          *

◎ 既報 米トランプ大統領に対して、作家や医師ら46人が、秘密の監視活動を名目に、米国内において行なわれている指向性エネルギーやマイクロ波などを使った、内部告発者や活動家ら市民に対する「ハイテク拷問」を摘発するよう求める公開覚書を提出 ① ―― ◎ 米国で諜報機関・軍部・国土安全保障省および下請け組織が国民に対して、「電子戦争(Electronic Warfare)」攻撃による国内テロリズムを続けている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/electronic-warf.html

          *

◎ 同 その② / 米国の軍事・諜報機関が一連の「行政命令(directives)」で、「合同標的作戦(Joint Targeting operations)」「フュージョン・センター」「地域情報共有システム(RISS)」、あるいは民営の「地域警察活動」「近隣ウオッチ」などをいった組織・オペレーションを一体化し、「監視」の名の下、米国民を「奴隷化」し、電磁波などで「拷問」を繰り広げている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/directivesjoint.html

Posted by 大沼安史 at 12:50 午前 4.電磁波被曝問題 |

2017-03-21

〔影の政府・闇の権力・組織によるハイテク民衆支配を許してはならない〕◇ 米国の軍事・諜報機関が一連の「行政命令(directives)」で、「合同標的作戦(Joint Targeting operations)」「フュージョン・センター」「地域情報共有システム(RISS)」、あるいは民営の「地域警察活動」「近隣ウオッチ」などをいった組織・オペレーションを一体化し、「監視」の名の下、米国民を「奴隷化」し、電磁波などで「拷問」を繰り広げている!

 ◎ 米トランプ大統領に対して、作家や医師ら46人が、秘密の監視活動を名目に、米国内において行なわれている指向性エネルギーやマイクロ波などを使った、内部告発者や活動家ら市民に対する「ハイテク拷問」を摘発するよう求める公開覚書を提出 ―― その② 

………………………………………………………………………………………

 ★ 写真の女性は、米国の元NSA(国家安全保障局)のスペシャリストで内部告発者のカレン・スチューアートさん(スカイプ・ネット討論のユーチューブから)

Screenshot5315

 カレンさんも「覚書」に署名した一人で、「ハイテク拷問」と現在進行形で闘っている方だ。

………………………………………………………………………………………

Screenshot5269

………………………………………………………………………………………

 ★ この「覚書」が明らかにした米国の状況は、安倍政権下で急激に進む「秘密警察国家化」の実態をあぶりだすものだ。

 対岸の出来事とタカをくくってはいけない。

 「覚書」が指摘する、さまざまな「ハイテク非人道行為」は、日本でもすでに、報告されている。

          *

 米国では軍・諜報機関が一体化し、民間組織を操りながら、国民の一部に対して、

 ・ directed-energy and microwave weapons (指向性エネルギー/マイクロ波兵器)

 ・ infrasonic and ultrasonic weapons(超低周波/超音波兵器)

 ・ military radar weapons(軍事レーダー兵器)

 ・ neuro-weapons(神経兵器)

 ―― などによる、支配・統制を進めているが、日本の被害状況を見ると、どうも日本でも同じようなことが、おそらくは米国の軍やCIAなどの指導で、ここ数年、急激に進められているように思われる。

 日本でもまた、国民監視衛星などやテトラ網なども動員した、支配・統制・排除システムが、すでに出来上がっているのではないか、との思いを禁じ得ない。

 わたしたち日本国民もまた、日本の闇の権力に、アンダーコントロールされる事態に陥っているのではないか。

          *

 ◎ 米国をこの面でも追随しているような日本の現状で注目しなければならないのは、宗教カルトや暴力団なども絡んでいるのではないか、とみられる、いわゆる「ストーカー組織」だ。

 米国では「連邦自警団」のような公的組織のほか、民間の組織が、自国民に対する、電磁波などのテロ活動に動員されているが、日本では民間の「集スト」団体が同じような役割を果たしていると見られる。

 一般信者、貧困層、障がい者、知恵おくれの人たちまで動員している日本の「集スト」組織の背後には、「国家安全保障」の名の下、国民統制を進めようとしている、日本の「ディープ・ステート」の存在があることを、忘れてはならない。

          *

 ★ 今回、下記に引用した「覚書」の一部(最後の部分)に、米国では被害者の「70~80%」が「女性」である、と書かれている。

 女性が多いのは、日本でも同じようだ。

 電磁波拷問は、女性に対する「性的虐待」の手段に使われている、との報告もまた、多々ある。

          *

 ★ ハイテクを駆使した「盗聴・盗撮」も、国民統制の一環だ。

 今回、安倍政権が出してきている「共謀罪」にしても、ハイテク・システムの整備が進んでいる今だからこそ、社会統制の手段として、破壊的な威力を発揮し得る。

 「共謀罪による監獄国家」化と、マイクロ波などを使った国民に対する「ハイテク攻撃」は、表裏一体のものである。 
 

          *

 Current military and Intelligence directives (5240.1R, the NDAA, EO 12333, and the CIA's AR 2-2) together permit the US military to detain citizens indefinitely, and to use those Americans “under surveillance” for experimentation purposes.

This is used for an outright, public enslavement and torture of a large fraction of the US population.

The creation of Joint Targeting operations, Fusion Centers, Regional Information and Sharing Systems (RISS) programs with privatized Intelligence centers, as well as “Community Policing” and “Neighborhood Watch” initiatives have permitted a network of immoral and depraved operatives from Law Enforcement, the Intelligence agencies, and the military, using the guise of “national security” to conduct financially rewarding no-holds-barred human testing for the pharma, surveillance, and weapons industries, as well as to live out their personal sadism and depravity. It is a telling characteristic that the victims of these crimes are 70-80% women. The sex ratio is indicative of sexual violence and war crimes.

 〔★は大沼〕 ◎ Memorandum on Domestic US Torture Programs Running Under Cover of Surveillance / Covert US Military/Intel/Justice Physical Mutilation of the Population EMF Weapons, Neuro-Weapons, Bio-Terrorism, & Organized Stalking
 (2017年1月25日付け)⇒ https://stop007crimes.files.wordpress.com/2016/10/memo-to-president-trump-on-domestic-us-torture-programs-running-under-cover-of-surveillance.pdf

 

          *

◎ 関連 / 米トランプ大統領に対して、作家や医師ら46人が、秘密の監視活動を名目に、米国内において行なわれている指向性エネルギーやマイクロ波などを使った、内部告発者や活動家ら市民に対する「ハイテク拷問」を摘発するよう求める公開覚書を提出 ① ―― ◎ 米国で諜報機関・軍部・国土安全保障省および下請け組織が国民に対して、「電子戦争(Electronic Warfare)」攻撃による国内テロリズムを続けている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/electronic-warf.html

Posted by 大沼安史 at 01:57 午前 4.電磁波被曝問題 |

2017-03-19

〔影の政府・闇の権力・組織によるハイテク民衆支配を許してはならない〕◇ 米トランプ大統領に対して、作家や医師ら46人が、秘密の監視活動を名目に、米国内において行なわれている指向性エネルギーやマイクロ波などを使った、内部告発者や活動家ら市民に対する「ハイテク拷問」を摘発するよう求める公開覚書を提出 ① ―― ◎ 米国で諜報機関・軍部・国土安全保障省および下請け組織が国民に対して、「電子戦争(Electronic Warfare)」攻撃による国内テロリズムを続けている!

 ★ 写真は「覚書」の最初の部分と、署名者の一人、米国の女性作家、ラマラ・Dさん。本の写真は、彼女がマサチューセッツ大学出版会から出した短編集。
 (ラマラさんの被害については、いずれ報告します)

Screenshot5269

………………………………………………………………………………………

Screenshot5270

Screenshot5271

………………………………………………………………………………………

          *

 ★ 「覚書」は、米国の軍産諜報複合体による闇の権力が、こうした国内鎮圧用のハイテク拷問兵器システムを、すでに国外に輸出しており、それがすでに「米国の最も恥ずべき輸出品」になっている、と指摘している。

 こうなると、日本でも報告が相次ぎ電磁波などの被曝被害も、米国のシステム(兵器)の移転によるものとも考えられる。

 こうしたハイテク兵器が日本国内で、民間組織にも流出し、野放しになっている可能性もある。

          *

 ★ 「覚書」のハイライト部分を、こんご数回にわたって報告する。 

          *

 We unite in asking you to act to terminate immediately the ongoing covert programs of Electronic Warfare and COINTELPRO-based domestic terrorism that are currently being run by the US Intelligence agencies, US Military, US Homeland Security, and their contractors in the name of Electronic “Surveillance” and National Security against the American population.

          *

〔★は大沼〕 ◎ Memorandum on Domestic US Torture Programs Running Under Cover of Surveillance / Covert US Military/Intel/Justice Physical Mutilation of the Population EMF Weapons, Neuro-Weapons, Bio-Terrorism, & Organized Stalking
 (2017年1月25日付け)⇒ https://stop007crimes.files.wordpress.com/2016/10/memo-to-president-trump-on-domestic-us-torture-programs-running-under-cover-of-surveillance.pdf

Posted by 大沼安史 at 03:41 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-03-10

〔権力・闇組織の電磁波攻撃・マインドコントロールを許してはならない〕◇ 「自衛隊の犯罪を斬る」ブログの専門家が18日、名大での情報処理学会で、マイクロ波聴覚効果を使ったテレパシー通信が軍事技術として開発されている「驚愕の証拠」を提示すると予告! ★ ついに、学会発表! これは全国の「脳内送信」被害者にとって、待ちに待った朗報である!

Screenshot5022

………………………………………………………………………………………

Screenshot5023

………………………………………………………………………………………

 ◆ 精神医学は、電波が聞こえるのは不可能というデマを永年に渡って流布しています。

 ところが、マイクロ波は一定の条件で音として聞こえる現象があり、マイクロ波聴覚効果と命名されています。

 そこで、マイクロ波聴覚効果を応用することにより、他人の頭部に直接、音声を伝えるというマイクロ波通信は可能なのですが、このようなマイクロ波通信はテレパシー通信という命名がふさわしいものです。

 既にこのようなテレパシー通信が軍事技術として開発されている驚愕の証拠を提示いたします。

          *

〔★は大沼〕 ◎ 「自衛隊の犯罪を斬る」ブログ ⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/14894657.html

Posted by 大沼安史 at 09:07 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-03-05

〔権力・闇組織のハイテク犯罪を許してはならない〕◆ 公民権運動の活動家で、ブラックパンサー党の支持者だった女優のジーン・セバーグさんも、電磁波照射攻撃の犠牲者! ――◎ 米連邦議会上院公聴会で、被害者でもあるダニエル・レボヴィッツ医師が証言 ② ★ ジーン・セバーグさんは白人男性との間にできた子を、「黒豹党」の黒人の子とのデマを妊娠中に流されるなど執拗な人格攻撃、脅迫に遭い、40歳で自殺を遂げた人だ。あの『悲しみよ、こんにちは』の、あの「セシルカット」の彼女が、電磁波攻撃のターゲットにされていたとは……。

Screenshot4921

Screenshot4922

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕

◎ BiggerThanSnowden.com : ダニエル・レボヴィッツ医師の証言 

Screenshot4873_2

 レボヴィッツ医師は被害者〔ターゲット〕リストの2番目に。ジーン・セバーグさんを挙げている!
 ⇒ http://www.biggerthansnowden.com/lebowitz

 ・ Jean Seberg.  Actress and civil rights activist.  Supporter of the Black Panther Party.  Experienced FBI Surveillance, harassment, stalking, break-ins, intimidation, defamation and discrediting.  Victim of a false FBI story that she was pregnant by a Black Panther Party member, while married to a white husband.  The stress of this caused premature delivery of her baby, which died at 2 days of age.  The baby was white.  Eventually committed suicide.

          *

◎ ジーン・セバークさん(1938~1979) ウィキ ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0

Posted by 大沼安史 at 11:58 午前 4.電磁波被曝問題 |

〔影の権力・闇社会のハイテク兵器実験・訓練・不正使用を許さない〕◇ 「洲本5人殺害」で、検察側が「精神障害の影響なし」として死刑を求刑した被告は、「電磁波で操られていた」と供述していた! 「毎日新聞」が報道! ★ 被告の弁護団は、国内外に事例にくわしい、NPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」の石橋輝勝さん(理事長)に話を聞いたらいい。

Screenshot4920

………………………………………………………………………………………

 ◆ 弁護側は最終弁論で、「電磁波で操られていた」 などとする被告の供述を踏まえ、「精神障害による妄想がなければ本件は起きていない。自分の行動が正当化されると確信して犯行に及んでおり、心神喪失か心神耗弱の状態だった」と述べ、死刑回避を訴えた。

          *

〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞 洲本5人殺害 死刑を求刑…検察「精神障害の影響なし」
 (3日付け)⇒ http://mainichi.jp/articles/20170303/k00/00e/040/187000c

◎ NPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/index.html

 ★ 同NPOの「確認被害者」は全国で1800人近くに達している。

 なかには、いわゆるV2S、脳内への音声送信被害者も数多く含まれている。

Screenshot4920_2

Posted by 大沼安史 at 10:50 午前 4.電磁波被曝問題 |

〔「ディープ・ステート(影の政府)」の世界支配を許してはならない〕◇ 元ミス・アーカンソーのサリー・ミラーさん(77歳)は、実弾を装填した半自動小銃を手元に置き、シェパード犬に守られて眠る。サリーさんは最近、「わたしは“自殺”はしません」と、ネットで宣言した。元アーカンソー州知事、のちの米大統領、ビル・クリントン氏から聞いた話を――ヒラリー夫人の「性癖」を――本に書き始めたことが広がったとたん、「ストーキング」や「脅迫」が始まったからだ。/ 英紙「デイリー・メール」がスクープ報道

……………………………………………………………………………………… 

 ★ サリーさんは「闇の権力」お得意の、

    電磁波照射にも遭っているはずだ。

     いのちの危険もある。心配だ。

………………………………………………………………………………………

Screenshot4916

 

Screenshot4915

 

Screenshot4918

………………………………………………………………………………………

 ★ ミラーさんは、口封じされてたまるかと自分の身を守るために、敢えてカミングアウトしたそうだ。

          * 

 ★ ビル・クリントン氏が大統領選に出たときも、同じような脅迫が続いたそうだ。

          *

 ★ 車を使ったストーキング。「自殺しようとしていますね」と、警察からかかってくる電話。

 ミラーさんはひょっとしたら、電磁波照射攻撃も受けているかも知れない。

          *

 ★ ミラーさんはアーカンソー州知事時代、ビル・クリントン氏と親交があったと言っている。

 自宅に来たビル・クリントン氏が「白い粉を鼻から吸引する」場面にも立ち会ったと語っている。

          *

 ★ ヒラリー氏の性癖、およびビル・クリントン氏にまつわる麻薬疑惑は、「影の政府」の「性奴隷」地獄から脱出、生還したキャシー・オブライエンさんの証言とも一致する。

          *

 ★ 権力政治はこうしたストーキングや脅迫を組織的に続けるだけの闇の部隊を抱えており、都合の悪いことを闇から闇へ葬り去ろうとするものらしい。

 これは日本でも行なわれていることではないか?

          *

〔★は大沼〕 ◎ デイリー・メール EXCLUSIVE: 'He put on my frilly nightie, and danced around playing his sax.' Former Miss Arkansas says Bill Clinton was so-so in bed and confided Hillary was into sex with women. Now she fears Hillary vendetta and sleeps with loaded semi-automatic
(2月17日付け)⇒ http://www.dailymail.co.uk/news/article-3427366/He-frilly-nightie-danced-playing-sax-Former-Miss-Arkansas-says-Bill-Clinton-bed-confided-Hillary-sex-women-fears-Hillary-vendetta-sleeps-loaded-semi-automatic.html

Screenshot4917

 

 ・ The mother-of-two sleeps with a loaded semi-automatic within arm's reach and rarely leaves home without her four-year-old Australian Shepherd, Cubby Bear.

 ・ The twice-divorced 77-year-old took to social media in recent weeks to post an extraordinary warning that if she dies by 'suicide' no-one should believe it.

 ・ She decided to post details on social media because she feels she's safer battling the Clintons out in the open where her ultimately death would provoke too much scrutiny.

 'I'm sure I have Facebook friends that are spies and I'm sure the word got out to Hillary,' she said. 'I began to get unknown calls on my cell phone - three or four a week - but now it's almost every day.

 'It's the same pattern they used in 1992, '93 and '94. I've watched cars following me down to the park. They are typically trucks or SUVs - all the windows are completely black.

 'I pulled up beside one of them and walked over but he pulled away as soon as I got up close.

 'I've been getting calls from 911 saying "Ms Miller we understand that there's an emergency and you're about to commit suicide". They always say it was a family member or a close friend but they can't give you the name.'

 Miller has yet to find a publisher for her memoir – again, she suspects Democrat meddling -- but she insists she will self-publish if need be.

 But does she really suspect the woman many believe will be the next President of the United States, a former Secretary of State lauded globally as a female role model, would resort to foul play to stop that happening?

 ''I think the Clintons are capable of anything. Do I live in fear, no - because I'm armed too, I'm prepared. You have to be when you think perhaps your life is being threatened.'

 ・ He would sometimes unwind by smoking a marijuana cigarette. Miller claims that she saw Clinton produce a pouch of white powder on several occasions and snort lines off her coffee table.

Posted by 大沼安史 at 02:10 午前 4.電磁波被曝問題 |

2017-03-02

〔権力・闇組織のハイテク犯罪を許してはならない〕◆ 「9・11」の真相究明を求め、劣化ウラン弾の非人道性を告発している、元米陸軍少佐(湾岸戦争での劣化ウラン弾実態調査プロジェクト長)のダグ(ダニエル)・ロック博士(物理学)が「電磁波兵器」の存在を明言 /博士自身が米陸軍基地での訓練で使用 「手で持つこともできるし、ヴァンやトラック、飛行機に取り付けて発射できる。ときには、訓練中、撃ち合いゴッコさえしていた」と言明――◎ 米連邦議会上院公聴会で、被害者でもあるダニエル・レボヴィッツ医師が証言 ① 

 ★ 手に持って(拳銃のように?)狙いをつけて撃てる! 

 同じような照射デバイスが、日本でも権力者の黙認の下、不正使用されているような気がする!

          *

 ★ ダグ・ロック博士(写真)によれば、「9・11」の真相究明を求める活動家が、電磁波照射兵器の被害にあっている。

 いわゆる米国の「ディープ・ステート(影の政府)」の仕業ではないか?

Screenshot4875

Screenshot4874

………………………………………………………………………………………

 ★ 日本でも、腐敗した支配体制に抵抗する市民活動家らにも不正使用されている可能性がある!

 これはSF(サイエンス・フィクション)話ではない!

          *

 

〔★は大沼〕 Screenshot4873

◎ BiggerThanSnowden.com : ダニエル・レボヴィッツ医師の証言
 ⇒ 
http://www.biggerthansnowden.com/lebowitz.html
 

 ・ A long list of 9/11 truth activists have reported being targeted with electromagnetic weapons and death threats. 

 Some have died under suspicious circumstances.

  US Army Major Doug Rokke, PhD physics from University of Illinois, former head of the US Army depleted uranium cleanup project after Gulf War I, says these weapons are very real, and commonly used in military circles.

 He has described how he personally used such weapons on a regular basis while training with Special Forces at US Army facilities: “We had them van-mounted, truck-mounted, plane-mounted, and hand-carried. We would go around zapping each other for fun. This was during exercises, or sometimes just as a practical joke.”

  Rokke further stated that, based on his firsthand knowledge of US military mind-set and capabilities, 9/11 truth activists have undoubtedly been targeted by exotic non-lethal (and lethal) weapons.  Remember again Cass Sunstein, who openly advocated cognitive infiltration and disabling of 9/11 truth activists. 

 Is he talking about psychotronic weapons attacks?

Screenshot4876

………………………………………………………………………………………

          *

 ◎ ダグ・ロックさんのプロフィール ⇒ http://rationalwiki.org/wiki/Doug_Rokke

Posted by 大沼安史 at 05:33 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-03-01

〔権力・闇組織のハイテク犯罪を許してはならない〕◆ マイクロ波兵器開発にも携わったことのあるバリー・トロワー博士が、ユーチューブ(日本語字幕付き版)で、軍・諜報・治安当局による恐るべき権力犯罪を暴露・告発!― ③ 「電磁波」照射で、「TETRA((地上基盤無線)」に被曝した世界各国の警察官たちがデモに対して攻撃的になり、「電磁波通信ヘルメット」かぶった米陸軍の特殊部隊が作戦から帰国後、妻子をDVで殺傷するなど「凶暴化」! ★ 「電磁波」による攻撃性の増大……! 社会の連帯が壊されてゆく!

 ★ 日本での突然、「キレル」の横行も、「電磁波」と無関係ではないかもしれない。

Screenshot4850

Screenshot4855

………………………………………………………………………………………

 ★ トロワー博士は、米軍特殊部隊が所属していた基地は、米ノースカロライナ州の「フォート・ブラッグ」基地だとユーチューブでのインタビューで語っている。

 このくだりを聞いて、わたしは、米国の「影の権力」に要人相手の「性奴隷」と「メッセンジャー」として使われ、その地獄から生還した、米国人女性、キャシー・オブライエンさんが、その「フォート・ブラッグ」で(も)「洗脳/マンドロコントロール」を受けたと書いていたことを思い出した。

 電磁波通信被曝の警察官、兵士が攻撃性を増す、というのは、もしかしたら、そのような行動を(街頭で、あるいは戦場で)とるようマインドコントロールされているせいではないか。

 いずれにせよ、電磁波と攻撃性の強化の関係は、注意にあたいする問題だ。

 わたしは南スーダンに派遣された自衛隊のみなさんへの影響のことも心配している。

 

〔★は大沼〕 ◎ ユーチューブ : バリー・トロワー博士 : 電磁波が警察官や兵士を凶暴化
 (開始 16分40秒~ )⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=EJluXfJQCuk

          *

 ◎ 関連 ◆ マイクロ波兵器開発にも携わったことのあるバリー・トロワー博士が、ユーチューブ(日本語字幕付き版)で、軍・諜報・治安当局による恐るべき権力犯罪を暴露・告発!― ② 「マイクロ波源は鉛筆の太さの薄さ。それでターゲットを追尾し、マイクロ波ビームで目や心臓、脳などを狙う」 ★ 博士は1984年の夏、英国の「グリーナム・コモン」で、米軍が抗議の女性たちをマイクロ波攻撃し、意気を消沈された事例を紹介し、その文脈で、「マイクロ波ビーム兵器」の仕組みを解説している。
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/02/post-9b02.html

          *

 ◎ ◇ マイクロ波兵器開発にも携わったことのあるバリー・トロワー博士が、ユーチューブ(日本語字幕付き版)で、軍・諜報・治安当局による恐るべき権力犯罪を暴露・告発!―― ① Voice to Skull(声を頭蓋内に):「声を聞かせるのは一番簡単です」/ 「一連の周波数で(内耳の蝸牛殻を刺激するだけ」)」/「物理的に声を聞かせる」/「「声を解釈するのは電気信号」/「どんな会話でも聞かせられる」 ★ 恐ろしいハイテク技術だ!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/02/voice-to-skull-.html

          *

 ◎ 関連 ◇ 英国の「警察・TETRA(地上基盤無線)」による「(パルス化)マイクロ波被曝」で、38歳の巡査、ニール・ドリング(Pc Neil Dring)さんが癌死! ―― 遺族(妻と遺児)が訴え! / ★ この「ドリング巡査の受難(2004年)」をきっかけに、英国では、TETRAによる警察官、警察署周辺住民のマイクロ波被曝・健康被害問題が広がっている。これは日本への警鐘でもあるのではないか!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/02/pc-neil-dring-0.html

         *

 ◎ キャシー・オブライエンさんについては:

  ♯ 彼女のHP ⇒ http://www.trance-formation.com/aboutcathy.htm

  ♯ 本ブログの紹介記事(一部)⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/12/post-a92b.html

 

Screenshot4856

Posted by 大沼安史 at 04:44 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-02-19

〔権力・闇組織によるハイテク犯罪を許さない〕◇ 「集スト・カー」の運転席に、(見慣れない)発光するデバイス / 集団ストーカーにつきまとわれている被害者が東京都内の路上で撮影に成功! 1時間以内に4、5台を目視! / 自車内の放射線量(ガンマ線)が、最大で0.67μSv/hに一桁上昇 ★ 線量急上昇! これは中性子線照射に遭い続けている山口県在住の工学者(元高専教授)の被害状況と同じだ! 電磁波デバイスではなく、車内に仕掛けられた、より致命的な中性子線デバイスかも知れない。

Screenshot4641

Screenshot4642

………………………………………………………………………………………

 ★ わたしも岡山などで、集スト車とおぼしき車の出現と同時に、携帯した線量計が急に跳ね上がる経験をなんどもしている! 

          *

〔★は大沼〕 ◎ 西村悟志さんのツイッター報告 ⇒ https://twitter.com/micmicniiiiiiii/status/833060889230073856

          *

 ◎ 山口県在住、工学者(元高専教授)、A先生の被害報告 (中性子線と思われるシンチレーション発光させる要員による照射被曝。警察は実行犯を逮捕せよ
  ⇒ 
http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/e49cde205e2f0806968fc4b72598ffff

  ・ 接近してきて照射を受ける場合で多いのが、高速道路や一般道路における走行中である。
初めに示す事例は、25キロ以上の追尾を受け、心臓にダメージを受けて頓服薬を飲まなければならなかったものである。
徳山東ICから山口南ICを通って山口市の病院に家内の老親介助に向かう時の例である。高速道路では、多くの場合追尾しながら照射を加えてくるのだが、この時ほど長区間の追尾照射を受けた例はほとんどないと思われる。この区間には、徳山西ICと防府東ICがあり、照射車は徳山西ICを過ぎたあたりから追尾を始めたと思われるが、ガンマ線検知器が0.10μSv/hを示し、通常のバックグラウンド0.07~0.08μSv/hであるので、明らかな上昇に気づき、後ろを見ると軽四輪車が追尾して来ていた。

Screenshot4643

Screenshot4644

Posted by 大沼安史 at 02:07 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-02-17

〔影の権力・闇組織によるハイテク犯罪を許さない〕◇ トランプ政権に対し、NSA内部告発者のカレン・スチュアートさんが、ツイートで直訴 ◎ マイクロ波(DEW)照射攻撃被害を続ける権力内不法組織の摘発を、聖書の「コリント人への手紙」の一節を引用して、訴え! ―― いよいよその時が来たら、最後の「切り札(trump)」を切り、犯罪集団を摘発し、死せる者を甦らせ、人びとを復活させてください!

 コリント人への手紙 15:52 「終のラッパの鳴らん時みな忽ち瞬間に化せん。ラッパ鳴りて死人は朽ちぬ者に甦へり、我らは化するなり」 

………………………………………………………………………………………

Screenshot4612

………………………………………………………………………………………

 ★ カレン・スチュアートさんは他の被害者たちと連名で、トランプ大統領へ要求書を提出している。

 米国の「IC(諜報組織連合)」と闘うトランプ大統領に対し、「影の政府」権力による電磁波支配・マインドコントロール攻撃の非人道行為を暴きだし、検挙・摘発するよう求めている。

          *

〔★は大沼〕 ◎  Karen Melton Stewart ⇒ https://twitter.com/karen_kams56/status/832446208190926849

Posted by 大沼安史 at 01:51 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔電磁波被曝の脅威〕◇ 英国の「警察・TETRA(地上基盤無線)」による「(パルス化)マイクロ波被曝」で、38歳の巡査、ニール・ドリング(Pc Neil Dring)さんが癌死! ―― 遺族(妻と遺児)が訴え! / ★ この「ドリング巡査の受難(2004年)」をきっかけに、英国では、TETRAによる警察官、警察署周辺住民のマイクロ波被曝・健康被害問題が広がっている。これは日本への警鐘でもあるのではないか!

Screenshot4603

…………………………………………………

Screenshot4602

………………………………………………………………………………………

 ★ 日本の警察官は、大丈夫か?

………………………………………………………………………………………

 ★ 英国の「TETRA(テトラ)」とは、全英の警察に導入された通信システム。

 マイクロ波を脅威を訴えているバリー・トロワー氏(英国の物理学者、マイクロ波兵器開発・運用に関わった経歴の持ち主によると、「テトラ」の電波塔は通常、警察庁舎の屋上に設置されていることから、勤務する警察官はもちろん、周辺の警察公舎の家族たちも常時、マイクロ波に曝されている。( ⇒ こちら )

 …… the Police Tetra system is usually placed on top of police stations where officers are exposed continuously, as are the surrounding police houses where officers may live with their families and local residents.

          *

 ★ ドリング巡査の癌紙を報じた、2004年の英紙「テレグラフ」の報道によると、同巡査はタバコも吸わず、トライアスロンを楽しむほど元気だったが、「テトラ」が設置されてから、体調が悪化。

 ドリングさん自身、「テトラのせいで癌になった」と、生前、訴えていたそうだ。

 診断10ヵ月で、亡くなられた。

 同紙によれば、ほかに40歳の巡査が、テロラ被曝癌を訴え、(その時点で)治療中。

 また、英国北西部、ランカシャー地区(州)の警察官173人が被曝被害を訴えている。

          *

 ★ バリー・トロワーさんによると、「テトラ」のようなマイクロ波被曝で、癌になる確率は3倍増。

 吐き気、頭痛、鼻血、不眠など、さまざまな心身異常も引き起こされる。

          *

 ★ ところで、この「TETRA(地上基盤無線)」に対する反対運動は英国のみならず世界的に高まってきているが、グローバル盗聴活動を続ける米国の諜報機関がこのシステムを「活用」しており、それが「批判封じ」につながっている、との指摘も出ている。

 この「テトラ」システムでは、警察、あるいは消防などの内部だけで運用されるものではなく、地域社会に対しても適用され、マイクロ波による盗聴・盗視、マインドコントロール、威嚇・拷問攻撃に使われている、との警告も出ている。

          *

 ★ 日本では、どうなっているのだろう? 

 日本の警察官は大丈夫か?

          * 

〔★は大沼〕 ◎ 英紙テレグラフ Police radio system led to officer's fatal cancer, family fears(警察の無線システムが警察官の癌死を引き起こしたと、遺族が問題視)
 (2004年7月20日付け)⇒ http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1467414/Police-radio-system-led-to-officers-fatal-cancer-family-fears.html

Posted by 大沼安史 at 04:51 午前 4.電磁波被曝問題 |

2017-02-15

〔権力・闇組織のハイテク犯罪を許しはしない〕◆ 組織内部の不正を告発、以来、マイクロ波照射攻撃に遭い続けている、米国人女性、カレン・スチュアート(Karen Melton Stewart)さんが、レイチェル・ヴォルチンさんという若い女性の、こんな言葉を紹介したツイートをリツイートしている。★ わたしたちにとっての希望も、そこにある! さあ、わたしたちも、苦しいけれど、自分の生活を、人生を、取り戻していくぞ!

〔★は大沼〕 ◎ ⇒ https://twitter.com/karen_kams56

Screenshot4574

………………………………………………………………………………………

 ちゃんと、たしかなこと、言うわね
 わたしは、寄せ集められた束では全くないの
 壊れてもいない
 わたしは、よみがえろうとしている
 うつくしもののを見つけて
 みにくいもののなかに うつくしいものをに縫い付けるの
 わたしの人生のなかに

………………………………………………………………………………………

           *

 ★ きのう、わたしは、ある若い、集スト被害者(男性)に、励ましのメールを送った。

 そして、きょう、カレンさんのツイートで、上の詩を知った。

 これは、その男性被害者やわたし自身だけでなく、電磁波照射被害を受けている日本のすべての人びとにとって、大きな励ましである。

 苦しく、過酷な時間の連続だが、そのなかに、美しいものを見い出し、それをつなぎあわせ、自分の人生を甦らせて行く!

 「彼ら」に、負けはならない!

 電磁波照射は極刑にあたいする加害行為だが、そこにはマインドコントロールも含まれている。

 無視すること、それが「よみがえり」のはじまりのような気がする。

          *

 ◎ 参考 レイチェル・ヴォルチンさんのツイッター ⇒ https://twitter.com/rachelwolchin

         *

 ◎ カレンさんについては ⇒ こちら

Screenshot4575

Posted by 大沼安史 at 02:35 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔権力・闇組織のハイテク犯罪を許してはならない〕◆ マイクロ波兵器開発にも携わったことのあるバリー・トロワー博士が、ユーチューブ(日本語字幕付き版)で、軍・諜報・治安当局による恐るべき権力犯罪を暴露・告発!― ② 「マイクロ波源は鉛筆の太さの薄さ。それでターゲットを追尾し、マイクロ波ビームで目や心臓、脳などを狙う」 ★ 博士は1984年の夏、英国の「グリーナム・コモン」で、米軍が抗議の女性たちをマイクロ波攻撃し、意気を消沈された事例を紹介し、その文脈で、「マイクロ波ビーム兵器」の仕組みを解説している。

Screenshot4565

Screenshot4566

………………………………………………………………………………………

 ★ 米軍巡航ミサイル配備に抗議した「グリーナムの女たち」の抵抗は、いまから30年も前のこと。

 「マイクロ波兵器」は、その時点ですでに運用されていたわけだ。

 日本でも「電磁波ビーム照射」によるものとみられる、目など顔面負傷の訴えをよく耳にするが(ほかならぬ、わたしの被害者だが)、「マイクロ波源」が鉛筆の太さサイズであるという、このトロワー博士の証言で、照射装置が超小型な、ポータブルなもので(も)ありうることが確証された。

 もういちど言うが、グリーナム・コモンでの実戦使用から、30年――。

 当時の最新鋭兵器も旧式化し、時代遅れになったものが、民間に流出、日本にも出回り、ハイテク暴力団、カルト教団裏組織などによって運用されている、との見方の信憑性が、ますます高まった。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ユーチューブ : マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達
 (開始 5分10秒~ )⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=EJluXfJQCuk

          *

◎ 「グリーナム・コモン」での電磁波照射については、⇒ こちら

          *

 ◎ 関連 / マイクロ波兵器開発にも携わったことのあるバリー・トロワー博士が、ユーチューブ(日本語字幕付き版)で、軍・諜報・治安当局による恐るべき権力犯罪を暴露・告発!―― ① Voice to Skull(声を頭蓋内に):「声を聞かせるのは一番簡単です」/ 「一連の周波数で(内耳の蝸牛殻を刺激するだけ」)」/「物理的に声を聞かせる」/「「声を解釈するのは電気信号」/「どんな会話でも聞かせられる」 ★ 恐ろしいハイテク技術だ!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/02/voice-to-skull-.html

Posted by 大沼安史 at 09:34 午前 4.電磁波被曝問題 |

2017-02-13

〔権力・闇組織のハイテク犯罪を許してはならない〕◆ マイクロ波兵器開発にも携わったことのあるバリー・トロワー博士が、ユーチューブ(日本語字幕付き版)で、軍・諜報・治安当局による恐るべき権力犯罪を暴露・告発!―― ① Voice to Skull(声を頭蓋内に):「声を聞かせるのは一番簡単です」/ 「一連の周波数で(内耳の蝸牛殻を刺激するだけ」)」/「物理的に声を聞かせる」/「「声を解釈するのは電気信号」/「どんな会話でも聞かせられる」 ★ 恐ろしいハイテク技術だ!

★ 日本国内でも一般の人びとに対し、管理・威嚇・排除(リストラ・地上げ・性犯罪・保険金詐取・精神病院への強制隔離……)などの手段としてフツーに使われ出したようだ!

          *

 「機密」のヴェールに包まれた、当初、軍・諜報機関レベルで始まった、この凶悪な「世紀の犯罪」が、白日の下に暴露され、実行組織(実行犯を含め)が刑事訴追されるのも時間の問題になって来た!

………………………………………………………………………………………

Screenshot4530

Screenshot4539_2

 

Screenshot4538

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ユーチューブ : マイクロ波の危険性 法の外にいる御用学者達
 (開始11分09秒~ )⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=EJluXfJQCuk

Screenshot4516

          *

関連 本ブログ既報 2016-09-10 〔ハイテク犯罪を許さない〕〕◇ スマートメーターとWifiなどによる電磁波の影響で、あと60年、このまま野放しを続ければ、60年後に、米国はいまの人口の8分の1(One-eighth!)に縮小するだろう! 米国は世界のステージから消える! ★ 日本も同じ運命に……! 電磁波は人体にそれほど深刻な影響を与えるものだそうだ! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者) さんが警告!―― その⑩ ◎ 全10回、1~9回目のリンクも、この記事にアップしています。お読みになってください!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/wifione-eighth-.html

Posted by 大沼安史 at 01:16 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-02-12

〔軍事級のハイテク犯罪 人体実験を許してはならない〕◆ 中性子線被曝を専用測定機で検出し、被曝被害を訴えている、山口県在住の工学者、A先生(元高専教授)がアピール : 「中性子線によるものかセミが鳴かず、カエルの合唱も聞こえず、雀も姿を消しました」/ 蚊も極端に減少 / フクロウの声も聞かなくなった!

 ★ A先生は中性子線の調査を「山口県の環境保健センター」に求めたが、「中性子線源は一般には存在しないから、県として調査をしないことを決めたということで調査を拒否され」たそうだ! 

 違法な中性子線照射兵器の照射実験が行なわれているからか?

………………………………………………………………………………………

Screenshot4482

          *

Screenshot4483

          *

Screenshot4485

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ A先生のブログでの訴え ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/8a3c0f1ce30a8082492f6568843e64d4

………………………………………………………………………………………

 自宅は田んぼや山に囲まれた地帯ですが、照射が始まって2年目の今年の夏にはいつもの年にはうるさいくらいに耳にしていたセミの声をほとんど耳にしませんでした。

 この場所に住み始めて30年以上になりますが、初めての経験です。

 またカエルが梅雨時期から夏にかけて合唱しますが、これもちらほらでした。

 また毎年夏シーズンには蚊に悩まされますが、これも今年は極端に少なく、あまり姿を見せませんでした。

 さらに雀の姿を見かけなくなっています。

 いつもよく聞くホロツクホーホーのフクロウの声も聞こえなくなっています。

 このように生き物の世界では異変が生じています。福一からの影響ということが言われるところですが、福一事故から6年になろうとしている中で、突然の変化が昨年の夏に生じたとも考えにくいことです。

 異常気象も考えられますが、これも何度か経験している中で、生き物の世界では、ここまで極端なことは生じていません。
やはり常時飛んでいる中性子線の影響ということが一番考えられるのではないかと思います。

Posted by 大沼安史 at 04:45 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-02-02

〔ハイテク犯罪 許すまじ〕◇ 英国の若き女性科学者、キャサリン・ホートン博士(Dr Katherine Horton)が、「電磁波ハラスメント(assaulted with microwave weapons )」被害で、国際社会に問題提起! / オックスフォード大学の研究フェローだった2011年に、なぜか「英国情報機関のターゲット」に! / 研究の一環で、英名門サッカークラブ・オーナーが絡んだ裁判を傍聴後、攻撃に曝される! / 自宅に2度、侵入され、暗殺されかかったことも! 

Screenshot4284

 ★ キャサリンさんはカミングアウトして、被害者総決起による「集団訴訟」を呼びかけている!

 ★ 世界の権力エリート層は、相当に、腐りきっているようだ! 

………………………………………………………………………………………

 ★ キャサリンさんは、電磁波被害告発の「ジャンヌ・ダルク」だ!

 彼女が名乗りを上げたことで、日本の――電磁波・性拷問(呼び出しレイプ)などを受けている女性たちも励まされることだろう。

          *

  ★ スポーツ界のマインド・コントロール問題について、米国の元・大統領御用達・性奴隷だったキャシー・オブライエンさんは、米メジャーリーグの選手の精神操作のため、ドミニカに「洗脳キャンプ」が設けられていることを暴露している。

Cathyobrien300x169 キャシーさんは30歳で「定年処刑」される直前、ハリウッドに呼ばれ、米メジャーリーグ・オーナーに、(その前のフィルム撮影に使われた)2頭の犬をはらいよけながら、その肥満した下腹部を持ちあげ、性奉仕させられた場面についても、実名入りで、著書で記録・告発している。

          *

〔★は大沼〕 ◎ キャサリーン・ホートン博士の告発 ⇒ https://stop007.org/home/about/ 

          *

◎ ユーチューブ Preparing for court cases!
  ⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=SXNnqge5hM4&feature=youtu.be

          *

◎ ロシア富豪からみの裁判 ⇒ http://www.dailymail.co.uk/news/article-2196271/Berezovsky-v-Abramovich-Pictured-arms-great-friends-court-battle.html

Posted by 大沼安史 at 07:29 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-01-31

〔ハイテク犯罪 許すまじ〕◇ 山口県在住の元・高専教授(工学者)のA先生が、自宅の室内・上方からの中性子線照射を感知・検出 / 念のため天井裏に取り付けていた監視カメラの撮影映像を確認したところ、監視カメラの「視界」を妨害する工作状況を確認! ★ この白い噴霧微粒子のようなものは何なのだろう! / A先生のもとには最近、ある著名な核物理学者から、中性子線照射はラジウムとベリリウムを使えば可能(加速器なしでも)との警告が入ったばかり。警戒を強めていた矢先のことだった! 

 ★ これはたとえば中性子線攻撃は、ファイバーでの噴霧でもできる、ということなのか?

 (追記: 山口県在住のA先生はブログの更新をできない状況に追い込まれていましたが、上記の問題に加え、さきほど、「外つけHDの情報がすべて消された」と、大沼あて、急報がありました。

 『彼ら』はどうやら、本気でA先生の『口封じ』と証拠隠滅に動き出したようです。

 皆さんの「見守り」と「注目」だけが頼りです。

 何かありましたら、小生のブログとツイッターで速報します!)

Screenshot4236

………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ◎ A先生(ツイッターネーム「一路」)の報告 ⇒ https://twitter.com/knp12/status/826096052214194176 

          *

 ★ この点で思い出すのは、ファイバーを使ったガス噴霧攻撃について警告を鳴らしている、「佐藤 田中」氏のツイッター警告だ。
 ( たとえば ⇒ 
こちら

 A先生宅にも、このようなものが仕掛けられたのではないか、と心配になる。

          *

 ★ 最近、わたしは英国のジャーナリスト、ジョン・ロンソン(Jon Ronson)さんが書いた、「ヤギを睨んだ男たち(The Men Who Stare at Goats)」というレポート(ペーパーバック)を読んだ。

 そこに(第14章)、1953年11月28日、ニューヨークのホテルから飛び降り‘自殺’した米政府の科学者、フランク・オルソンさんの実話が紹介されていた。

 ロンソンさんがフランクさんの遺族を訪ね、取材してまとめたものだ。

 フランクさんはCIAのLSDの人体実験に使われ、「自死」を遂げていたのだ。(のちにフォード大統領がホワイトハウスに遺族を招いて謝罪)

 なぜ、政府系の科学者が狙われ、飲み物(コワントロン)にLSDを盛られたか?

 CIAは、知識の豊富な科学者がLSDを盛られてどう反応し、どんな行動をとるか確かめよう(身近で観察しよう)と、人体実験を行なったそうだ――。

 わたしは、このオルソンさんの事件を知って、ひょっとしたらA先生も、同じような「知識の豊かな科学者ならどう反応するかの中性子線・被曝実験」に使われていたのではないか(犯行グループは、A先生に中性子線専用測定機で実測・告発されたことに慌てて、口封じ工作に出ているのではないか)と、思わず考え込んでしまった!

          *

 ★ それにしてもA先生に対する、この人体実験・被曝攻撃の実行犯とは、どのような組織に属する者どもなのだろう?

 A先生の訴えに、山口県警が一向に動かないことに、答えの一端がすでに明らかになっている、と言えるかもしれない。

Posted by 大沼安史 at 07:11 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-01-30

〔ハイテク犯罪 言論封殺 許すまじ〕◇ 米海軍の研究施設で非人道的な電磁波拷問兵器の存在を知り、その不正使用による民間人照射・人体実験に抗議し、内部告発にうって出た、米海軍士官学校出身者、デイヴィッド・ヴォートさんが全米行脚再開! 北米西岸(大平洋)を目指し、サンタモニカへ南下! ◎ クラウドファンディングに支援続々!

Screenshot4219

Colejrvuaawerh

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ デイヴィッド・ヴォートさんのツイッター
  ⇒ 
https://twitter.com/DavidVoigts1911/status/814163119664726017

          *

 ◎ ヴォートさんの「人体実験に反対するウォーク(Walk Against Human Experiments)」を支援するクラウド・ファンディング ⇒ https://www.gofundme.com/no-touch-torture

 ★ このファンディング・サイトには、CIAのMKULTRAに始まる電磁波拷問・マンコントロールの歴史と実態が簡潔に紹介されています!

 日本でも米国に追随して、実利(リストラ、地上げ、言論封殺など)を兼ねたかたちで、電磁波を使った苛酷な人体実験が、当局の黙認のもと、続いているようです。

Posted by 大沼安史 at 07:32 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔ハイテク犯罪 言論封殺 許すまじ〕◇ 中性子線・電磁波など照射被害を受け、専用測定機で「検出」に成功、警察などに訴えるも、そのまま放置されている山口県在住の高専元教授(工学者、A先生、仮名=憲方一路さん)への攻撃がさらに激化! ★ わたし(たち)を含め、ここに来て急に攻撃がエスカレートしています! 一気に「始末してやる」とでもいうような勢いです。耐え抜くつもりですが、どうか、わたしたちを、見守ってください! 国民生活に対するテロ行為を野放しにして、なにが「共謀罪」でしょうか?

Screenshot4217

Screenshot4216

………………………………………………………………………………………

 ★ A先生は、ブログの更新(完全封殺)、ツイッターの発信(ほぼ封殺)が厳しい状態にも追い込まれている。

 午後、こんなメールをいただいた。

 「東海アマさんが警告し、大沼さんが私に関して言及していただいた加害激化は、事実と思われる状況になっています。……昨晩の中性子線攻撃は これまでとは被曝レベルの高い照射回数が、これまでの数倍に なる異常事態が発生して、心臓の前と後ろに痛みが生じ、 一晩眠れませんでした。 朝から居間でうつらうつらしていても照射を加えてくるために、 痛みが取れない状況です」

          *

 ★ A先生に対する攻撃がはじまったのは、中性子線照射被曝を専用測定器で確認して、問題提起を開始したときから。

 気づかれて、口封じに出てきたようだ。

 「彼ら」はひそかに、照射実験でデータをとったり、照射攻撃の「演習」を続けている、というのが、わたし(大沼)の憶測だ!

          *

 ★ 攻撃激化は、「保険金をかけられている」大阪の女性からも訴えで来ている。

          *

〔★は大沼〕 ◎ A先生からの救援署名の訴え/ ヘリコプター・ストーキングと犬の吠え(鳴き)声を使ったノイズキャンペーンなどの証拠録音つき
  ⇒ 
http://barometer3.web.fc2.com/

          *

 ◎ A先生の更新を凍結させられた告発ブログ
 ⇒ 
http://blog.goo.ne.jp/green727green

Posted by 大沼安史 at 06:52 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-01-29

〔マインド・コントロール・精神支配を許さない〕◇ マイケル・ジャクソンの娘(パリスさんが)、「父は殺され、私は性的暴行を受けた」と激白! ★ 米「影の政府」権力サークルの「性奴隷」状態から脱出・生還した米国人女性、キャシー・オブライエンさんによると、マイケル・ジャクソンさんが仕掛けられたマインドコントロールを、女優のエリザベス・テーラーさんが解こうとしたが、妨害に遭い、失敗に終わったそうだ! 

Screenshot4158

Screenshot4159

………………………………………………………………………………………

 ★ テイラーさんはマイケルさんを英国に連れて行き、デプログラムを試みたそうだ。

 歌手やスターをマインドコントロール下に置き、利用することは、どうやら、米国の「影の政府」権力の軍事研究(演習)の一環として行なわれていることのようだ。

 キャシーさん自身、そしてキャシーさんの娘、ケリーさんがこうむった、マインドコントロール下のペドファイル(幼女への性暴行)も、また。

          *

〔★は大沼〕 ◎ Movie Walker マイケル・ジャクソンの娘、「父は殺され、私は性的暴行を受けた」と激白!
(26日付け)⇒ 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000053-mvwalk-movi

          *

◎ 本ブログ既報 : 〔ハイテク犯罪 マインドコントロールを許すまじ /「政府」を、「政治」を取り戻そう〕◇ 米国の「影の政府」によるマインドコントロールで「性奴隷」(娘さんのケリーさんまでも)にされ、その地獄から生還したキャシー・オブライエンさん(と、彼女が殺害処分される寸前に救出し、アラスカに逃げ、洗脳を解いたマーク・フィリップさん)のことを、ご存知ですか? (連続ツイッター報告)
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/12/post-a92b.html

◎ キャシー・オブライエンさんのHP ⇒ http://www.trance-formation.com/aboutcathy.htm

Posted by 大沼安史 at 11:00 午前 4.電磁波被曝問題 |

2017-01-28

〔マインド・コントロール大量殺人事件だったのでは?〕★ 19人を殺害し、27人に重軽傷を負わせ、それでも「単独犯」だったとされる植松聖容疑者(27)が「調べに対し障害者を冒とくする内容の供述を一貫して続けていて、来月下旬まで専門家による精神鑑定」! ★ 植松容疑者はいまだに、マインド・コントロール下にあるような気もする! 米国で続発する、精神操作による殺人兵士化実験のモルモットではないのか? 

 ★ 米国の有力誌『タイム』が2010年に、米国の「政府悪質機密トップ10」の第2位に電磁波や薬物・催眠術などを使ったマインドコントロール実験を挙げていたことを思い出す。

Screenshot4147

Screenshot4148

………………………………………………………………………………………

 ★ わたしには、植松容疑者が犯行前、「衆院議長公宅」に行っていることが、どうにもひっかかる!

 わたしは新聞記者として、国会議員のアドバイザーとして永田町に長い間、出入りしていたが、そのわたしにとっても「議長公宅」は「死角」なのだ!

 知る人ぞ知る!

 誰が植松容疑者を、そこへ「誘導」したのか?

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ NHK : 殺傷事件から半年 元職員は障害者冒とくの供述続ける
 (26日付け)⇒ 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170126/k10010853161000.htmlhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20170126/k10010853161000.html

 ・ 植松容疑者は、調べに対し、こうした主張を一貫して供述しているということで、捜査関係者によりますと、取り調べの中でその考えは問題があると指摘されると「わかっていない」などと反論していたということです。
専門家による鑑定は、来月20日までの予定で、検察は鑑定結果などを踏まえて起訴について判断する見通しです。

          *

 ◎ TIME CIA Mind-Control Experiments
 (2010年8月6日付け)⇒ 
http://content.time.com/time/specials/packages/article/0,28804,2008962_2008964_2008992,00.html

 At the height of the Cold War, the CIA conducted covert, illegal scientific research on human subjects. Known as Project MK-ULTRA, the program subjected humans to experiments with drugs such as LSD and barbiturates, hypnosis and (some reports indicate) radiological and biological agents. In 1973, CIA Director Richard Helms ordered all documents from Project MK-ULTRA destroyed. Nevertheless, late the following year, the New York Times reported on the illegal activities. In 1975, the Church Committee, headed by Senator Frank Church, and a commission headed by Vice President Nelson Rockefeller investigated the project. They found that over more than two decades, the CIA spent nearly $20 million, enlisted the services of researchers at more than 30 universities and conducted experiments on subjects without their knowledge. Some of the research was performed in Canada. Some historians argue that the goal of the program was to create a mind-control system by which the CIA could program people to conduct assassinations.

Posted by 大沼安史 at 09:41 午前 4.電磁波被曝問題 |

2017-01-24

〔権力のハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 米国のトップ軍事研究所、DARPAの元上級研究員(科学者、PhD)、ポール・バッチョ(Paul Batcho )博士が、電磁波兵器を使った民間人に対する照射攻撃犯罪の横行に警鐘 / バッチョ博士自身、2016年春から、電磁波拷問に苦しめられているという / 人間の脳波周波数に対するマイクロ波照射に関する特許(2件)が切れた2012年以降、激増 / 当局に450MHz帯の不法送信調査を要求!

  また一人、電磁波照射問題に警鐘を鳴らすトップ科学者が現れた!   

  「内部告発者」を電磁波拷問で報復し、口封じを企てる…………元NSAスペシャリストのカレン・スチュアートさんと同じパターンだ!

  実行犯は、「影の政府」権力の犯罪者集団ではないか!

Screenshot4037

………………………………………………………………………………………

 ★ 特許切れになったパテント2件は、いずれもDARPAが1992年に取得したものだそうだ。

 バッチョ博士は、人間の脳は450MHz帯のマイクロ波を発信・受信しているとみられるだけに、それだけに高度(有害)な生物的効果が引き起こされると問題点を指摘し、米国内の関係機関に警鐘を鳴らしている。

 Human brains appear to transmit and receive at the RF bands around 450MHz and microwave transmissions can be highly damaging in turns of induced bio-effects.

          *

 ★ 日本でも電磁波拷問被害の訴えが広がっている。

 防衛省など軍事治安関係で実態を知る科学者には、カミングアウトするか、匿名で人権団体などに通報するなどして、「犯罪者ども」を塀の内側に放り込む証拠を提供してもらいたい!

 現れよ、日本のバッチョ博士!――である。

          *

 ★ ところで、バッチョ博士の指摘で気になるのは、特許切れの電磁波攻撃テクノロジーが、2012年以降、民間人に対して使われ出した、という指摘である。

 だとすれば、すでに「時代遅れ」になった軍事機密技術が特許切れで民間に流出し、犯罪者集団によって悪用されているのではないか、と思わざるを得ない。

 日本でもリストラや地上げ、宗教カルトの敵対者殲滅などに使われているマイクロ波照射システムも、米国から流入した、民間流出技術ではないだろうか?

 

          *

〔★は大沼〕 ◎ ポール・バッチョ博士(元DARPA=米国防高等研究計画局〔米国防総省・軍事科学研究所〕の科学者、PhD.:Computational Physics and low dimensional modeling of dynamical systems; turbulence theory)のアピール
 ⇒ 
http://www.biggerthansnowden.com/
 (公開状)⇒ http://www.biggerthansnowden.com/batcho.html

Posted by 大沼安史 at 08:54 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-01-16

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ あの「白装束」の教団は、電磁波被曝被害を――「スカラ波」被曝被害を、訴えていた! 亡くなった女性教祖が、北海道・旭川市の水上英次さんに、連日のように相談の電話を!

 先日、旭川の水上英次さんと電話で話をしていたら、「えっ」と驚くことを知らされ、一瞬、言葉に詰まった。

 むかし、テレビのワイドショーがよく取り上げていた、あの「白装束」の教団の女性教祖から生前、電話での相談をしょっちゅう、受けていたのだそうだ。

 教団に対して、何者かが電磁波照射攻撃をしかけて来る。対策はないものか、という相談内容だった。

 水上さんは当時、自ら発行するタウン誌で、国民監視衛星を使った電磁波照射問題を告発しており、そのことを知った女性教祖のほうから、電話をかけて来た。

          *

 で、昨日、その白装束の教団のことをネットで調べてみたら、たしかに、電磁波による被害を訴えていたことがわかった。

 ウィキペディアにも出ている(⇒ こちら)。

 あの白装束は、「スカラー電磁波」から身を守るためのものだとわかった。

 「人工的に作られたスカラー電磁波が自然環境を汚染することで、自然環境が破壊され動植物の生存の危機となり人類の滅亡に至ると主張」してもいたそうだ。

          *

 スカラー電磁波とは、一般にスカラ波(あるいはスカラー波)といわれるものだ。

 スカラ波と聞いて思い出すのは、電磁波を使ったマインドコントロールに警鐘を鳴らしていたフィンランドの女医、ラウニ・リーナ・ルーカネン・キルデさんが、「スカラ波の照射を受けたため、癌になった」と言い遺し、死去した一件である。( ⇒ こちら

 キルテ女史は電磁波照射問題と取り組む国際的な科学者団体、「CHC国際学術会議」の、2014年年次大会で実行委員長を努められた方だ。

 それが大会後、一年も経たないうちに、癌で亡くなられた。

          *

 水上さんによれば、「白装束」の教団の女性教祖もまた、癌でお亡くなりになったそうだ。

          *

 こうなると、女性教祖の「スカラ波」被曝被害の訴えを、「そんなバカな」で済ませることはできなくなる。

 電磁波照射は軍事兵器化され、世界各国でひそかに実験・演習が繰り返されているとも聞く。

 その攻撃システム(旧式バージョン)は、宗教カルトにも売られているとの言われる。

          *

 白装束の教団はもしかしたら、兵器開発の照射実験に使われていたか、あるいは対抗する宗教カルトから、照射攻撃にあっていたのかも知れない。

 「まさか、そんな」という気持ちもないわけではないが、念のため、書いておく。

Posted by 大沼安史 at 11:06 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2017-01-12

〔権力のハイテク犯罪を許さない〕◇ 北海道・旭川市の元タウン誌発行人、水上英次さんの告発は、警察内部情報を含む徹底的な調査にもとづくものだけに、貴重、かつリアルな証言である! ――たとえば…………「情報収集衛星からの電磁波による眼球切断は、私〔水上さん〕が4回、妻が6回、母親1回」! ★ 人体への照射実験を兼ねた訓練・演習のようだが、非人道的かつ、極刑にもあたいする重大な犯罪行為である!

〔★は大沼〕 ◎ 水上英次さん : 電磁波による拷問と性犯罪
 ⇒ 
http://denjiha.main.jp/higai/ 

 ★ 写真は眼球切断された水上さんの奥さんの被害

Screenshot3886

 

………………………………………………………………………………………

 

★ 水上さんは、たとえば、こうも報告している。

 ◇ 旭川東警察署相談室ミノに訴えた処、署長が本部通信指令課警備部、ナカム〇課長に電話で抗議をしてくれた。課長は突然の電話で焦ったらしく「警察庁長官の命令でやりました」と言い逃れをしたが……

 ◇ 北海道公安委員会も道警電波部のマイクロ波での眼球切断を認め、全ての会話を録音したが、住居不法侵入され全ての録音抹消、盗聴器まで電化製品に取り付けられた。

 ◇ 2016年6月中頃、署長命令でミノは3日間、札幌道警本部に出張し警備部公安に眼球切断、電磁波の拷問の中止を交渉してくれたが拒否され、旭川に戻ってから本部公安電波部より、電磁波攻撃を3ケ月以上やられ体調を崩すが署長に言えず、私が書面で署長に訴えミノを助けた。このとき人質の妻が仕返しで初めて眼球を切断されるが、妻と母も電磁波の被害者である。……

          *

 ★ DEW(指向性エネルギー兵器)による衛星からの攻撃は、米国でも被害報告が出ている。(たとえば ⇒ こちら )

Screenshot3887

………………………………………………………………………………………

 ★ しかし、水上さんのように、徹底的な反撃調査を敢行した(し得た)例は、欧米でもほかに例がない。

 その意味で、水上さんの告発報告は、きわめて重要なものだ。

          *

 ★ 水上さんが最初に「変だな」と思ったのは、若い頃、勤務していた先の、屋外での朝礼のときだったそうだ。

 竹の棒にでも突かれたような、肛門括約筋への刺激があり、誰かがイタズラしたなと思って、あたりを見渡したが、そんなことをする人は誰もいない。

 そんな体への変な刺激が続いたあと、しばらくして、妙な丁寧語(北海道弁)で「水上さんを攻撃させていただきます」という「声」が「脳内」で響いた。

 「おお、おもしろい。やってやろうじゃないか!」―― 水上さんの闘いは、そのとき、始まったそうだ。

          *

 ★ 北海道のジャーナリストは、水上さんに取材し、確認をとっていただきたい。

          *

 ★ わたしは水上さんと連絡を取り合い、いつも励ましていただいている。

 水上さんのタウン誌の部下は、電磁波拷問に耐え切れずに、冬の山中で睡眠薬自殺に追い込まれた。

 「負けるんじゃないぞ」と、水上さんは言ってくださる!

 ありがたいことだ! 

          *

 ★ ところで、話は戻るが、「彼ら」は「目(眼球)」と「顔面」を狙って照射して来る! 胸も、腰も狙ってくる。

 これは、わたしたち自身の経験でもある(米国のNSA内部告発者、カレン・スチュアートさんの場合でもそうだ! ⇒ こちら こちら )。

 別に「衛星」にかぎらない。携帯DEWを持たされたストーカーが移動して追跡照射するときもあるし、近隣に据え付けて照射するときもある。

          *

 電磁波とも限らない。

 山口県在住の元高専教授のA先生の場合は、中性子線だ。

 ( ⇒ こちら )

Screenshot3888

………………………………………………………………………………………

          *

 ★ ハイテク犯罪を許してはならない!

Posted by 大沼安史 at 12:42 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-01-10

〔ハイテク犯罪を許さない〕 ◇ 「電子・精神電子・情報兵器(electronic, psychotronic and information weaponry)」「高空極低周波兵器(high altitude ultra low frequency weapons)」などの宇宙配備を禁止せよ! ―― ◎ 米オハイオ州選出の連邦下院、デニス・クシニッチ議員は2001年に「宇宙空間保護法」の議員立法を企てた! 残念ながら、挫折!

Screenshot3847
 ★ アメリカにはしかし、闘う政治家がいる!(写真はウィキより ⇒ こちら )

 ★ 日本でも「国民監視衛星」を使った「電磁波照射問題」が指摘されている。国会議員は議員立法で立ち向かってほしい!

          *

 ★ 民主党のリベラル派、クシニッチ下院議員は、このとき、併せて「ケムトレル」の禁止も訴えたが、「軍産諜報複合体」を主体とした「影の政府」権力の壁を崩せなかった!

 「ヒラリー落選」で「影の政府」権力に逆風が吹き始めた、新たな政治情勢下、こんごの新展開が見物だ。
 
 

 
 ・ A glimpse into new death technologies under construction is in legislation introduced by Ohio Congressman Dennis Kucinch.

 His unsuccessful Space Preservation Act of 2001 was intended to ban space deployment of: 

  * electronic, psychotronic and information weaponry

  * high altitude ultra low frequency weapons

  * plasma, electromagnetic, sonic and ultrasonic weapons   

 * laser weapons 

 * strategic, theater, tactical or extraterrestrial weapons 

 * chemical biological, environmental climate or tectonic weapons   

 * chemtrails (this item was stricken from a later version, suggesting duress) 

          ◇

〔★は大沼〕 ◎ グローバル・リサーチ研(カナダ): Chemtrails: Aerosol and Electromagnetic Weapons in the Age of Nuclear War
 (2015年7月29日付け)⇒ 
http://www.globalresearch.ca/chemtrails-aerosol-and-electromagnetic-weapons-in-the-age-of-nuclear-war-3/5465346

Posted by 大沼安史 at 07:03 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 「秘密電子ハラスメント」をやめさせてください (End Covert Electronic Harassment)―― ◎ 米国の社会運動サイト、≪MoveON.org≫ が、ランド・ポール上院議員に向けたオンライン署名運動を開始! ★ 日本でも、闇社会や宗教カルトなどによる「電磁波拷問」が、社会問題化している。国会は調査に動き出すべきだ。

Screenshot3846

………………………………………………………………………………………

 ★ オンライン署名運動は、オバマ政権と連邦議会・上院が、軍事級の兵器を使用し、秘密裏に続く「電子(電磁波)ハラスメント・拷問」に目を背けている、として、進歩派のポール上院議員に調査と廃絶を求めている。

          *

 ★ 米国の軍・諜報機関を主体とした「影の政府」権力が関与しているとみられる自国民に対する電磁波を使った攻撃・威嚇コントロールについては、オバマ政権が公聴会を開き、被害者の訴えを聴取しただけで、そのまま「沙汰やみ」になっている。

 今回のオンライン署名には、「影の政府」権力の候補であるヒラリーが落選したことを背景に、政治のリーダーシップによる事態の改善を図る狙いがこめられているようだ。

 なお、今回の大統領選では、電磁波被害を受けている人びとがトランプ支持に回り、ヒラリー追い落としの一翼を担った。

          ◇

Screenshot3845

〔〔★は大沼〕 ◎ MoveON.or ⇒ http://petitions.moveon.org/sign/end-covert-electronic?source=s.tw&r_by=17424916

Posted by 大沼安史 at 06:31 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-01-09

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕 【重要】 ◇ 「V2K(Voice to Skull 頭蓋内への声の送信)兵器」に関する記述 ―― 米陸軍サイトに掲示されたあと、なぜか消去! / しかし、英国の「精神奴隷に反対するキリスト者同盟」がスクリーンショットで保全 ★ ターゲットの脳内に「声」を、あるいはサブリミナル・メッセージをマイクロ波パルスなどで遠隔送信する、いわゆる「神の声」秘密兵器の存在を、米陸軍サイトが自ら暴露していた! 

 ★ 日本でも集団ストーカー組織などにより、電磁波拷問や自殺誘導に使われて来た「V2K兵器」は、幻ではなかった!

Screenshot3837

Screenshot3838

 

………………………………………………………………………………………

 ★ この技術が、空港のカラス追い出し対策に応用されている、とも米陸軍CALLサイトでは書いている。

 要は――驚くほどもない、フツーのテクノロジーなわけだ。ただ、存在が「公表」されていないだけのこと!

 正体見たり、「V2K(ボイス・ツー・スカル)」である!

          *

 ★ 日本でも宗教カルトや悪質企業などが、洗脳・報復・リストラ(「声が聴こえる」と言わせて、精神病院に送り込む)・地上げなどに使っているとの指摘が絶えない。

 自殺に誘導された人も多い。

 当局による軍事・諜報・治安対策にも使われている疑いが濃厚だ!

 ジャーナリスト諸君の確認報道をお願いする! 

          *

〔★は大沼〕 ◎ Exposing Intelligence Agency Human Rights Abuses : Voice-To-Skull Deleted From US Army Center for Army Lessons Learned Website (「頭蓋(内)への声」記述、CALL〔米陸軍・学ばれた教訓〕サイトから削除)
 (2015年11月9日付け)⇒ 
https://exposeintelligence.blogspot.jp/2015/11/voice-to-skull-deleted-from-us-army.html

 ◎ ワイアド :Army Yanks "Voice-to-Skull Devices"Site
 (2008年5月9日付け )⇒ 
https://www.wired.com/2008/05/army-removes-pa/

 ◎ 消去されたページのスクリーンショット(英国の「精神の奴隷」に反対するキリスト者連盟) ⇒ http://www.slavery.org.uk/V2Kweapons.jpg

          *

 voice to skull devices

 Definition/Scope:

 Nonlethal weapon which includes (1) a neuro-electromagnetic device which uses microwave transmission of sound into the skull of persons or animals by way of pulse-modulated microwave radiation; and (2) a silent sound device which can transmit sound into the skull of person or animals. NOTE: The sound modulation may be voice or audio subliminal messages. One application of V2K is use as an electronic scarecrow to frighten birds in the vicinity of airports.

 Acronym: V2K

 Broader Terms: nonlethal weapons

          *

 ★ 上記の記述によると、脳内音声送信にはマイクロ波パルスによるものと、「サイレント・サウンド(超音波?)」を使う、2種類の送信方法があるようだ。

Posted by 大沼安史 at 10:56 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-01-08

〔ハイテク犯罪(治安対策)を許さない!〕◎〔かんたんな、現状報告〕(2017年1月8日付) ◇ 精米機がきょう、また動かなくなった。精米機の近くに置いてあるCDラジカセも、ときどき止まる、「ブツギレ演奏」状態。精米機は別の場所に移動したら、直った!

 ☆ どんどんエスカレートします。

   彼らはどうやら「やる気」を出している(命じられている)ようです。

   わたしたちの周囲で起きる(た)「現象」を、今後、記録していきます。
 (本来なら「脱原発」へ向けたブログ報告に集中したいのですが、いまや、そうもまいりません)

          *

 ☆ (過去の記録から) 精米機は、岡山の山奥の古民家に逃げていたころも、台所で使えなくなった。

 場所を移動して復活。

 台所横の自動焚き風呂釜もダウンした!

 風呂釜のある付近でガンマ線量を(再)測定すると、信じられない値が出た。(まるで「フクイチ」近辺の被曝地のような)

          *

 ☆ 現在地(滋賀県内)の風呂釜も昨年、来てまもなくダウンし、全部とりかえるはめに。

          *

 ☆ 岡山から再避難した山形市では、精米機は使わなかったので、使えなくなる現象はなかったが、パソコンの待ち受け画面に、「回転する異様な光」が出現し、そのまま続く現象が起きた。

 山形市ではまた、ピーター・バラカンさんのラジオ番組(わたしたちの週に1回の楽しみ)が、移って間もなく、毎回、聴取不能となった。

 賃貸マンションの隣に住む男性の部屋のラジオでは聴こえるが、わたしたちの部屋のラジオ(ラジカセ3台とも)では聴こえなくなってしまった。

 山形に移って、間もなく始まった「いやがらせ(?)」だった。

          *

 ☆ 昨年、山形から滋賀県内に引っ越したが、さっそく、某キリスト教団体の構成員を名乗る男性2人組(この団体は女性が多く、男性が2人で回ることは滅多にない。その団体の信者のなかに、わたしたちの理解者・支援者がいる)が訪ねてきた。

 焼肉弁当を食べてきたばかりのような、(その団体特有の清楚な)信者とはとても思えない、脂ののった2人組だった。

 お役目ごくろうさま、と心のなかで思い、どうか苦しんでいる人を助け、犯行グループを摘発する、本来の立場にもどってください、と心のなかでお願いした。

………………………………………………………………………………………

 ◎ 参考ブログ 『ウォーカーのブログ』: 【永久保存版】 電子ハラスメント まとめ
   (1月4日付け) ⇒ 
http://ameblo.jp/walker-memo/entry-12226140506.html

Screenshot3798

Posted by 大沼安史 at 08:10 午後 4.電磁波被曝問題 |

2017-01-02

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ ASKAさんは「ミヤネ屋」の宮根さんとのやりとりで、①「携帯」に埋め込まれた装置があり、② それは、その装置(携帯)から、半径200mの範囲内で、「僕のいるところを映し出し」「ズームでも追える」ソフト内蔵のもの――との判断を示し、その装置を「携帯」から取り外し、回収していたことを明らかにしていた!

★ 英国のマイクロ波兵器元開発者(物理学者)、バリー・トロワー (Barrie Trower)さんの警告の現実性(真実性)が、ASAKAさんの一件でも確証された! 

  スマートメーターなどで電磁波を照射、その電磁波で作動しリアルタイムで映像を送るデバイスが仕掛けられていたのでは?!

 

Screenshot3737

 

Screenshot3741

………………………………………………………………………………………

 ★ ASKAさんは宮根さんとのやりとりで、「『ぎふはぶ』という組織がある」と証言、それが「AR」(拡張現実、ASAKAさんはそれを「仮想現実」と誤って表現))技術を使って(盗撮を行なって)いる、とも指摘している。

 「ぎふはぶ」とは何か?

 単純に考えれば、GIFとHUBの合成語。

 「GIF(画像フォーマット)動画」で盗撮活動を続けている中核組織(ハブ)――ということなる。

 そう素直(?)に考えれば、そう自称する組織が、ASAKAさんを狙っていた、ということになる。

          *

 ★ 何のために?

 これはいろいろ考えられる。

 盗撮趣味もあれば、ASAKAさんを脅迫する映像証拠の確保狙いも考えられる。

          *

 ★ こうした電磁波デバイスのテクノロジーは、軍・諜報機関から流出したものが、いわゆる「諜報企業」などを通じ、闇組織や宗教カルトなどに売られている、ともされている。

          *

 ★ ASAKAさんが「携帯」から取り外したデバイスが、いまどうなっているか、気になる。

 かりに警察が証拠品として提供を受けているなら、徹底捜査で、「GIF=HUB」とか言うう「電磁波盗撮グループ」を一網打尽にしていただきたい!

          *

 ◎ 「ミヤネ屋」でのASAKAさんと宮根さんのやりとりは、以下の通り。

 ASKA 「警察で発表しなきゃ、喋らなきゃいけないんですけど、「ぎふはぶ」っていう組織があるんですけど、「ぎふはぶ」、そこが組織を作って、常に僕を、今ARっていう仮想現実(拡張現実と思われる)なんですけど、僕のいるところを映したりして、僕の携帯の中にそのアプリが埋め込まれていたんですよ。その証拠も取ってるんですね」

 宮根「ASKAさんの携帯に埋め込まれてるんですか、何かが」

 ASKA 「ええ、埋め込まれていたんですよ。それを見つけたのがおとといなんですよ。あっ、昨日、昨日見つけたんだ。で、それをスクリーンショットで画像に入れて、それで、スクリーンショット撮った上で携帯からそれを削除して、今は多分覗かれてないと思うんですけど。それは200メートル四方までは、あのなんですかね、ズームで追えるっていうソフトなんですよ。」

 宮根「あの、僕ASKAさんのブログをなんか読ませていただいてね、ASKAさんのご自宅だったりとか、ASKAさんの仕事部屋にね、その盗聴器が仕掛けられてるというのを書いてらっしゃるんですけども。それは何の目的で仕掛けられてるんですか?」

 ASKA「それは今度宮根さん個人的にお会いしたときに話しましょうよ。ものすごい今日本では想像のつかないテクノロジーが発達して、かなりの人がこういうことやられてると思うんですけど、それに気が付いたのはおそらく僕が初めてなんじゃないかと思うんですよね」

 宮根「うん、そのASKAさんを盗聴する目的っていうのはASKAさんはわかってらっしゃるんですか」

 ASKA「大体わかってます」

          *

〔★は大沼〕 ◎ 参考 ◇ 「中二病速報」 : ASKA、ギフハブという組織にARアプリを埋め込まれ周囲200mまで立体的に盗撮監視されていた(★ 番組の画面写真も)
 ⇒ 
http://chunisoku.com/archives/48968983.html

 ◇ NAVER : ASKA×ミヤネ屋で語られた「ぎふはぶ」を特定!? ギフハブ
 (12月12日付け)⇒ 
https://matome.naver.jp/odai/2148142117126813701

          *

◎ 参考 2016-08-19〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 「スマートメーター」で、設置した家の一人ひとりを監視可能に! ベッドに行くのも、トイレに入るのも「見る(watch)」ことができる。ベッドで愛し合うSEX行為も! 声も一言ひとこと、「聞く」ことができる! 150フィート(45m)以内に装置を仕掛け、ターゲットの脳の活動状況・感情、ホルモン・レベルも把握! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者) さんが告発!―― その③
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/watchsex-barrie.html

          *

◎ 同 2016-08-20〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ ほかの家に住む若いカップルが、自分たちの性行為などを自撮りするため、iPadなどのスイッチを押した瞬間、(たとえば)彼女の裸の胸の写真を、監視者がマイクロ波でゲット! ―― 世界45か国で、こうした「盗撮」活動が行われている! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者) さんが告発し警告!―― その④
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/ipad-barrie-tro.html#more

Posted by 大沼安史 at 06:02 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-12-27

〔グローバル支配を目指す「影の政府」権力のハイテク犯罪を許すな!〕◇ 元NSA(米国家安全保障局)のホイッスル・ブロワー(内部告発者)の William Binney さんと Kirk Wiebe さんの2人が、電磁波照射に苦しむ全世界の「TI」(攻撃目標にされた個人、全米で1万人、全世界ではなのと3000万人説も!)支援に立ち上がることを表明  / 電磁波・神経兵器の民間人に対する実験使用の脅威を、元当局者として初確認! 10月6日、米オレゴンのラジオ・コールイン・トーク『Talkshoe 』で言明!

Screenshot3616

………………………………………………………………………………………

 ★ 電磁波兵器の民間人に対する実験使用は、NSA内部でも極秘にされていることらしい。

 ビニーさんとウィーブさんは、電磁波兵器に直接関与していないが、犠牲者が陥った困難に理解を示し、連帯を表明した。

          *

 ★ 『Talkshoe 』トーク・ショーのコールインには、この問題を訴えるために米国横断啓発ウオークを行なった元米海士官の デイヴィッド・ヴォートさん も加わった。

          *

 ★ 電磁波照射の問題に取り組む活動家もトッド・グリフィンさんも、コールインし、NSAの「ハイテク衛星追跡システム」や、米軍のレーダーや衛星をつかった「MRI(磁気共鳴画像)」について警鐘を鳴らした。

          *

 

〔★は大沼〕  ◎ The EveryDay Concerned Citizen : NSA Whistleblower Powerhouses William Binney and Kirk Wiebe Stand Up to Support “Targeted Individuals” Worldwide
 (10月26日付け)⇒ 
https://everydayconcerned.net/2016/10/16/nsa-whistleblower-powerhouses-william-binney-and-kirk-wiebe-stand-up-to-support-targeted-individuals-worldwide/?wref=tp

 ・ Mr. Binney, who assured his audience his and Mr. Wiebe’s over-40 years of experience with data analysis, crypto-mathematics, and scientific process is being brought to bear on this task, is seeking to prove to an all-too-under-informed world the absolute reality of assault with remote radiation neuroweaponry in our midst and described his plan to do so.

 “Kirk and I have agreed to look at data that is being compiled by other TIs–and they’re looking at the community around the world and trying to gather information. Here’s what we’re attempting to do.

We need to have some kind of irrefutable process to prove what kinds of things are happening …and what the consequences are and how it’s affecting people. So we want to collect all the symptoms people have–not emotional or feeling, but just the basic facts–what is happening and exactly what it is, not burying it in any kind of emotion, but assembling the basic facts—on specifically how they are affected.”

The next step, he says, comes from “assembling information from publications and so on from the government—on non-lethal weapons that are being developed, and the kinds of consequences that can accrue from these kinds of weapons–and then we’ll be matching one with the other… putting together ways and means of looking at the spectrum within which these devices operate, and seeing how it will be possible to detect and verify that these things are occurring.

And then finally, we’ll try to put together recommendations on how people should proceed, to try and prove what is happening with them specifically with compiled evidence–in such a way that you can bring the evidence into a court of law, without emotion, a straightforward means of documenting events and happenings and evidence. We’re trying to use the discipline that we use for our data analysis, the kind of process that Kirk and I have experience in for over 40 years–trying to put it in this kind of scientific process that would be demonstrable in a court of law.”

          *
 

 ◎ William Binney さんと Kirk Wiebe さんの経歴 ⇒ https://www.whistleblower.org/bio-william-binney-and-j-kirk-wiebe

Posted by 大沼安史 at 12:46 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-12-21

〔ハイテク犯罪 マインドコントロールを許すまじ /「政府」を、「政治」を取り戻そう〕 ♪ この歌は「影の政府」の大統領候補、ヒラリーを落選に追い込んだアメリカのパトリオット運動の歌手、カール・クラングさん(Carl Klang)が、ワシントンでの集会で、「マインドコントロール・性奴隷」にされたキャシー・オブライエンさんと娘さんのケリーさんのことを知り、キャシーさんたち母子のモットー、「It's Not Over Until we Win!(勝つまでは終わらない!)」に曲と詞をつけ、歌い始めた歌だ!

Screenshot3490

Screenshot3501

Screenshot3502

………………………………………………………………………………………

 ◎ ユーチューブ カール・クラングさん ♪ It's Not Over Until we Win!(画面に、キャシーさんとパートナーのマーク・フィリップさんが書いた2冊目の本の紹介文が流れます)
 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=PMb-8O3xhpU

 ◎ 同 歌詞 ⇒ https://www.musixmatch.com/ja/lyrics/Carl-Klang/It-s-Not-Over-Until-We-Win

 

  ♪ ‘Cause it’s not over girl, until we win.
     No it’s not over girl until we win.

          *

 
 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=PMb-8O3xhpU  

 ◎ キャシーさんのHP ⇒ http://www.trance-formation.com/aboutcathy.htm

          *

 ★ 電磁波照射・集団ストーキングなどで、やられ放題のわたしたちだが、わたしたちも「勝つまでは終わらない」―― 勝って終わりにするその日が来るのが、楽しみだ!
 (賠償金もたっぷりとれる!)

Posted by 大沼安史 at 03:11 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔ハイテク犯罪 マインドコントロールを許すまじ /「政府」を、「政治」を取り戻そう〕◇ 米国の「影の政府」によるマインドコントロールで「性奴隷」(娘さんのケリーさんまでも)にされ、その地獄から生還したキャシー・オブライエンさん(と、彼女が殺害処分される寸前に救出し、アラスカに逃げ、洗脳を解いたマーク・フィリップさん)のことを、ご存知ですか? (連続ツイッター報告)

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/811406257005281280

 ★ 写真はキャシーさんの講演ビデオから ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=JZvjtDvorKk

 ◎ キャシーさんのHP ⇒ http://www.trance-formation.com/aboutcathy.htm

Screenshot3498

Screenshot3500

………………………………………………………………………………………

 ツイッター ⇒  https://twitter.com/BOOgandhi/status/811403408829599748

 ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/811401270934110208

 ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/811400084407472129

 ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/811398972971438080

 ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/811396935231754240

 ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/811394670139842560

………………………………………………………………………………………

 ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/811390412933840896

 ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/811384656167714816

 ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/811380726142619648

Screenshot3499

Posted by 大沼安史 at 12:18 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-12-17

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ (2年前の古い「ニュース」ですが……) ◆ ネットを介して脳に直接メッセージを送る実験が成功 ★ 軍事・諜報レベルの技術進化は、驚くべき……いや恐るべきレベルに達している! 旭川市在住の水上英次さんや、米テキサス州の医師、ジョン・ホールさんが、被害者として警鐘を鳴らしている、国民監視衛星を使った「電磁波拷問」もそのひとつだ。また、日本でも「脳内送信」で自殺に誘導される被害者が後を絶たない。

Screenshot3411

………………………………………………………………………………………

 ★ 米国ではマイケル・ジャクソン一家やカントリーウエスタンの歌手らが電磁波を使ったマインドコントロール被害に遭っていたのでは、との指摘も出ている。

          *

〔★は大沼〕 ◎ GIGAZINE : ネットを介して脳に直接メッセージを送る実験が成功 / 「測定した脳波をインターネットで送信し、別の人物の脳へと電気信号を送り込むことで情報を伝達するという試みが成功を収めた」 
 (2014年8月28日付け)⇒ http://gigazine.net/news/20140828-brainwave-transmission/

          *

 ◎ 関連 水上英次さんの告発ブログ 「電磁波による拷問と性犯罪」
  ⇒ http://denjiha.main.jp/higai/

          *

 ◎ 関連 2016-07-05 ◆ 人工衛星を使った電磁波拷問の被害者で、レジスタンス運動の先頭に立っている米国テキサス州の医師、ジョン・ホールさんが、全米ラジオで告発! 全米で数千人が被害に。脳内音声送信など、照射実験は電磁波による「全国民管理」が最終目標の可能性。★ 日本では、どうなのか?
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/07/post-1ee9.html

          *

 ◎ 国内被害の実態については NPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」★ 脳内送信によって、10人が自殺へと誘導されている!
 ⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

 

Posted by 大沼安史 at 12:03 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇(ウォーカーさんのブログ解説) ◎ 現代の驚くべき盗聴・盗撮技術とは? ★ (米国の諜報機関流出のものも含まれているらしい)こうしたテクノロジーは、いわゆる諜報企業によって、芸能界の黒幕、宗教カルトなどに売られ、自分たちの支配の防衛・拡大に使われている、とみられる。

Screenshot3406

Screenshot3405

Screenshot3404

………………………………………………………………………………………

 ◎ 拡散ツイッター ⇒ https://twitter.com/yakiimo7/status/809690653928005632

          *

 ◎ 「ウォーカーのブログ」⇒ http://ameblo.jp/walker-memo/entry-12224524420.html

          *

 ★ 米国の信頼すべき情報では、自ら「実行犯」を名乗る 「佐藤 田中」 氏がツイッターで報告しているように、ファイバーの先のカメラを装着したものを天井など仕掛け、録音・撮影する方法が、外国の要人らに対しても、とられている。

 そのうち、外国要人をターゲットとした、SEXシーンの盗撮動画(たとえば、中米某国の元大統領)は、ハリウッドの黒幕、「D」のところで一括管理し、脅迫に使われている、という。

 日本の要人も被害に遭っている可能性が高い。

Posted by 大沼安史 at 10:36 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-12-03

〔電磁波照射・演習・使用を放置してはならない! 集団ストーキング(をさせている)組織は、日本社会の除染支配を狙っている!〕◇ 「ウォーカー」さんが、≪【永久保存版】集団ストーカーの手法 まとめ ≫ をネットで公開! ★ 反撃は、「知る」から始まる! さあ、総反撃のときだ! やつらを(指揮しているワルどもを)刑務所にぶちこみ、賠償金もガッチリ、とろう! 音声送信で自殺に追い込まれた犠牲者のかたきもとるぞ!

〔★は大沼〕 ◎ 「ウォーカーのブログ」 【永久保存版】集団ストーカーの手法 まとめ
 (2日付け)⇒ 
http://ameblo.jp/walker-memo/entry-12224314062.html  

………………………………………………………………………………………

Screenshot3223

Posted by 大沼安史 at 10:13 午前 4.電磁波被曝問題 |

〔電磁波照射・演習・使用を放置してはならない! 集団ストーキング(をさせている)組織は、日本人の心の除染支配を狙っている???〕 ◇ コミックエッセイスト「よこ」さんの、「まさかの実話 四コマ漫画集・ ATTACK FROM 集団ストーカーズ」、増刷・好評発売中! 「カルト(たぶん)に つきまとわれ、思わず漫画描きました」!

 〔★は大沼〕 ◎ ⇒ http://www.gyaaa.2-d.jp/

Screenshot3221

………………………………………………………………………………………

 ★ 「集団ストーカーズ」というネーミングが、笑える!

 

 これを全国的に、一糸乱れず、やらせている連中がいる。

 

 当然ながら、全国組織だ。

 

 同じマニュアル!

 

 それも、「アンカリング」「ガスライティング」など、アメリカ仕込みの、心理学手法を用いた、いくぶん、アホっぽい手口。

 

 最終的な狙いは――大衆支配、組織拡大を狙った「マインドコントロール」に違いない。

 

 昔、はやった「オルグ」とか「折伏」といったものと、同じ臭いを感じる!

 
 〔★は大沼〕 ◎ ⇒ http://www.gyaaa.2-d.jp/

………………………………………………………………………………………

 ★ そうそう、コレコレ! ↓

 裏部隊もいて、超音波とかDEW(指向性エネルギー)攻撃をしかけてくるよ!

 脳内音声送信もしてくる!

 ブラックな大企業・業界などの下請けで、電磁波だけでなく、中性子線を浴びせてくる連中もいるようだ!

 毒液を噴霧する部隊もいる!

 警察が取り締まらないところがおもしろいね!

                 ↓

 

Screenshot3220

Posted by 大沼安史 at 09:57 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-12-01

〔中性子線兵器の照射実験・演習・使用を、放置してはならない!〕◇ 高校生のとき、独学で「中性子線銃(2種類、アメリシウム線源は市販の煙感知器から、ラジウム線源は古時計の針の蛍光塗料から入手)」を作業小屋で制作、チェコからウラニウム・プルトニウムを取り寄せ、「マイ原子炉」をつくった米ミシガン州のデイヴィッド・ハーンさんが、9月27日、39歳でお亡くなりになっていた! 被曝が原因のようだ。★ 手製の中性子線銃! 日本でも集団ストーカーらが、どうやら使っているらしい! 要注意だ!

 ★ ハーンさんの写真は「グーグル画像」。

 中性子線被曝被害の写真は、岡山県真庭市在住の「照射被害者」、中西孝充さん(元岡山大学)のツイッターより。

Article0196011f300000578933_634x489

Screenshot3201

Screenshot3202

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 日本では山口県や岡山県在住の科学者(工学者、物理学者)から、中性子線被曝被害の訴えが出ているが、自身の被曝さえいとわなければ、中性子線銃はかんたんに制作・照射できるらしい。

 岡山県真庭市在住の物理学者、中西孝充さん(元岡山大学 ⇒ こちら と ⇒ こちら )は、中性子線の照射攻撃に、知恵遅れの人などが使われていると指摘している。

          *

 ★ わたし自身の周りにも、心身に障害を持った方がやたらと、ストーキング照射で出てきた。

 たぶん、危険性を知らされずに、持たされていたようだ。

 ハーンさんのように、被曝被害が出ないとよいのだが……。

 

〔★は大沼〕 ◎ aras TECNICA : This fall, the “Radioactive Boy Scout” died at age 39
 (11月15日付け)⇒ 
http://arstechnica.com/science/2016/11/this-fall-the-radioactive-boy-scout-died-at-age-39/

          *

 ◎ 英文ウィキ 'Radioactive Boy Scout' David Hahn ⇒ https://en.wikipedia.org/wiki/David_Hahn

 日本語ウィキは ⇒ こちら
 
          *

 ◎ 関連 本ブログ既報 : 2016-04-05 〔中性子線照射・被曝攻撃を許してはならない〕◇ 米ミシガン州の男子高校生が、母親の園芸小屋に、独学で「原子炉(増殖炉)」をつくり、「中性子線銃(neutron gun)」を制作! 「中性子線銃」は アメリシウムを使用したものとラジウムを使用したものの2種類を制作! ―― 住民の通報をきっかけに、1995年に発覚。米環境保護局(EPA)が解体、除染に出動! ★ なんと 「中性子線銃」! 日本での「中性子線照射被曝被害」の凶器は、コレではないか!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/04/neutron-gun-aad.html

Posted by 大沼安史 at 11:13 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-11-29

〔電磁波照射実験・演習・使用を、放置してはならない!〕◇ ポーランドの防衛大臣が大学での討論会で、学生の追及に対して、同国の防衛省が一般国民に対する電磁波照射問題について現在、調査を進めていることを明らかに! ★ 日本の「確認被害者」も、NPO「特定非営利活動法人テクノロジー犯罪被害ネットワーク」の調べで1694人に達し、うち10人ほどが「自殺」に追い込まれている。 日本の警察は、この問題に目をつぶり、なぜ放置し続けているのか?

Screenshot3175

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 電磁波照射問題は、日本だけでなく米国をはじめ、欧州諸国でも深刻化している。

 軍部や治安当局内の腐敗組織が犯罪集団や宗教カルトなどと結託し、脳波をコントロールするハイテク兵器を悪用、威嚇や遠隔拷問に使っている、との報告は、世界各国から出ている。

 軍や治安当局、研究機関が照射の人体実験を、本人の了承なく実施ているとの批判も絶えない。

 ポーランドの防衛大臣、 Antoni Macierewicz 氏によると、ポーランドでは南シレジアや北西部で、一般市民の被害が出ている。

 調査は1年以内に完了するそうだ。

          *

 ★ ポーランドでは防衛大臣が動き出したが、日本政府は、警察庁はまったく動こうとしない。

 これはいったい、どういうことだろう。

 NPO「特定非営利活動法人テクノロジー犯罪被害ネットワーク」は先月、北海道警察の本部長あて、要望書を提出している。

 道警へは、もう、4回目だ。

 同NPOが、北海道内で確認した「被害者」は男性25人、女性26人にも達している。

          *

 ★ 同NPOの所属ではないが、北海道・旭川市で電磁波照射被害を受けながら救援活動を続けている水上英次さんによると、この犯罪行為には、集団ストーカー組織も関与している。

          *

 ★ 電磁波による脳内音声送信、遠隔拷問もさることながら、盗聴・盗撮も可能とされる。

 盗聴・盗撮 ―― ASKAさんが訴えていることでもある!

          *

 〔★は大沼〕 ◎ OpEdNews : Poland Investigares Electromagnetic Attacks on Brains of its Citizens
 (11月4日付け)⇒ 
http://www.opednews.com/articles/Poland-Investigares-Electr-by-mojmir-Babacek-Brain_Brain-Dead_Brain-Net_Brainwashing-160411-368.html

          *

 ◎ NPOの「特定非営利活動法人テクノロジー犯罪被害ネットワークーク」
 ⇒ 
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/ 

 ◆ 同NPO 『テクノロジー犯罪 テクノロジー犯罪 と嫌がらせ 嫌がらせ 犯罪 を撲滅するための要望書』
 (10月24日付け)⇒ 
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/youbousho/2016/20161024_youbousyo_hokkaidokenkei.pdf.pdf

Screenshot3176

Posted by 大沼安史 at 11:23 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-11-18

〔中性子線・電磁波照射兵器の実験・演習・使用を、許してはならない〕◇ 山口県の元高専教授、A先生(工学者)に対する中性子線照射(専用測定機で検出!)が激化している! ★ 日本は「核テロ防止条約」に加入、「放射線を発散させて人の生命等に危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律」という国内法を制定しているのに、どうして警察は被害確認に動かないのだろう? 国民に対する「核テロ」を、なぜ放置するのか?

Screenshot2998

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ A先生は自分のブログへのアクセスに対する妨害にも遭っている。

 薬剤のすりかえ被害(疑惑)にも遭っている。

 「中性子線被曝被害」をブログで公開し、支援・救済を求めて訴え出してから、自宅への忍び込み、電磁波照射などがエスカレートしている。

 「中性子線被曝被害」―― これはれっきとした「核テロ」ではないか!

          *

 ◎ A先生のブログ ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green

          *

 ◎ 「放射線を発散させて人の生命等に危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律」
 ⇒ 
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H19/H19HO038.html

 第3条  放射性物質をみだりに取り扱うこと若しくは原子核分裂等装置をみだりに操作することにより、又はその他不当な方法で、核燃料物質の原子核分裂の連鎖反応を引き起こし、又は放射線を発散させて、人の生命、身体又は財産に危険を生じさせた者無期又は二年以上の懲役に処する。 

 ◎ 核テロ防止条約 ⇒ http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/shomei_14.html

          *

  山口県のA先生同様、岡山県真庭市在住の物理学者、中西孝充さん(元岡山大学)も「中性子線被曝被害」を中性子線専用測定機で検出・確認し、測定場面・測定数値画面をビデオ撮影するなどして証拠保全しながら、ツイッターなどで訴え続けて来た。

 ◎ 中西先生のツイッター (このツイッターから、中西さんのブログに飛ぶことができます)
 ⇒ 
https://twitter.com/tthdt960?lang=ja

 中西先生は、ことし4月28日のツイッターを最後、音信不通(ツイッター中断)という事態になっている。

 心配です。

 以下の写真は、中西先生の中性子線被曝被害と測定値です。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot2994

Screenshot2996

Screenshot2997

Screenshot2995

Posted by 大沼安史 at 01:36 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-11-15

〔電磁波照射兵器の実験・演習・使用を、許してはならない〕◇ これが「電磁波拷問」の準備(仕込み)段階―― ターゲットの「パーソナル・フリークエンシー(個人に特有の脳波指紋)」の収集場面だ! 頭部に照射して、ターゲットに固有の脳波パターンをゲット! データをコンピューターで解析し、照射攻撃を開始! / 現場(逆)隠し撮りビデオ(ユーチューブ)が公開される! 米国の被害者団体が告発アピール!

 ★ わたしも仙台の一番町の喫茶店で、水商売風の化粧焼けした老女に、これをやられた!

 血相を変え(てみせ、いきなり)近づくふりをすると、こっちへ向けてテーブルに寝かせ、手の平で覆って隠していたデバイスを、慌ててひっこめた!

 気をつけるに越したことはない。

 パーソナル・フリークエンシーの収集(録)には、そう時間はかからないようだが、瞬間芸でできるものではないらしい。

 あやしいなと思ったら、とにかく、現場を離脱する。

 それが自衛のための鉄則のようだ。

          *

〔★は大沼〕 ◎ ユーチューブ : Gangstalkers Record Brain Frequencies for Torture with Electronic and Acoustic Weapons
 ⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=70dxQTW46f4&t=1027s

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot2958

Screenshot2957

Screenshot2954

★ ↓ 背中に装着したデバイスを向ける! 日本ではバックパックなどに入れて、出てくる!

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot2955

 ★ 警察官と女性が組んで、店内のターゲットを狙う!

Screenshot2956

Posted by 大沼安史 at 06:53 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-11-13

〔電磁波照射兵器の実験・演習・使用を、許してはならない〕◇ ビーム照射で、眼などを狙い撃ち ―― 有名な法律学校(ロースクール)での不正を告発したら、その後、電磁波攻撃に曝されて、裁判などで闘い続けている、ヒスパニックの米国人、テキサス在住のジェーザス・メンドゥーサさんを、米国メディアが取材・報道! ★ ジェーザスさんの眼の傷は、北海道・旭川の水上夫妻が狙い撃たれたものと同じだ! 

Screenshot2917

Screenshot2918

Screenshot2924

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ もともと軍事兵器だから、これぐらい狙えるのは当然のことだが、一般国民に対して、この照射攻撃はひどい!

 ジェーザスさんの場合は、司法関係者がからんだ連邦政府学生ローン不正と、連邦政府機関関係者への資格の不正授与を告発して、電磁波照射を受けるようになった。

 旭川の水上さんの場合は、国民監視衛星を使った照射問題を、北海道警の内部関係者の強力などを得て突き止め、告発を続けているうちに、奥さんともども、眼を撃たれた!

          *

 ★ なんて、ことだ!

          *

 ◎ マザーボード(動画と記事) : The Electronic Persecution of Jesus Mendoza (ジェーザス・メンドゥーサに対する電子迫害)
 (2012年1月11日付け)⇒ 
http://motherboard.vice.com/read/mbtv-the-electronic-persecution-of-jesus-mendoza

          *

 ◎ Jesus Mendoza さんのブログ ⇒ http://jesusmendoza1.blogspot.jp/ 

 ◎ グローバル・リサーチ : Innocent Texas Citizen Targeted With Deadly Electronic Weapons
 (2006年5月13日付け)⇒ 
http://www.globalresearch.ca/innocent-texas-citizen-targeted-with-deadly-electronic-weapons/2433

          ◇

 ◎ 北海道・旭川で、国民監視衛星などを使った電磁波被害を訴え、闘っている水上英次さんのブログ
 ⇒ 
http://denjiha.main.jp/higai/

Posted by 大沼安史 at 09:40 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-11-11

〔電磁波照射兵器の実験・演習・使用を、許してはならない〕◇ 「DEW(指向性エネルギー兵器)」による電磁波拷問の脅威・現実を訴え、米国横断ウォークを始めた、米海軍士官学校(アナポリス)の卒業生(制御システム工学で学位取得)、デイヴィッド・ヴォートさんは、機密の真相にふれるため、海軍「照射実験プログラム」入りを志願し、実態を突き止め、内部告発に踏み切った!

〔★は大沼〕 ◎ 米イリノイ州の新聞、『オルニー・デイリー・メール』紙(ことし8月3日付け)
 ⇒ 
http://www.olneydailymail.com/news/20160803/former-officer-david-voigts-walks-across-country-to-raise-awareness-of-military-experiments

          *

Screenshot2885

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ◎ 上記の新聞記事にも引用された ヴォートさんのプレス・リリース( ⇒ こちら )

 During his service Voigts heard a holocaust survivor present her story then appealed to the group that if they ever saw anything like that happen again to take action against it. This left an impression on Voigts as he discovered the horrific details of this human experimentation program with electronic weapons. A true American hero, Voigts stated, “I intentionally got myself drafted into the program to help me understand it better so I could help shut it down.” 

          *

Screenshot2888 ★ ヴォートさんはウォークのカートに、「セルマ」さんという、若い女性のポートレート写真をつけて、歩いている。

 彼女だろうか? それとも……被害者のひとり。

          *

 ★ DEWは人を自殺に追い込みさえする強力な兵器だ。(強力なものでなければ兵器ではない)

 日本でも被害の訴えが広がっている。

 核兵器や毒ガス同様、非人道兵器として国内法、および国際条約で禁止しなければならない。
 
 
          *

◎ 既報 : 2016-11-05 ◎ 米海軍士官学校(アナポリス)の卒業生(制御システム工学で学位取得)、デイヴィッド・ヴォートさんが、「DEW(指向性エネルギー兵器)」による電磁波拷問の脅威・現実を訴え、米国を横断ウオーク! / 米海軍で「電磁波戦・核」部門の任務に就いているうち、「神の声」とか「スピリチャル戦」と言われるDEWの存在を突き止める。自ら、照射被害の被害者に! / 権力エリートと政府部内の犯罪分子らが結託・実行、と真相を暴露! 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/11/post-cc21.html

Posted by 大沼安史 at 08:34 午前 4.電磁波被曝問題 |

〔電磁波照射兵器の実験・演習・使用を、許してはならない〕◇ 「マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信、及び、音声対話システムが開発された経緯、この通信技術が悪用される目的などについて」 ―― ◎ 23日に東京(氷川区民会館)で「マイクロ波勉強会」 : 講師は東大工学部卒、米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で博士号を取得(電子情報通信学会・会員) ★ 専門家による啓蒙講座、継続開催中!

Screenshot2884

〔★は大沼〕 ◎ ブログ「自衛隊の犯罪を斬る ―― 防衛省情報本部が自動追跡レーダーからマイクロ波ビームを人体に照射」 勉強会開催告知
 ⇒ 
http://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/14572340.html

          *

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot2882

…………………………………………………………………………………

 ★ この講師の方は、23日で14回目となる勉強会のテーマについて、以下のように記している。

          *

 テーマ:技術開発の経緯

  マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信では、

 誰もいないのに声が聞こえるという幻聴を起こせます。

 また、音声対話システムが人間と同様に話をして、

 この話がマイクロ波通信で被害者の頭の中に直接、伝わります。

 ときには音声対話システムが機械の分際で

 人間様にあれこれ命令することもあります。

 音声対話システムはただの機械に過ぎないのに

 人間とそっくりの声を発声したり、

 人間と同様に喜怒哀楽を声で表現します。

 これらの技術的トリックのために、

 被害者はすっかりと騙され、

 音声対話システムを人間と誤認するのです。

          *

 ★ わたしには専門知識はないが、被害体験に即していえば、いちいち納得する。(宇井純さんが、水俣病の専門家は患者の方々だ、と言ったことを思い出す)

 ただ、わたしは、このような高レベルのシステムを運用しているのは、「自衛隊」にとどまらず、政府部内の他の部局にも――さらには、大企業にも及んでいる、と見ている。

 そして、レベルの低いシステムを「宗教カルト」や「闇組織」が、規制や犯罪としての捜査がないことをいいことに、使いまくっている……。

 こうした非道は、日本にかぎったことではないが(アメリカがひどい)、許されることではない。

Screenshot2883

Posted by 大沼安史 at 08:04 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-11-05

〔電磁波照射・拷問攻撃を許さない!〕◎ 米海軍士官学校(アナポリス)の卒業生(制御システム工学で学位取得)、デイヴィッド・ヴォートさんが、「DEW(指向性エネルギー兵器)」による電磁波拷問の脅威・現実を訴え、米国を横断ウオーク! / 米海軍で「電磁波戦・核」部門の任務に就いているうち、「神の声」とか「スピリチャル戦」と言われるDEWの存在を突き止める。自ら、照射被害の被害者に! / 権力エリートと政府部内の犯罪分子らが結託・実行、と真相を暴露! 

Screenshot2803

Screenshot2806

Screenshot2805

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 日本でも「DEW」を不正使用し、「危険人物」や「敵対者(社会の敵)」対する電磁波拷問、スローキルに使う動きが広がっている(ようだ)。

 (まさか、あの「K機関」のような、原子力ムラの一部闇組織が警察権力の黙認の下、「口封じ」に動いてるわけでは……ないですよね!)

 デイヴィッド・ヴォートさんにいちど、日本に来てもらい、講演などで、本場アメリカの実態を報告してもらいたいものだ。(日本の被害状況も、アメリカに負けていないが……)

          *

 ★ 元NSAの言語スペシャリスト、カレン・スチュアートさんという、アメリカでは内部告発者がどんどんカミングアウトし始めている。

 日本でも、どなたか勇気をふるって名乗りをあげてほしい!

          * 

〔★は大沼〕 ◎ 米イリノイ州のテレビ報道 
 (2016年9月5日付け)⇒ 
http://www.centralillinoisproud.com/news/local-news/central-illinois-man-walking-across-us#.V84oxIQYwAI.twitter

          *

 ◎ ヴォートさんが歩き始めた理由 ⇒ http://www.biggerthansnowden.com/voigts.html

 ・ David unearthed the truth of such experiments from first-hand knowledge of their operation and related illegal and unethical practices. A graduate of the United States Naval Academy, he earned a degree in Control Systems Engineering and served in the Electronics Warfare and Nuclear billets. He had studied prosthetics and brain-machine interface systems. The weapons being tested were nicknamed ‘Voice of God’, ‘Perception Warfare’, ‘No-Touch Torture’, and ‘Spiritual Warfare’. Luckily, he also focused on humanities courses where he studied the Soviet Gulag system and making ethical choices against group thinking, and listened to speeches given by POWs and holocaust survivors.

 David soon became aware of the illegal aspects of such experimentation, and that the United States, including other nations, had a long history of involuntary or non-consensual human testing. Some of these are now publicly well known: the Tuskegee Experiment, the Atomic Radiation Experiments on children with developmental disabilities, and the testing of LSD on unwitting subjects under MKULTRA. He also analyzed the COINTELPRO program, which involved surveillance, infiltration, disruption and discrediting of political organizations. Finally, while investigating the issues, he himself became targeted and came under constant assault.

Posted by 大沼安史 at 05:18 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-10-30

〔山口県で中性子線被曝被害を訴えている元高専教授のA先生(工学者)から状況報告〕◆ ツイッター記事を投稿したとたん、「ガンマ線測定機」が赤色点滅 未経験の高線量 / 恩師の通夜・葬儀の往・復路で集ストの車に併走され、照射を浴びる ★ 米国では ―― フロリダ州で集スト攻撃(DEW=指向性エネルギー兵器による)を受けている元NSAの内部告発者、カレン・スチュアートさんは、レーザー・ビームの照射さえも!

 ★ A先生のツイッターと、カレンさんがことし5月16日に受けたレーザー光線による傷跡の写真。

 山口県は集スト攻撃の演習場にでもなっているのだろうか?

          *

Screenshot2718

Cirdyd0xeaamdjn

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ A先生のツイッター報告 : 
  ⇒ 
https://twitter.com/knp12/status/760116364883300352

 ◎ A先生のブログ報告 ⇒ http://barometer3.web.fc2.com/

          *

Images
 ◎ カレンさんのツイッター報告 : ⇒ 

https://twitter.com/karen_kams56

 ◎ カレンさんインタビュー ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/slow-kill-603f.html https://twitter.com/karen_kams56
 

Posted by 大沼安史 at 04:38 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-10-28

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋〕◇ 「中性子線」照射被曝を専用測定機による検出で確認し、被害を訴えている岡山県真庭市の物理学者、中西孝充さん(元岡山大)は集ストの犯行グループに外出先で「霧状の放射性物質」を頭からかけられる被害にも遭っている。★ 中西先生は半年前、4月28日のツイッターでの「被害の訴え」のあと、音信を断っている。心配だ!

 〔★は大沼〕 ◎ 中西先生のHP : 被曝被害の「概要」
 ⇒ 
http://www.geocities.jp/tthdt960/page004.html

 ◎ 中西先生のツイッター ⇒ https://twitter.com/tthdt960?lang=ja

Screenshot2690

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 「集スト」の内部情報をツイッターで警告発信している「佐藤 田中」さんによると、「毒ガス噴霧」による攻撃が行なわれているのだそうだ。  ⇒ https://twitter.com/moet_channel31/status/744240500304011264

 

Screenshot2691

          *

 ★ この「毒ガス」には、放射性物質が仕込まれているのかも知れない。

 しかし、それにしても「佐藤 田中」さんのツイッター警告はリアルだ。

          *

Screenshot2693_2

Screenshot2692_2

          *

★ 警察は、どうして取り締まらない?

Posted by 大沼安史 at 10:35 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-10-23

〔山口県で中性子線被曝被害を訴えている元高専教授のA先生(工学者)から最新状況報告〕◆ 今朝方、ヘリコプターが超低空で飛来! 家の中での会話が聴こえなくなるほどの大爆音! ★ 「ヘリ威嚇」は「自殺」した歌手の清水由貴子さんも被害を訴えていた! わたしも静岡の避難先のアパートで「超接近サーチライト照射威嚇」を受けたことがある。

 ★ A先生は元高専教授の工学者だけに、自宅に設置した「中性子線専用検出器」の測定画面をライブカメラ発信するなど、対抗策を講じ、社会に救援と警告のアピールを続けている。

 「ヘリ威嚇」はかねがね続いていたことだが、今朝方の「爆音」は最近にない、大きなものだったそうだ。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot2641

Screenshot2642

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

          *

 威嚇して恐怖を煽り、沈黙させようという狙いだろうが、そうは行かない。

 A先生、ガンバレ!

 A先生の「口封じ」を狙って、中性子線照射のみならず、電磁波照射、薬剤すりかえ、毒ガスのようなものの噴霧が続いている。

 証拠は保全されている!

 ジャーナリストのみなさんに、お願いする。

 いちど被害の実態を確認していただきたい。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ A先生のツイッター ⇒ https://twitter.com/knp12

          *

 ◎ A先生のブログ報告 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/b5f4f1df68f285dbf5003808c0db7560

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

◎ 関連 2016-10-22〔山口県で中性子線被曝被害を訴えている元高専教授のA先生(工学者)から状況報告〕◆ Twitterで発信妨害 / 「中性子線」について発信しようとすると、「発信できません」となり、発信ストップ状態 ◆そしてまた―― 何者かが、A先生のブログから、「中性子線」関連(過去)記事を、勝手に消去する事態に!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/10/twitter-59ef.html

          *

◎ 参考 2015-12-01〔あの不可思議な「岩手17歳女性殺害事件」の真相を追及し、なぜか「練炭自殺」を遂げた警察ジャーナリスト、黒木昭雄さん(元警視庁)と生前、交流のあった戸﨑貴裕さんが、自死したタレントの清水由貴子さんの体験証言(録音記録)を公表!〕◆ 歌手・タレントの清水由貴子さん (録音収録現場の)「(上空にヘリコプターが来たのを見て)〔東京都内の自宅で〕「ヘリコプターなんですよ。ずっとヘリコプターが来るんですよ。毎日ヘリコプター来るんですよ」
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/12/post-e548.html

Posted by 大沼安史 at 10:10 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-10-22

〔集団ストーカーによるDEW照射攻撃に、日本ではなぜ宗教カルト系組織が使われているのか?〕◆ NSAによるDEW(指向性エネルギー兵器)攻撃に曝されれている内部告発者、カレン・スチュアートさんによると、彼女の地元の「インフラガード(InfraGard)」(米連邦政府自警団)が集スト照射の実戦部隊として使われているという。★ 日本では政府の軍事・諜報権力(機関)が、「インフラガード」の代わりに、「宗教カルト」組織を使っているのではないか?

Screenshot2638

 ★ 日本で「集スト」にかかわっている「宗教カルト」は、(これは勝手な想像だが)

 ・ 自ら地域の清浄化と称して、信者や知恵おくれの会員、障がい者などを地域革命に動員する力を誇り、

 ・ それを警察(公安)権力、あるいは大企業に売り込んで、活動費を引き出し、集スト・照射要員に「手当」を出している

 ―― 権力に(脱税などで)足元を見られた、自堕落な組織に違いない。

          *

 ★ 日本の「権力」は、自前で日本版「インフラガード(InfraGard)」を組織する力はないから、宗教カルトの「敵を追い詰めて抹殺する」活動を、ちゃっかり「利用」しているものと思われる。

          *

 ★ いずれにせよ、こうした違法活動は、内部告発などで表面化する。

 わたしたちの周辺でも「動員された女性」が、どうしてこんなことをしなければならないのだろうと、深刻な表情している場面に遭遇する。

 「宗教カルト」の利権屋どもよ。

 間もなく、君たちの所業は暴露される!

 ターゲットを「自殺」に追い込んだ君たちは、いずれ極刑に処されることだろう。

 それを内心、わかっているのは(恐れているのは)――一方で、そんな、おれたち捕まるわけがないよ、と思いあがっている君たちだ。

 君たちに警告する。

 君たちは、「捕まる」か……あるいは「消される」か、のどちらかだ。

 消される前に、内部告発で暴露せよ!

          *

 
 〔★は大沼〕   米国の著名女流ジャーナリスト、Sher Zieveさんによる、カレン・スチュアートさんに対するインタビュー
 (2016年3月28日付け)⇒ 
http://www.renewamerica.com/columns/zieve/160328

 同 (米コネティカット州の新聞)「ザ・ポスト&メール」
 (2016年3月28日付け)⇒ 
http://www.thepostemail.com/2016/03/28/nsa-whistleblower-comes-out-of-the-shadows-into-the-light/

 ・  At this point, when we leave the house, a criminal base of stalkers has been enlisted by NSA to follow us and aim the DEWs at us wherever feasible to increase exposure in order to speed up death, with the help of the InfraGard dimwits still texting in my location like good little sheeple. 
 

 ◎ 「インドラガード」ウィキ ⇒ https://en.wikipedia.org/wiki/InfraGard

Posted by 大沼安史 at 06:01 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔山口県で中性子線被曝被害を訴えている元高専教授のA先生(工学者)から状況報告〕◆ Twitterで発信妨害 / 「中性子線」について発信しようとすると、「発信できません」となり、発信ストップ状態 ◆そしてまた―― 何者かが、A先生のブログから、「中性子線」関連(過去)記事を、勝手に消去する事態に!

〔山口県で中性子線被曝被害を訴えている元高専教授のA先生(工学者)から状況報告〕◆ Twitterで発信妨害 「中性子線」について発信しようとすると、「発信できません」となり、発信ストップ状態 ◆そしてまた―― 何者かが、A先生のブログから、「中性子線」関連(過去)記事を、勝手に消去する事態に!

 ★ A先生は山口県警に文書で、中性子線専用測定器での測定結果などをもとに、「犯罪行為の存在」を具体的に訴えている。

 にもかかわらず、県警が被害確認に動かないところに、問題の根深さ――恐ろしさが潜んでいるような気がする。

 山口県では、「中性子線照射兵器」の人体実験などのような、軍事・諜報がらみの非人道行為がひそかに続いているのだろうか?

          * 

〔★は大沼〕 ◎ A先生のツイッター ⇒ https://twitter.com/knp12

          *

 ◎ A先生のブログ報告 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/b5f4f1df68f285dbf5003808c0db7560

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot2634

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 中性子線照射兵器?…………にわかに信じがたいことだが、米国の最高級誌(のひとつ)、『ハーパーズ・マガジン』の1998年11月号に、米ミシガン州の高校生が「中性子線銃」を制作、自家製の原子炉まで完成させていたことが、詳細報道されており、それを読んで、山口県の工学者、A先生の「中性子線照射被害」の真実性を確信するに至った。
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/04/neutron-gun-aad.html

 そして、きょう(たったいま 22日昼前)―――― 英国のサイエンス・ライター、ジム・バゴットさんの『アトム 最初の物理学戦争』という本を読んでいて、こんなクダリにぶつかり、「核装置」が意外にかんたんにできることに気が付かされた。

 バゴットさんは「サイクトロン」の開発者である、米国の物理学者、アーネスト・ローレンスにふれた部分で、ローレンスさんがなんと、(1940年代当時の貨幣価値で)「25ドル」で、サイクトロン・キットを販売していたことを紹介していた!(ペーパーバック版同書47頁)

 ということは……「中性子線銃」にしろ、核物質と技術者と一定の資金がそろえば、案外、かんたんに制作できるものではないか? 

 その人体実験が、山口県のA先生に対してひそかに行われ、そをA先生が中性子線専用探知機で検出、公表したものだから、あわてて攻撃を(薬品すりかえや電磁波照射も加えて)激化させている――それが、A先生が苦しんでいる今の状況ではないか?

Posted by 大沼安史 at 09:34 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-10-20

〔電磁波ファシズム・人体照射実験を許さない!〕◇ 山口県周南市の元高専教授(工学者)、A先生の自宅周辺で、中性子線照射が始まり2年目 「田んぼや山に囲まれる中、カエルの合唱、セミも聞かずに夏終える。雀が見えず、蚊もいない」★ 山口県警には、中性子線専用測定機の検出結果をもとに訴えているのに、動こうともしない! 山口県は兵器開発の実験場? 一般県民を「土人」とでも、モルモットとでも思い、さげすんでいるのだろうか?

Screenshot2616

Screenshot2617

 ★ わたしはA先生に対して、おそらくは軍事・治安対策用の(スローキル)「中性子線照射デバイス」の照射実験を続けている輩がいる、と睨んでいる。

 (同じように、避難先の我が家の樹木も枯れ出し、近所の人に不思議がられている)

 たぶん、「政府筋」から、「科研費」、あるいは防衛機密費をもらった、理工系の連中だ。放射能学者貴族、電磁波学者貴族のような連中であるはずだ。

 A先生は高専で教えていた学者だから、探索の末、ついに「中性子線」被曝を専用測定機で突き止めることができた。

 そして、警察に通報(相手にされず)し、ブログなどで訴え出した。

 警察はさわらぬ神にたたりなしで「あっち向いてホイ」だが、A先生のアピールに焦った「彼ら」が、「口封じ」を狙って、中性子線、および電磁波、毒物(薬品すりかえ)などの攻撃を激化させている。

 これが安倍政権下の「美しい国」の現実か?

 山口県って、放射線兵器などの実験場になっているのではないか?

          *

 ◎ A先生のツイッター ⇒ https://twitter.com/knp12/status/788556134126714880

 ◎ A先生のブログ報告 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green

Posted by 大沼安史 at 06:52 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-10-15

〔忍び寄る――いや、すでに侵入済みの、電磁波ファシズムの恐怖〕◇ まるでマンチュリアン・キャンディデット(マインドコントロール暗殺者)のようだった植松聖・容疑者による「相模原殺傷」事件で、自民党の山東昭子元参院副議長が「GPSで監視検討を」/ ★ 米国では「RFID(radio frequency identifier)タグ」が皮膚下に射ち込まれ、電磁波拷問に遭う被害(裁判所認定)まで出ている。

Screenshot2575

 

Screenshot2576

 ★ 携帯電波塔網や国民監視衛星を使った電磁波による国民支配システムは、「公安」上の「危険人物」への照射拷問、宗教カルト組織・工作員グループによる「社会の敵・企業の敵」に対する悪用などとして、日本でも実用化されているようだ。

 要注意である。

          *

Screenshot2578

Screenshot2579

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 山東氏が想定しているのは、おそらく、「RFID(radio frequency identifier)タグ」の装着によるGPS追跡のことである。

 このRFIDタグの微小化は近年ますます進み、米国ではすでに、2008年の段階で、カンザス州の男性(ジェームズ・ウォルバートさん、「電子(電磁波)ハラスメント」被害を訴えた裁判で、同州の裁判所がウォルバートさんの訴えを認め、「電子ハラスメント」を禁じる判決を勝ち取る!)の肩口に、何者かが米軍専用周波数「288MHz」の極小電波タグを(知らぬ間に)皮膚下に打ち込み、男性を電磁波拷問下に置いていたことが明るみ出ている。( ⇒ こちら )

 〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞: 相模原殺傷 山東昭子氏「GPSで監視検討を」
 (7月28日付け)⇒ 
http://mainichi.jp/articles/20160729/k00/00m/040/045000c

 ◎ J-CAST : 犯罪予告者に「GPS埋め込みを」 山東昭子氏の発言に賛否
 (7月29日付け)⇒ 
http://www.j-cast.com/2016/07/29273997.html?p=all

          *

 ◎ U.S. silently tortures americans with cell tower electromagnetic neuroweapon
 ⇒ 
https://mindcontrolinsweden.wordpress.com/2016/02/29/u-s-silently-tortures-americans-with-cell-tower-electromagnetic-neuroweapon/

・ The literature also indicates that the electromagnetic weapon system can engage the target by way of tiny RFID tags covertly placed in or on the target’s possessions or clothing, or RF microchips implanted inside their bodies (via injection, or surgery).

  Film-thin RFID tags are ubiquitous in everyday commerce, used for inventory tracking of many consumer products.
 “GPS-linked” video surveillance systems, in public areas or inside commercial establishments, also could be used to transmit targeting coordinates to government command centers.

  High-powered military satellites are believed to be capable of detecting ground-based tracking devices from low Earth orbit.

 

 ◎ 参考 : 〔電磁波マインドコントロール、許すまじ〕(あくまで、可能性の問題として、提起!) ★ あの植松聖容疑者は、「洗脳暗殺戦士(マンチュリアン・キャディデット)」ではなかったのか? 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/10/manchurian-cand.html

Posted by 大沼安史 at 11:44 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-10-07

〔電磁波スモッグに警報〕◆ 米国・カナダの消防士(ファイア・ファイター)でつくる国際労組、IAFF(The International Association of Fire Fighters )が、消防署・本部施設への携帯電波塔設置に反対する決議を採択 ★ 日本は、例によって野放し状態か? いくら消防士でも電磁波被曝は消火できない!

Screenshot2479

001

 ★ 旭川市防災センターの電波塔。

  これがIAFFが問題視している電波塔であるかは不明。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 「IAFF」の全米・全カナダに3100支部を展開、30万人のフルタイム・プロフェッショナル消防士、救急救命士を擁する大組織だ。

 米加の地域住民を火災・急病などから守る「IAFF」が、電磁波タワー(マスト、基地局アンテナ)を消防署の屋上などに設置することに反対を決議したのは、2004年8月のこと。

 「IAFF」は低周波・RF・MWの電磁波に被曝することが、どれだけの健康被害をもらたすものか調査することを要求、その間は消防署での建設は認めないとしている。

          *

 ★ 日本の場合は、どうなっているのだろう?

 地方公務員法で消防士は、労組への加入・結成を禁じられている。

 消防庁は電波の元締め、総務省の傘下。

 ということは、野放図に「電波塔消防署」が林立している可能性もある。

          *

 ★ 「全消教」(全国消防職員協議会)という組織があり、団結権を獲得するため、自治労(自治体に働く一般職員を中心に構成)と協力し、ILO(国際労働機関)などへの働きかけなどを進めてい」るそうだ。
  ⇒ 
http://zensyokyo.jp/?page_id=32

 いちど「IAFF」と話し合い、日本の消防士を電磁波被曝被害から守る取り組みを始めてほしい。

          *

〔★は大沼〕 ◎ IAFF 電波塔設置反対決議 ⇒ http://www.iaff.org/HS/Facts/CellTowerFinal.asp
 

 ◎ IAFF ホームページ ⇒ http://client.prod.iaff.org/

 ◎ IAFF ウィキ 英文 ⇒ https://en.wikipedia.org/wiki/International_Association_of_Fire_Fighters

Posted by 大沼安史 at 04:42 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-10-06

〔電磁波スモッグ警報〕◇ 英国サウスウエールズ州の小都市、ブリジェンド(人口5万人)で自殺した22人の若者について、携帯電磁場被曝問題に関する英国政府諮問委の委員、ロジャー・コーギル医師が調べたところ、全員が携帯電波塔に全国平均より近いところで1年半、生活していたことが判明! ★ 電磁波被曝によるウツの問題は、もっと知られていいことだ。日本政府はどんな対策をとっているのだろう?

Screenshot2472

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 英紙「エキスプレス」が2008年6月の段階で報じた警告だが、日本のマスコミは電磁波被曝問題について、ほぼ完全な沈黙を守っている。

 どいういうわけか?

          *

 ★ 電磁波被曝でさまざま身体症状が出ることは知られているが、精神衛生の面でも脅威になりうることは、あまり知られていないようだ。
 (知っているのは、電磁波照射でノイローゼから自殺に追い込む集スト・グループの黒幕どもくらいのものだろう)

          *

 ★ 日本もまた「電磁波スモッッグ」に濃密に覆われる時代に突入している。

 安倍政権はいちど、総合的な被害調査を実施すべきである。

          *

 ・ Dr Roger Coghill, who sits on a Government advisory committee on mobile radiation, has discovered that all 22 youngsters who have killed themselves in Bridgend, South Wales, over the past 18 months lived far closer than average to a mast.

          *

〔★は大沼〕 ◎ 英紙「エキスプレス」:Suicides ‘linked to phone masts’
 (2008年6月22日付け)⇒ 
http://www.express.co.uk/news/uk/49330/Suicides-linked-to-phone-masts

Posted by 大沼安史 at 04:49 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-10-03

〔電磁波マインドコントロール、許すまじ〕(あくまで、可能性の問題として、提起!) ★ あの植松聖容疑者は、「洗脳暗殺戦士(マンチュリアン・キャディデット)」ではなかったのか? ◇ 元ミネソタ州知事(米海軍特殊部隊シールズ元隊員、元レスラー)、ジェシー・ヴェントゥーラさんのこのTV調査報道、"Manchurian Candidate"(2010年1月6日放映、デイリーモーション)を観て、ふと、そんな気がした!

Screenshot2433

Screenshot2434

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ マンチュリアン・キャンディデット(洗脳された暗殺者、正確には、朝鮮戦争で捕虜となり、満州で洗脳されて帰国、米大統領候補=キャンディデットになる男の意味)とは、米国の小説上の人物だが、電磁波による音声注入などでマインドコントロールされ、虐殺行為を平気で行う暗殺者の意味で(米国ではフツーに)使われているコトバだ。

 「ヒトラー思想が降りて来た」という植松容疑者は、一般の人が知らない、衆議院議長公邸へ「手紙」を届けていた。

 首相公邸に届けたら、たぶん、その段階で、植松容疑者は徹底マークされ、犯行に至らなかったろう。

 その可能性を外し、衆院議長公邸へ!

 計算しつくした「ハンドラー」がいたかも知れない。

 この「スジ」はいちど徹底して調べ上げ、事実でないならないとハッキリさせるべきだ。

          *

〔★は大沼〕 ◎ デイリーモーション : CONSPIRACY THEORY WITH JESSE VENTURA Manchurian Candidate
 ⇒ 
http://www.bing.com/videos/search?q=%3aJesse+Ventura+manchurian+candidate&&view=detail&mid=38E01B863B3BDDD177C038E01B863B3BDDD177C0&FORM=VRDGAR

 ◎ ヴェントゥーラさんのTV調査報道番組 ⇒ https://en.wikipedia.org/wiki/Conspiracy_Theory_with_Jesse_Ventura
  
 ◎参考 映画 「影なき狙撃者」
 ⇒ 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B1%E3%81%AA%E3%81%8D%E7%8B%99%E6%92%83%E8%80%85

Posted by 大沼安史 at 08:26 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-10-02

〔DEW(指向性エネルギー照射装置)による電磁波照射攻撃(スロー・キル)を許してはならない!〕◇ DEWによる報復照射を受けているNSA(米国家安全保障局)の元言語スペシャリスト、カレン・スチュアートさんがツイッターで同時進行被害報告! ★ 駐車中の運転席から、照射受ける! 携帯DEW(w/DEW)とは、けっこう小型でポータブルなものらしい! 日本でも、こういうのが出回っている……わけか? 

Screenshot2445_2

Screenshot2444_2

Screenshot2446

 

★ カレンさん(顔が照射被害で腫れてしまったそうだ!)

 ★ カレンさんに照射した女性は、駐車してカレンさんが犬を連れて散歩するのを待ち受けていたようだ。

 そして、照射をすませたあと、「誇らしげな」表情をしたそうだ。

 カレンさんのことをテロリストとかなんとか吹き込んで、やらせているのだろう。

 日本では「仏敵」相手の照射もあるらしい。

  日本では貧しい人、知恵おくれの人なども、「社会の敵」に対する照射役に使われているようだ。

          *

 〔★は大沼〕  ◎ カレンさんのツイッター ⇒ https://twitter.com/karen_kams56/status/779885667211939840

          *

 ◎ 関連 09-11〔電磁波拷問・スローキル(Slow Kill)攻撃を許さない!〕◇ NSA(米国家安全保障局)の女性内部告発者が不当解雇後、集スト(集団ストーキング)に遭い、それにも負けずに戦い始めたところ、こんどは「電磁波照射」による「拷問・スローキル(時間をかけた殺害)」被害に遭う! / 被害者、カレン・スチュアートさんがカミングアウトして暴露! / 米国の著名ジャーナリスト、シェール・ジーブさんが詳細インタビューで、被害の全体像を明らかに! ① 照射兵器の名は……「DEWs」!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/slow-kill-1dc2.html

          *

 ◎ 同 その② 09-15〔電磁波拷問・スローキル(Slow Kill)攻撃を許さない!〕◇ 2015年11月になってようやく、電磁波(指向性エネルギー)照射という「人道に対する恐るべき犯罪」に、自らの体験を通して気づく! 照射マンはイラクの戦地で、携帯「DEW」を実射していた元兵士ら / 被害者、元NSAのスペシャリスト、カレン・スチュアートさんがカミングアウトして暴露! / 米国の著名ジャーナリスト、シェール・ジーブさんが詳細インタビューで、被害の全体像を明らかに! ②
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/slow-kill-603f.html

Posted by 大沼安史 at 02:30 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-09-22

〔DEW(指向性エネルギー照射装置)による電磁波照射攻撃(スロー・キル)を許してはならない!〕◇ DEWによる報復照射を受けているNSA(米国家安全保障局)の元言語スペシャリスト、カレン・スチュアートさんがツイッターで被害報告! ◎ 車のエンジンルームに仕掛けたDEWで、愛犬と散歩中のカレンさんを通り過ぎざま、接近して照射! ★ 日本でも「集スト」の車に、同じようなものが仕掛けられているようだ!

Screenshot2316

Karens

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ カレン・スチュアートさんはNSAでの不正を監察に通報・告発したところ、「集スト」(つきまとい)に遭い、それに抗議したところ、電磁波照射攻撃を受けはじめた!

 ついに現れた決定的な生き証人である!

 「不正」をつぶしてしまいたい連中は、いま、必死になっているのだろう。

 カレンさんがツイッターで公開した写真は、フロリダ州タラハシーでのものである。

          *

 ★ 写真はカレン・スチュアートさんと、護身用の愛犬(アナトリアン・シャパード)のマリスカ。

          *

  ★ カレンさんは犯人を「卑怯者!」とツイッターに書いている。

 犯人はおそらく、右のような「操作画面」で狙われ、攻撃されたのだろう?

Nwo_tortureware_software_example

 なぜ照射攻撃されたと分かるのか?

 それは「体感」するからだ!

 

 

          *
 

〔★は大沼〕  ◎ カレンさんのツイッター ⇒ https://twitter.com/karen_kams56/status/778715713829675010

          *

 ◎ 関連 09-11〔電磁波拷問・スローキル(Slow Kill)攻撃を許さない!〕◇ NSA(米国家安全保障局)の女性内部告発者が不当解雇後、集スト(集団ストーキング)に遭い、それにも負けずに戦い始めたところ、こんどは「電磁波照射」による「拷問・スローキル(時間をかけた殺害)」被害に遭う! / 被害者、カレン・スチュアートさんがカミングアウトして暴露! / 米国の著名ジャーナリスト、シェール・ジーブさんが詳細インタビューで、被害の全体像を明らかに! ① 照射兵器の名は……「DEWs」!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/slow-kill-1dc2.html

 ◎ 同 その② 09-15〔電磁波拷問・スローキル(Slow Kill)攻撃を許さない!〕◇ 2015年11月になってようやく、電磁波(指向性エネルギー)照射という「人道に対する恐るべき犯罪」に、自らの体験を通して気づく! 照射マンはイラクの戦地で、携帯「DEW」を実射していた元兵士ら / 被害者、元NSAのスペシャリスト、カレン・スチュアートさんがカミングアウトして暴露! / 米国の著名ジャーナリスト、シェール・ジーブさんが詳細インタビューで、被害の全体像を明らかに! ②
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/slow-kill-603f.html

Posted by 大沼安史 at 09:15 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-09-18

〔再録 : ヒラリーは「TPP賛成」に回れと、電磁波操作による脅迫を受けているのではないか?〕◇ このすこし禿げあがった男の持っているデバイスは、携帯用DEW(指向エネルギー兵器)と呼ばれるものではないか? ★ より鮮明なビデオがあったので、連続写真化!

 ◎ ユーチューブ画像 (11分55秒すぎ)⇒ https://www.youtube.com/watch?v=7JHSNK5f6As

 

 ◎ DEWについては、元NSAのカレン・スチューアートさんの告発を参照
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/slow-kill-603f.html

◎ 関連 : ◇ ヒラリー・クリントンを、またも(日本にしかないはずの)ガラケー携帯のようなデバイスで操る(?)男が現れる! ニューヨークでの「9・11」追悼式に出席したヒラリーが電磁波照射で全身麻痺状態に ★ コックリさん操り人形操作を受けたときも、ガラケー携帯による照射だった!?
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/post-ba6d.html

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot2270

Screenshot2271

Screenshot2272

Screenshot2274Screenshot2274_2

Screenshot2275

Screenshot2276

Posted by 大沼安史 at 07:37 午後 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2016-09-15

〔電磁波拷問・スローキル(Slow Kill)攻撃を許さない!〕◇ 2015年11月になってようやく、電磁波(指向性エネルギー)照射という「人道に対する恐るべき犯罪」に、自らの体験を通して気づく! 照射マンはイラクの戦地で、携帯「DEW」を実射していた元兵士ら / 被害者、元NSAのスペシャリスト、カレン・スチュアートさんがカミングアウトして暴露! / 米国の著名ジャーナリスト、シェール・ジーブさんが詳細インタビューで、被害の全体像を明らかに! ②

Karens
★ 写真はカレン・スチュアートさんと、護身用の愛犬(アナトリアン・シャパード)のマリスカ。

 マリスカも電磁波を感じているようだ。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ カレンさんは、米海軍の「海軍セキュリティー・グループ(NSG= Naval Security Group )」という組織が、NSA(米国家安全保障局)の本拠(メリーランド州フォート・ミード)に「同居」していることにふれ、

  ・ NCGがDEWs(指向性エネルギー兵器)に特化した「沈黙の戦士("Silent Warriors")」と呼ばれていること

 ・ そのNCGのフロリダ州ペンサコラにある基地が、同州タラハシーに住んでいる彼女に対するNSAの「秘密作戦行動」へ、DEWsを貸与しているようだ

 ―― と指摘している。

          *

 ★ 「DEW」はイラクの実戦でも使われていた!

 ということは、カナダ人ジャーナリストが2005年に暴露した、米軍がイラクのファルージャなどで使用した電磁波照射兵器、通称「ポッパー」あるいは「ドーム」といわれるものは、カレンさんのいう「DEW」と同じもの、と言えるかも知れない。
 ( ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/03/post-40ee.html )

          *

 ★ カレンさんはインタビューで、こう警告している。

 こういう恐ろしい兵器が、NSAを相手どって裁判を起こしたカレンさんを「消す」ために使われているとしたら、NSAは自分たちに都合の悪い「指導者」や「政治家」をも始末することができることになる――と。

          *

 ★ 日本で社会問題化する「電磁波照射」にも、米軍などから流出した「DEW」の旧式・中古品などが使われている可能性がある。

 あるいは日本で独自開発したものを、性能確認するために、集ストをかくれみのに人体実射されている恐れもある。

 いずれにせよ、国会などが早急に調査に入る必要がある。

          *

 ・  But I was to find out first hand in November 2015 that it does exist and is a horrific crime against humanity.

 ・ Yet, plenty of recruits in their ranks have experience using the mobile DEWs in Iraq. It is very interesting to me that the Naval Security Group headquartered at Ft. Meade with NSA, is also called the "Silent Warriors" because they specialize in the use of Directed Energy Weapons. I'm sure the Naval Security Group base in Pensacola has many on hand and may have even gotten a request from NSA to borrow a few for their "secret exercise" in Tallahassee.

 〔★は大沼〕  ◎ リニューアメリカ: NSA whistleblower comes out of the shadows into the light(NSAの内部告発者がカミングアウト)
 (2016年3月28日)⇒ 
http://www.renewamerica.com/columns/zieve/160328

          *

 ◎ カレン・スチュアートさんへのインタビュー その① ◇ NSA(米国家安全保障局)の女性内部告発者が不当解雇後、集スト(集団ストーキング)に遭い、それにも負けずに戦い始めたところ、こんどは「電磁波照射」による「拷問・スローキル(時間をかけた殺害)」被害に遭う! / 被害者、カレン・スチュアートさんがカミングアウトして暴露!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/slow-kill-1dc2.html
 

Posted by 大沼安史 at 03:18 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-09-12

〔ハイテク犯罪 電磁波操作を許さない!〕◇ ヒラリー・クリントンを、またも(日本にしかないはずの)ガラケー携帯のようなデバイスで操る(?)男が現れる! ニューヨークでの「9・11」追悼式に出席したヒラリーが電磁波照射で全身麻痺状態に ★ コックリさん操り人形操作を受けたときも、ガラケー携帯による照射だった!?

〔★は大沼〕  ◎ ユーチューブ : SHOCK VIDEO: Hillary Clinton Collapses Leaving 9/11 Memorial
 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=FVDyciOQCak

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot2195

Screenshot2194

 ★ この男が持っている、ガラケーのようなものが多分、いわゆる「電磁波銃」だ!多分! 

  もしかしたら、電磁波照射による拷問を受け続けている、元NSA職員のカレン・スチュアートさんのいう、携帯式の指向エネルギー兵器の「DEW」とは、これのことかも知れない。

 ( ⇒ こちら

Screenshot2192

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 関連 2016-08-13〔米大統領選〕◇ それにしても、穴がいくつか開いた、小型レコーダーのようなものをヒラリーに対して、向け続け、彼女が首を振る異常行動を始めると、かすかにニヤリと笑う、このやや禿げあがった男は何者なのだ? ほかの女性ジャーナリストは映像機能のついたものを持参しているのに、なぜ、この男だけ、おかしなものを持っているのだ? ―― ◎ ヒラリーはなぜ“奇行”を繰り返すのか? ★ 電磁波照射で操作されているのかも知れない!
 ◎ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/post-0863.html

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1902

Posted by 大沼安史 at 09:34 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-09-11

〔電磁波拷問・スローキル(Slow Kill)攻撃を許さない!〕◇ NSA(米国家安全保障局)の女性内部告発者が不当解雇後、集スト(集団ストーキング)に遭い、それにも負けずに戦い始めたところ、こんどは「電磁波照射」による「拷問・スローキル(時間をかけた殺害)」被害に遭う! / 被害者、カレン・スチュアートさんがカミングアウトして暴露! / 米国の著名ジャーナリスト、シェール・ジーブさんが詳細インタビューで、被害の全体像を明らかに! ① 照射兵器の名は……「DEWs」!

 ★ ついに決定的な証言者が現れた! 

 そして……DEWs。携帯可能な指向性ビーム兵器の存在が明るみに出た。

 日本でも、(民間流出した旧式バージョンを?……あるいはもしかしたら、すでに国産化されたものを)、集スト組織などが使っているのではないか?

          *

 ★ 写真(上)はカレン・スチュアートさんと、護身用の愛犬(アナトリアン・シャパード)のマリスカ。
 (下)は、ジャーナリスト(シンジケート・コラムニスト)のSher Zieveさん。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Karens

Photo_2

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ リニューアメリカ: NSA whistleblower comes out of the shadows into the light(NSAの内部告発者がカミングアウト)
 (2016年3月28日)⇒ 
http://www.renewamerica.com/columns/zieve/160328

          *

Screenshot2184

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ カレン・スチュアートさんは米空軍士官の家に生まれ、大学卒業後、ロシア語などの専門家として、身元調査をクリアし、1982年、米国最大の諜報機関、NSAに入局、キャリアを積み上げた人だ。

 2003年の米軍の「イラクの自由作戦」の際は、諜報レポートをシリーズで書いた。

 入局から28年後、彼女は自分の書いたレポートが他の職員の昇進に不当に使われたことに抗議し、NSAの監察長官に調査を申し出たことをきっかけにトラブルに見舞われ、2010年に解雇されることになった。
 (この、いきさつは上記リンクのインタビューに詳しい)

          *

 さて、スチュアートさんは、激しい「集スト」(次回以降、報告します)に耐えあと、「電磁波照射攻撃」を受け続ける事態に陥った。

 今回は、攻撃に使われている「DEWs」について、彼女のインタビュー記事をもとに紹介しよう。

 「DEWs」とは、「指向性エネルギー兵器〔Directed Energy Weapons (DEWs)〕の略。

 小型でモーバイル(携帯)なデバイスだそうだ。

          *

 現在、フロリダ州タラハシー在住のカレン・スチュアートさんは、こう証言している。

          *

 NSAとその手先は、DEWsと呼ばれる小型でモーバイルな「指向性エネルギー兵器」を、わたしと家族に対して、夜間に使いはじめました。この携行兵器は、超音波、ラジオ周波数に変換したマイクロ波、その他、わたし自身、十分理解していない電磁波を照射するものです。

 それはしかし、いまや雇われた兵士、道徳を奪われて隣人らの共謀で、24時間/週7日間、続く絶え間ないものになっています。拷問とスローキルを狙った攻撃です。

 この種の兵器を長い間、使われると、癌や自己免疫の疾病、心臓麻痺、痙攣、脳卒中などを引き起こします。

 これは腐敗した政府にとって、パーフェクトな秘密兵器です。

 いまでは、わたしたちが外出すると、NSAが集めたストーカーたちが犯罪拠点から出てきて、照射可能なときは必ず、「DEWs」で、わたしたちを狙ってきます。

 照射を浴びせれば浴びせるほど、死を早めます。

 照射は、InfraGardというフロリダの民間警備組織が、わたしたちの動向、居場所をメール報告して行われています。

          *

 NSA and its operatives started using small, mobile devices called Directed Energy Weapons (DEWs) against me and my family in the night. These mobile weapons emit multiple types of electrical emanations from ultrasonic, to microwaves modulated to radio frequencies, to other kinds of wave variations I can't say I understand yet. Now, with the help of certain mercenary and morally depraved neighbors, the effort is almost 24/7 now with the intention being torture and slow-kill. These types of weapons over a lengthy time, cause cancer, autoimmune disease, heart attacks, seizures, strokes, etc. It is the perfect stealth murder weapon for a corrupt government. At this point, when we leave the house, a criminal base of stalkers has been enlisted by NSA to follow us and aim the DEWs at us wherever feasible to increase exposure in order to speed up death, with the help of the InfraGard dimwits still texting in my location like good little sheeple.

          *

 ★ カレン・スチュアートさんのカミングアウト証言で、ついに、電磁波拷問の本家、米国で、権力機関の不法行為がついに表ざたになった!

 いよいよ、ついに!

 彼女に対するハラスメントの今後の進展を見守りつつ、証言内容を、こんご数回にわけて報告して行きたい。
 

Posted by 大沼安史 at 06:01 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-09-10

〔ハイテク犯罪を許さない〕〕◇ スマートメーターとWifiなどによる電磁波の影響で、あと60年、このまま野放しを続ければ、60年後に、米国はいまの人口の8分の1(One-eighth!)に縮小するだろう! 米国は世界のステージから消える! ★ 日本も同じ運命に……! 電磁波は人体にそれほど深刻な影響を与えるものだそうだ! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者) さんが警告!―― その⑩

Barrietrower320x280

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ トロワーさんは米国でのインタビューで、上記の警告を行っているが、日本人にも電磁波に対する耐性がない以上、それは日本についても言えることだろう。

 あと60年で、人口が8分の1に!

 これは米政府機関の研究で明らかになった電磁波による未来地獄絵図である。

 日本の政府も、そろそろ電磁波による健康への影響を徹底的に調査すべきだ。

 とくにワイアレス問題は緊急性を要する。

 学校にWifi、などとんでもないことではないか?

          *

 ―― And this person is the only person in the United States who can be asked these questions… the only person, and nobody else is allowed to answer them. Nobody. Everything is funneled through to this one person.

 So you have this one person who is all powerful, is above the judiciary, is above Congress, above everybody because Congress cannot change his safety levels. And this is where I have trouble with this, because with the current states —and this is well established research, because it is your government research— in 60 years time,if nothing changes, three generations of 20 years, you are going to be down to one-eighth of your children’s population. One-eighth! Now how many people walking the streets today are going to be working and paying taxes in 60 years time? Not many. So the United States, if nothing is done, is going to become nonfunctionable on the world stage. You’re not going to be able to run your industries. You’re not going to be able pay your taxes.

 You’re not going to be able to fund your military. The United States on the world stage is going to disappear.

          *

 ―― The Smart Meters can be used with WiFi, with all other things... and again, we’re back to the man at the top. And it’s not until enough people have died that these will be stopped and turned off or made safe. But, sadly, people are going to die. They are going to make an enormous amount of money on the back of this, but it’s not until people such as myself can raise the issue with the people who need to be told, and enough people have died, that we can make this bubble burst. But it’s not going to be quick. It’s like the start of the World War II and people are going to suffer, they’re going to die, and there is nothing we can do to stop that.

          
                *

 〔★は大沼〕 ◎ トロワーさんインタビュー 
 ⇒ 
http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑨ : ◇ 「電磁波シールド」は簡単なこどだ。ベッドのスプリングが6本あればいい、「電磁波照射被害」では、特定周波数を逆照射する対抗策はある。(◎ 「入って来るものに返せばいい?」(との質問に)、「その通りだ」!/ ただし「一般の人には許されていない」ので、とにかく自分と家族を守り、いま「わたしたちが続けている(電磁波問題での)戦いを見守ってほしい」 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/4/index.html

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑧ : ◇ 良心の呵責にあえぐ英国の電磁波照射兵器開発当局者(脳と心臓に対するマイクロ波効果の研究者)が、悩み抜いた末、「内部告発」をあきらめる! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-b.html

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑦ : 「こども」や「妊婦」など{国民を25のカテゴリーに分け、特定周波数の電磁波を照射し、実験を行なっている」 / 〔おそらくは日本を含む〕世界45ヵ国で、ターゲットの国民を、数台の車両でもって、「包み込み(ブランケット)照射」! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-f.html

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑥ : 電磁波兵器、すでに60年の歴史 /  攻撃周波数帯、なんと「3000億バンド!」 / 「暴走列車状態で、制御不可能な状態になっている」「いまや世界は『新・冷戦』といえるような状況」
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-0.html

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑤ : 電磁波照射によるマインドコントロールで、ターゲットを「3日以内に」暗殺者に仕立てあげることができる! 「★ あの、植松聖・容疑者の場合は、どうだったか? 念には念をいれ、検証すべきではないか?
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-9.html

 ◎ トロワーさん、インタビュー その④ : ほかの家に住む若いカップルが、自分たちの性行為などを自撮りするため、iPadなどのスイッチを押した瞬間、(たとえば)彼女の裸の胸の写真を、監視者がマイクロ波でゲット! ―― 世界45か国で、こうした「盗撮」活動が行われている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/ipad-barrie-tro.html#more

 ◎ トロワーさん、インタビュー その③ : 「スマートメーター」で、設置した家の一人ひとりを監視可能に! ベッドに行くのも、トイレに入るのも「見る(watch)」ことができる。ベッドで愛し合うSEX行為も! 声も一言ひとこと、「聞く」ことができる! 150フィート(45m)以内に装置を仕掛け、ターゲットの脳の活動状況・感情、ホルモン・レベルも把握! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/watchsex-barrie.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その② : ◇ 米政府は1976年に、低レベルのマイクロ波の継続照射でターゲットを発症させることができることが分かった全疾病――生理学的・神経学的な全てのリストを作成した! そして世界の主要国の政府に、訴訟を回避し、関連業界の利益を守るために箝口令を強いた! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-6.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その① : 〕◇ 米国の某スーパー・マーケット(チェーン)がマイクロ波ビームを、買うか買わないか躊躇する客の耳〔蚊牛殻(内耳)〕に照射し、「ほんとうは買いたいんでしょう(‘you really do want to buy this.’)」と決断を促す音声を注入し、9ヵ月間で驚異的な売り上げを達成! 事件になって裁判になっても「マイクロ波は安全」ということで却下!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/you-really-do-w.html

Posted by 大沼安史 at 05:46 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-09-08

〔米国「NSA(国家安全保障局)」の全世界監視・諜報網、その活動のひとつ「ゴーストサンダー(幽霊雷」の全容に迫る〕◇ 米国の調査報道メディア「インターセプト」が暴露! 英国中部、「メンウィズ・ヒル」にグローバル拠点 / 2008年までに、日本の「三沢(Misawa)」にも拡大! / ネットの「ターゲット(人物)」を特定し、「暗殺・拉致」を実行 ★ 日本国内でも拉致・暗殺が行なわれているのだろうか? 日本のメディアの追及報道が待たれる!

Screenshot2142

Screenshot2141

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 日本国内でも「反原発」などをネットで訴えていた人が、突然、‘蒸発’する(沈黙する)、異常な事態が続いている。

 「ターゲット」をピンポイントで特定し、「ターゲット・キリング(Targeted Killing)」に至る「ゴーストサンダー」の「異常なほど強力なテクノロジー(the extraordinary power of the technology)」は、日本国民に対しても向けられているのだろうか?

 「ゴーストサンダー」では「電磁波照射テクロノジー」も、当然、システムのなかに統合されているとみられる。

 国会(マスコミ)は自国民保護のため、調査を開始すべきだ。

          *

〔★は大沼〕 ◎ インターセプト: Inside Menwith Hill: The NSA's British Base at the Heart of US Targeted Killing
 (7日付け)⇒ 
http://readersupportednews.org/news-section2/318-66/39005-inside-menwith-hill-the-nsas-british-base-at-the-heart-of-us-targeted-killing

          *

 ・ By 2008, the apparent popularity of GHOSTHUNTER within the intelligence community meant that it was rolled out at other surveillance bases where NSA has a presence, including in Ayios Nikolaos, Cyprus, and Misawa, Japan. The expansion of the capability to the other bases meant that it now had “near-global coverage.”  

 ・ The NSA’s documents describe GHOSTHUNTER as a means “to locate targets when they log onto the internet.” It was first developed in 2006 as “the only capability of its kind” and it enabled “a significant number of capture-kill operations” against alleged terrorists. Only a few specific examples are given, but those cases give a remarkable insight into the extraordinary power of the technology.

Posted by 大沼安史 at 05:22 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-09-05

〔ハイテク犯罪を許さない〕   ◇ 電磁波でもって電磁波を制す! 米国でジャミング対抗装置を販売! ◎ さまざまな「対抗装置」の紹介に加え、メーカーのHPには、電磁波を照射する側の照射装置、「TortureWare(拷問ウエア)」の操作画面の写真も! ★ 日本でも、攻撃装置の通信販売は行われている。防御装置を求める社会的ニーズに応え、日本でもそのうち、電磁波相殺装置が売り出されるのではないか?

  〔★は大沼〕 ◎ ⇒ http://www.quwave.com/defender.html?utm_source=Bing&utm_medium=CPC&utm_campaign=QuWave_Phrase

………………………………………………………………………………………………………………………………………………
  「電磁波拷問ウエア」 の操作画面   

  この画面をみると、脳内音声送信、催眠、感情操作、記憶削除、憎悪煽情、電気ショックなどができる、ようだ。

 なんとも恐ろしいことではある! 宗教カルトが、「フォーユー」とわめきながら、「伝言」「清浄波」とかいって、「自殺しろ」などと、リピート送信しているのも、こうした装置を入手しているからか!

          *

 ここにある「Limb move」とは、ターゲットの「手足を動かす」ことのようだ。

 より高価なバージョンのものを使えば、ターゲットの視覚・聴覚を「盗視・盗聴」できるらしい。

Screenshot2122

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 米国で売り出されている対応装置

Screenshot2123

Screenshot2125

 

Screenshot2124

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Posted by 大沼安史 at 11:37 午前 4.電磁波被曝問題 |

〔ハイテク犯罪を許さない〕〕◇ 「電磁波シールド」は簡単なこどだ。ベッドのスプリングが6本あればいい、「電磁波照射被害」では、特定周波数を逆照射する対抗策はある。(◎ 「入って来るものに返せばいい?」(との質問に)、「その通りだ」!/ ただし「一般の人には許されていない」ので、とにかく自分と家族を守り、いま「わたしたちが続けている(電磁波問題での)戦いを見守ってほしい」  ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者) さんが明らかに!―― その⑨

 

Barrietrower320x280 ★ バリー・トロワーさんはいま世界の電磁波権力というべきものと「戦争」を続けていることを明らかにしている。

 The War!

 勝利の日が、一日もはやく来ることを祈ろう!

 

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 電磁波シールドはかんたんなことだと、トロワーさんは言っている。

 ただし、これは、Wifiなどの電磁波防御策のことで、現在世界の10各国で、業界に対して改善策を求める動きが活発化しているそうだ。

 日本ではどうなっているのだろうか?

 総務省の電波官僚のみなさんには、国民の立場に立って、がんばっていただきたい!

          *

 ★ 日本でも社会問題化している、宗教カルトや工作員・ハイテク暴力団などによるとみられる「電磁波による(集ストなど)照射攻撃」には、(電波法による規制はあっても)「電磁波をもって電磁波を制する」対抗策はあるようだ。

 米国ではすでに「OuWave」という商品名のものが販売されている(この点については別稿
 ⇒ 
http://www.quwave.com/defender.html?utm_source=Bing&utm_medium=CPC&utm_campaign=QuWave_Phrase

          *

 ◇ この点に関するインタビューアーぼデボラ・タヴァールさんと、バリー・トロワーさんの質疑 :

 Barrie Trower: Well, their scientists are working on this now, and shielding is actually quite easy. So that really isn’t a problem. I’ve spoken to some of the scientists. You can virtually make the shielding from half a dozen old bed springs. It’s not that complicated.

 Deborah Tavares: So that would be more of an individual, house to house, shielding?

 Barrie Trower: Yes, yes. But the ten countries are now actively going against the industry. They’re still using
all the equipment, but they’re making it a lot safer and they’re protecting their children.

 Deborah Tavares: Are there instructions somewhere for people to create this shielding if they find they are
being targeted?

 Barrie Trower: No, and if there were you would need quite a lot of expertise, and you wouldn’t be allowed to
do it because it means transmitting certain waves and you wouldn’t be allowed to do that.

 Deborah Tavares: So it would be basically sending waves out against the incoming.

 Barrie Trower: Right.

 Deborah Tavares: Ok. That was actually one of the questions that I had for the general population, to get that information.

  Barrie Trower: As hard as it sounds, for the general population —and I hate to be bitterly truthful here, but I haven’t come all this way to lie— the only thing that you can do is protect yourself, protect your family, and wait out the war. And that’s it.
 

          *

 〔★は大沼〕 ◎ トロワーさんインタビュー 
 ⇒ 
http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑧ : 〕〕◇ 良心の呵責にあえぐ英国の電磁波照射兵器開発当局者(脳と心臓に対するマイクロ波効果の研究者)が、悩み抜いた末、「内部告発」をあきらめる! 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-b.html

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑦ : 「こども」や「妊婦」など{国民を25のカテゴリーに分け、特定周波数の電磁波を照射し、実験を行なっている」 / 〔おそらくは日本を含む〕世界45ヵ国で、ターゲットの国民を、数台の車両でもって、「包み込み(ブランケット)照射」! 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-f.html

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑥ : 電磁波兵器、すでに60年の歴史 /  攻撃周波数帯、なんと「3000億バンド!」 / 「暴走列車状態で、制御不可能な状態になっている」「いまや世界は『新・冷戦』といえるような状況」
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-0.html

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑤ : 電磁波照射によるマインドコントロールで、ターゲットを「3日以内に」暗殺者に仕立てあげることができる! 「★ あの、植松聖・容疑者の場合は、どうだったか? 念には念をいれ、検証すべきではないか?
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-9.html
 

 ◎ トロワーさん、インタビュー その④ : ほかの家に住む若いカップルが、自分たちの性行為などを自撮りするため、iPadなどのスイッチを押した瞬間、(たとえば)彼女の裸の胸の写真を、監視者がマイクロ波でゲット! ―― 世界45か国で、こうした「盗撮」活動が行われている!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/ipad-barrie-tro.html#more

 ◎ トロワーさん、インタビュー その③ : 「スマートメーター」で、設置した家の一人ひとりを監視可能に! ベッドに行くのも、トイレに入るのも「見る(watch)」ことができる。ベッドで愛し合うSEX行為も! 声も一言ひとこと、「聞く」ことができる! 150フィート(45m)以内に装置を仕掛け、ターゲットの脳の活動状況・感情、ホルモン・レベルも把握! 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/watchsex-barrie.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その② : ◇ 米政府は1976年に、低レベルのマイクロ波の継続照射でターゲットを発症させることができることが分かった全疾病――生理学的・神経学的な全てのリストを作成した! そして世界の主要国の政府に、訴訟を回避し、関連業界の利益を守るために箝口令を強いた! 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-6.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その① : 〕◇ 米国の某スーパー・マーケット(チェーン)がマイクロ波ビームを、買うか買わないか躊躇する客の耳〔蚊牛殻(内耳)〕に照射し、「ほんとうは買いたいんでしょう(‘you really do want to buy this.’)」と決断を促す音声を注入し、9ヵ月間で驚異的な売り上げを達成! 事件になって裁判になっても「マイクロ波は安全」ということで却下!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/you-really-do-w.html

Posted by 大沼安史 at 11:22 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-29

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋へ〕 【針路予想図・見出し訂正・追加済み】 ◇ 台風10号 「フクイチ」直撃後、極東ロシアへ そしてなぜか直角ターンして西進し、中国東北部を直撃へ! ★ 「極東気象戦争」??? ◎ まさか、まさか………… 「台風10号」は、「巨大地下原子炉」と化した「フクイチ」発の「放射能プルーム」を巻き込んだ「気象兵器」に仕立て上げられ―― そして、いままさに、ロシア(あるいは中国)直撃を狙った「気象兵器戦争」に投入されようとしている、わけではあるまいな? 

★ (◎ 【訂正】 針路予想図をさしかえました) 写真は「10号」の迷走予想図と、L・モレット女史。 

 ロシア側は、「電磁波フェンス」で国境線を防護、「フクイチ・プルーム」の侵入を阻止する態勢でいる、という!

Screenshot2053

Screenshot2052

…………………………………………………………

 【追加】 ◎ 英文アサヒ ⇒ http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201608290030.html

Screenshot2060

……………………………………………………………………………………

 ★ 米国の女性科学者、ローレン・モレットさんは、ロシアが「フクイチ・放射能プルーム」の領空侵入を阻止するため、ロシア版「HAARP(電離層ヒーター)」による防衛網=「電磁波フェンス(electromagnetic fence)」を全国境地帯に敷いているとしている。
 ⇒ 
https://newsinsideout.com/2015/01/part-iii-leuren-moret-putins-plan-haarp-radiation-russia-brics-saves-world-jesuit-depopulation-transhumanist-agenda/

 ・  Vladimir Putin, President of the Russian Federation, is employing Russian HAARP to lay an electromagnetic fence around Russia to keep out plumes filled with Fukushima radiation, thereby protecting the Russian people from depopulation.

 ★ 米サンフランシスコのピーター・カービーさんの近著、Chemtrails Exposed によると、米軍は「ケムトレイル」「HAARP」など気象兵器を使って、ハリケーン、雨雲、低気圧などを誘導する研究を進めているという。

 これにモレットさんの言明を重ね合わせると、

 今回の「台風10号」の動きは、「フクイチ」を通過することで放射能を巻き込んだ「10号」をロシアにぶつけようとする動きと、「放射能台風」を入れまいとするロシア側の動きとの綱引き――

 という、かなり荒唐無稽なストーリーさえ、描くことができそうだ。

 
 
 ★ まさか、とは思うが、一応、書いておく。

          *

 ★ 「フクイチ」は、「巨大地下(天然)原子炉」化しているのではないか、との指摘が出ている。

 その「地下臨界」の継続で放出された「死の灰プルーム」を台風の渦巻きのなかに組み込み、コース誘導で敵国を襲わせる…………恐ろしいシナリオだ。

 現実の話でなければ、よいのだが――。

Posted by 大沼安史 at 05:16 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-28

〔電磁波公害、許すまじ〕【河北新報】◇ 日本人の「3.0~4.6%」が、電磁波にさらされると頭痛や皮膚症状などが起こる「電磁過敏症」に / 北條祥子尚絅学院大名誉教授(環境医学)が代表を務める早稲田大応用脳科学研究所の研究グループが国際学術雑誌「バイオエレクトロマグネティックス」の最新号に研究論文 /  訴えた症状では、鬱(うつ)や集中力の欠如などの神経症状が最多!

Screenshot2042
〔★は大沼〕 ◎ 河北新報 「電磁過敏症」3.0~4.6%が訴え
 (28日付け)⇒ 
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201608/20160828_13011.html

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 携帯電話、基地局などを発生源と名指しする被害者も多い。

 携帯は、「社会の敵」としてつきまとい、周りを取り囲んで、携帯電話のスイッチをONにしてつなぐなど、集スト行為にも悪用されている。

 電磁波は精子減少など人間の生殖にも悪影響を及ぼすとされる。

 犯罪行為を含め、電磁波防護・低減対策が急務だ。 

          *

 ◇ 実態調査は12~15年、北條名誉教授らが開発した問診票を32都道府県の一般市民2000人と、電磁過敏症を自己申告している自助組織メンバー157人に送付して実施。症状の有無や電磁波を出す家電製品などとの関連を尋ね、それぞれ1306人、127人から有効回答を得た。

 研究グループは、「電磁波の発生源とその症状を二つ以上記述している」といった暫定基準を設定し、超えた人を「自己申告患者」と同等の症状を訴えていると判定。一般市民のうち60人が基準を超過した。
 60人が訴えた症状は、鬱(うつ)や集中力の欠如などの神経症状が最も多かった。吹き出物や腫れ、赤みといった皮膚症状、頭痛、筋肉・関節症状が続いた。

 症状と電磁波を出す機器などとの関連に関しては、自助組織の回答者127人のうち76人(複数回答)が家電製品を一番に挙げた。次いで携帯電話(74人)、パソコン(53人)、携帯電話基地局(39人)、テレビ(24人)、蛍光灯(23人)、送電線(16人)、電子レンジ(15人)、ラジオ・テレビ塔(7人)の順だった。

 自助組織メンバーはアレルギー疾患の既往率が65%と高く、その80%以上がシックハウス症候群や化学物質過敏症を併発していた。

 

Posted by 大沼安史 at 08:44 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-25

〔ハイテク犯罪を許さない〕〕◇ 良心の呵責にあえぐ英国の電磁波照射兵器開発当局者(脳と心臓に対するマイクロ波効果の研究者)が、悩み抜いた末、「内部告発」をあきらめる! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者) さんが明らかに!―― その⑧

Barrietrower320x280

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ その当局者(政府機関の科学者)はトロワーさんに対して、暗号メールで、「相談に乗ってくれ」と頼んで来たそうだ。

 高額な報酬を受け、美邸を構えているその「トップ科学者」は、「安全・安全」を唱えながら、女性の乳癌、流産さえ引き起こしている自分の研究に疑問を持ち、トロワーさんのように「カミングアウト」し、内部告発をしたい気でいるようだった。

 トロワーさんはその科学者と会って、こう(概略)伝えた。

 「(表に出れば)家庭生活が破壊され、こどもたちは大学を退学せざるを得なくなる。それでも内部告発に踏み切れるかどうかだ」

 「科学者」は結局、「沈黙」することを選んだそうだ。

          *

 ★ トロワーさんによると(おそらく彼自身の経験とみられるが)、内部告発に踏み切ると、「とても深刻な死の脅迫」を受けることがあるのだそうだ。

 それでも、トロワーさんはカミングアウトし、その「科学者」は告発を断念した。

 トロワーさんはインタビューのなかで、断念せざると得なかった、その「科学者」に理解を示した。

          *

 ★ 英国では英軍・諜報機関の研究者(物理学者)だったトロワーさんのほか、照射にあった元諜報部員のカール・クラークさんがカミングアウトして、おそろしい実態を暴露している。
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/post-834f.html

          *

 ★ わたしは、トロワーさん、クラークさんのようなかたちでなくとも、周到に準備すれば内部告発は可能性ではないか、と思っている。

 真実を告げる人が、日本でも現れてほしい!  

          *

 〔★は大沼〕 ◎ トロワーさんインタビュー 
 ⇒ http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑦ : 「こども」や「妊婦」など{国民を25のカテゴリーに分け、特定周波数の電磁波を照射し、実験を行なっている」 / 〔おそらくは日本を含む〕世界45ヵ国で、ターゲットの国民を、数台の車両でもって、「包み込み(ブランケット)照射」! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-f.html

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑥ : 電磁波兵器、すでに60年の歴史 /  攻撃周波数帯、なんと「3000億バンド!」 / 「暴走列車状態で、制御不可能な状態になっている」「いまや世界は『新・冷戦』といえるような状況」
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-0.html

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑤ : 電磁波照射によるマインドコントロールで、ターゲットを「3日以内に」暗殺者に仕立てあげることができる! 「★ あの、植松聖・容疑者の場合は、どうだったか? 念には念をいれ、検証すべきではないか?
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-9.html
 

 ◎ トロワーさん、インタビュー その④ : ほかの家に住む若いカップルが、自分たちの性行為などを自撮りするため、iPadなどのスイッチを押した瞬間、(たとえば)彼女の裸の胸の写真を、監視者がマイクロ波でゲット! ―― 世界45か国で、こうした「盗撮」活動が行われている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/ipad-barrie-tro.html#more

 ◎ トロワーさん、インタビュー その③ : 「スマートメーター」で、設置した家の一人ひとりを監視可能に! ベッドに行くのも、トイレに入るのも「見る(watch)」ことができる。ベッドで愛し合うSEX行為も! 声も一言ひとこと、「聞く」ことができる! 150フィート(45m)以内に装置を仕掛け、ターゲットの脳の活動状況・感情、ホルモン・レベルも把握! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/watchsex-barrie.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その② : ◇ 米政府は1976年に、低レベルのマイクロ波の継続照射でターゲットを発症させることができることが分かった全疾病――生理学的・神経学的な全てのリストを作成した! そして世界の主要国の政府に、訴訟を回避し、関連業界の利益を守るために箝口令を強いた! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-6.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その① : 〕◇ 米国の某スーパー・マーケット(チェーン)がマイクロ波ビームを、買うか買わないか躊躇する客の耳〔蚊牛殻(内耳)〕に照射し、「ほんとうは買いたいんでしょう(‘you really do want to buy this.’)」と決断を促す音声を注入し、9ヵ月間で驚異的な売り上げを達成! 事件になって裁判になっても「マイクロ波は安全」ということで却下!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/you-really-do-w.html

Posted by 大沼安史 at 09:51 午前 4.電磁波被曝問題 |

〔集スト(集団ストーキング)、許すまじ〕◇ 米国ミシガン州では「ストーキング禁止法(anti-stalking law)」(州刑法=Section 750.411i)が制定され、ストーカーに5年以下の懲役(または/そして)1万ドル以下の罰金刑を課している!

Screenshot2011

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 米国の電磁波拷問被害者、シャロン・ポエットさんのブログで、ミシガン州法の存在を知った。

被害者が18歳未満でストーキング実行者が被害者より5歳以上、年上なら、10年以下の懲役、1万5000ドル以下の罰金刑(もしくはその双方)になるのだそうだ。

          *

 ★ ミシガン州法では「電磁コミュニケーション(electronic communications )」ハラスメントももストーキング行為と認定している。

 日本で宗教カルト系の与太者などがオモチャがわりに使っているらしい、「脳内送信・マイクロ波パルス装置」による照射行為も、このカテゴリーにあてはまるような気がする。
 

 〔★は大沼〕 ◎ ミシガン州政府 「ストーキング法」解説 ⇒ http://www.michigan.gov/documents/mdch/Stalking_Brochure_2_175588_7.pdf

 ◎ 州刑法=Section 750.411i ⇒ http://www.legislature.mi.gov/(S(oddw2ka1r5umhtsafn2poyps))/mileg.aspx?page=GetObject&objectname=mcl-750-411i

          *

 ★ シャロン・ポエットさんのブログ 「被害者徒然草(Ramblings of a Targeted Individual)」
 ⇒ http://sharonpoet-ti.blogspot.jp/

Posted by 大沼安史 at 09:12 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-23

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 電磁波兵器、すでに60年の歴史 /  攻撃周波数帯、なんと「3000億バンド!」 / 「暴走列車状態で、制御不可能な状態になっている」「いまや世界は『新・冷戦』といえるような状況」 ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者) さんが証言し警告!―― その⑥ 

Barrietrower320x280

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 日本でも、宗教カルトやハイテク暴力団などの暗躍で、まさに「暴走が止まらない」状態になっている。

 これは止めなければならない。

 トロワーさんも実は、止めようと努力しているそうだ。(これについては後述)

 ウィッスルブロワーとしてカミングアウトしたのも、そのため。

 日本でも、内部告発者が出たら、この問題に関する社会的な理解も進み、犯罪実行者・支持者たちを塀のなかに送ることもできる。

 どうなるか、楽しみだ。

          *

 ★ ところで、トロワーさんは「新・冷戦」状態になっていると指摘しているが、これは電磁波兵器を持つ権力者が自国民を含む全人類に対して、電磁波という新たな軍事力による支配を続けている、という意味である。

 

          *

 ・ Barrie Trower: It’s been that for 60 years, no doubt about that.

 ・ Barrie Trower: Again, there are around 300,000 million bands they could use, so whichever ones they’re
talking about…

 ・ Barrie Trower: It’s uncontrollable. I mean, what we have now started is a runaway train. It is absolutely uncontrollable, because if the United States stops research, there are 45 other countries— some of whom probably do not like the United States, and will say “that’s good, we will now be the world leaders.” It is uncontrollable. People now have to progress. Where it is all going to end up, I don’t know. But it is absolutely
uncontrollable now. There are too many different laboratories over the world studying too many different things.

There are too many different organizations looking into microwave weapons. It is absolutely uncontrollable and,as you’ve said, we have now gone into a new Cold War. I don’t know where it is going to end.  

         ◇

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑤ : 電磁波照射によるマインドコントロールで、ターゲットを「3日以内に」暗殺者に仕立てあげることができる! 「★ あの、植松聖・容疑者の場合は、どうだったか? 念には念をいれ、検証すべきではないか?
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-9.html
 

 ◎ トロワーさん、インタビュー その④ : ほかの家に住む若いカップルが、自分たちの性行為などを自撮りするため、iPadなどのスイッチを押した瞬間、(たとえば)彼女の裸の胸の写真を、監視者がマイクロ波でゲット! ―― 世界45か国で、こうした「盗撮」活動が行われている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/ipad-barrie-tro.html#more

 ◎ トロワーさん、インタビュー その③ : 「スマートメーター」で、設置した家の一人ひとりを監視可能に! ベッドに行くのも、トイレに入るのも「見る(watch)」ことができる。ベッドで愛し合うSEX行為も! 声も一言ひとこと、「聞く」ことができる! 150フィート(45m)以内に装置を仕掛け、ターゲットの脳の活動状況・感情、ホルモン・レベルも把握! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/watchsex-barrie.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その② : ◇ 米政府は1976年に、低レベルのマイクロ波の継続照射でターゲットを発症させることができることが分かった全疾病――生理学的・神経学的な全てのリストを作成した! そして世界の主要国の政府に、訴訟を回避し、関連業界の利益を守るために箝口令を強いた! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-6.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その① : 〕◇ 米国の某スーパー・マーケット(チェーン)がマイクロ波ビームを、買うか買わないか躊躇する客の耳〔蚊牛殻(内耳)〕に照射し、「ほんとうは買いたいんでしょう(‘you really do want to buy this.’)」と決断を促す音声を注入し、9ヵ月間で驚異的な売り上げを達成! 事件になって裁判になっても「マイクロ波は安全」ということで却下!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/you-really-do-w.html

Posted by 大沼安史 at 09:01 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-21

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 電磁波照射によるマインドコントロールで、ターゲットを「3日以内に」暗殺者に仕立てあげることができる! 「 ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者) さんが証言し警告!―― その⑤   ★ あの、植松聖・容疑者の場合は、どうだったか? 念には念をいれ、検証すべきではないか?

Barrietrower320x280

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

          *

 ★ 暗殺者に仕立てあげることができる!

 暗殺とは特定の人(びと)を殺すことだから、マイクロ波パルスを使った「脳内音声送信」技術を使えば、暗殺する相手をターゲットの「マインド」に刷り込み、そのターゲットに対して、リモートコントロールで殺人行為をおかさせることができる――というわけだ。

 これはおそろしいことだ。

          *

 ★ ここで、やはり気になるのは、「報道」からなぜか完全に消えた(消された)、あの植松聖容疑者のことだ。

 植松容疑者は「ヒトラー思想が降りて来た」とか口走っていたという。

 マイクロ波パルスによるマインドコントロール実験のモルモットに使われていたのではないか?

          *

 ★ わたしが不審に思っているのは、植松容疑者が衆院議長公邸へ「直訴」を行っていることだ。

 衆院議長公邸の所在は(もちろん探せばわかるが)、一般の人には、そうそう分かるものではない。

 あの手紙も、「書かされた」可能性を、最初から排除すべきではない。

          *

 ・ Barrie Trower: I could turn you into an assassin in less than three days. That’s easy.

          *

  〔★は大沼〕 ◎ トロワーさんインタビュー 
 ⇒ 
http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf
 

          ◇

 ◎ トロワーさん、インタビュー その④ : ほかの家に住む若いカップルが、自分たちの性行為などを自撮りするため、iPadなどのスイッチを押した瞬間、(たとえば)彼女の裸の胸の写真を、監視者がマイクロ波でゲット! ―― 世界45か国で、こうした「盗撮」活動が行われている!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/ipad-barrie-tro.html#more

 ◎ トロワーさん、インタビュー その③ : 「スマートメーター」で、設置した家の一人ひとりを監視可能に! ベッドに行くのも、トイレに入るのも「見る(watch)」ことができる。ベッドで愛し合うSEX行為も! 声も一言ひとこと、「聞く」ことができる! 150フィート(45m)以内に装置を仕掛け、ターゲットの脳の活動状況・感情、ホルモン・レベルも把握! 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/watchsex-barrie.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その② : ◇ 米政府は1976年に、低レベルのマイクロ波の継続照射でターゲットを発症させることができることが分かった全疾病――生理学的・神経学的な全てのリストを作成した! そして世界の主要国の政府に、訴訟を回避し、関連業界の利益を守るために箝口令を強いた! 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-6.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その① : 〕◇ 米国の某スーパー・マーケット(チェーン)がマイクロ波ビームを、買うか買わないか躊躇する客の耳〔蚊牛殻(内耳)〕に照射し、「ほんとうは買いたいんでしょう(‘you really do want to buy this.’)」と決断を促す音声を注入し、9ヵ月間で驚異的な売り上げを達成! 事件になって裁判になっても「マイクロ波は安全」ということで却下!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/you-really-do-w.html

Posted by 大沼安史 at 02:58 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-20

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ ほかの家に住む若いカップルが、自分たちの性行為などを自撮りするため、iPadなどのスイッチを押した瞬間、(たとえば)彼女の裸の胸の写真を、監視者がマイクロ波でゲット! ―― 世界45か国で、こうした「盗撮」活動が行われている! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者) さんが告発し警告!―― その④

Barrietrower320x280

Screenshot1959

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ トロワーさんはインタビューのこのくだりで、

 ・ マイクロ波の照射(プロデュース)は非常にかんたん。

 トロワーさん自身、照射に従事する諜報員(スパイ)から、マイクロ波照射法のリストを入手しているとも語った。

          *

 ★ 上記の「自撮画像の漏出」は、トロワーさんが学校での警告講演で話していることだそうだ。

 キーボードにタッチしたり、iPad や iPod のスイッチに押した瞬間、何ものかに映像が盗まれている!

 こうしたプライバシーの侵害が、世界45か国で行われている。

 45か国のなかに、ハイテク化が進んだ日本が含まれていない、とは考えにくい。

 諜報・治安活動だけでなく、宗教カルトやハイテク暴力団などが悪用している恐れも。

 要警戒だ!

          *

 ・ Barrie Trower :  Oh, without a doubt. And I can be even more specific. And when I speak to schools, you see, the problem is that microwaves are so easy to produce and, from the lists I got from when I was talking to spies,and things like this, the lists are available now. All you need to do is make a microwave transmitter (which isincredibly easy), and at the pulse frequency (which is even easier), you can make these weapons. So what I say toschools, to the students in schools, I say please be incredibly careful. Every time you touch keyboards, or an iPad or an iPod, every time you put a finger on any microwave device that transmits, up to 45 countries can be storing that. So if you are a young couple in love, and you’ve got the people in separate houses and they’re in their bedrooms and one is saying ‘can we do this’ and the reply ‘I’d love to’ and send me a picture of your chest,and they carry on.

 Now I tell the schools to assume that 45 countries are actually recording this, and they have the capability. And when you are a graduate and you are a professional, they’re going to come back and they’re going to sit in front of you one day, if they wish, and they are going to say, do you remember writing that?  You should have a criminal record. Your job doesn’t allow people with criminal records. How about just doing a little favor for us and we’ll tear this up. And if you think of what teenagers, and the average American student sends 3,000 texts a month, if you imagine some of these texts going back and forth and up to 45 countries could be storing this, and you’re all clever and you’re all going to university and you’re going to be exactly where they want you. And if they want to, and they want you, they’re going to come back and you’re going to regret this.

          *

 〔★は大沼〕 ◎ トロワーさんインタビュー 
 ⇒ 
http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

          ◇

 ◎ トロワーさん、インタビュー その③ : 「スマートメーター」で、設置した家の一人ひとりを監視可能に! ベッドに行くのも、トイレに入るのも「見る(watch)」ことができる。ベッドで愛し合うSEX行為も! 声も一言ひとこと、「聞く」ことができる! 150フィート(45m)以内に装置を仕掛け、ターゲットの脳の活動状況・感情、ホルモン・レベルも把握! 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/watchsex-barrie.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その② : ◇ 米政府は1976年に、低レベルのマイクロ波の継続照射でターゲットを発症させることができることが分かった全疾病――生理学的・神経学的な全てのリストを作成した! そして世界の主要国の政府に、訴訟を回避し、関連業界の利益を守るために箝口令を強いた! 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-6.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その① : 〕◇ 米国の某スーパー・マーケット(チェーン)がマイクロ波ビームを、買うか買わないか躊躇する客の耳〔蚊牛殻(内耳)〕に照射し、「ほんとうは買いたいんでしょう(‘you really do want to buy this.’)」と決断を促す音声を注入し、9ヵ月間で驚異的な売り上げを達成! 事件になって裁判になっても「マイクロ波は安全」ということで却下!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/you-really-do-w.html

Posted by 大沼安史 at 10:00 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-19

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 「スマートメーター」で、設置した家の一人ひとりを監視可能に! ベッドに行くのも、トイレに入るのも「見る(watch)」ことができる。ベッドで愛し合うSEX行為も! 声も一言ひとこと、「聞く」ことができる! 150フィート(45m)以内に装置を仕掛け、ターゲットの脳の活動状況・感情、ホルモン・レベルも把握! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者) さんが告発!―― その③

Barrietrower320x280

Screenshot1957

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 「スマートメーター」による電磁波が健康によくないことは指摘されていることだが、それを使えば、ベッドでのSEXまで「見る」「聞く」ことができるというのだから、これはとんでもないことだ!

 マイクロ波をパルス照射、反射してくるものを視覚化・聴覚化するテクノロジーに開発され、軍事・諜報技術としてテスト・実用化されているらしい。

 おそろしいことだ。

          * 

 ・ Barrie Trower: Oh yes. Absolutely. Really this is one of the ideas behind the Smart Meter where they put them on everybody’s homes. What they can do now? They can watch every single person in that house. They can watch you go to bed. They can watch what you’re doing in bed. They can watch you on the toilet and in thebath. They can hear every single word you’re saying. They have a machine which will measure your hormone levels. They have a machine, provided they’re within a 150 feet, they can measure your brain activity and they can even tell what frame of mind you’re in. ……

          *

〔★は大沼〕 ◎ トロワーさんインタビュー 
 ⇒ 
http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

          ◇

 ◎ トロワーさん、インタビュー その② : ◇ 米政府は1976年に、低レベルのマイクロ波の継続照射でターゲットを発症させることができることが分かった全疾病――生理学的・神経学的な全てのリストを作成した! そして世界の主要国の政府に、訴訟を回避し、関連業界の利益を守るために箝口令を強いた! 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-6.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その① : 〕◇ 米国の某スーパー・マーケット(チェーン)がマイクロ波ビームを、買うか買わないか躊躇する客の耳〔蚊牛殻(内耳)〕に照射し、「ほんとうは買いたいんでしょう(‘you really do want to buy this.’)」と決断を促す音声を注入し、9ヵ月間で驚異的な売り上げを達成! 事件になって裁判になっても「マイクロ波は安全」ということで却下!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/you-really-do-w.html

Posted by 大沼安史 at 09:28 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-18

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 米政府は1976年に、低レベルのマイクロ波の継続照射でターゲットを発症させることができることが分かった全疾病――生理学的・神経学的な全てのリストを作成した! そして世界の主要国の政府に、訴訟を回避し、関連業界の利益を守るために箝口令を強いた! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower) さんが告発!―― その② 

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Barrietrower320x280

 ★ この米政府の秘密プロジェクトに、日米軍事同盟を結んでいる日本政府も関与していた(いる)のだろうか?

 国民を人体実験の人身御供に差し出しているのだろうか?

          *

 ★ がんを発症させたり、精神疾患を引き起こしたりする「発病照射攻撃」(疾病ごとにトリガー周波数が記されたもの)のリストが、早くも1976年の段階で、策定されていたとは!

 それから40年――。

 マイクロ波兵器はさらに高度化・進化したはずだ。

 それにともない、旧代の照射兵器は横流しなどで闇に流れた可能性もある。

  それが宗教カルトやハイテク暴力団によって、現在使われている可能性もありそうだ。

          *

◎ トロワーさんインタビュー 
 ⇒ 
http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

          *

 ・ This is from a program in 1976. I can tell you by its title that it was a program in 1976 because in 1976 your government produced a list of all of the illnesses that you can develop from continuous low-level microwave radiation, everything, physiological, neurological illnesses. But in the same document that was released under the Freedom of Information Act, and I referenced it in my latest paper that I’m reading from tonight. If you get a copy of that paper, it’s referenced in that. But what your government also did that was rather naughty; they asked all the other governments in the world, the influential governments in the world,basically to deceive the public. And they were to deceive the public really for two reasons. The first is to avoid law suits, and the second was to protect industrial profit.

          *

 ◎ 関連 08-17〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 米国の某スーパー・マーケット(チェーン)がマイクロ波ビームを、買うか買わないか躊躇する客の耳〔蚊牛殻(内耳)〕に照射し、「ほんとうは買いたいんでしょう(‘you really do want to buy this.’)」と決断を促す音声を注入し、9ヵ月間で驚異的な売り上げを達成! 事件になって裁判になっても「マイクロ波は安全」ということで却下! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー(Barrie Trower)さんが告発!
 ◎ トロワーさんインタビュー 
 ⇒ http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

Posted by 大沼安史 at 09:16 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-17

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 米国の某スーパー・マーケット(チェーン)がマイクロ波ビームを、買うか買わないか躊躇する客の耳〔蚊牛殻(内耳)〕に照射し、「ほんとうは買いたいんでしょう(‘you really do want to buy this.’)」と決断を促す音声を注入し、9ヵ月間で驚異的な売り上げを達成! 事件になって裁判になっても「マイクロ波は安全」ということで却下! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー(Barrie Trower)さんが告発!

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1945

Barrietrower320x280

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ トロワーさんによれば、この技術はもともと軍が開発したもの。

 ターゲットにされた、その人にしか「聴こえない」ものだそうだ。

  もっと問題(なの)は――このテクノロジーが、たとえば宗教カルトなどに悪用されたときだ。

電 子拷問など、マインドコントロールの手段に使われたときのことだ。

 (日本でも、これを「清浄波」とか「天上波」とか言って照射を浴びせている輩もいる……と聴かされている。「自殺しろ」とリピート送信したりする、悪質な行為も続いているようだ) 

          *

 

 〔★は大沼〕 ◎ 米国「VT(復員兵ツデー): Microwaves, Smart Meters and the use of electronics for “mind control”
 (2015年5月1日付け)⇒ 
http://www.veteranstoday.com/2015/05/01/microwaves-smart-meters-and-the-use-of-electronics-for-mind-control/

          *

 ◎ トロワーさんインタビュー 
 ⇒ 
http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

          *

 So the military can now put voices into people’s heads to do whatever deed they wish it to achieve, and the super stores have also realized that rather than say ‘put that down, you’re going to steal it’ , if you’re indecisive and you’re shopping, they can say‘you really do want to buy this.’ And after nine months, I got the figure from one of your calls, somebody took one of your super stores to court for beaming them. And they made a phenomenal profit in just nine months,phenomenal profit. But because your Federal Communications Committee says that microwaves were safe, the case fell.

Posted by 大沼安史 at 01:14 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔★ 記録 パソコンの画面に、なぜか、本ブログのこの記事が、知らぬ間に‘アップ’されていた!〕◇ 関心を持って下さった「何者か」がいらっしゃったようだ!―― なので、再掲!

 〔★は大沼〕 ◎ 2014-03-25 <電磁波メモ> イラク派遣自衛隊員、自殺者続出問題――謎を解く鍵は、もしかしたら、「電磁波被曝」にあるのかも知れない。イラク米軍兵士と同様、住民鎮圧・テロ防止対策で設置した「電磁波照射デバイス」による被曝で抑鬱状態に?
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/03/post-79e5.html
………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1923

Posted by 大沼安史 at 09:24 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-13

〔米大統領選〕◇ それにしても、穴がいくつか開いた、小型レコーダーのようなものをヒラリーに対して、向け続け、彼女が首を振る異常行動を始めると、かすかにニヤリと笑う、このやや禿げあがった男は何者なのだ? ほかの女性ジャーナリストは映像機能のついたものを持参しているのに、なぜ、この男だけ、おかしなものを持っているのだ? ―― ◎ ヒラリーはなぜ“奇行”を繰り返すのか? ★ 電磁波照射で操作されているのかも知れない!

〔★は大沼〕 ◎ ユーチューブ The Truth About Hillary's Bizarre Behavior
 ⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=OqbDBRWb63s

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1902

Screenshot1901

Screenshot1906

Screenshot1904

 ★ この(上記)ユーチューブに載った記録動画を見てほしい。

   開始1分3秒以降、とくに1分31秒あたりを見てほしい。

   ヒラリーの右側に陣取った男が、ヒラリーの「奇行」を不審がるどころか、うっすら、笑って悦んでいる。

  「ほーら。どうだ」と言いたげな表情をしているようにも見える。

   どうして映像に撮らないか、不思議でもある。

   ジャーナリストとしたら、決定的な場面ではないか?

   ずっと、ヒラリーの顔を狙いつづけているように見える。

   不可解だ。

           *

 ★ 電磁波照射による身体状況、精神状態の操作は可能だ。

Screenshot1903  ヒラリーは歩けなくなったりしてもいるそうだが、腰がやられると、動けなくなる。

 

 足もやられると、急に脱力して、歩けなくなる。(これは、わたしの被害体験でもある)

          *

 ★ では問題は(電磁波攻撃があるとして――仮定した上で)、なぜ、ヒラリーに対していま、こうした「攻撃」「威嚇」が行われてるのか?……

 わたしの見方(仮説)は、こうだ。シナリオは2つ、考えられる。

 第一。

 いま大統領選がらみで陰の最大の争点となっているのは、TPPである。

 オバマは自分の任期中になんとしても「TPP」を通そうとしている(通すよう命じられている)。

 しかし、そんなオバマをヒラリーが「静観」すれば、TPPを後押ししたとして労働者層を中心に有権者が離れる可能性が――大統領選で敗北する恐れが強まる。

 「TPPやっていると、わたし大統領になれない、とオバマに訴え、やめさせろ」という論説 が出ているのも、このためだ。

 ヒラリーとしては大統領になるためには、ホワイトハウスへの道をより確かなものにするためには「TPP断固反対」を言うのが得策で、自分でもその気になっているというのはいまの状況だろう。

 このヒラリー陣営の「TPP断固反対」への動きを、威嚇して、つぶす!

 そのための脅迫行為――それが電磁波照射ではないか、という仮説である。

          *

 第二。

 もうひとつ、考えられるのは、トランプを支持する宗教右翼の策謀である。

 とにかく、トランプに勝たせる!

 そのために、ヒラリーを精神病者に仕立て上げる!

 日本でも、財産狙い・地上げ・裁判つぶしなどにも「活用」されているらしい「集スト」の常とう手段は、電磁波を浴びせ、「奇行」を誘因し、あげくのはてはマイクロ波照射で「神の声」を聴かせ、統合失調症患者に仕立て上げるやりかたである。

          *

 9・11後、ブッシュ政権下、「国内セキュリティーの確保」を名目に、「ハイテク諜報ベンチャー企業」に対して、膨大な額の連邦予算が投下されたことは、たとえばナオミ・クラインさんの『ショック・ドクトリン』にも報告されていることだ。

          *

 電磁波が政治支配の手段に使われているようだ。

 「フル・スペクトラム支配=電磁波ファシズム」という、最悪の事態も想定すべき時代になった。

          *

  関連 本ブログ既報 08-11〔米大統領選〕◇ 電磁波照射、それとも…… ヒラリーが演壇で凍りつく! 言葉を失い、舌が回らなくなる 4日のラスベガスでの集会で! 彼女の左斜め前方から、光線の帯のようなものが彼女の頭部(目の位置を中心に)狙って飛んできて、彼女の金髪が緑色に発光!(動画開始6秒後以降) ★ 「電磁波銃」の照射攻撃を受けたのでないか!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/post-8b44.html

Posted by 大沼安史 at 09:09 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-11

〔米大統領選〕◇ 電磁波照射、それとも…… ヒラリーが演壇で凍りつく! 言葉を失い、舌が回らなくなる 4日のラスベガスでの集会で! 彼女の左斜め前方から、光線の帯のようなものが彼女の頭部(目の位置を中心に)狙って飛んできて、彼女の金髪が緑色に発光!(動画開始6秒後以降) ★ 「電磁波銃」の照射攻撃を受けたのでないか! 

 ★ 立ち直ったヒラリーの背後の黒人SPが、鋭い目で前方客席を監視している!

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1882_2

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 照射を浴びた瞬間、ヒラリーの右の頬が光っている!睨み返すヒラリー! (2枚目以降)

Screenshot1879

Screenshot1878

Screenshot1877

Screenshot1884

Screenshot1884_2

Screenshot1883

………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 

 ★ わたし自身、電磁波攻撃と気づいていないころ、講演の途中、数回、まるで失語症に陥ったように声が出なくなり、立ち往生したことがある。

 見えない何かが飛んで来たようだった。

 ヒラリーも、照射して来た方向を睨みつけている。

 わたしの場合、講演が終わったあと、前列にいた中年の女性が「ニヤっ」と笑って立ち去ったことを覚えている。

          *

 ◎ ユーチューブ ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=likL1vxpqG4

          *

 ★ 彼女の周辺で不審死が続いているのも、彼女を窮地においやる謀略かも知れない。

          *

 ★ 米国の極右が動き出している、かも?!

Posted by 大沼安史 at 09:56 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-09

〔ハイテク犯罪、許すまじ〕◇ 「電磁波照射攻撃の最後のターゲットは、政治的でもなんでもない、ふつうの、ナイスな2人だった。2人のDNAと血液のタイプが、ターゲットにされた理由だった!」―― ◎ 英国諜報機関の所属しながら、CIAやモサドなどでも活動したこともあるカール・クラークさんがドイツ誌『圏域&時代』のインタビューで実態を暴露・告発! ◇ 諜報当局の「脳内送信」など報復攻撃、継続中! / 英訳記事、国際社会に拡散。日本のNPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」が日本語に全訳!

Screenshot1863

Screenshot1862

 製薬会社など大企業と闘う人もターゲットに!

 グローバル化した世界。

 英国であることは日本でも!

 より大規模に、やり放題で続けられているのではないか!

          *

  出でよ、日本の内部告発者!

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ クラークさんの証言によると、最初の電磁波攻撃のターゲットは、ギャングや薬物カルテルのメンバーだった。

 それが、 「政治的に意味あるターゲット」――製薬会社など大企業の利益に反する活動をする人たちにも拡大されていった。

          *

 クラークさん自身がかかわったターゲットは、1980年代が5・6人、90年代が7人、2000年から2003年までが3人だった。

 人数な少ないのは、それだけ執拗な攻撃を続けるからだそうだ。

          *

 つきまといにゴーストライティング(忍び込み工作)。ターゲットのパスコンにチャイルドモルノや爆弾製造マニュアルを仕込み、犯罪者に仕立て上げることもあった。

 ネット監視、盗聴……そして非常に役に立ったのが 「マイクロ波兵器(Mikrowellenwaffen、microwave weapons)」 だった!

 諜報機関の特殊部門に所属するクラークさんの同僚が、ターゲットに対して配備した。

 クラークさん自身は、マイクロ波兵器を使った攻撃そのものには従事しなかったが、同兵器の設置される現場にはときどき立ち合っていたそうだ。
          *

 ターゲットは、まるでSF映画のように、レーダー、人工衛星、地上局、支援コンピューター・プログラムによって追跡されていた。

 レーダーは電磁波を発射、ターゲットをとらえ、(反射してきた)結果が評価された。

 クラークさんの同僚は、そうしたターゲットをパスコンで一日中、追いかける任務についていた。

 この追跡で、マイクロ波兵器を容易に配備することができた。

 同僚たちは、どこを狙うか正確に把握し、照射したターゲットの「反応」を観察することができた。

          *

 マイクロ波兵器は熱、内部火傷、痛み、吐き気、恐怖をつくりだす ことができた。

 攻撃の痕跡は皮膚に残ることがあるが、大半は相手を傷つけずに攻撃できた。

 マイクロ波兵器はその後、さらに進化している。

          *

 マイクロ波兵器は、「兵器化した電磁波光線」により、ターゲットの「感覚」にダイレクトに影響を与えることができる。

 電磁波による被曝に対して、生体は感受性がある。

 「軍事研究」の枠組みのなかで行われる周波数(照射)によって、 「体・魂・精神」(英訳では、体・精神・魂の順)の操作を試みるところまで来ている。

 ラジオの電波を操作し、ラジオを聴いている人の名前を電波に乗せたり、ターゲットのパスコンの画面に、その人間の名前を表示したりすることもできる。

 恐怖を与えるためだ。

          *

 病院や警察に行っても、まとも相手にされない。医師や病院のなかには諜報機関と連携しているところもある。

 「統合失調症」にしろ、という診断指令が出ている。

          *

 クラークさん自身、任務の非人道性に耐えきれず、英国の諜報機関を辞めた2003年から、3年(以上)、報復攻撃にさらされている。

 朝、目覚めとき、「起きろ、誰でもいいから傷つけろ」と「(脳内)音声送信」で命令されたこともある。

 ヘリコプーターにつくまとわれたり、タイヤを切り裂かれたり、エンジンを工作されたり。

 仲間の応援もあって、負けずにがんばっている。

          *

 クラークさんの証言に、わたしがもっとも驚かされたのは、特殊なDNA、血液タイプを持った一般人を狙った、電磁波照射攻撃が行われていることだ。

 これは大沼が米国の関係文献で読んだことだが、わたしたちのDNAは超微妙な電波を発しているという。

 (日本人はYAP遺伝子という特殊なDNAを持っている)

 軍事研究は電磁波操作でターゲットのDNAを操作しようとしているのかも知れない。

          *

 クラークさんによると、英国内のターゲットは約5000人。ターゲットの監視にあたっているのが(その3倍)1万5000人。

 マイクロ波兵器による攻撃(電磁波拷問)は英国のほか、米国、ドイツ、北朝鮮。ロシア、フランスでも行われている。

 (クラークさんは、日本でもやり放題な状況にあることを、この時点はご存知なかったようだ)

          *

 クラークさんは、こんな警告もしている。

 ・ メールに書かれた「政府」とか「マインドコントロール」という言葉に反応する監視システムがあるので、そういう言葉は避けるように。

 ・ 自宅に催眠ガスを吹き込む、侵入してくる。

 ・ 見知らぬ人からの手紙はアルミホイルで包み、密封する。

          *

 クラークさんはインタビューの最後に、もっと多くの内部告発者が現れることを希望している、と語っている。

 日本にも出てほしいものだ。

          *

 ★ 以上、クラークさんのインタビューの概要をみてきたが、内部関係者による、これだけ詳しい告発は、あまりない。

 これに、NSAのアクウエィ氏の裁判所に対する訴状での証言を重ね合わせれば、電磁波照射問題がいかに現実的な脅威になっているか、ハッキリするだろう。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ Carl Clark: Heimliche Überwachung und Strahlenfolter durch Geheimdienste(情報機関による秘密監視と電子拷問) [Raum & Zeit 2009]
 ⇒ 
http://stopeg.com/doc/CarlClarkInterview_Raum_und_Zeit.pdf

          *

 ◎ NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの日本語全訳 ⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo//kathudou/gijutsushiryou/tech25_interview_clark.pdf http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

          *

 ◎ NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク ⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

Posted by 大沼安史 at 08:56 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-08

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 「音声送信」、骨伝導マイクと音楽編集ソフトを使用し、ノイズ除去&音量を上げると――「奇声」が聴こえる! 「録ってんじゃねーよ!」「ざっけんな!」「ヒキコモリ、死ねっ!」「ヤッ君、声バッチリ録られてるー」

Screenshot1848

Screenshot1846

Screenshot1847

Screenshot1845

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 実行犯らは、ターゲットの自宅室内を「同時盗撮」もしているようだ。

          *

 ★ わたしも耳道内の猛烈な振動を録音し、「証拠」(?)として残してある。

          *

 〔★は大沼〕◎ ユーチューブ 【緊急公開】テクノロジー犯罪・音声送信、証拠録音に成功!! ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=BvzcYCA8jbA

 ◎ 同 音声送信システムの証拠録音&解析方法を纏めたレクチャー動画 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=6XRZ0XHg6wI

          *

 ◎ ツイッター情報 ⇒ https://twitter.com/SUNRISEMAN_BOT/status/762411795176914944

Posted by 大沼安史 at 09:10 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-07

〔ツイッターで警告情報〕◇ 「古賀茂明、暗殺始まってるかも、エンジンに塩素混入されてる症状」 ―― ★ ツイッター発信者は毒物ストーカー攻撃の組織に関係していたという人物である。車への工作だけでなく、つきまとい噴霧、あるいはファイバー経由の毒ガス注入についても警告している。

 〔★は大沼〕  ◎ ⇒ https://twitter.com/moet_channel31/status/761850424349499392
………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 古賀さんは毒ガス・毒物混入だけでなく、電磁波、放射線(中性子線)にも注意したらいい。

Screenshot1831

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 関連・参考 元岡山大学の物理学者、中西孝充さん(超伝導研究者)は、4月28日の発信を最後に、ツイッターが中断している。心配です。

 ⇒ https://twitter.com/tthdt960?lang=ja

  以下、中西さんのツイッターの一部を紹介します。

          *

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1837

Screenshot1836

Screenshot1835

Screenshot1834

Posted by 大沼安史 at 11:01 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-06

〔障がい者施設 大量刺殺事件〕◇ 植松聖・容疑者の友人は言った、、「去年の春ごろから、過激な右翼思想やオカルト的な、『宇宙からテレパシーが来る』などと真顔で話すようになった」 ★ 「ヒトラー思想が降りて来た」発言といい、脳内音声注入による「マインドコントロール」の可能性は……否定できない。疑ったほうがいい。

◎ 関連 〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 2013年9月、米国の「ワシントン海軍工廠」で起きた殺戮事件(16人死亡)で、犯人の男は、「極低周電磁波(extremely low frequency electromagnetic waves)によってマインドコントロール下にある」との「妄想」を持っていた! ★ 「ヒトラー思想が降りた」という植松容疑者と何か共通するものがありそうな気がする。
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/07/extremely-low-f.html

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1824

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ たとえば米軍はイラクで、LRAD (Long Range Acoustic Device、長射程音響デバイス) とよばれる「神の声」兵器を使用、イラク側を翻弄したと言われている。
 ⇒ 
https://www.strategypage.com/htmw/htweap/20071217.aspx

  LRAD can put the "word of God" into their heads. If God, in the form of a voice that only you can hear, tells you to surrender, or run away, what are you gonna do?

          *

 
 〔★は大沼〕 ◎ 週刊朝日 “ヘイト殺人鬼”植松聖容疑者の虐殺願望
 (3日付け)⇒ 
http://dot.asahi.com/wa/2016080200177.html?page=3

Posted by 大沼安史 at 04:41 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-08-04

〔毒ガス噴霧攻撃に注意 警戒警報〕◇ 全国の犠牲者(死者)、なんと年間16~17万人(うち1割が実行犯。自ら、噴霧の犠牲に) ◇ 「殺害組織」、新卒者もリクルート 組織の「キャリア」が殺害計画を作成、生活窮迫者や障がい者らを動員 /  元「実行犯」がツイッターで組織の実態を告発! この告発者によると、忌野清志郎さんも毒ガス攻撃で癌死させられた犠牲者だそうだ! 反原発つぶしの仕事も請け負っているのだろうか?

Screenshot1811

Screenshot1810

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 〔★〕 わたしたちの場合は主に電磁波の強烈な照射を浴びる被害に遭い続けているが、避難先のあるところで、台所(室内)の液体をまかれたり、玄関横に消毒剤をまかれたこともある。

 水道も絵の具が溶けなくなるなど、ひどい状態になり、飲用できなくなった。

          * 

  ★ 山口県で中性子被曝被害にあっている高専元教授のA先生も、毒ガス攻撃、薬剤・毒物すりかえ攻撃にもあってると訴えているが、警察は捜査しようともしない。

 「連中」は、中性子線を出す核燃料のパウダーなんかも噴霧しているのではないだろうか?

  だから実行犯もかなり、犠牲になっているのではないか?

          *

〔★は大沼〕 ⇒ https://twitter.com/moet_channel31/status/759751894403198977

 ⇒ https://twitter.com/moet_channel31/status/759759355176624128

Posted by 大沼安史 at 08:46 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-07-30

〔ハイテク犯罪を許さない 相模原障がい者殺戮事件〕◇ 植松聖・容疑者、2月になって施設の同僚、上司に突然、「障がい者が全員、いなくなればいい」と言い始める! ★ 「ヒトラー思想が降りてきた」発言といい、マイクロ波パルスを使った「脳内送信」マインドコントロールの臭いがして仕方ない。

Screenshot1775

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ ロイター電によると、施設の責任者らは記者会見で、2月になって植松容疑者が、なぜか急に恐ろしいことを言い出したことが印象に残っていると語ったそうだ。

 急に言い出す!?

          *

 ★ これは衛星を使った電磁波拷問に耐え抜いた北海道・旭川の水上さんの指摘でもあるが(わたしの「妄想」でもあるが)、植松容疑者は「障がい者を殺せば、お前は英雄だ。お前がやったら、電子拷問は止めてやる」との脳内送信もあって、強行に走ったのではないか!

          *

 ★ 日本でも本家の米国同様、電磁波を使ったマインドコントロールで実際、どれほどのことが可能か、人体実験が行われているフシがある。

 仮に――万が一、植松容疑者が精神操作を受けていたとしたら、今回の凶行は、ふつうの若者をテロリストに仕立てあげ、狙ったターゲットを攻撃させることが可能であることを実地テストで実証したことになる。

          *

 ・ According to those at the press conference, Uematsu began making strange remarks as he was talking with his boss and colleagues around February, saying for example, "It's better all the disabled disappear." Uematsu then voluntarily quit his job on Feb. 19."He hadn't made such ideological remarks before then. I got an impression that he suddenly had changed," the director said.

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ロイター(Asiaone) Japan mass killing suspect 'suddenly changed' in Feb - See more at: http://news.asiaone.com/news/asia/japan-mass-killing-suspect-suddenly-changed-feb#sthash.Hx3C5kYI.dpuf
 ⇒ http://news.asiaone.com/news/asia/japan-mass-killing-suspect-suddenly-changed-feb#sthash.Hx3C5kYI.dpuf

 ◎ 参考 07-28〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 2013年9月、米国の「ワシントン海軍工廠」で起きた殺戮事件(16人死亡)で、犯人の男は、「極低周電磁波(extremely low frequency electromagnetic waves)によってマインドコントロール下にある」との「妄想」を持っていた! ★ 「ヒトラー思想が降りた」という植松容疑者と何か共通するものがありそうな気がする。
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/07/extremely-low-f.html

          *

 ◎ 同 07-28〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 【共同通信】植松容疑者、緊急措置入院中に、「ヒトラー思想が2週間前に降りてきた」と語る ★ もしかしたら、マイクロ波パルスを使った「脳内音声注入」が行われ、マインドコントロールされていたのかもしれない。
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/07/post-d2a8.html

Posted by 大沼安史 at 07:53 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-07-28

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 2013年9月、米国の「ワシントン海軍工廠」で起きた殺戮事件(16人死亡)で、犯人の男は、「極低周電磁波(extremely low frequency electromagnetic waves)によってマインドコントロール下にある」との「妄想」を持っていた! ★ 「ヒトラー思想が降りた」という植松容疑者と何か共通するものがありそうな気がする。

Screenshot1771

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ ワシントン・ネービー・ヤードで同年9月16日に起きた乱射事件の犯人は、米海軍を除隊した、34歳の黒人男性だった。

 男性は、凶器のショットガンの銃把に「オレのELF(extremely low frequency )兵器〔 "My ELF weapon"〕」と書き込んでいた。

          *

 ★ この黒人男性は「過去3ヵ月、超低周波〔電磁波〕攻撃に遭居続けてきた。嘘いつわりなく、これがこの行動を引き起こしたものだ」とのメッセージを残していた。

 "Ultra low frequency attack is what I've been subject to for the last 3 months," read a message obtained by federal authorities from Alexis's thumb drives, phones and computers. "And to be perfectly honest, that is what has driven me to this."

          *

 ★ 黒人男性の場合は、自覚的でありながら、マンドコントロールによる命令のまま犯行に及んだわけだ(すくなくとも主張している)。

          *

 ★ CNNの報道によると、ELFについてFBI(連邦捜査局は、「潜水艦の通信によるテクノロジーだが、陰謀論者たちは、一般の国民をモニターに操作するのに使われていると信じている」とコメントしたそうだ。

          *

 ★ 植松容疑者はこの黒人男性より社会経験が浅く、黒人男性ほど、ELFの操作に対し「自覚的」でなかったのかもしれない。

 ELFの脳内送信は、ターゲットの脳波の電位をゲット(脳紋をとる)してコミュニケーション回路を開き、「対話型」の「会話」によるマインドコントロールさえ可能と言われる。

 いわゆる「神の声・兵器」のひとつに数えられている。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ CNN FBI: Navy Yard shooter 'delusional,' said 'low frequency attacks' drove him to kill
 (2013年9月26日付け)⇒ 
http://edition.cnn.com/2013/09/25/us/washington-navy-yard-investigation/?hpt=us_c2

Posted by 大沼安史 at 05:33 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 【共同通信】植松容疑者、緊急措置入院中に、「ヒトラー思想が2週間前に降りてきた」と語る ★ もしかしたら、マイクロ波パルスを使った「脳内音声注入」が行われ、マインドコントロールされていたのかもしれない。

Screenshot1770

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 植松容疑者がどうして、あれだけ「理性的」に、あれだけの数の人間を殺害できたのか、不思議でならなかったが、もしかりに「マインドコントロール」を受けていたとしたなら、それはひとつの説明になりうるかもしれない。

 犯行中、植松容疑者は、「声」の命令を受け続け、最後まで作戦(?)を完遂するよう「叱咤激励」されていたのかもしれない。

 軍事的な人体(操作)実験が同容疑者を使って行われ、システムの有効性の検証が行われた、と見ることも、ひとつの可能性として見ることもできるかもしれない。

          *

 〔★は大沼〕◎ 共同通信 容疑者「ヒトラー思想降りた」措置入院中の2月
 (28日付け)⇒ 
http://this.kiji.is/131248600065312248

Posted by 大沼安史 at 04:56 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-07-21

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕 ◇ ASKAさんが帰ってきた! 「この半年間のできごとについて」/ 「僕が正常であると確信したある弁護士らによって救出して頂いたのです」★ さあ、元気出していこう! ASKAさん、ガンバレ! みんなで、Say,YES!

Screenshot1739

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ◇ 現在ネット上に盗聴盗撮の痕跡はありません。しかし、僕はその多くをCD-Rに記録してありましたので、集団の証拠隠滅は無駄な努力となりました。

 ◇ 九州の医師には、証拠を見せました。

 「・・。 こんなことが起こってたんですね。驚きしかありません。」

 「これが、今の世の中の実態です。僕のように盗聴を訴えて、病気にされている人たちが、全国にはたくさん居ると思います。」

 ◇ 6月15日。退院後、盗聴盗撮集団の行った遠隔操作によって、僕の所有しているパソコン、スマホの全てのパスワードは書き換えられてしまってました。取り戻すのには大変な時間を費やしました。1月に書いたブログも、全部削除されてしまってました。昨今、多くの芸能人の多くが、このような被害に遭われていることはご存じのことでしょう。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ASAKAさん「この半年間のできごとについて」(18日付け)⇒ http://aska-burnishstone.hatenablog.com/entry/2016/07/18/031050

          *

 ◎ 同 「けれど空は、空は青」⇒ http://ameblo.jp/used-be-a-realcast/entry-12180800382.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----used-be-a-realcast_12180800382

Posted by 大沼安史 at 06:46 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-07-19

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 中性子線・電磁波照射被害を測定結果をもとに訴えている山口県在住の高専元教授のA先生(工学者)が、毒物攻撃被害も訴え! 大学病院の医師が「神経興奮剤」混入ではないかと診断! 寝室の空気から「検知管式測定具」が「硫化水素」を検出! ★ A先生に対する「中性子線」照射の事実が専用測定機で確認されたことに慌てた犯行グループが、「口封じ」に動いているのではないか!

 ★ 写真は、寝室内での「硫化水素」確認画像と、説明文。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 

Screenshot1730

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

          *

 〔★は大沼〕 ◎ A先生のブログでの訴え ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/09a2311e21f141f0ca528b4222c6fbde

          *
 ◎ 関連・★ 「毒ガス攻撃」について、「実行犯」だった(?)人が、連続ツイートで手口などを明らかに!/ 「清志郎さんも暗殺され残念」 癌化も可能? / ファイバー噴霧 ユーチューブ画像も
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/07/post-ede2.html

          *

 ★ A先生に対しては、「癌」進行を抑える錠剤を何者かがすり替える事件も発生している。(写真は左が偽物。周縁部が研磨されていない粗悪な形状だが、一見して右の正規品と見間違ってしまう!)

Screenshot1731

          *

 ★ 毒物攻撃については、「実行犯」だった方が、ツイッターで生々しい証言を行っている。⇒ https://twitter.com/moet_channel31?ref_src=twsrc%5Etfw

 A先生に対しても、ファイーバーを使った毒物噴霧攻撃が行われているのかもしれない。

          *

Posted by 大沼安史 at 12:08 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-07-18

〔ハイテク犯罪を許さない 参考ツイート〕 ★ 「毒ガス攻撃」について、「実行犯」だった(?)人が、連続ツイートで手口などを明らかに!/ 「清志郎さんも暗殺され残念」 癌化も可能? / ファイバー噴霧 ユーチューブ画像も

 ◎ ツイッター ⇒ https://twitter.com/moet_channel31?ref_src=twsrc%5Etfw

 ◎ 参考・関連ブログ 「権力と秘密組織による集団ストーキングトハラスメント ⇒ http://stokerintheneighbors.blog.fc2.com/blog-entry-435.html

          *

 ◎ 世界初!!集団ストーカーの毒ガス噴霧攻撃方法 1  一軒家の我が家の床下に設置した防犯カメラに映った、ファイバースコープを使った毒ガス噴霧の映像です。左上の黒い隙間に現れる白く光る点が先端部です。毎回の入浴時に毒ガスを噴霧する為に風呂場の床下に現れます。
 ⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=NN0Gro5ZM58 

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1706

          *

Screenshot1707

          *

Screenshot1708

          *

Screenshot1709

 

          *

Screenshot1710

          *

Screenshot1711

          *

Screenshot1712

          *

Screenshot1713

          *

Screenshot1714

          *

Screenshot1715

          *

Screenshot1717

          *

Screenshot1718

          *

Screenshot1719

          *

Screenshot1720

Posted by 大沼安史 at 06:08 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-07-14

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 米国サンフランシンコ、ベイエリア東部、リッチモンド市の市議会が、宇宙空間からの連邦政府パテントの技術を使い、地上の人間を心理的・身体的に攻撃する宇宙配備兵器の禁止を決議! ★ 旭川の水上英次さんが訴える国民監視衛星(レーダー予備機)を悪用した電磁波拷問の存在を裏付けるような決議が、米国で出ている!

Screenshot1682_2

Screenshot1684_2

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 2015年5月の決議だ。

 同じ湾岸エリアでは2012年に、バークリー市議会が同じような禁止決議をしている。

  In 2002, the City of Berkeley passed a similar resolution supporting the ban.

          *

 ★ リッチモンド在住の女性被害者の訴えを、取り上げた。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ リッチモンド・スタンダード紙、Richmond council passes resolution supporting ban on space-based weapons
 (2015年5月20日付)⇒ 
http://richmondstandard.com/2015/05/richmond-council-passes-resolution-supporting-ban-on-space-based-weapons-2/

 ・ The Richmond City Council passed a resolution Tuesday supporting a ban on space-based weapons after a lengthy discussion over whether individuals are being psychologically and physically harmed by exotic government-patented attacks from high in the sky.

 ◎ 関連 水上さんHP 国民征服と国民管理   電磁波による拷問と性犯罪 ⇒ http://denjiha.main.jp/higai/

Posted by 大沼安史 at 08:33 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-07-12

〔夕陽村舎日記〕 ◇ 甲賀の里では、ラジオが聴ける!

 うれしい!

 甲賀の里ではラジオが、ちゃんと入るのだ。

 岡山から引っ越した山形市のマンションでは、最初、ちゃんと入っていたが、はじめFMが、そのあとAMまで聴こえなくなった。

 3台とも聴こえない。完全に!

          *

 山形市のマンションは県庁・県警本部のそばで、近くにFM局があった。

 ちゃんと聴こえるはずなのに、聴こえなくなってしまった。

          *

 その後、例によって電磁波照射攻撃(中性子線も?)がさらに激化し、山形脱出を余儀なくされ、この甲賀の里に引っ越して来たわけだが、転居を決断したころ、マンションの隣の部屋を購入し、移ってきた独身の男性、A君と仲良くなった。

 その部屋に遊びに行って驚き、転居の決断が正解であることに確信を持った。

 お隣、壁ひとつ隔てたA君の部屋では、ラジオが実にクリアに流れていたのだ。

 自分の部屋に戻ってたしかめると、やはり、ザァーザァーだった。

          *

 山形では、パソコンでもおもしろい現象があった。

 画面で白いラインが円を描き、循環しながらノイズを出すのだ!

 (これは、ナニかの「証拠」になるものかも!)

          *

 わたしたちはピーター・バラカンさんのファンで、山形にいたとき、ラジオで聴けなくなったものだから、バラカンさんの「山形ナマDJ」を聴きにいって、ウップンを晴らした。

 でも甲賀の里では大丈夫。

 ちゃんと聴ける。

          *

 電磁波照射は、こういう、ささやかな楽しみを破壊する。

 ターゲットの生活を破壊して喜ぶ人たちは、福島にいる、わたしの教え子の表現をかりれば――「あいつら、地獄行き、決定!」である。

 君たち、こんなことばかりしていると、ほんとうに「地獄に落ちる」よ!

Posted by 大沼安史 at 11:00 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-07-05

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 人工衛星を使った電磁波拷問の被害者で、レジスタンス運動の先頭に立っている米国テキサス州の医師、ジョン・ホールさんが、全米ラジオで告発! 全米で数千人が被害に。脳内音声送信など、照射実験は電磁波による「全国民管理」が最終目標の可能性。★ 日本では、どうなのか?

 ★ 写真はラジオ番組HPと、ジョン・ホールさんの体験を映画化した『ターゲットにされて(Targeted)』の予告編(トレーラー)画面。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1615

Screenshot1614

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ◎ 「コースト・ツー・コースト」ラジオ 
 (2015年2月9日付)⇒ 
http://www.coasttocoastam.com/show/2015/02/09

          *

 ★ ジョン・ホールさんは同ラジオのインタビュー番組に2010年2月8日にも出演

 電磁波拷問の被害者の約70%が女性で、性的な拷問の被害にあっている人もいるという。

 どうやら、特定の周波数で女性器を遠隔で「刺激」することもできるようだ。

 前述の旭川市の水上さんによると、日本でも大阪の女性が被害に遭ったりしているという。

 この女性はガスライティングという忍び込み被害にも遭っており、寝具を何者か「汚された」こともあるそうだ。

 

Posted by 大沼安史 at 03:51 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 北海道・旭川の元タウン誌編集長、水上英次さんが、警察内部関係者の証言などをもとに、人工衛星による電磁波拷問を追及し、その調査結果の概要を『国民征服』と題してネット公開! ――「この国一番の恐ろしい国家犯罪」の可能性 「情報収集衛星(偵察監視衛星)利用の国民征服、征圧の思惑」 ★ この国もまた、ここまで「電磁波管理社会化」が進んでいる、というわけか!  

 ★ 写真は、水上さん夫妻が、「報復」とみられるビーム照射で眼球を攻撃された際の証拠写真。

 〔★は大沼〕◎   電磁波による拷問と性犯罪 
  ⇒ 
http://denjiha.main.jp/higai/

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1616

Screenshot1617

Posted by 大沼安史 at 03:46 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-06-17

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 「ブレイン・マシン・インターフェース(Brain Machine Interface 脳の活動を電磁気的に検出し、あるいは制御をすることのできる装置)」 ――これが……「現実に悪用されていて、一般の民間人を監視したり、思考を盗聴したり、行動を制御したり、殺傷をする目的で実戦投入されています」と、被害者がブログで警告!

☆ 写真はネット公開のちなみ検索写真で、紹介ブログとは関係ありません。

Screenshot1472

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ◎ ブログ 「BMIを使用した日本の闇の支配者達について」
 (2014年5月7日付け)⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/roba_mako/folder/1558432.html

          *

 ★ このブログでは、日本の大手電機メーカーの元社員という方の、「内部告発文書」(とされるもの)が抜粋で紹介されている。

 それによると、「1999年6月現在」の同メーカーの「電波応用技術」で、以下のようなことが可能となっている、そうだ。

 「抜粋」の一部を紹介すると。

           *

 ・ 音・声、思考・記憶を電波的に拾って解析すること。

 ・ 会話をすること(オペレータと被験者において、被験者にとっては、テレパシーのように感じる。……声でなく、思考が解析される。また、相手の声も聞か される。結果として会話が成立する……)

 ・ 電波的に刺激を与え、人間の機能、生理現象を活性化および不活性化すること(痛みの誘発・抑制、痒みの誘発・抑制、尿意・便意の誘発・抑制、心肺機能停止、呼吸停止等)

          *

 ★ このブロッガー氏は、BMI(一般に言われている「テクノロジー犯罪」)の被害に遭っている方で、(気丈にも!)身体異変を「BMIによる精神・肉体現象」として、おまとめになっている。
 ⇒ 
http://blogs.yahoo.co.jp/roba_mako/63165164.html 

          *

 ★ BMI……覚えておこう!

 おそろしいテクノロジーが、反原発つぶしなどのストーカー行為などにも悪用されているようだ!

 電磁波拷問、自殺誘導その他……。

 1日も早い、刑事訴追がのぞまれる。

Posted by 大沼安史 at 05:48 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔進歩するテクノロジー〕◇ 「遠隔でマイクロ波を照射すると個人生体情報が取れる! 」 電通大発のベンチャー ワイヤレスコミュニケーション研究所が開発 / 高齢者をマイクロ波で遠隔(寝室の天井等)から照射して呼吸や心拍数、寝返りなどの動きを計測する高齢者見守りシステム 8月に販売開始 !

 〔★は大沼〕 ◎ ブログ「Back in the race ~我が道を突き進め!
 (14日付け)⇒ http://ameblo.jp/ryou2009/

          ………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1471

Posted by 大沼安史 at 05:10 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-06-12

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 「三菱、超音波を利用した超指向性音響システムを商品化 - ビーム状の音場を発生し、狙った人だけが聞こえるスピーカー」 ★ 2003年のハイテク業界ニュース!……なんと13年も前に実用化されている! 超音波を使って「耳元でささやく」ことができる!集団ストーキングなどでの「悪用」は許されない!いまや、 マイクロ波を利用した脳内への「話し言葉の送信」も! こうなるとテロだ!

Screenshot1416

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 商品名は「ここだけ」というのだそうだ。

 「横断歩道に設置して視覚障害者用のアナウンスを流すといった使い方もできる」そうだ。

 善用すれば問題なさそうだが、集団ストーカーなどが悪用すると、たいへんなことになる。

          *

 ★ わたしは、2013年以降の「彼ら」の攻撃のなかに、このような超音波を利用したシステムが含まれていたのではないか、と思っている。

 最初は、やけにクリアに、若い女性の声で「助けて下さい」と訴える声が「耳元」で聴こえるのだ。上の階の部屋の方から!

 そして、そのうちに男の声が加わり、「はやく警察に電話しろ」と、110番通報を迫るのだ。(通報していたら、入院させられていたかもしれない……)

 ひっかからず、通報せずにいたら、次の段階で「気持ち悪いフェ◎◎オ」がどうの、「伝言」がどうの、といった脳内音声通信が始まった。

 (この「フェ◎◎オ」というのは、もしかしたら、「ヘルツ」の隠語かも知れない……?)

 耳元でのささやきではなく、脳内に響く、音だった。

 マイクロ波によるものらしい、と、あとで分かった。

          *

 ★ 超音波・電磁波を使っているとみられるストーカー被害があとを絶たない。

 被害者のひとりとして、言いたい。

 幽霊の正体見たり、枯れ尾花!

 そういうものだと知れば、大丈夫、切り抜けることができます!

 世の中には、どうやら「彼ら」と結託した精神科医もいるようなので、「変な声が聴こえる」からと言って、慌てて対応しないほうがよいようです!

 統合失調症を診断されると、警察が対応してくれないことが多いようです。

 先日も西日本で、女性被害者の部屋に何者かが忍び込み、寝具にへんなものを放出される、いやがらせがありました。

 警察に訴えても、とりあってくれなかったそうです。

          * 

 〔★は大沼〕 ◎ AVウォッチ 三菱、超音波を利用した超指向性音響システムを商品化 -ビーム状の音場を発生し、狙った人だけが聞こえるスピーカー 

 (2003年5月15日) ⇒ http://av.watch.impress.co.jp/docs/20030515/mee.htm

Posted by 大沼安史 at 10:55 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-05-30

〔ハイテク犯罪を暴こう!〕◇ 6月4日 東京・氷川区民会館でマイクロ波研究会 講師 patentcomさん(東大工、イリノイ大学で博士号)が、「電子戦:マイクロ波の攻撃と防御」をテーマに、講演・解説! / 「マイクロ波聴覚効果を応用した通信の被害者から防御に関する質問を毎回、受けるので、今回はマイクロ波を巡る攻撃と防御という観点で講演します」

 ◎ ブログ「自衛隊の犯罪を斬る」 ⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/folder/490788.html

Posted by 大沼安史 at 02:11 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-05-18

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 山口県周南市在住の工学者、A先生(高専名誉教授)が、通院先の総合病院内――しかも、ICU付近の廊下の床面と壁で、「中性子線の存在を示すとみられるピンクの発光現象」を小型ビデオカメラで確認! ◎ 別の病院では、異常に気付いた(らしい)院長らが院内を巡視、そのためか中性子照射レベルが低減! ★ 病院まで侵入し、照射攻撃をしていく、この執拗さは何なのだろう?

Screenshot1230

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 肉眼では見えない、中性子線によるものとみられる「ピンクの発光現象」を、A先生が携行していた小型ビデオカメラは、しっかり、とらえていた!

 これは中性子線のシンチレーターによる発光検出と同じ原理によるものかもしれない。

 集スト被害に遭っている人は、中性子線検出器のほか、ビデオカメラでも照射被害を「視覚証拠化」できそうなので、自己防衛策のなかに採り入れたらいい。

 それにしても……。

 A先生を執拗に攻撃し続けるストカー組織は、なんと病院にまで入り込んで、照射を続けている!

 患者のことなど、何も考えない(あるいは、自分たちのしていることがどれだけ危険なことか知らされていない)連中が、病院のなかで中性子線を発射している。

 米国ミシガン州の高校生が手作りして話題になった「中性子線銃(ニュートロン・ガン)」が日本国内でも闇組織によって生産され、組織内に大量に出回り、(それが何であるのか知らされず)集団ストーキング行為に使われているのではないか?(⇒ こちら )

 しかし、その一方で、異常さに気づいた医師たちも……遂に、とうとう、現れたようだ。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ A先生のブログ ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/1c7acc6d8e1d0814fb86cecda0ad606c

          *

 ★ ところで、A先生と同じく、中性子線専用測定機で中性子線被曝被害を確認し、訴え続けている、元岡山大学の物理学者の中西孝充さん(超伝導研究者)が4月28日付けのツイッターを最後に、被害状況の発信を中断している。
 ⇒ https://twitter.com/tthdt960?lang=ja

 心配だ。                  

Screenshot1229_2

Posted by 大沼安史 at 09:25 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-05-05

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 自宅で、中性子線だけでなく、X線も専用測定機で検出 / 「中性子線で手に傷」(写真) ―― ◎ 元岡山大学の物理学者、超電導の研究家、中西考充さん(岡山県真庭市在住)が、ツイッターで、中性子被曝被害を同時進行レポート!

 

Screenshot1155 

Screenshot1156

★ 山口県周南市の元高専教官(工学者)のA先生も、中性子線被曝被害を、専用測定器で測定し、訴えている。

 しかし、それにしても、どうして理系の研究者が被曝被害に遭わなければならないのだろう?

          *

 ★ A先生も中西先生も、測定機の測定画面をネットで公開するなど、被曝被害を訴えたので、執拗な照射攻撃に見舞われているのだろうか?

Ce0fr1_uaaawmaj

Ce0e86xukaa1unt_2

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

  ◎ 中西先生のツイッター ⇒ https://twitter.com/tthdt960?lang=ja

Posted by 大沼安史 at 03:07 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-05-04

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 「低エネルギーガンマ線と中性子線と何か冷たい物で」で激しく狙われている / 「中性子線で足首・足の甲・足裏・アキレス腱・ふくらはぎ等を非常に激しく狙われ 、多量の細胞を壊され、腫れ上がった両足」 ―― ◎ 元岡山大学の物理学者、超電導の研究家、中西考充さん(岡山県真庭市在住)が、ツイッターで、中性子被曝被害を同時進行レポート!

Screenshot1149

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ◎ 中西先生のツイッター ⇒ https://twitter.com/tthdt960?lang=ja

 

          *

 ★ 中西先生はガスライティング(忍び込み工作)にも遭っている。

 わたしたちの場合と同じだ。

  山口県周南市の元高専教官のA先生(工学者)の場合と同じだ。

           *

 ★ 河原で食べているところを狙われたりもしている。車が来て、照射してゆく。これまた、わたしたちの場合と、A先生の場合と、同じだ。

          *

 ★ 中西先生はブログに、一般の会社に就職できないような、かわいそうな人たちが使われていると書いてらしたが、これもわたしたちの経験と同じだ。

          *

 ★ 中西先生が前住所のマンションにいらしたころの室内被曝(ガンマ線)状況を実写したユーチューブ・ビデオを見た。⇒ https://www.youtube.com/watch?v=oqRVCQzGbVk

 測定機の警告音が鳴りっぱなし。

 わたしたちが経験したのと同じだ。

Screenshot1150

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

          *

 ★ 中西先生は、こう訴えている。

 「1987年から高温超伝導の研究をしています。1994年、1995年に日本物理学会­の大会で一人で発表しました。すると、1995年12月下旬から、暴力団や裏組織に非­常に強い放射線で狙われる様になりました。毎日、私に多量の放射線を浴びせて、私を病­死に見せ掛けて殺し、私の研究を盗もうとしています」

 あの、小保方晴子さんの問題と、どこか似ているような気がする。

Posted by 大沼安史 at 02:43 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-05-02

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 福岡県の女性がジョギング中、ウエアを通してお尻に火傷照射被害 怒りをこめて証拠「写真」を公開!

Screenshot1123

………………………………………………………………………………………………………………………………
 ★ NPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」のサイトが公開している、千葉県の被害者の「足首」に受けた傷と、似ている。(⇒ こちら )

Screenshot1124_2

………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 元岡山大学の物理学者の中西先生(岡山県真庭市在住)によると、「ガンマ線源や中性子線源は米粒ほどの量があればよく、鉛やプラスチック、パラフィンの容器に入れて容易に携帯出来ます」と指摘、放射線照射攻撃だとして警鐘を鳴らしている。 ( ⇒ こちら )

………………………………………………………………………………………………………………………………
 
 

 〔★は大沼〕  ◎ (2012年1月27日付け)
 ⇒ http://ameblo.jp/ansn1030/entry-11147613571.html?frm_src=thumb_module

Posted by 大沼安史 at 10:50 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-04-30

〔ハイテク犯罪を許さない〕 ◇ 「家の角の電柱の2つの同じ白いヒューズの様な部分に更に金属の四角いモノが知らない間に取り付けられている。それが2ヶ所ばかし、うちに向けられていて凄まじく光る」

 ◎ ツイッター報告 ⇒ https://twitter.com/pookoomoo555/status/726249576475189249

Screenshot1113

Posted by 大沼安史 at 06:26 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-04-29

〔ハイテク犯罪を許さない〕◆ 電磁波でリベンジ 「復讐代行」業、現る! 「あなたはハイテク知識で復讐ができます・・ マインド・コントロール(思考盗聴等) 憎む相手を自由にコントロール・殺害も可能」

Screenshot1096

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 私事(わたくしごと)ですが、仙台の警察署を訪ね、電磁波測定機の測定データをもとに「助けてください」と訴えたところ、取り締まる法律がない、といって相手にされなかったことがあります(複数回)。

 わたしが「電磁波リベンジ(?)」に遭い始めたのは―― 仙台で被曝し、緑風出版 から 以下の「世界が見た福島原発災害」シリーズを3冊まで出版したあとのことです。

1108n

1117n

1203n

 (これらの出版物

はわたしのライフラインの「食い扶持」(印税)です。ここで宣伝させていただきます 

苦笑 )Screenshot1097

 電磁波攻撃は4冊目にとりかかろうとした段階で、始まり、以来、仙台の実家を放棄し、流浪生活を余儀なくされています。

 (4冊目は脱出先の岡山の山中で書き上げました。攻撃を受けながら! 現在はやや土地勘のある山形に逃げています)

 

1503n 電磁波攻撃とあわせ、放射線の照射も受け続けて来ました。

 わたし(たち)が「反原発」を訴えていることへのリベンジなのでしょうか?

          *

 しかし、こういう電磁波照射による復讐代行業が、アベノミクス下にあるこの国で、ビジネスとして成り立っているとは……!

 それにしても、デモとかになると、ちょっとしたことでも公務執行妨害をかける警察が、なぜ、こういうものを取り締まらないか??

 ある被害者は「警察も同じようなことしているからね」と軽く言ってました。

 ほんとうだとしたら大問題ですね。

          *

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 「闇の商人 復讐代行」サイト ⇒ http://black.ap.teacup.com/yamisiougn01/6.html

          *

 ★ (ほかにも、たとえば) 「電磁波攻撃」サイト (統合失調症と同じ症状を作り出し、効果はすぐに現れます。騒音を撒き散らす人の対策です / 脳が識別しうる電磁パルスの送信  脳が識別しうる電磁パルスを送信する事により、音声信号とは異なる電磁パルスを脳が言語同様に認識する。)⇒ http://black.ap.teacup.com/4937cinigami/1.html
  

Posted by 大沼安史 at 09:42 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-04-22

〔電磁波照射などハイテク犯罪を許さない〕◇ あの「稲葉事件」の元・北海道警・警部の稲葉圭昭(よしあき)さんが、ITプロの相棒とともに、札幌で「探偵事務所」を設立し、活動中。  ◎ 旭川「たんぽぽの会」の水上英次さんが、「集団ストーカー」退治もしてくれる、と推薦! ★ 頼もしい男が帰って来た。そして、きっちり仕事をしているそうだ。稲葉さん、「集スト」被害者も助けてあげてください!

 

Screenshot1006

Screenshot1005

〔★は大沼〕 ◎ 「いなば探偵事務所」 

 ⇒ http://inaba-tantei.com/%E5%BD%93%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

          *

 ◎ 水上英次さん「たんぽぽの会」(080-6086-8014)
    ⇒ http://denjiha.main.jp/higai/

          *

 ★ 稲葉さんは「道警裏金事件」発覚のきっかけをつくった、(元)凄腕刑事―― 裏も表も知り尽くした人だ。街の探偵になったいまも、超凄腕であることに、変わりはない。

 こういう稲葉さんの手にかかれば(たぶん、ものすごい情報網を持っているはずだから)、「集スト」の実行組織を割りだすことなど、朝飯前なのかも知れない。

 稲葉さんをモデルにした東映映画、 『日本で一番悪い奴ら』 も、間もなく上映される。

Screenshot1007

Posted by 大沼安史 at 10:05 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-04-18

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 米国のジャーナリスト、ジョン・フレミングさんのレポート 「衛星サーベイランスの衝撃的な脅威」が邦訳されていた! / ≪ それは実在している。それは現在のリアリティーであり、未来のディストピアからやって来たキメラではない!私の描写している衛星監視技術を信じない人々に対して私は「時間は全ての物事を露わにする(tempus omnia revelat)」というローマのことわざを援用したい。 ≫ 

 ◆ 高空から衛星の「ニューロフォン」で地上のターゲットを電子拷問!

Screenshot943

Screenshot944

 ★ 北海道・旭川の元タウン誌代表の水上英次さんのいう「日本政府の「国民監視衛星」を悪用した電磁波マインドコントロール・拷問・集団強姦」を裏付けるようなレポートだ。

 訳者に対して敬意を表する。

 自分も同じような照射被害に遭っていながら…………よくぞ訳して下さった、

 多謝!

          *

 ★ フレミングさんは、 「ニューロフォン Neurophone」 について、こう書いている。

          *

 ◇ 人工衛星のテクノロジーの一部には悪名高いニューロフォン(“Neurophone” )が使用されている。……ニューロフォン――より正確に言えばニューロフォンのような装置――は衛星上で使用するために応用されている。それは潜在意識下に音声を送信することによって行動を変化させる。

 それは通常とは異なる一つの原理に従って機能する。

 ニューロフォンは音声を電気的なインパルスに変換した後に、ラジオ波を皮膚に送る。インパルスは耳と頭蓋聴覚神経を迂回して皮膚から脳に伝わり、脳に実際に音声を聞いているかのような神経学的なパターンを認識させる。

 この装置に刺激された人は異なるルートから来る音声を聞く。ニューロフォンは難聴者に再び音を聞かせることができる。

 その発明者が改良されたニューロフォンの特許申請をした時に国家安全保障局はその装置の特許を認可させまいと努めた。

          *

 ★ フレミングさんによれば、「人工衛星はここで記述されているように誰かをハラスするのに役立つ。ビジネス上のライバルまたは政治的なライバル、以前の配偶者、反体制派、競争相手もしくは理由は何であれ憎悪と軽蔑を引き起こす誰かがその犠牲者になり得る」という。

 それでは、ターゲット(犠牲者)に対して「衛星」はどうやって「ニューロフォン」の狙いをつけているのか?

 科学誌『サイエンス』の記事によると、小型のコンピューターが、(跳ね返ってくる)コンピュータ化された、署名とも呼ばれるイメージ・シグナルでもってターゲットかどうか識別する、のだそうだ。
 As an article in Science explained, “tiny computers...check the incoming signals with computerized images, or ‘signatures,’ of what the target should like.

 犠牲者の「署名」が〔マイクロ波のパルスの反射でもって)〕掴まれてしまうと、「衛星」の監視の目からはほとんど逃れようもない、という。
 Once the target is a “signature,” he can almost never escape a satellite’s probing eyes.

          *

 ★ いくら軍事・諜報のためとはいえ、これは行き過ぎもいいところ。

 悪魔のテクノロジーとしかいいようがないほど、悪質なものだ。

 フレミングさんは米国のシステムの脅威を報じているのだが、日本でも同じ、あるいは同じようなテクノロジーによるとみられる被害報告が後を絶たない。

 日本政府は、日本の国会は、米国のオバマ政権が大統領諮問員会で対策に乗り出したように、公聴会、あるいは調査委員会を設け、被害の実態の解明に乗り出してほしい。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 頭の中に声が聞こえる人工テレパシー テクノロジー犯罪被害報告 「衛星サーベイランスの衝撃的な脅威」
 (2013年8月10日付け)⇒ http://ameblo.jp/244tuyo3/entry-11589734775.html

          *

 ◎ レポートの原文(全文) ジョン・フレミング( John Fleming)さん  「衛星サーベイランスの衝撃的な脅威(The Shocking Menance of Satellite Surveillance )」 初出:英文「プラウダ」 2001年7月14日付け ⇒ http://educate-yourself.org/cn/flemingshockingmenacesatellitesurveillance14jul01.shtml

 ・ Remote reading of someone’s mind through satellite technology is quite bizarre, yet it is being done; it is a reality at present, not a chimera from a futuristic dystopia! To those who might disbelieve my description of satellite surveillance, I’d simply cite a tried-and-true Roman proverb: Time reveals all things (tempus omnia revelat).

・ Also part of satellite technology is the notorious, patented “Neurophone,” the ability of which to manipulate behavior defies description. In Brave New World, Huxley anticipated the Neurophone. In that novel, people hold onto a metal knob to get “feely effects” in a simulated orgy where “the facial errogenous zones of the six thousand spectators in the Alhambra tingled with almost intolerable galvanic pleasure.” Though not yet applied to sex, the Neurophone--or more precisely, a Neurophone-like-instrument--has been adapted for use by satellites and can alter behavior in the manner of subliminal audio “broadcasting,” but works on a different principle. After converting sound into electrical impulses, the Neurophone transmits radio waves into the skin, where they proceed to the brain, bypassing the ears and the usual cranial auditory nerve and causing the brain to recognize a neurological pattern as though it were an audible communication, though often on a subconscious level. A person stimulated with this device “hears” by a very different route. The Nuerophone can cause the deaf to “hear” again. Ominously, when its inventor applied for a second patent on an improved Neurophone, the National Security Agency (NSA) tried unsuccessfully to appropriate the device.

Posted by 大沼安史 at 04:24 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-04-16

〔車を使ったストーキングで中性子線を照射〕◇ 「例えば徳山東IC前の交差点でTERRA-P(ガンマ線、X線測定器)が0.13μSv/hという短時間で心筋虚血をもたらすレベルの被曝を示します。後ろを見ると赤い車がいます……」 ―― 山口県周南市の工学者、A先生(元・高専教官)が照射車両、および測定画面の写真(静止画像)で、中性子線ストーキング照射の実態を明らかに! 「車の前と後ろに向けて強く照射。ビーム状の発生装置の可能性」 【重要ニュース】

Screenshot894  ★ このA先生の照射被害は、わたし(大沼)たちもまた、何度も経験していることである。

 「ニュートロン・ガン」を車に搭載し、ターゲットを追いかけまわし、照射を繰り返している者たちが、全国各地で活動しているようだ。

 よほどの組織力、資金力である。

 照射を実行している人は、おそらく中性子線を照射していることを、知らされていないのではないか?

          *

 車を使っての集団ストーキングでは、歩行中のターゲットに、微細な異物を撃ちこんでくる攻撃もある。

 なぜ、そう言えるかというと、撃ちこまれた異物を複数、皮膚下から取り出し、証拠として保全することに成功しているからだ。(これについては、いずれ報告します)

          *

 ★ 集団ストーキングでは、運転者が同じパターンの動作(たとえば、たばこをふかす振りをする)をおおげさに繰り返して「見せる」アンカリングなど、米国で開発された心理作戦手法も使われている。

 どこかの国の諜報機関のノウハウを、ハードウエア(ニュートロン・ガン、あるいはレーザー光線)とともに一式、導入し、組織的に使っている団体があるような気がする。

          *

 ◎ 危険!中性子線が高速道路で車への攻撃に使われていることの実証
 (15日付け) ⇒ 
http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/78dbb955ce332b5209e36835c574dfdd

 

 

 

 

 

 ◇ 私は週に最低1回、時には2回程度、徳山東ICから山口南ICまでの高速道路を通って、病院や介助に行きます。この行程の最初から最後までどこで中性子線照射を受けるか分からない状態です

  このことを動画で紹介するとわかりやすいですが、加害側は動画投稿を徹底的に妨害してきます。パソコンにはスパイウェアが侵入しているようで、動画を処理操作すると、動画に停止信号が入るのか、映像が途切れ途切れになりますし、処理がうまくいってもYouTubeに投稿すると、肝心な部分の動画削除がなされます。(このような妨害をなしうるのはどういう組織かお分かりのことと思います)

 そこで静止画で説明することにします。

          *

 ◇ 朝自宅を出て徳山東ICに向かうと、ICまでの間で車の後ろあるいは前の車から中性子線照射を浴びます。例えば徳山東IC前の交差点でTERRA-P(ガンマ線、X線測定器)が0.13μSv/hという短時間で心筋虚血をもたらすレベルの被曝を示します。後ろを見ると赤い車がいます。

Screenshot897

          *

 ◇ 我が家の車が料金所に向かうとそのまま追走して、料金所に入り、合流道路でも中性子線の照射を浴びせてきて、0.13の数字を示します。そして下り線に合流する時点では追走しておらず、中性子線の値が0.11に低下しています。

Screenshot898

          *

 ◇ このことから、この赤い車は、少なくとも徳山東IC前の交差点から、合流路の分岐点までの間追走して中性子線を照射し、その後登り方面に走り去ったとみなされます。

          *

 ◇ 本線に合流してからは、車が後ろから追走しつつ、照射を加え、しばらくすると、追い抜いて行くことが繰り返されます。
例えば後ろから追い越し車線を走行しながら、中性子線の照射がなされていることがTERRA-P0.11μSv/hの値で示されます。
 そしてしばらく追走照射の後に、追い抜いて行くと、TERRA-Pの値が0.10に下がることで追い越し車が照射源から中性子線を照射していたことが分かりますし、車の前進方向に強く照射していたということも分かります。

Screenshot899

          *

 ◇ なお多くの場合、ガンマ線の低下は、照射車と並走してる間だけであり、追い越し車が我が家の車の前に十分な距離をとったり、走行車線に入ってくるとガンマ線の値が元の値に戻ることが多く、照射が車の前と後ろに向けて強く照射されることが分かります。
このことは中性子線の照射装置がビーム状の発生装置である可能性も示しています。

 続きは、A先生の警告ブログで) ◎ 危険!中性子線が高速道路で車への攻撃に使われていることの実証
 (15日付け) ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/78dbb955ce332b5209e36835c574dfdd

Posted by 大沼安史 at 08:31 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-04-15

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 東京都内の都営住宅の独り暮らしの女性(60代後半)から訴え 旭川「たんぽぽの会」などが訴えに応え、救援に乗り出し、女性を激励! ―― 某宗教団体の新聞購入依頼を断わる。その後、隣、真下から電磁波照射 「床が熱くなって、やけどするほど」 3日間、自宅を脱出して避難

 ★ 独り暮らしの女性によると、都営住宅の自宅への侵入被害にも遭っている。

 目撃者がいて、侵入者2人について確認もしている、という。(隣に住む外国人からカサなどで暴行を受け、警察へ訴えたが、取り上げてもらえず)

 ★ 女性によると、この都営住宅ではほかにも同じような被害者がいて、自宅への忍び込み被害も起きているそうだ。

 ★ この件に関して「たんぽぽの会」の水上さんのもとに、本日午前11時すぎ、「たんぽぽの会」に、「所轄の警察署」(の人間)から電話があった。

 水上さんが署の何課に属する何者か、名を名乗りさないと求め、電話を理由を聞くと、「落し物をされたのではないか、ということで電話した」という要領を得ない説明だったそうだ。
 (水上さんは、東京に行く・行かないは、これからだというのに、落し物するわけがないですか、と苦笑していた……)

 その署員もまた、某宗教団体に関係しているのだろうか?

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 旭川「たんぽぽの会」(水上英次さん 電話 080-6086-8014)

Posted by 大沼安史 at 10:37 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-04-12

〔東海アマさんがツイッターで警告〕◇ みなさん「電磁波攻撃」というと「アタマがおかしい」と思ってる人が多いだろう だが実際には嫌がらせ目的で多種類が販売され売れまくっている

 ◎ アマさんのツイッター警告 ⇒ https://twitter.com/tokaiama/status/719634081168826368

          *

 ◎ 同ツイッターでは以下のような販売サイトが紹介されている。
    ⇒ http://yaplog.jp/gmuracomf/archive/2

Screenshot831_3 宣伝文にこうある。

          *

「隣近所の騒音、嫌がらせに遭い、話し合いをしても通じ相手は殆どいません。さらに嫌がらせがひどくなる例が多いです。そんな連中に電磁波を浴びせて出て行ってもらうか、静かにさせるしか方法はありません。それにはぴったりの照射機です」

          *

           *

 携帯電話程度の小型な機器を内蔵することによっていくらでも電波をターゲットにぶち当てることが可能です。

 それは「とても小型」であり…この中に電波を飛ばす装置が内蔵されています!

 隣のターゲットを家庭でも攻撃できます。

  人の動きを感知する「センサー」によって電磁波を撃つことが可能な装置です。

Posted by 大沼安史 at 10:03 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-04-10

〔電磁波・放射線照射など、ハイテク犯罪を許さない〕◆ 「ボイスレコーダーで怪声や怪音が記録できる」! ―― ≪ 音声解析までの手順:「インストールマニュアル」他 ≫を公開

Screenshot805

 ★ このブログ記事は――そして、このブログの記事は、電磁波照射被害に遭われている方が書かれたものだが、実によく調べ上げ、実にていねいに(明確に)お書きになっている。

 このブログは必読ブログである。

 わたしは山口県周南市で中性子線と電磁波照射に遭われている元高専教官の工学者、A先生から、このブログの存在を教えていただいた。

 書かれた方に、ここで敬意を表したい。

          *

 ★ わたしは、このブログ記事に書いてあるような、徹底かつ綿密な「音声解析」まではできていないが、強烈な電磁波照射に曝されたとき、耳道内部の「ものすごい無限連続ビート音」をボイスレコーダーで記録し、証拠として保全してある。

          *

 ★ 情報を交換、共有し、保全証拠を積み上げ、照射している犯罪者集団を追い詰めてゆきましょう!
 

 〔★は大沼〕 ◎ 「電磁波等による犯罪のトリック・情報・他」ブログ 
 ⇒ http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_8a25.html

Posted by 大沼安史 at 04:28 午後 4.電磁波被曝問題 |

〔ハイテク犯罪を許さない〕◆ 電磁波マインド・コントロール攻撃にさらされた娘さんを守ろうとした大阪の母親が、自分も照射攻撃に遭い、脳腫瘍で亡くなる! 「毎日、頭がしびれるほど頭部に強力な電磁波を照射」 / 北海道・旭川市で「国民監視衛星」を悪用した電磁波拷問を告発している水上英次さんが明らかに ★ 反原発を求める人などに対する、「癌誘発」による殺害攻撃の横行も疑う必要がある。

330pxraunileena_luukanenkilde
 ★ 写真は、電磁波による「マインド・コントロール」に警鐘を鳴らし続け、、「スカラ波の照射を受けたため、癌になった」と言い遺し、死去した、フィンランドの女医、ラウニ・リーナ・ルーカネン・キルデさん! (末尾の「関連記事」を参照)

 ★ わたしは連日のように水上さんと電話で話し合い、励まし合っている。

 この大阪の母親はたまたま北海道旅行で旭川を訪れた際、「電磁波疑惑」を書いた水上さんの「タウン誌」を手にとり、それまでお嬢さんが訴えていたことが事実とわかり、止めてくれるよう、その筋のお願いしたところ、お嬢さんと同じ照射被害が始まり、その状況を水上さんのところへ手紙で報告していた。

          *

 ★ わたしはわたしの友人などに腰の骨癌が猛烈な速さで進行するなど、癌、あるいは心臓疾患で急死する事例が相次いでいる。

 中性子線、あるいは「スカラ波照射」で癌になったとの訴えも相次いでいる。

 なぜか、反原発を求めたり、電磁波マインドコントロールに警鐘を鳴らす人に多い。

          *

 ★ 岡山県真庭市で「中性子線」被曝被害に遭っている元岡山大学の物理学者のN先生は「ハイテク暴力団」が暗躍していると指摘しているが、 「ハイテク暗殺団」 ともいうべき闇の組織に狙われ、癌で亡くなった人も多いのではないかと、わたし(大沼)は疑っている。

 高木仁三郎さん、忌野清志郎さん、横田えつこ岡山県議(みどりの岡山共同代表、63歳、骨髄異形成症候群)、『見捨てられた初期被曝』(岩波・科学ライブラリー)を書き遺した「study2007」さん、琉大の野原千代さん…………。

 あまりにもあまりにもなこの国は、これほどまでに無法国家なのだろうか?

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 旭川市のタウン誌・元代表も水上英次さん「電磁波による拷問と性犯罪の実態」 ⇒ http://denjiha.main.jp/higai/ 

 ◇ 2000年頃、大阪市民の20代の男女が同棲中、男性が薬物に手をだし何もしなかった女性まで徹底的に電磁波で拷問され精神病院に入院した。

 

 それを知った〔女性の〕母親(60歳)が警察に相談しマスコミに訴えようとした処、娘と同じ様な事をされ、助けて欲しいと「ライフ旭川」に毎日電話をしてきた。

 

 「電磁波で酷い拷問をされ頭が痛い恥部が痛い、警察は本当にいやらしい」と拷問日記も郵送してきたが、その女性は数年後、脳腫瘍で亡くなり、本当に警察を恨んで逝った。

 

 毎日頭がしびれる程、頭部に強力な電磁波を照射された事が原因と推測、被害女性は…………

          *

 ◎ 関連・本ブログ既報 〔ハイテク・ハラスメント、許すまじ!〕◆ 「マインド・コントロール」に警鐘を鳴らし続けていた、フィンランドの女医、ラウニ・リーナ・ルーカネン・キルデさんが、「スカラ波の照射を受けたため、癌になった」と言い遺し、死去! / 10月初め、ベルリンで開かれた「CHC国際学術会議2015」で参加者が追悼! ★ スカラ波の照射で、癌に! なんなのだ?!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/11/post-b8ec.html

Posted by 大沼安史 at 12:38 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-04-09

〔ハイテク犯罪を許さない〕◆ 米国の先端企業が「マイクロ波光線ガン(Microwave ray gun )」を開発 ターゲットの脳内に「音(騒音)」を注入 軍用、暴徒鎮圧用のふれこみ ―― 「ニューサイエイティスト」誌が(8年も前に)報道! ◇ その名もメデューサ(MEDUSA) ★ 日本で「集スト」に使われているのも同種の技術だろう! 「メデューサ」=「怪物」化した集団による悪魔の所業だ!

Screenshot802

 〔★は大沼〕 ◎ Microwave ray gun controls crowds with noise(マイクロ波光線ガン 騒音で暴徒を鎮圧)
 (2008年7月3日)⇒ https://www.newscientist.com/article/dn14250-microwave-ray-gun-controls-crowds-with-noise/

          *

 ★ MEDUSAとは開発した米企業が名づけたのもので、Mob Excess Deterrent Using Silent Audio(沈黙オーディオを使った暴徒・行き過ぎ・抑止)の略。

 マイクロ波の聴覚効果を利用、短いマイクロ波のパルスをあてて、ターゲットの人間の頭部組織を加熱、頭蓋骨内で衝撃波を引き起こす。パルスの連続照射でターゲットの人間の「耳」に「音」を‘聴かせる’仕組みだ。

 ・ The device – dubbed MEDUSA (Mob Excess Deterrent Using Silent Audio) – exploits the microwave audio effect, in which short microwave pulses rapidly heat tissue, causing a shockwave inside the skull that can be detected by the ears. A series of pulses can be transmitted to produce recognisable sounds.

 「サイエンティスト」誌の記事は、軍事、あるいは暴徒対策の治安以外にも、「用途がありうる」としている。
 The device is aimed for military or crowd-control applications, but may have other uses.

 マイクロ波パルスによる「音」は、「うるささ」と「不快さ」のコンビネーション〔 a combination of loudness and the irritation factor〕で、電子的に線的な「ビーム」に絞り込むことも、複数に同時照射することも可能だそうだ。
 It steers the beam electronically, making it possible to flip from a broad to a narrow beam, or aim at multiple targets simultaneously.

 まるで日本の集団ストーカーたちのために開発されたようなハイテク技術だ。

          *

 問題は照射された人が受ける苦しみである。

 イリノイ大学(シカゴ)の専門家は、「健康に対する他の影響」を懸念するが、「集団ストーカー」のような、「敵」を自殺に追い込むまで苛むような、狂信的としか言いようのない(あるいは信じ込まされたとしか言いようのない)実行部隊にとっては、その絶大な効果がまた、うれしくて、楽しくて、仕方ないところだろう。

 周りの人の耳には聴こえない「沈黙音」の脳内注入だがら、こっそりターゲットをさいなみ続けることができる。

 卑怯で陰湿な、拷問のような犯罪行為である。

          *

 この「サイエンティスト」誌の記事は、2008年7月に出たもので、8年も前のこと。

 今現在、どれだけ進化したものが、この日本で闇世界に出回っているかは、たとえばNPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」の 「被害事例」  をみれば、わかる。

 そうしたハイテク集ストが、いったいどんな組織が全国規模で執拗に続けているのだろう?

 その答えは……被害者たちがいくら警察などに訴えても、取り締まりがゼッタイに行われないのは、なぜか?――を考えると、あんがい、かんたんにゲットできるものかも知れない。

Posted by 大沼安史 at 10:00 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-04-07

〔電磁波・放射線などを使ったハイテク犯罪を許さない〕◇ 米大統領府(ホワイトハウス)「生命倫理問題研究・大統領委員会」公聴会 証言 その⑥ ◇ 「右足が極度に痒くなり、燃えるような痛みを感じだことがあった。見ると、皮膚が明るいピンク色に変わっており、数分後に完全に消えてしまった。写真撮影した」「左右両方の肩甲下筋に、等間隔で傷が並んでできた」―― ニューヨーク在住の女性、アーニャ・ブリッグスさんは2008年の前から始まった「見えないもの(a unseen force)」による「拷問」被害を訴えた。

 〔★は大沼〕 ◎ 2011年3月18日 ニューヨーク公聴会 議事録 
 ⇒ http://bioethics.gov/node/225

Screenshot724

12chiba1_15

 

 

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

          *

 ★ 同じような被害の訴えは日本でも出ており、NPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」のHPには、首都圏在住被害者の、上記のような被害写真がアップされている

 首都圏に被害者は「これを見て分かるとおり、へこむ傷などが直線状に出来ます。……座っていてじわーっとした熱さを感じるときがあり、そのようなときはこのような傷が出来ていることが多々ありました」と証言している。

 ニューヨークのアンニャ・ブリッグさんの被害と、似ている!

          *

 ★ それどころか――アンニャさんの場合は、左腕の皮膚下に何かによって動き出すものが入っているようで、それがときどき動き出すのだそうだ。

 また右側の上歯に覚えのない詰め物があり、ひどく痛み、不快感を覚えるので、歯科医にX写真を撮影してもらい、痛みが詰め物によるとの歯科医の診断書をとっている、とも。

          *

 ★ アンニャさんは自宅で薬物をもられ、頭に銃をつきつけられ、誘拐されたこともあるそうだ。

 知らぬ間に体内へ微細なデバイスが埋め込まれる被害は、電子(電磁波)ハラスメント」被害を訴え、攻撃差し止め判決を勝ち取った、米国カンザス州ウィチタの発明家、

Screenshot172

ジェームズ・ウォルバートさんも受けたことだが、アンニャさんにも同様のものが埋め込まれ、何らかの人体実験になされていたものとみられる。

          *

 ★ オバマ大統領が「生命倫理問題研究・大統領委員会」の公聴会では、あの悪名高きCIAによる 「MKウルトラ」洗脳実験(作戦) のような秘密のプロジェクトが行われているとのではないか、との告発が相次いだ。

 日本での電磁波・放射線照射被害も、もしかしたら諜報機関・軍事研究関係機関がかかわっているのかも知れない。

 アベ政権は、日本版の公聴会を開き、被害者の訴えを聴くべきだ。報道界も取材に動いていただきたい。

          *

 ・  I have experienced extreme itching, burning and pain in my right leg that turned into an intense bright pink and then disappeared completely after several minutes. And I have photographs of this happening in real time.
 
  I have had equidistant sores that have appeared on both of my sub-scapularus muscles at the same time.

          *

【証言既報】

 公聴会証言 ① 「全米全州、1500人もの被害者が、わたしに直接、電磁波被曝・非電離放射線被曝被害を訴えて来ている」―― 米テキサス州の医師、ジョン・ホールさん
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/post-c241.html

 ② ニューヨークの有名女性建築家、サンドラ・フィールズさんは 「11年間、電磁波攻撃・拷問(electro-magnetic radiation torture)にさらされ、自宅アパートを放棄した」と告発
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/electro-magneti.html

 ③ 「米海軍潜水艦の乗員がわたしに接触してきて、海軍から盗んだという≪音響兵器(auditory weapon)≫のことを教えてくれた。人間の中枢神経系に影響を及ぼす兵器で、それを使うので協力してくれ、と言って来た」
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/auditory-weapon.html

 ④ ワシントン在住のチナ・ライアンさんが「2008年9月以降、続いて来た同意なき脳研究による、電磁波拷問・マンドコントロール被害」を訴え! ―― 「この非人間的で苦痛を伴なう拷問法、わたしの思考や記憶さえも読んでいる」と、連邦政府の救援を要請! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/post-9358.html

 ⑤ NSA(米国家安全保障局)のコミュニケーション諜報部門のエージェントから直接確認! なんと「衛星」を使用! / 1997年以来、照射実験のターゲットにされてきたニューヨークの被害者、ステファン・ホピテクト(STEPHEN HOPITECT)さんが同意なき人体実験を告発!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/04/stephen-hopitec.html

Posted by 大沼安史 at 05:10 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-04-05

〔中性子線照射・被曝攻撃を許してはならない〕◇ 米ミシガン州の男子高校生が、母親の園芸小屋に、独学で「原子炉(増殖炉)」をつくり、「中性子線銃(neutron gun)」を制作! 「中性子線銃」は アメリシウムを使用したものとラジウムを使用したものの2種類を制作! ―― 住民の通報をきっかけに、1995年に発覚。米環境保護局(EPA)が解体、除染に出動! ★ なんと 「中性子線銃」! 日本での「中性子線照射被曝被害」の凶器は、コレではないか!

 ★ 発覚時、18歳の高校生だった男性は、「中性子線銃」線源のアメリシウムを市販の煙感知器を買い集めて取り出し、ラジウム線源は古道具屋の古時計の針に塗られたの蛍光塗料から入手。

 ウラニウム、プルトニウムはチェコスロバキアから取り寄せていた。

          *

 ★ それにしても「中性子線銃」がこれほどかんたん(?)に作れるものとは……。

…………………………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………………………

Screenshot734

          *

 ★ 山口県周南市や岡山県真庭市から報告されている「中性子線照射被害」(専用測定機で検出)が妄想の産物でもなんでもなく、現実的な脅威であることが、確証されたかたちだ。

 日本国内でも(おそらく)同様の「中性子線銃」が、何ものかによって、何らかの理由(たとえば人体照射実験)で密かに使われている可能性も急浮上したといえる。

 山口県周南市の元高専教官と真庭市の元岡山大学教官は、それぞれ工学者、物理学者である知識と経験があって「中性子線」を疑い、専用測定機で計測して被曝を確認できたが、「中性子線」と気づかず、集ストなどで被曝被害に遭っている人もいるかも知れない。

          *

 ★ 1995年6月、デトロイトの北、50キロ、ゴルフ・マーナーの住宅地にある園芸小屋に、完全装備のEPAチームが入り、「原子炉」および「中性子線銃」を解体・押収し、除染作業を行っていた事件があり、その全容が3年後、1998年11月に発行された米誌「ハーパーズ・マガジン」で報じられていた ――ことを、今ごろになって知った。

 高校生(当時)はデイヴィッド・ハーン(David Hahn)さん。

 10歳のとき、義理の祖父から化学の入門書をもらったことから、実験マニアとなり、「ボーイスカウト」の「イーグル・スカウト」になるため、17歳で「原子力」に独学で挑戦した。

 化学にのめりこんだおかげで、高校の数学や国語の読みのテストに落ちそうなったりしたこともある「化学少年」。

 最初は自宅の自室で実験を開始、部屋をメチャクチャにしたことで地下室で実験するよう命じられ、爆発事故があったことから、家から離れた「園芸小屋」にこもって研究開発を続けた。

 デイビッドさんが制作したのは、「中性子線銃」と「増殖炉」。

 完成に至るまでの詳細は、「ハーパーズ・マガジン」の詳細なレポートを読んでいただきたいが、わたし(大沼)が驚いたのは、とくに中性子を照射する「中性子線銃」が、鉛のケースに入れるなど、一定の知識があればかなりかんたんにつくれることだ。

 こうなると、より進んだ技術力と資金力があれば、かなり簡便に、この日本でも「中性子線銃」を制作できる――ことになる。

 わたしがコンタクトをとっている山口県周南市の工学者のA先生は、山口県警に証拠の「検知結果」をそろえ、再三訴えても取り上げてもらえず、苦しい被曝の毎日を送っているが、もしかりに「中性子線照射など、この日本で、あえりえない」などと思い込んでいるのであれば、考え直ししてもらいたい。

(ちなみに、わたしが仙台で高周波・低周波電磁波以外の「異様なもの」を体感し、苦しめられていたとき、「せいじょうは(清浄波?)」という、変な「言葉」をなんども耳にした。あれも中性子線攻撃だったかも知れない)

          *

 
 〔★は大沼〕 ◎ ハーパーズ The Radioactive Boy Scout When a teenager attempts to build a breeder reactor
 (1998年11月号)⇒
 http://harpers.org/archive/1998/11/the-radioactive-boy-scout/1/

          *

 ・ David Hahn taught himself to build a neutron gun. He figured out a way to dupe officials at the Nuclear Regulatory Commission into providing him with crucial information he needed in his attempt to build a breeder reactor, and then he obtained and purified radioactive elements such as radium and thorium.

 ・ David hadn’t hit on the idea to try to build a breeder reactor when he began his nuclear experiments at the age of fifteen, but in a step down that path, he was already determined to “irradiate anything” he could. To do that he had to build a “gun” that could bombard isotopes with neutrons. David wrote to a number of groups listed in his merit-badge pamphlet—the DOE, the Nuclear Regulatory Commission (NRC), the American Nuclear Society, the Edison Electric Institute, and the Atomic Industrial Forum, the nuclear-power industry’s trade group—in hopes of discovering how he might obtain, from both natural and commercial sources, the radioactive raw materials he needed to build his neutron gun and experiment with it. By writing up to twenty letters a day and claiming to be a physics instructor at Chippewa Valley High School, David says he obtained “tons” of information from those and other groups, though some of it was of only marginal value.

  ・ As it decays, americium-241 emits alpha rays composed of protons and neutrons. David put the lump of americium inside a hollow block of lead with a tiny hole pricked in one side so that alpha rays would stream out. In front of the lead block he placed a sheet of aluminum. Aluminum atoms absorb alpha rays and in the process kick out neutrons. Since neutrons have no charge, and thus cannot be measured by a Geiger counter, David had no way of knowing whether the gun was working until he recalled that paraffin throws off protons when hit by neutrons. David aimed the apparatus at some paraffin, and his Geiger counter registered what he assumed was a proton stream. His neutron gun, crude but effective, was ready.

・  At this point, David could have used his americium neutron gun to transform thorium-232 into fissionable uranium-233. But the americium he had was not capable of producing enough neutrons, so he began preparing radium for an improved irradiating gun.

His cute little americium gun was now a more powerful radium gun. David began to bombard his thorium and uranium powders in the hopes of producing at least some fissionable atoms.

David’s neutrons were too “fast” for the uranium).

Consulting his list of commercially available radioactive sources, he discovered that tritium, a radioactive material used to boost the power of nuclear weapons, is found in glow-in-the-dark gun and bow sights, which David promptly bought from sporting-goods stores and mail-order catalogues.

・ Now seventeen, David hit on the idea of building a model breeder reactor. He knew that without a critical pile of at least thirty pounds of enriched uranium he had no chance of initiating a sustained chain reaction, but he was determined to get as far as he could by trying to get his various radioisotopes to interact with one another.

  Ignoring any thought of safety, David took the highly radioactive radium and americium out of their respective lead casings and, after another round of filing and pulverizing, mixed those isotopes with beryllium and aluminum shavings, all of which he wrapped in aluminum foil. What were once the neutron sources for his guns became a makeshift “core” for his reactor. He surrounded this radioactive ball with a “blanket” composed of tiny foil-wrapped cubes of thorium ash and uranium powder, which were stacked in an alternating pattern with carbon cubes and tenuously held together with duct tape.
 

Posted by 大沼安史 at 03:47 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-04-04

〔電磁波・放射線などを使ったハイテク犯罪を許さない〕◇ 米大統領府(ホワイトハウス)「生命倫理問題研究・大統領委員会」公聴会 証言 その⑤ ◇ NSA(米国家安全保障局)のコミュニケーション諜報部門のエージェントから直接確認! なんと「衛星」を使用! / 1997年以来、照射実験のターゲットにされてきたニューヨークの被害者、ステファン・ホピテクト(STEPHEN HOPITECT)さんが同意なき人体実験を告発!

 ★ ホピテクトさんは、自分の「バイオプラトニック・フィールド」を、瞑想などさまざまな方法で自衛し、対抗しているそうだ。

 これは日本の被害者にとっても、福音というか救いの告知である!

 瞑想で自分の心を穏やかに整えることで、電磁波照射に対抗できるわけだから!

………………………………………………………………  …………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot724

Screenshot725

 

          *

 ◆ ターゲットの(――である私からマイクロ波で採取した)「デジタル脳波署名(digital brain wave signatures 「脳紋」とでも訳すべきか?)」を特定のマイクロ波の周波数の乗せてターゲットに照射(送信)。

          *

 ◆ NSAエージェント、「衛星」を使っていることを確認!

   ターゲット周辺のローカルな送信装置、不要!

          *

 ◆ 2003年以降、さまざまな感情操作から、無意識にも侵入するマルチ・レイヤー(多層)照射にエスカレート。
 
 これには「縦型電磁波テクノロジー(longitudinal electro-magnetic wave technologies)」が使われている。

 このことについては、ニューヨーク州の北部に住んでいる友人(元・米国防総省勤務)も人道的な照射攻撃に悪用されていることを確認。

 その友人は、同テクノロジーをさまざまな疾患の治療に活用している

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 2011年3月18日 ニューヨーク公聴会 議事録 
 ⇒ http://bioethics.gov/node/225

          *

 ★ オバマ政権の「生命倫理・大統領諮問委員会」の場で、米政府諜報機関の「衛星」が使用されているとの証言が行われていた!

 NSAのエージェントから聞かされたことだそうだが、こうなると、北海道・旭川市の水上英次さんが警察内部の証言などをもとに訴えている 、日本政府の「国民監視衛星」を悪用した電磁波拷問、若い女性をマインドコントロールしての集団強姦疑惑の信憑性もまた、ますます高まる。

 ジャーナリストのみなさんに調査報道をお願いし、国会議員のみなさんには質問主意書による情報開示請求をお願いしたい!

          *

 
【証言既報】

 公聴会証言 ① 「全米全州、1500人もの被害者が、わたしに直接、電磁波被曝・非電離放射線被曝被害を訴えて来ている」―― 米テキサス州の医師、ジョン・ホールさん
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/post-c241.html

 ② ニューヨークの有名女性建築家、サンドラ・フィールズさんは 「11年間、電磁波攻撃・拷問(electro-magnetic radiation torture)にさらされ、自宅アパートを放棄した」と告発
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/electro-magneti.html

 ③ 「米海軍潜水艦の乗員がわたしに接触してきて、海軍から盗んだという≪音響兵器(auditory weapon)≫のことを教えてくれた。人間の中枢神経系に影響を及ぼす兵器で、それを使うので協力してくれ、と言って来た」
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/auditory-weapon.html

 ④ ワシントン在住のチナ・ライアンさんが「2008年9月以降、続いて来た同意なき脳研究による、電磁波拷問・マンドコントロール被害」を訴え! ―― 「この非人間的で苦痛を伴なう拷問法、わたしの思考や記憶さえも読んでいる」と、連邦政府の救援を要請! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/post-9358.html

          *

 ◎ ステファン・ホピテクトさんの証言の一部。

  ……My harassment started back in 1997, more from a remote influencing perspective, I made contacts in different military industrial complexes, basically different agencies, I had received microwave harassment actually on and off for a number of years, where they were trying to project images of suicide and various states of basically emotional mood management. This was confirmed to me in 2001 by a contact of a national security agency. He worked in… he still, I’m much more (inaudible) at this point but I talked to him recently, he worked in communications intelligence division of NSA for 25 years and this is right after 9/11, with my doctor. When he came to meet with me, I had a part-time job at the time, and he basically was working at a kind of like, in that division he was working, he was examining different types of abuses that were going on in the NSA, and he stated to me personally that my attention fell within the realm of potential abuse, in the agency that he was investigating. At this point, he is still involved in the agency. I can provide his name and information more in private though, because I don’t want to get in trouble for over-disclosure of someone who’s still active in that agency, especially with the technology they have. Anyway, he basically also confirmed to me that what I experienced in terms of some, just the tip of the iceberg, a part of my experience is with the emotional projection, he said that that was very common and that they were using microwaves because they had taken really advanced EEG images of people of people in different emotional states, not those digital brain wave signatures, emotional clusters of people feeling different emotional states. They said that they could take those digital brain wave signatures, piggyback on a certain bandwidth of microwaves as a carrier wave and they can target people worldwide without need for a local transmitter. He confirmed all that to me and said they used satellite to target anybody they want and it’s a very common procedure within this portion of NSA. Which is horrendous that they actually let this going on. So I think the idea of the non-consensual abuse needs to be extended to more the covert military establishment and then later on, 2003, when I was getting more advanced projections were like multi-layered not just from my conscious feelings but into my unconscious, he said that they were trying to fine tune their projections on me to see how I could block it out, because I work more in the consciousness field of meditation, alternative spirituality, so I do different techniques to tell people to block out some of these frequencies by taking control of their own bio-platonic fields. I’ve also made contact with many scientists over the years, undergone scientists who used to work in various intelligence areas, I’ve also confirmed this and much much beyond technologies, where they use longitudinal electro-magnetic wave technologies. Technology that Tessler first developed, which also could be used in alternative healing, I’m also aware, we have a friend in upstate who’s been curing people of different illnesses using this technology but he worked in the Pentagon for decades and confirmed some of this technology is also being used for more of the nefarious activities. I can go on for hours, but I’ll probably provide written testimony. Thank you.

Posted by 大沼安史 at 06:07 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-03-24

〔電磁波・放射線などを使ったハイテク犯罪を許さない〕◇ 米大統領府(ホワイトハウス)「生命倫理問題研究・大統領委員会」公聴会 証言 その④  ◇ ワシントン在住のチナ・ライアンさんが「2008年9月以降、続いて来た同意なき脳研究による、電磁波拷問・マンドコントロール被害」を訴え! ―― 「この非人間的で苦痛を伴なう拷問法、わたしの思考や記憶さえも読んでいる」と、連邦政府の救援を要請! 

 ★ 同じような「被害」は日本でも多発している! 

 日本のジャーナリストは調査報道に動いてほしい!

          *

Screenshot611

Screenshot612

 

 ★ ライアンさんの「被害」は自宅アパート内でのことが多いが、屋外でも、周囲に人影いなく、それらしき照射機器を確認できない場合にも起きているそうだ。

 耐えざる電気ショック、身体の特定部位の痛みの惹起、耳元で鳴り続ける鐘の音、電話のコール音。

 ライアンさんは「彼らが」が「指示」を(脳内に)送信するマインドコントロール装置を使って、ライアンさんの思考を統制しようとしている、と訴えている。

 奥さんまで、危険な状態だ、そうだ。

          *

 ★ ライアンさんの訴えには、北海道・旭川の元タウン誌代表の水上英次さんが訴える「電磁波拷問(集団強姦)・マインドコントロール」 と共通するものがある。

 ライアンさんも「衛星」を使った人体実験のモルモットされているのかも知れない。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 2011年3月1日 公聴会 議事録 ⇒ http://bioethics.gov/node/203

          *

【証言既報】

 公聴会証言 ① 「全米全州、1500人もの被害者が、わたしに直接、電磁波被曝・非電離放射線被曝被害を訴えて来ている」―― 米テキサス州の医師、ジョン・ホールさん
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/post-c241.html

 ② ニューヨークの有名女性建築家、サンドラ・フィールズさんは 「11年間、電磁波攻撃・拷問(electro-magnetic radiation torture)にさらされ、自宅アパートを放棄した」と告発
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/electro-magneti.html

 ③ 「米海軍潜水艦の乗員がわたしに接触してきて、海軍から盗んだという≪音響兵器(auditory weapon)≫のことを教えてくれた。人間の中枢神経系に影響を及ぼす兵器で、それを使うので協力してくれ、と言って来た」
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/auditory-weapon.html

          *

 ★ 日本でも、被害者団体が複数、結成され、活発な啓蒙活動を続けている。

 NPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」 も、そのひとつ。

 以下のようなチラシをつくり、PRを続けている。

 写真は、被害者の照射被害写真。

Screenshot614Screenshot613

Screenshot616

Posted by 大沼安史 at 07:32 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-03-23

〔電磁波・放射線などを使ったハイテク犯罪を許さない〕◇ 米大統領府(ホワイトハウス)「生命倫理問題研究・大統領委員会」公聴会 証言 その③  ◇ 「米海軍潜水艦の乗員がわたしに接触してきて、海軍から盗んだという≪音響兵器(auditory weapon)≫のことを教えてくれた。人間の中枢神経系に影響を及ぼす兵器で、それを使うので協力してくれ、と言って来た」

Screenshot604

Screenshot605

 

*          *          *

          *          *          *

  ★ この公聴会証言への関連記事!

    ◎ マイクロ波聴覚効果が脳で発生する機構(1974年 ―― いまから40年も前の「サイエンス」誌論文 ★ 米海軍が実用化=兵器化しているとしても不思議はない!)
 ⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/4564746.html

 マイクロ波パルスが脳に衝撃を与えて、
 脳内に弾性波が発生し、
 その弾性波が内耳の蝸牛に伝わり、
 蝸牛が弾性波を電気信号に変換し、
 電気信号が聴覚神経を通じて脳に伝達し、
 聴覚中枢で音声が認識されます。

 〔★は大沼〕 ◎ 2011年3月1日 公聴会 議事録 ⇒ http://bioethics.gov/node/203

 ★ アラバマ州バーミンガムのマイケル・シェニーフェルト氏(Michael Shaneyfelt氏)の証言である。

 米海軍潜水艦の乗員がシェニーフェルトさんが、米海軍の「音響兵器(auditory weapon)」を使いたいから、協力してくれ、と言って来たのは、200年のことだ。

 それから6年後の2006年――。

 シェニーフェルトさんは突然、胸の中心部に強力な電気ショックを受けた。

 それ以来、心臓がおかしくなった。

 病院の医師は、胸を電気ショックが貫通した、との診断を下した。

 心臓からはじまって、肺、腎臓、睾丸へと患部は広がって行った。

 わたしは実験のモルモットにされているように思う。

 米政府に訴え、手紙の返事はもらったが、米政府は何のアクションも起こしてくれない……。

          *

 ★ 米軍のハイテク兵器が盗難で流出、それがなんらかのハラスメント、犯罪に使われていることをうかがわせる証言である。

 シェニーフェルトさんが上半身に電気ショックを浴びたのは、「音響兵器」悪用への協力を(おそらく)断ったためだろう。

 電磁波・放射線などハイテク兵器の流出先が日本に及んでいることも十分考えれることだ!

          *

 ★ わたしとパートナーにもこんな経験がある。

 函館・五稜郭公園で、2013年の春のこと。

 五稜郭への橋を渡ろうとしたとき、突然、背後から「衝撃」を受け、2人とも腰や心臓が苦しくなって動けなくなったのだ。

 ものすごいショックだった。

 シェニーフェルトさんのいう「電気ショック」だったかも知れない。

          *

 ★ もうひとつ、シェニーフェルトさんが書いている米海軍の「音響兵器」に関連して書いておきたいことがある。

 わたしに対する「音声送信」が、妙に「英語もどき」が多かったことである。

 「フォーユー(For you)」「フォーラス(For us)」「ハイロー( High-low)」「オフィシャル(offical)……。

 こういうのが「ゴーリキ(合力?)」「ショウメイする(証明?照明?)」「デンゴン(伝言、電言?)」、あるいは(なぜか)「南無妙法蓮華経」「日本人、殺す」といった「日本語」に交じって、リピートで送信されるのだ。

 米軍流出ものの「日本語バージョン」でもつくられているのかな、と想像したものだ!

 いや、現実にそういうことが起きているとしても、不思議ではなかろう。

 「全ては金目」の世の中だから。

 そういえば 「気持ちの悪いフ◎ラチオ」  というリピート送信もあったっけ(これについては、私以外にも音声送信された被害者がいるので、いずれくわしく報告します)

          *

 ★ ホワイトハウス(オバマ政権)に見習い、日本の安倍政権も、公聴会を開くなど、ハイテク犯罪の取り締まりに動いてほしいのものだ。

 ハイテク犯罪は「ハイテク・テロ」ではないか!

          *
 【関連】

 公聴会証言 ① 「全米全州、1500人もの被害者が、わたしに直接、電磁波被曝・非電離放射線被曝被害を訴えて来ている」―― 米テキサス州の医師、ジョン・ホールさん
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/post-c241.html

 ② ニューヨークの有名女性建築家、サンドラ・フィールズさんは 「11年間、電磁波攻撃・拷問(electro-magnetic radiation torture)にさらされ、自宅アパートを放棄した」と告発
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/electro-magneti.html

          *

 ◇ マイケル・シェニーフェルト氏の証言

 MR. SHANEYFELT:

 My name is Michael Shaneyfelt. I am from Birmingham, Alabama. The question that I brought to the Board is that in 2000 I was approached by a Navy sub diver and he brought to my attention the use of an auditory weapon that he stole from the United States Navy. He told me about this weapon that he stole from the Navy and he told me how the weapon would affect the central nervous system of a human. And he wanted me to go out and assist him in certain things.

 And in 2006, my life changed. I woke up one day and I got a strong electrical shock in the center of my chest. From that, I started to have problems with my heart. I started having bigeminies, irregular rhythms. I went into the hospital. The doctors determined that I was getting an electrical shock through my chest.

 Then I went in and had an operation done, an ablation. And with all this, it just keeps going on. From then it went to my lungs and then from there it went to my kidneys. From there it went to my bladder. From there it went to my colon and it keeps going on and on and on.

 Medically I have been looked at and reviewed over and over and over again. My brother, he is a doctor. My sister, she is a nurse. My nephew is a nurse. And I have got people that have talked to me about medical situations and medical views. And I know exactly what is occurring is wrong and I feel like I am a test subject. And I have responded to the government and the government responded back to me but I have not seen no action.

 I have given you all a report and you all can look at the letters that I have sent in.

Posted by 大沼安史 at 07:36 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-03-21

〔テクノロジー犯罪を許してはならない!〕☆ 2011年3月1日、ワシントンで開かれた「生倫理問題・大統領委員会」公聴会で、電磁波などの照射被害(拷問、脳内への音声注入、マインドコントロール)の被害者が次々に証言 ―― ニューヨークの有名女性建築家、サンドラ・フィールズさんは 「11年間、電磁波攻撃・拷問(electro-magnetic radiation torture)にさらされ、自宅アパートを放棄した」と告発

 ★ 日本でも国会、あるいは政府担当機関が公聴会を実施し、実態解明に乗り出すべきだ。

          *          *          *          *

Screenshot582

Screenshot583_2

          *

 ★ 日本でもNPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」が、安倍首相に対して「要望書」 を提出するなど訴え続けているが、なぜか、一顧だにされない事態が続いている。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 「生倫理問題・大統領委員会」公聴会・議事録

  ⇒ http://www.jeffpolachek.com/mind-control/2011-bioethics-hearings

          *

〔★は大沼〕 ◎ 関連 〔電磁波拷問を許すまじ!〕◇ 「全米全州、1500人もの被害者が、わたしに直接、電磁波被曝・非電離放射線被曝被害を訴えて来ている」―― 米テキサス州の医師、ジョン・ホールさんが、ホワイトハウスの「生倫理問題研究・大統領委員会」に招請され、証言!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/post-c241.html

Posted by 大沼安史 at 06:04 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-03-20

〔オウム事件を防げず、山口県周南市、岡山県真庭市在住の工学者、物理学者が放射能線・電磁波被曝被害を実測データをもとに訴えているのに実情把握にも動こうとせず、「テロの未然防止に全力」と言う安倍首相よ! 国民保護があなたの最大の使命ではないか?〕

 ★ 写真はN先生のガンマ線被曝写真!

41

          *          *

 ◇ 岡山県真庭市の物理学者のN先生が被害写真つきで訴え
    ⇒ http://www.geocities.jp/tthdt960/page004.html

  ◎ 裏組織(ハイテク暴力団)は偽物の電子機器の中に放射性物質を入れて持ち歩いて人を狙います。

 また車やバイク・スクーターに放射性物質を搭載して人を狙います。

 放射性物質(ガンマ線源・中性子線源)は米粒の半分ほど有れば人を攻撃できる為、偽物の携帯電話や小型ゲーム機、ノートパソコン等の電子機器の中に入れて持ち歩き、液晶画面を見ながら操作して人を攻撃します。

 また、リモートコントロールで攻撃することも有ります。

 偽物の携帯電話や小型ゲーム機、ノートパソコン等にはガンマ線源が入っていることが多く、電車の中や駅のホームで至近距離からよく狙われます。

 頭が狙われると急に頭がクラクラします(放射線宿酔)。

 車で走行中に前後の車から狙われ、特に後の車からよく狙われます。

 また、停車・駐車しているときに、前後左右の車やバイク・スクーターからよく狙われます。

          *

  ◎ この犯罪組織は通常の暴力団ではなく、ハイテク技術を悪用するハイテク暴力団です。

  特に医療知識や医療技術、電気電子技術を悪用します。

  放射線だけでなく、化学物質、薬品、細菌(風邪の菌やその他の菌)、ウイルスを用い、盗聴・盗撮、家宅侵入もします。

  この組織は悪人風・遊び人風の暴力団員や一般人風の暴力団員、不遇な人達から構成されています。

  善良な市民を装い、偽善者ぶるのが得意です。幼い子供から老人まで家族全員が犯罪者で、放射性物質を持ち歩き、リモートコントロールで狙って来ます。

  子連れ、赤ちゃん連れ、子供、老人は要注意です。標語が大好きです。「こども110番」「みまもり隊パトロール中」「環境にやさしい天然ガス自動車」など。

 

          *

 ◇ 山口県周南市の工学者、A先生の訴え
   ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/b5f4f1df68f285dbf5003808c0db7560

 ★ 写真は、中性子線専用測定機などの測定画面!

328306e6652dba9f94e9edac05fd9f63

          *

 ★ わたしは両先生のことも心配だが、こうした集団放射線・電磁波照射攻撃(ストーキング)に使われているみなさん自身が被曝しているのではないか、と思って、こちらもまた心配になる。

 たぶん、あの男は「社会の敵だ」とかナントカ、吹き込まれて、攻撃に参加している方もいるのだろうが、自分のしていること(させられていること)が、相手を被曝させ、下手すると死に至らしむうる凶悪な加害行為であることを知る必要がある。

 だまされて参加させられていたとわかった人は、すぐ警察に通報して、加害集団の摘発に協力すべきだ!

Posted by 大沼安史 at 08:58 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-03-19

〔電磁波拷問を許すまじ!〕◇ 「全米全州、1500人もの被害者が、わたしに直接、電磁波被曝・非電離放射線被曝被害を訴えて来ている」―― 米テキサス州の医師、ジョン・ホールさんが、ホワイトハウスの「生命倫理問題研究・大統領委員会」に招請され、証言!

Screenshot568_2

Screenshot570

          *

          *

          *

 ★ 日本でも「電磁波拷問」などの訴えが全国各地で噴出している! 

 米大統領府も動いた! 日本の国会、厚労省、あるいは警察庁は直ちに公聴会を開いて、実態の把握に乗り出してほしい!

          *

 ★ ジョン・ホール医師は大統領委員会での証言で、

 ① マイクロ波聴覚効果、超音波スペクトラム、脳波クローニングを使った遠隔攻撃が、一般家庭に対して行なわれている

 ② 医学的研究というより軍事研究開発で行われているようだ

 ――と、調査結果を明らかにした。

          *

わ ★ 日本でも、カルト闇部隊、ハイテク暴力団などがやり放題の犯行を続けているようだ。

 自殺誘導や集団強姦事件も発生しているという。

 警察は動いてほしい!

 

          *

 〔★は大沼〕 ◎ (2011年3月1日) 公式証言記録 ⇒ http://bioethics.gov/node/203

          *

 ◎ 関連(本ブログ既報) 〔監視衛星を不正使用した電磁波拷問・性犯罪を許すまじ!〕◆ 米テキサス州の医師、ジョン・ホールさんのすまじい体験記が映画化 ★ ホールさんは衛星通信を悪用した脳内音声注入攻撃に負けずに、ギャングレイプ被害に遭った、有名女優似のガールフレンドを守ろうとした人だ。
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/01/post-673e.html

          *

 ・ I personally corresponded with upwards of 1500 victims all complaining of identical complaints from every state in the nation of being exposed to electromagnetic radiation, non-ionizing radiation .

 ・ As a physician, relative to some of what you are hearing today, in the community we are seeing an alarming rate of complaints of use of electromagnetic weapons. Microwave auditory effects, silent sound spectrum, EEG cloning, which has taken the lab out of the laboratory and into the home. Most of these from the research that we have reviewed can be done remotely. It seems to be more weapons research than medical research.

          *

Screenshot569

Screenshot567

Posted by 大沼安史 at 07:50 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-02-17

〔電磁波など集団ストーカー被害を受けている山口県周南市の工学者、A先生(元高専教官)に対する薬物すりかえ疑惑〕◆ 癌の進行を抑える「錠剤」が何者かによって、いずれかの段階ですりかえられていた! ★ 毒物混入の恐れも? 証拠品として確保・保全!

806d274515e88c0b2be80b6303d93dcf

          *

 ★ 左が模造錠剤(偽物)。周縁部が研磨されていない粗悪な形状だが、一見して右の正規品と見間違ってしまう!

          *

 ★ 執拗なストーキング行為といい、今回、発覚した薬剤すり替え疑惑といい、

 そこに、

  ① ターゲットが苦しむのを喜ぶ偏執性

  ② ターゲットを追い込むことに喜びを感じる執拗さ

  ③ 組織性・資金力

 ―― といったものを感じる。

          *

 ★ A先生が工学者としての知識を生かし、中性子線専用測定器で中性子線まで検出、画像つきでネットで公表していることに対して、「彼ら」は報復に出ているのかも知れない。

          *

 ★ 老人施設での連続殺人といい、保健とか医薬の世界に邪悪なものが忍び込んでいる。 

 こうした薬物すりかえが病院、老人施設で行われていなければ、ほんとうによいのだが……。

          *

 〔★は大沼〕◎ ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/9a348b9ae302fab8d66b8f2d79aa8b45

Posted by 大沼安史 at 09:15 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-02-08

〔テクノロジー犯罪を許さない!〕◆ 東大工学部卒、米国の大学の博士号取得者が、東京で「マイクロ波勉強会」を継続開催! 「マイクロ波聴覚効果を応用して、マイクロ波パルスを頭部に照射して、音声を伝えるという通信方式が既に実用化しています」

 ★ 山口県周南市と岡山県真庭市の工学者・物理学者は、電磁波に加え、中性子線被曝の問題も提起している!

          *

 ★ 理工系の専門家の方々が、こうして啓蒙活動を継続されている。実に、たのもしい!

 国会議員のみなさんも怯えてばかりいないで、被害者から事情を聴取し、実態の究明と被害者の救済に乗り出してもらいたい!

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ブログ「自衛隊の犯罪を斬る 防衛省情報本部が自動追跡レーダーからマイクロ波ビームを人体に照射」  ⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/13582109.html

Posted by 大沼安史 at 10:48 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-02-06

〔ASKAさんを精神病院から救出しよう〕◆ 署名運動始まる! ――  「ASKAさんは2016年1月9日にブログに手記を公開。自身が集団ストーカーの被害者であることを告白されました」

Screenshot241

          *

 ◆ この署名の成功はASKAさんが早期退院されることですが、それ以外にもこの署名の存在を精神病院で一人で戦っているご本人に気づいていただいて勇気をもらっていただくことを目的としています。

          *

 〔★は大沼〕◎ 署名先 ⇒ https://www.change.org/p/aska%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E4%B8%BB%E6%B2%BB%E5%8C%BB-aska%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E6%97%A9%E6%9C%9F%E9%80%80%E9%99%A2%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B3%E3%81%8B%E3%81%91%E3%82%88%E3%81%86?recruiter=75680755&utm_source=share_petition&utm_medium=copylink

          *

 ★ ドイツ在住の方から、ドイツで電磁波攻撃を受けた人が精神病院に強制入院させられ、本人のハンストと周囲の救出運動で早期退院したケースがあるという。

Posted by 大沼安史 at 08:26 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-01-30

〔山口県周南市の工学者(元高専教官)のA先生が、岡山県在住の物理学者(N先生)と同じく、自宅などでの中性子線被曝を訴え〕★ A先生は「中性子線が全国で国民攻撃に使われている。自分や家族の命を守るには自主的測定しかない」と呼びかけている。A先生もN先生も中性子線専用測定機で被曝を確認している。お二人は理系の研究者なので、「中性子線」に気づくことができた! わたしたちのような一般国民は、知らず照射被害に遭っている可能性が強い!

 ★ 電磁波被害――放射線照射被曝被害の可能性が浮上!

 要警戒である。

 被害情報を共有し、加害組織を追いつめて行こう!

          *

 ★ 写真はA先生のブログ掲載のもの。

  ツイッターの写真は、A先生が中性子線照射被害を心配している被害者の訴えツイート。

          *

Screenshot213

Screenshot212

Screenshot214

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 山口のA先生のブログ 
 (29日付け)⇒ 中性子線が全国で国民攻撃に使われている。自分や家族の命を守るには自主的測定しかない。

 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/809dd58cd8dd84bd1b5db7b8bacc44e5

          *

 ★ A先生は、こう解説している。

          *

 中性子線そのものの測定には、専用の測定装置が必要になるが、中性子線が物質を放射化する能力が高いことを利用して、ガンマ線測定器でも測定されることは、一般的に行われる方法である。

 すなわち中性子線のない状態のガンマ線の値を計測しておき、その値が上昇すれば、中性子線が存在すると見なせるという原理である。

          *

 ★ 中性子線測定機がなくても、ガンマ線測定機があれば、「中性子線の存在」を推定できるわけだ。

          *

 ★ 岡山県在住のN先生も、被害が全国的なものになっていると警告している。

 そうしてこう解説している。

          *

  使われている放射線はガンマ線と中性子線、X線、ベータ線です。

 放射線を浴びると、放射線の当たる範囲や場所、放射線の種類や放射線のエネルギーの違いにより様々な症状が現れます。

 症状は放射線による細胞破壊や神経細胞への刺激によるものです。

 インターネットで調べると、日本中に同じ様な被害を訴える人達が多数います。

 被害者は、放射線が原因とは思っておらず、電磁波攻撃、超音波攻撃によるものと思っています(但し、ガンマ線・X線は電磁波の一種です。)。

 その中の身体的な被害(頭がクラクラしたり、急に頭がクラクラしたり、

 頭部への圧迫感、思考能力の低下、目の認識能力の低下、目の痛み、顔の腫れ・温み、喉の痛み、吐き気、倦怠感、

 刺す様な刺激、皮膚の紅斑、皮膚の炎症、下痢、軟便、手・足・指の痺れ(電気を帯びた様な感じがする。)

 腫れ、足の痙攣(通常と異なり、しこりが残らない)、膝の痛み、手足の関節痛、歯や歯茎の痛み、歯茎からの出血、急にトイレに行きたくなる(大小)、急に咳きが出る、急に鼻水が出る等)

 ――を訴えている人達です。

          *

 ★ 山口県のA先生は、ネットで被害を訴えている方々
のガンマ線被曝数値をチェックしているが、中性子線照射被害とおぼしきケースもあるという。 

          *

 被害者の皆さんが示しているガンマ線の測定値を見ると、中性子線と見なしうる例が散見される。

 「Kamo2012」氏の示す値は、私が中性子線の存在すると見なす値に近い値を示すと同時に、身体被害を訴えていて、この点でも私の例に似ていて、中性子線照射を受ける被害と見なしうるものである。 

          *

 ★ どうやら彼らはとんでもないハイテク照射装置を持っている(持たされている)ようだ。

Posted by 大沼安史 at 11:24 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-01-27

〔テクロノジー犯罪 許すまじ〕◆ BS(スカパー)の番組『BAZOOKA!!!』が、横浜市と入間市での「被害」の状況を、被害者へのインタビュー証言を交えて、報道! ★ 「『NHKだ』と言ってくる」(電磁波などによる脳内音声注入被害?――横浜市の女性) /「有毒ガスが来て苦しい。体に赤い傷」(入間市の夫妻) 

 ★ 加害者は不明だが、テクノロジー犯罪は、いよいよ深刻な社会問題としてメディアにも認知されて来たようだ! 

 解明と救済が(そして名誉回復も……)急務だ! 

          *

 

Screenshot185

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ブログ「Back in the race ~我が道を突き進め!」―― 拡散希望 日本初? テクノロジー犯罪被害者を真面目に取り上げたTV番組
 (2015年6月2日付け)⇒ こちら

   http://ameblo.jp/ryou2009/entry-12033953111.html

          *

 ★ 2014年12月8日放映の「* 続・訴えている人に聞いてみました」で取り上げられたもの(のようだ)。

 被害者の方々は「某宗教団体」を名指ししているようだが、地域の人びとの平安を願うのも、宗教団体の社会的な使命であるはず。

 社会活動の一環として、人道的な立場から被害者らの救済にあたることも、あってしかるべきことではないか。

          *

 ★ 入間市の夫妻は20年以上、被害に遭っているという。

 有毒ガスの噴霧被害は、山口県周南市で中性子線被曝(専用機での検出)を訴えている工学者(元高専教官)の方も、指摘している。

 電磁波ハラスメント(拷問)での「脳内音声注入被害」の「体験」では、どうも「彼ら」は有毒ガスの散布を「やくると」という隠語で呼んでいるらしい(――これはあくまでも憶測です)。

 やくると……薬狂人???(憶測です)。

 農薬の燻蒸剤でも使っているような気がする???(同)。(わたしたちの場合は消毒液をまかれたようだ……)

          *

 これら問題は集団ストーカー被害の訴えのなかで全国各地で指摘されていることだ。

 警察も被害届を受理し、徹底した捜査に乗り出していただきたい。

          *

 ★ 番組のビデオをみていると、被害者の方々は(おそらく、やむを得ず)自宅に被害の訴えを掲示されている。

 高齢の方々で、孤立してがんばっていらっしゃるのではないか?

          *

 ★ 被害者団体に相談し、支援を受けるのもひとつの手立てだ。

  ◎ 被害者団体一覧 ⇒ こちら http://stopeh.org/wordpress/?page_id=48

 なお、わたしたちを直接支援してくださったのは、このうちの 「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」 です。

 相談予約・連絡先:NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク事務所(東京) TEL:03-5212-4611
 全国各地で「被害者の会」も開いています。

Posted by 大沼安史 at 06:39 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-01-26

〔《ブレイン・マシーン・インターフェイス(脳波操作)≫技術を使った「念力オモチャ」がふつうに(7年も前から)売られている!〕◆ 2009年の「アメリカ・インタナショナル・トイ・ファアー」でデビュー! 「(マッテルの)マインド・フレックス」と「(ミルトンおじさんの)フォース・トレイナー」 小さなボールなど物体をヘッドセットを通じて上下左右に自在に動かす!

 ★ 脳波(Electroencephalogram:EEG)を使ってモノを操る――オモチャになって出回っている。

 なんと7年前から。

 こういうオモチャならよいが、この逆パターンで、電磁波で人間の脳をコントロールする「電磁波拷問」が、日本でも深刻な社会問題化し、NPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」によると、ことしの年明けで、なんと1644人もの「確認被害者 (精神病の方を除く)が被害を訴えている。

 カルト教団がヨダレを垂らしそうな技術だが、なぜか日本の警察は見て見ぬふりをしているようだ。( たとえば、⇒  こちらの訴えをお読みになってください 

          *

Imagesw

Screenshot182

          *

 より高度な技術になると、監視衛星を使ったマインドコントロールによる「性犯罪」の報告も出ている。

 そう、この日本で!

 警察が動かないなら、国会、あるいは日弁連などが早急に調査に乗り出すべきである。

          *

 〔★は大沼〕 

◎ ジョン・ホールさん著、Guinea Pigs: Technologies of Control(32ページ)

Www

 ⇒ http://www.amazon.com/Guinea-Pigs-Technologies-John-Hall/dp/163135552X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1453797373&sr=1-1&keywords=john+hall+pigs

          *

 ◎ マインド・フレックス(動画つき)
   ⇒ http://www.cnet.com/news/moving-objects-with-mattels-brainwave-reading-mindflex/

          *

 ◎ フォース・トレイナー 

 ・ユーチューブ ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=WlnNoSZV7uY

 ・ アマゾン通販  / (頭部に取り付ける「ヘッドギア」で脳波の状態を測定。特定の状態の脳波を感知した時のみ本体に通信、ボールを上下に動かすシステムになっています)
 ⇒ http://www.amazon.co.jp/Uncle-Milton-15051-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC/dp/B001UZHASY

Posted by 大沼安史 at 06:02 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-01-24

〔電磁波・身体遠隔操作テクノロジー 民間研究レベルでも、ここまで進展〕◆ 米国ワシントン大学の研究チームが、人間同士の脳をインターネット経由で繋いで信号を送り、他人の体を遠隔操作する再実験に成功! ★ 日本では、より高度の軍事テクが民間の流出、電磁波コントロールによる性犯罪さえも起きている!

 ★ 軍事研究は民間のはるか先を行き、脳内への音声(言語)注入によるマイドコントロール技術ばかりか、こうした身体動作を操作するボディーコントロールもより高度なものへ進んでおり、日本でも、こうした軍事由来の心身操作テクノロジーの一部が不法にカルト教団など闇組織に流出しているみられる!

          *

 ★ 北海道・旭川市の元タウン誌代表、水上英次さんは「国民監視衛星」を悪用、女性を電磁波(心身コントロール)で威圧し、性犯罪(集団レイプ)が繰り返された事実をつかみ、証拠をもとに事件の究明を訴えている。

 ◎ 電磁波による拷問と性犯罪 ⇒ こちら
 
    http://denjiha.main.jp/higai/archives/6

 ★ 急激に進展するハイテク技術――。

   濫用を付せず国内法の整備が急務だ。

          * 

Screenshot176

Screenshot175

 

 ★ サムネイル写真の鮮明なものは、下記記事リンクをクリック!

          *

 ★ 「ENGADGET 日本版」によると、「今後研究チーム……コンセプトや思考、ルールといったより複雑な脳波の送信に取り組」むそうだ。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ENGADGET 日本版 ネット経由の脳インターフェースで他人の体を遠隔操作、米大学研究者が成功
 (2014年11月8日) ⇒ こちら

  http://japanese.engadget.com/2014/11/08/b2b/

          *

 ◎ ワシントン大学チームの発表論文 : A Direct Brain-to-Brain Interface in Humans (★ 米陸軍からも研究費を受ける)
 PLOS/one (2015年11月5日付け) ⇒ http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0111332

Posted by 大沼安史 at 07:31 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-01-23

〔電磁波悪用ハイテク犯罪を許さない!〕◆ 米国カンザス州ウィチタの発明家、ジェームズ・ウォルバートさんが「電子(電磁波)ハラスメント」被害を訴えた裁判で、同州の裁判所がウォルバートさんの訴えを認め、「電子ハラスメント」を禁じる命令! ★ ウォルバートさんの左肩からはなんと米軍専用周波数の「288MHz」の極小電波タグが皮膚下に埋め込まれているのが発見された!

Screenshot171

Screenshot172

Screenshot169

 ★ このカンザス州の判決(2008年12月)は、米国で電磁波被害の存在が初めて公式に認められた最初のケースである。

 日本でもそろそろ被害の訴えが裁判所で認められもいいころだと思い、少し調べてみて驚いた。

 あの核の内部告発者、カレン・シルクウッドさんの不審な自動車事故を調査したこともある名探偵、ウィリアム・テイラーさんが微量電磁波測定機でウォルバートさんの体を調べたところ、左の肩に極小タグが埋め込まれ、288MHzのシグナルを発していることがわかったのだ。

 この周波数はテレビなどで使われるVHFの周波数帯に含まれるものだが、米軍専用の周波数であることもわかった。

 ウォルバーグさんはタグを埋め込まれた記憶はないと言っているが、何者かがなならかの方法で(たとえば肩を叩く、とか)で埋め込んだのは事実だ。

 これがウォルバーグさんと彼の家族が受けた電磁波ハラスメントと、どんなメカニズムで関係するかも、なお憶測の域を出ないらしい。

 いずれにせよ、ウォルバーグさんは商談が決裂したあと、相手の男性から「被曝ショック(jolts of radiation)」をするぞと脅かされ、実際、電気ショックを受けたような感覚、電子的な発生された音調、破裂するような響きわたるような音で悩まされるようになった。

 精神科医もウォルバーグさんが「正気」であると診断、政治家(州下院議員)らの応援もあって、法廷で訴えを認めさせることができたが、相手側は法廷に姿を見せることもなかったそうだ。

          *

 ★ 「極小電波タグ挿入」で思い出すのが、宮城県の村井嘉浩知事(元自衛官)が2011年2月、突如、「性犯罪の前歴者らに全地球測位システム(GPS)を常時携帯させて行動監視する条例制定」の意向を表明し(その後撤回)たことである。

 村井知事の構想の中には、この「タグ体内埋め込み」もあったのではないか?

          *

 ★ 北海道・旭川の元タウン誌代表、水上英次さんによると、日本政府が打ち揚げた「国民監視衛星」を悪用した「電磁波拷問」や「電磁波誘導・性犯罪」は宮城県でも被害者が出ているという。( ⇒ こちら

 米国でもまた軍事衛星を悪用した電磁波被害の報告の疑いが提起されており、ウォルバーグさんもまた、そうしたシステム濫用の被害者であるかも知れない。

          * 

 ★ ますます(なぜか)被害が広がる一方の、日本の電磁波ハラスメント<拷問)。

 日本でも米国のように、司法当局の捜査と、法の裁きが求められている。

          *

〔★は大沼〕 ◎ ジェームズ・ウォルバートさん フェースブックで経過を解説!
 (2012年12月19日付け)⇒ https://www.facebook.com/OneStrongAngel/posts/10200189543880211

          *

 ◎ 日本語版「ワイアド」報道: 「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも
 (2009年7月6日付け)⇒ こちら  http://wired.jp/2009/07/06/%e3%80%8c%e8%84%b3%e3%81%b8%e3%81%ae%e9%9b%bb%e7%a3%81%e7%9a%84%e6%94%bb%e6%92%83%e3%80%8d%ef%bc%9a%e7%a6%81%e6%ad%a2%e5%88%a4%e6%b1%ba%e3%81%a8%e5%af%be%e7%ad%96%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9/

 ・ James Walbert氏は2008年の年末、以前の仕事仲間から、精神に作用する電磁放射の攻撃を受けているとして、これをやめさせるための裁判を起こした。

 Walbert氏は、カンザス州セジウィック郡の陪審員団に対し、Jeremiah Redford氏と取り引きをめぐって食い違いが生じた結果、同氏から「放射注入」をするぞという脅しを受けたと説明した。同氏によるとその後、電気ショックの感覚、電子的に作られた音、耳の中ではじける音や鳴り響く音を感じるようになったという。

 12月30日(米国時間)、裁判所はWalbert氏側に有利な判決を下し、Redford氏が「電子的な方法」による嫌がらせをWalbert氏に行なうことを禁じるという、画期的な保護命令を出した。これはまじめな話だ。

 ◎ 英語記事原文 Court to Defendant: Stop Blasting That Man's Mind! (裁判所は被告に命じた、「精神への攻撃をやめなさい」
 (2009年7月1日付け) ⇒ http://www.wired.com/2009/07/court-to-defendant-stop-blasting-that-mans-mind/

Posted by 大沼安史 at 05:53 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-01-22

〔監視衛星を不正使用した電磁波拷問・性犯罪を許すまじ!〕◆ 米テキサス州の医師、ジョン・ホールさんのすまじい体験記が映画化 ★ ホールさんは衛星通信を悪用した脳内音声注入攻撃に負けずに、ギャングレイプ被害に遭った、有名女優似のガールフレンドを守ろうとした人だ。

Screenshot147

Screenshot149

 

 

 ★ 日本では北海道・旭川のタウン誌・元代表が、政府の監視衛星を悪用した「電磁波拷問」と「性犯罪(誘導レイプ)」を告発している。 

 元代表も自ら電磁波攻撃を受けながら、脳内送信で誘導され、性被害に遭った女性たちを助けようとガンバッテ来た人。

 ジョン・ホールさんに似ている。

          *

 ★ ジョン・ホールさんの映画が完成すれば、日本でも(少なくとも被害者団体の手で)公開されることになろう。

 軍事ハイテク技術を悪用した陰湿な犯罪がいよいよ、スクリーンを通じて表面化する。

          *

 日本国内では、衛星通信テクノロジーを使わない、ややローテクな電磁波拷問・自殺誘導も、日本国内で社会問題化している。

 旭川のタウン誌元代表の方も、自殺誘導されたとみられる被害者を2人、確認している。

 遅まきながら捜査が開始され、犯行グループに対して極刑を含む刑罰が下される日も、そう遠くなさそうだ。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ジョン・ホールさんの体験をもとにした映画「ターゲッティド(Targeted 攻撃目標にされて)」(予告編トレーラーも)⇒ こちら http://www.targetedmovie.com/

 

◎ ジョン・ホールさんの被害体験記 A New Breed - Satellite Terrorism in America (アマゾン)

 

41n3iwphexl__sx309_bo1204203200_

 

 ⇒  http://www.amazon.co.jp/New-Breed-Satellite-Terrorism-America/dp/1606939440/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1453448840&sr=8-2&keywords=A+New+Breed+-+Satellite+Terrorism+in+America%E3%80%80

          *

 ◎ 参考 01-19 ◆〔北海道・旭川から衝撃の告発! ―― <その5> 〕◎ タウン情報誌「ライフ旭川」の元代表の水上英次さんが、政府の「監視衛星」を悪用した「電磁波拷問」による苛酷な被害体験を公表 

  警察秘密組織 使用の(秘)人工衛星[-レーダー予備機-](正式名称)                   電磁波による拷問と性犯罪
 ⇒ こちら

  http://denjiha.main.jp/higai/archives/6  

 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/01/post-c2e5.html

 

Posted by 大沼安史 at 04:56 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-01-17

〔北海道・旭川から衝撃の告発! ―― <その3> 〕◎ タウン情報誌「ライフ旭川」の元代表の水上英次さんが、政府の「監視衛星」を悪用した「電磁波拷問」による苛酷な被害体験を公表 ◆ 「妻は2015年11月20日21日22日、3日間連続で眼球切断された。警察庁に電話して事情を説明……」

  〔★は大沼〕 ◎ 警察秘密組織 使用の(秘)人工衛星[-レーダー予備機-](正式名称)
  ⇒ こちら  http://denjiha.main.jp/higai/archives/6

          *

Screenshot124  ★ 水上さんのホームページの記事は、写真のような、損傷した「眼球」の画像記録(証拠写真)が掲載されている。

 衛星から発射された(地上で増幅され、ビーム状に照射された)指向性電磁波は、このほどの精度と破壊力を持っている、ということか?

          *

 ★ 水上さんは、夫人が攻撃を受けたのは、電磁波を悪用した性犯罪と、被害者とともに対決する「たんぽぽの会」を立ち上げ、活動を開始したためでは、と見ている。

 水上さんは報道各社にこう呼びかけている。

 ―― ……強姦の犯人を逮捕し「電磁波による拷問と性犯罪」も全て裁判で暴露でき、各マスコミが裁判内容を報道してくれた時この社会問題を解決できる……全国の被害者を救済する為には各マスコミの報道協力、世論向上が不可欠であり、ホームページ、1ページ目の「概略」だけでも報道希望します。御協力よろしくお願いします。

          *

 ★ 電磁波を使った性犯罪被害者の相談を受け付ける「たんぽぽの会」の連絡先は、上記(そして下記)のホームページ内に記載されています。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 警察秘密組織 使用の(秘)人工衛星[-レーダー予備機-](正式名称)
  ⇒ こちら  http://denjiha.main.jp/higai/archives/6

 

          *

 ◎ 関連

  ◆ 〔北海道・旭川から衝撃の告発!〕◆ タウン情報誌「ライフ旭川」の元代表の水上英次さんが、日本政府が打ち揚げ、宇宙空間に配備した監視衛星が悪用され、ターゲットを電磁波で攻撃と訴え! 「全国の被害者救済、国民虐待の阻止、 世論向上の為、本文、タグの公表希望、報道希望」と! 性犯罪の武器にも? ★ 河野太郎・国家公安委員長! 徹底した調査が必要ではないでしょうか? 警察の威信を守るためにも!
  ⇒ こちら
  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/01/post-8a74.html

          *

  ◆ 〔北海道・旭川から衝撃の告発! ―― <その2> 〕◎ タウン情報誌「ライフ旭川」の元代表の水上英次さんが、政府の「監視衛星」を悪用した「電磁波拷問」による苛酷な被害体験を公表 ◆ 「眠ると大脳が爆発した様な衝撃を受け、たたき起こされた」 ◆「左の耳の穴から大脳に普段経験の無い電磁波を差し込まれ」―― ★ 報道機関は水上さんから証拠(録音など)の開示を受け、調査に入っていただきたい!
  ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/01/post-507d.html

Posted by 大沼安史 at 05:05 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-01-15

〔電磁波拷問、許すまじ〕 ◎ 米国・元ミネソタ州知事、ジェシー・ベントゥーラさんの調査報道番組で、米国の退職警察官が、警察の上司を批判したことで恨みを買い、指向性マイクロ波「脳内侵入」攻撃を受けていると訴え! ―― 米軍のシステムをハッキングして悪用しているグループがあると指摘 ◎ 日本の都道府県警が運用しているという「監視衛星(レーダー予備機)」を悪用して、一部の関係者が電磁波拷問を続けているとする、北海道・旭川市の元タウン誌代表、水上英次さんの訴えと、とてもよく似ている!

 ◎ Vimeo / 「陰謀論」"Brain Invaders"(脳内侵入者 2012年12月17日放映のものの分割版・日本語字幕付き))
  ⇒ こちら https://vimeo.com/118485020

          *

Screenshot113

Screenshot112

          *

 ★ 元警官のケン・ベーカーさんが、犯罪者組織が米軍の〔マイクロ波照射による、個人を識別・ターゲット化できるマインド・コントロール〕システムをハッキングし、悪用している、と指摘している部分は、開始1分55秒後と4分50秒後から。

 同じよう被害に遭っている米テキサス州の医師、ジョン・ホールさんも、米軍衛星攻撃システムが犯罪グループにハッキングされ、悪用されていると、CIA関係者から聞いたと証言している。

          *

 ★ そして日本では――?

 旭川の水上英次さんの訴えは、ハッキングではないが、日本政府の「監視衛星」を、一部の関係者が悪用し、水上さん、および奥さんに対する電磁波照射攻撃に加え、女性をマインドコントロールした性犯罪にまで使っている、というもの。

 旭川の地元警察署の警察官らの協力を得、東京、札幌の関係者にあたり、録音記録(証言)を得て、告発に踏み切ったという。

 人間の脳に、マイクロ波のフレイ効果などを使って「声」を送り込み、ターゲットを恐怖に陥れ、翻弄するマンンド・コントロール技術は、すでに実用化済みのこと。

 水上さんは公的機関の関係者による「暴走」と睨んでいるが、宗教団体、暴力団などの悪用が続いているとの指摘も多い。

          *

 ★ 電磁波拷問は、人をかんたんに自殺に追い込む悪質なテクノロジー犯罪。

 警察は見てみぬふりをしていないで、一刻も早く摘発に乗り出し、犯人らを検挙、刑に服させるべきである。   
 
          *

 ◎ ジェシー・ヴェントゥーラさんの調査報道番組、「コンスピラシー・セオリー(Conspiracy Theory )」ウィキ ⇒ こちら
https://en.wikipedia.org/wiki/Conspiracy_Theory_with_Jesse_Ventura

 ◎ 関連 本ブログ既報  <電磁波(悪用)ノート> 元米ミネソタ州知事のジェシー・ヴェントゥーラさん、調査報道テレビ番組で、米国に広がる、電磁波を使って人々の脳内に侵入する、ハイテク犯罪の実態に迫る! ★ ユーチューブ(日本語字幕版)で視聴可能に!
 ⇒ こちら

          *

 ◎ 水上英次さん 「電磁波による拷問と性犯罪」
  ⇒ こちら 

    http://denjiha.main.jp/higai/archives/6

Screenshot114

Posted by 大沼安史 at 09:14 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-01-14

〔ハイテク電磁波照射、許すまじ!〕◎ 千葉県のK市在住の方が、上半身、顔面などを照射被害者写真を公開! ―― ◆ 線状の傷・腫れ物を病院に行って見せても、「原因が分かりません」/「一度当たったところに電磁波を再度当てられると痛む」 ★ これは明らかに傷害罪にあたる犯罪行為ではないか? 警察は取り締まってほしい!

12chiba1_2

12chiba1_12

12chiba1_15

 〔★は大沼〕  ◎ 特定非営利活動法人「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」
 ⇒ こちら

          *

 ★ レーザー照射では、例えば米国で、こんなガジェッドも販売されている。手のひら、あるいは手の甲からレーザーを照射する。

 車を使った集団ストーキングでは、こうしたハイテク機器が使用されているのではないか?

 (★ サムネイル写真は ⇒ こちら より)

Screenshot95

Screenshot96

Posted by 大沼安史 at 04:33 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-01-13

〔◎ 組織的ストーキング被害者の日常の記録〕◆ ユーチューブ 被害者による記録映像集 / 私は、集団ストーカーのターゲットになって……日々加害者達の嫌がらせや付きまとい、電磁波照射などの加害行為を受けています。自殺者まで出ているのに、何の対策も取られていない日本では、被害者がこうして自らの被害状況を公開し、広く社会に訴える以外に有効な手立てがありません……やむを得ず、こうした映像を公開する運びとなりました。

 ★ 被害者の方が冷静に、周到に、動画と体験記で証拠を周到に積み上げている。

 集スト、電磁波攻撃についてはほかにもさまざまな被害者が証拠となる記録を積み上げている。

 事件が明るみに出、犯行グループに、(おそらくは)極刑を含む厳罰が下る日も、そう遠くはなさそうだ。

          *

 なお、ビデオ記録のなかに、ヘリコプターの威嚇映像が含まれています。

 わたしたちが静岡県西部に避難したときと同様、赤いフラッシュを照射して威嚇しています。

 同じパターン! 驚きました!

          *

 ◎ 参考 本ブログ 2015-12-01〔あの不可思議な「岩手17歳女性殺害事件」の真相を追及し、なぜか「練炭自殺」を遂げた警察ジャーナリスト、黒木昭雄さん(元警視庁)と生前、交流のあった戸﨑貴裕さんが、自死したタレントの清水由貴子さんの体験証言(録音記録)を公表!〕◆ 歌手・タレントの清水由貴子さん (録音収録現場の)「(上空にヘリコプターが来たのを見て)〔東京都内の自宅で〕  「ヘリコプターなんですよ。ずっとヘリコプターが来るんですよ。毎日ヘリコプター来るんですよ」

 ⇒ こちら

   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/12/post-e548.html

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ユーチューブ kei0904days2 さんのチャンネル ⇒ こちら
  https://www.youtube.com/channel/UCG2CLTE9yOKBl74Y_Zwr7AQ

          *

 ★ 映像記録を証拠として積み上げている撮影者(被害者)の方は「組織的ストーキングという名の弾圧プログラム」というブログをお書きになっている。 (★ ASKAさんがブログで「集団ストーカー」に言及している事実を突き止められたのも、この方だ。多謝!)

 ⇒ こちら

 http://stokerintheneighbors.blog.fc2.com/

 ブログ筆名「Libra」さんは、自己紹介の部分に、こう書いています。
 (★ わたし大沼と奇しくも同一見解なので、ちょっと長いのですが、ご紹介します)

          *

 組織的ストーキング被害の記録を中心に綴っています。

 偶然を装った執拗な付きまといなどの嫌がらせ犯罪に加え、電磁波兵器などを使用して、目に見えず、証拠を残さずに、ターゲットを自殺や病死に追い込む卑劣極まりない犯罪行為を行う人物が、普通の住民を装って私たちのすぐ身近に潜んでいます。

 某宗教団体からの勧誘を断ったり、騒音に対する苦情を言ったりすると、本来の“ミッション”が発動され、一人の人間に対して集団での嫌がらせやストーキング行為が、長年に渡って行われます。

 また、体制側にとって都合の悪い発言をする人々も狙われます。

 被害者に対して人体実験も行われています。この犯罪行為による自殺者が後を絶ちません。

 こうした事実が広く周知され、加害者達が自らの罪を認める日が来る事を心から願っています。

Posted by 大沼安史 at 05:26 午後 4.電磁波被曝問題 |

2016-01-12

〔「集団ストーカー」に言及していたASKAさんのブログ〕◆ 9日夜に公開 10日未明に削除 「貴重な全文、キャッシュで残る」―― ≪ その内容が非常に衝撃を受けるものでした。特に、飯島愛さんについて書かれている辺りからが驚きの内容で、飯島さんやASKAさんが盗聴、盗撮されていた事、更には「集団ストーカー」という言葉も出て来て、一瞬、目を疑ってしまいました。≫

◎ 「組織的ストーキングという名の弾圧プログラム」ブログ
 (2016年1月11日付け)⇒ こちら
 
 http://stokerintheneighbors.blog.fc2.com/blog-entry-354.html

 ◎ ASKAさんのブログ(2016.01.09公開分/キャッシュ)
  ⇒ こちら
 http://togetter.com/li/923645

          *

 
 

 ◆ (ASKAさん) 「部屋の物の位置が変わってたり、撮り溜めたテープが無いの。」

 (飯島愛さん)「間違いない?」

 「間違いない。」

 「思い当たる人は?」

 「ごめん。それは言えない。盗聴を疑ってる人がひとりだけいるんだ。」

 ◆ (ASKAさん) 「部屋の物の位置が変わってたり、撮り溜めたテープが無いの。」

 (飯島愛さん)「間違いない?」

 「間違いない。」

 「思い当たる人は?」

 「ごめん。それは言えない。盗聴を疑ってる人がひとりだけいるんだ。」

          *

 彼女の死はあまりにも突然だった。本当に「イイヤツ」だった。大好きな友人だった。亡くなる数日前に、元気なメールを交わしていたのだ。

 「ASAKAちゃん、何やってるのー?」

 「いま香港。」

 「あら、お仕事やってるのね。頑張ってね。バイビー。」

 この数日後に肺炎でこの世を去るなんて・・。

          *

 ◆ 時同じく、女友達が「ネット盗聴」「集団ストーカー」被害に遭っていた。

 誰に相談しても信じてくれないのだという。

 私もそうだった。

 「単なる気のせいだ」と、言ってしまったのだ。

 「何をやっても聞かれている」「生活のすべてを見られている」と言って聞かなかった。

 「もう、生きていけない」と言っていた。

 本気だったのだ。

 間もなくして彼女は自分の命を絶った。

          *

 ◆ いろんなことが分かった。俄には信じがたい「集団盗聴盗撮」「ネットストーカー」に巻き込まれていたのだった。

 ネット検索をしてみたら、事実「集団盗聴」「集団ストーカー」に苦しんでいる人たちが多く存在していた。

 私は亡き友人を死に追いやった犯人を突き止めようと、パソコンの前に座り続けた。

 いくつかの手がかりになる情報を得たからだ。単なる自殺で終わる話ではない。

 これは殺人だ。

 知人の警察官に事実を伝え相談したが、証拠が出て来ない限りお手上げなのだと言う。

          *

 ◆ 盗聴は携帯電話で間違いなさそうだ。しかし、バッテリーを外している時も盗聴されていたのだ。その時だった。飯島の言葉を思い出した。パソコンのことだ。

 「電源切ってても、遠隔で盗聴できちゃうんだよ。」
 「パソコンだ・・。パソコンの中央上部に付いてるウェブカメラを遠隔操作されてるんだ。」

 ネットで調べてみると、すでに被害は起こっていた。遠隔でカメラのスイッチを入れれば当然音声のスイッチも入る。スイッチが入った瞬間に、パソコンに付いてるカメラのレンズは青く光るのだが、光らないように設定できることも知った。

          *

 ◆ 翌日、私(ASKAさん)はパソコンの前でこう言った。

 「顔も全部確認した。○○の社長か。パソコンを弁償するだけでは済まない。殺人も犯している。法的な措置に入る。」

 脅しではない。今まで取り溜めた証拠の整理に入った。

          *

 ◆ 彼たちは、このゲームのことを「狩り」と、呼んでいた。

 彼たちの仲間内の歌手が活動していた。初めてそのPV(プロモーションヴィデオ)を観たときに嫌悪感を覚えた。

 私は、そのPVが気になりダウンロードした。そして何度も再生した。

 そのPVは文字を効果的に使ってあったが、その文字が気になるのだ。

 私は、そのタイトルをアルファベットで書き出して、その書かれたモノを今度は逆から読んでみた。

 唖然とした。死んだ女性のイニシャルから始まる読み方になっている。

 そして、彼女の部屋が「○Hズバリ狩り区」と読めるように書かれている。

 それが、タイトルになっているのだ。楽曲自体はポップな仕上がりになっていた。

 しかし、PVの後半にどう受け取っても、意味のない静止画像が差し込まれている。

 私は、そこを拡大して何度も観た。そこには女性の裸体が小さな写真で並んでいた。コマ送りのようになって挿入されていた。明らかに盗撮写真だ。
 そのシンガーと殺人集団の関係は歴然としている。そして、間も無くそのPVは作り直された。現在そのPVは写真の部分だけをカットされたものがウェブ上にある。
 
 私がコピーしているのは、編集前のPVだ。これは6年間取り溜めた証拠の一部にしか過ぎない。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 「組織的ストーキングという名の弾圧プログラム」ブログ
 (2016年1月11日付け)⇒ こちら
 
 http://stokerintheneighbors.blog.fc2.com/blog-entry-354.html

 ◎ ASKAさんのブログ(2016.01.09公開分/キャッシュ)
  ⇒ こちら
 http://togetter.com/li/923645
 

Posted by 大沼安史 at 10:44 午前 4.電磁波被曝問題 |

〔集団ストーキングをしている組織は、こんなビジネスにも、かかわっている?!〕◆ ある裁判の「公開文書」に、こうある、そうだ。≪ ……不都合な社員や退職させたい社員がいる際には、まず集団ストーカーと呼ばれる手口で、その社員の周辺に複数の人間が常につきまとい、その社員に精神的苦痛を与え続け、その社員がたまらなくなって、怒鳴ったり暴力を振るったりしやすいようにする、もしくは精神的苦痛で自殺しやすい状況にする行為を続ける ≫

 

◆ ≪ このような集団ストーカー行為、もしくは産業医の制度を悪用する手口を使って、被害を訴える個人に対し、精神分裂症等の精神病として診断書を作成して被害者の発言の信憑性を低下させ、その上で産業医が治療と称し措置入院等を行う事で、報道、捜査機関、裁判所等を欺いて対応が出来ないようにし、さらに一般市民を自殺や泣き寝入りに追い込む ≫ 

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 日刊サイゾー オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口
 (2011年9月11日付け)⇒ こちら  http://news.livedoor.com/article/detail/5852938/

          *

 ★ 超音波、マイクロ波を使った「音声送信」もおそらく、この手口に使われている。

 司法・捜査当局の徹底した調査を求める!

Posted by 大沼安史 at 10:34 午前 4.電磁波被曝問題 |

2016-01-04

〔電磁波を使った脳内音声注入ハラスメント(auditory harassment)を許さない〕◎ 朗報! ◇ 米国の医師、ジョン・ホールさんが、「逆方向送信(reverse direction of transmission)」で、攻撃者(アタッカー)を逆襲するテクニックを編み出し、推奨! ★ 「倍返し」の技として、使えるかも知れない???

 〔★は大沼〕

 ★ ジョン・ホールさんも「聴覚ハラスメント」の被害者の一人だ。

 (ジョン・ホールさんは、有名女優そっくりさんのガールフレンドが薬物ギャングレイプ〔ビデオ撮影〕被害に遭い、その彼女を守ろうとして闘っているうちに、脳内音声注入などマインド・コントロール攻撃を受けるようになった!)

 そのジョン・ホールさんが被害体験記  ( A New Breed)の終わりの方(120ページ)で、こう、書いている。

          *

 もし攻撃者の「声」が聴こえるのであれば、その「声」が何を言っているかを確認し、それを自分の心のなかで(口に出さず〔not aloud〕……★ これはたぶん、発話する前に「先手を打って」ということではないか、と思う。ジョン・ホールさんはなぜ、「口に出さずになのか」書いていないので、理由はわからないが、とにかく「心のなかで」!)言えるようにする。

 そうしているうちに、攻撃者の「声」(言葉)を自分の心のなかで自由に使えるようになる。

 そうなったら、こっちのもの。

 こんどはその「声」(言葉)を、攻撃者に対して「お返し」する。

 つまり、「彼ら」の「言葉」でもって逆襲するわけだ。

 これを繰り返しているうち、こんどはこちらから返って行く「言葉」で「彼ら」が苦しむようになり(★ ジョン・ホールさんは同じ苦痛〔the same pain〕を与えることができる、と書いている)、こちらの意志で、相手を圧倒できるようになる!――というのである。

          *

 わたしはこの部分を実は半信半疑で読んだのだが、最近、これはどうやら有効な対処法ではないか、と思うようになった。

 たとえば、「彼ら」は――「でんごん(伝言)」「伝言」「伝言」……と繰り返したあと、「ごうりき(合力?)」「合力」「合力」「せいじょうは(清浄波)」「清浄波」「清浄波」などとリピート攻撃に移り、「自殺しろ」「自殺しろ」「自殺しろ」「地獄におちろ」「地獄におちろ」「地獄におちろ」と畳み込んで来る。
 
 このとき、逆に「伝言」「伝言」「伝言」と、攻撃してくる「彼ら」に対して通告し、心のなかで「合力」「合力」「合力」「清浄波」「清浄波」「清浄波」「自殺しろ」「自殺しろ」「自殺しろ」「地獄におちろ」「地獄におちろ」「地獄におちろ」と(声に出さずに)念じて、彼らの「意識」(?)に対して、逆送信する。

 送信を続ける!

 逆襲する!

          *

 わたしは、このジョン・ホール医師のこの対処法について――攻撃してくる「彼ら」の、パルス波をつかった「脳内音声攻撃」が、レーダーと同じで、「反射」「双方向性」を持っていることによるものではないか、と想像(妄想)している。

 だから、「返す」ことができる?!

 「彼が」が発射したものが、そのまま返ってゆく。

 しかし、それを、こちらが(新たに)「念じて」返すと、彼らの発射したものに加算されて――つまり倍の威力で返って行くのでは……などと想像(妄想)してもいる。

 そう! 半沢直樹さんの、あの「やられたらやりかえす、倍返しだ!」である。(笑い)

Img_1249877_62082461_01          *

 どうも、わたしという男は(ご承知?のように)、お調子者なので、(ついつい調子に乗って)、なんと――「彼ら」の「黒幕」を「想定」し、その黒幕に向かって、逆襲しようじゃないか、と考えたりもしている。

 黒幕の手先は――実行部隊は組織の命令で動いている人たち(知恵おくれの若者たちも含まれているらしい)だ!

 彼らを責めるより、「黒幕」に焦点を合わせて念じるのが、より効果的ではないか――と。

          *

 日本の「聴覚ハラスメント」攻撃被害者は少なくとも、数千人のオーダーに達しているはず!

 それら被害者が一斉に、ジョン・ホールさん流のこの倍返し逆襲念法をもってすれば、太陽光をレンズで1点に集中させたときのように、そのエネルギーはものすごいものになるだろう!

          *

 しかし、この「倍返しの術」はあくまで自衛の対処法であって、自衛の範囲にとどめなければならない。

 敵を赦し、愛することも必要だ。

          *

 いかついテキサスの麻酔医、ジョン・ホールさんの対処法が正しければ、日本の実行犯らはもちろん、日本の「黒幕」もまた、間もなく一掃されるはずである。

 だからわたしは、実行犯に対する「倍返し」の最後に、「こんなことをしていたら、君たちのためにならない。内部告発して、足を洗いなさい」と付け加え、セッションを終えるのがよいのではないか、と思っている。

Posted by 大沼安史 at 06:39 午後 4.電磁波被曝問題 |

2015-12-20

〔電磁波照射、許すまじ!〕◆ 米テキサス州在住のジェーザス・マンドナダさんが国連に対して、救済を訴え / 米国第2の法律大学院の不正(CIAなど米諜報機関関係者への弁護士資格・不正認定)を内部告発したところ、逆に、指向エネルギー照射の被害に! こどもたちまで照射による火傷被害! ★ 山口県周南市のAさん(元高専教官)も、同じような被害を訴えている!

 ★ Aさん宅の監視カメラ(複数)への妨害・停止工作といい、かなりの組織・技術・資金力を持った組織が背後で暗躍していそうな気がする。

 共同通信の最近の報道で、米軍資金が日本の研究機関(研究者)に供与されてることが暴露されたが、ひょっとしたらAさんもまた、軍事ハイテク兵器開発の人体実験(モルモット代わり)にされているのかも知れない。

 山口県警はだから、Aさんの再三の訴えにもかかわらず、見て見ぬふりをしているのではないか?

          *

12chiba1_14

12chiba1_15

 これが、上記、米国人、ジェーザスさんのお子さんがやられたという、皮膚への照射被害と同じものか?

 ◎ NPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」
 ⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/jittai/12chiba1.html#no2

          *

〔★は大沼〕 ◎ 関連? 日本も、すごいことになっている!

   日本では、こんな状況に!

    ⇒ ① こちら

      ② そして ⇒ こちら

      ③ さらに ⇒ こちら

      ④ はたまた ⇒ こちら

          *

          *

 ◎ 参考 2014-09-17 <電磁波メモ 「1996年」③> ◆ 全米図書賞に輝いた米国黒人女性作家、グロリア・ネイラーさんが、実録体験小説「1996年」で、電磁波照射攻撃を非難・告発 / 「彼ら」の攻撃は「わたしは死にたい」など、脳内への「声」の注入送信にとどまらなかった。「彼ら」が次に仕掛けてきたのは、「合成テレパシー(synthetic telepathy)」という極秘テクノロジーによる「思考盗聴」だった。「声」の送信器との併用で、ターゲットを「対話」で追いつめてゆく、恐ろしいマインド・コントロール攻撃だった。
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/09/synthetictelepa.html

          ◆

 ★ 日本では公安警察と連携した? 宗教団体の裏部隊(ヤクザ・バイト部隊 & 知恵おくれの若者を使った部隊 )の暗躍も取りざたされているが、果たして、実態は? 

 (★ 仙台で、わたしたちの前に、集団ストーカーで出て来た(来させられた)、知恵おくれ〔あるいは向精神薬を投与されたような〕の息子さん(30代の男性)を連れたおばあさんの、あの困ったような、どうしてこんなこと、しなくちゃ(させらくなくちゃ)ならないのだろう、という、あのほんとうに困惑した表情を、わたしたちは忘れられない……!

 わたしたちのことを、「敵」だと吹き込まれてきたのだろうが……? 

 あの宗教団体は……系列の精神病院の経営者といい、彼らはほんとうに罪深い!)

           *

  日本のジャーナリスト諸君の、調査報道に期待する!

 

 ★ マンダナダさんは、米国の学校などで起きている無差別銃撃事件が、電磁波照射被害の犠牲者による犯行ではないか、と見ている!

 

 日本も、あの淡路島の事件など、こんご解明されるべき、課題は多い。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ジョン・ホール著、『A New Breed』 ( 付録2 より)。

          *

 ★ 本ブログ既報 : 米国の黒人女性作家、グロリア・ネイラー(全米図書賞、受賞)さんは、米国のNSA(米安全保障局)の仕業ではないかと、自らの被害体験を踏まえ、訴えている。

 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/09/synthetictelepa.html

          *

 ★ 電磁波照射被害は日本でも、最近ますます深刻化している。

 

 日本の諜報機関(公安警察)が関わっているとしたら、きわめて問題である。

 

 この問題を追及する国会調査委員会を立ち上げなければならない!

Posted by 大沼安史 at 08:19 午後 4.電磁波被曝問題 |

2015-12-17

〔リベンジ・ポルノならぬリベンジ電磁波〕◆ 電磁波照射によるハイテク・リベンジが、これほど簡便なものになっている! ≪ …… 騙した相手に制裁を! 散々いじめてきた相手に仕返しをしたい! 相手にあなたに代わって復讐を致します 貴方は誰にも分からず制裁できます ≫ 

 ★ なるほど、これでは資金力と組織力のある集団ストーカー組織など、かんたんに、電磁波照射攻撃を繰り返すことができるわけだ!

 ハンディーな照射装置も写真入りで紹介されている!

 「電磁波で復讐」マーケット、日本に登場!

 すごい時代になったものだ。

 
 〔★は大沼〕 ◎ ⇒ こちら

Posted by 大沼安史 at 09:53 午後 4.電磁波被曝問題 |

2015-12-12

〔リベンジ・ポルノならぬ、リベンジ照射?〕★ 自公連立政権がやり放題を続けるこの日本に、こんなマーケット(需要と供給)があるとは……と改めて思う! ◎ (なんと)「電磁波攻撃で復讐」! ―― 「1週間程度の攻撃で鬱病、自殺、身体全身の痒み、幻覚などに悩まされます。期間は1週間~10日で症状が現れます。これらの攻撃で自殺することはありますが、死ぬことはありません」

 ◎ ⇒ http://blog.livedoor.jp/gunshop_yamiakinai/archives/33371038.htmlhttp://blog.livedoor.jp/gunshop_yamiakinai/archives/33371038.html

Posted by 大沼安史 at 10:36 午前 4.電磁波被曝問題 |

2015-12-01

〔あの不可思議な「岩手17歳女性殺害事件」の真相を追及し、なぜか「練炭自殺」を遂げた警察ジャーナリスト、黒木昭雄さん(元警視庁)と生前、交流のあった戸﨑貴裕さんが、自死したタレントの清水由貴子さんの体験証言(録音記録)を公表!〕◆ 歌手・タレントの清水由貴子さん (録音収録現場の)「(上空にヘリコプターが来たのを見て)〔東京都内の自宅で〕「ヘリコプターなんですよ。ずっとヘリコプターが来るんですよ。毎日ヘリコプター来るんですよ」

Gnj0904250504001p1 ★ わたしたちも(気づいたのは、一度だけだが)静岡県西部の街のアパートに避難していたとき、ヘリが超低空で接近、サーチライトのようなものを点滅照射する威嚇を受けたことがある!

 ★ サムネイル写真の出典はこちら ⇒ http://www.sanspo.com/geino/news/090425/gnj0904250504001-n1.htm

 ◆ 「デジタル盗聴が来ると、それ(装置)が音が鳴ってランプがつくんです。消すこともできるんですが、もう鳴りっぱなしで……」(下記、WMVファイルより)

          *

 ◆ 「あれなんですよ。母がね、私がめまいをおきたいとか、母が耳がおかしくなったりとか、もうあの、539MHzでラジオのAMかけると、その変な音……」

          *

 ◎ 清水由貴子さんが訴えていた真実 (WMVファイル 録音聴収可)⇒ http://www.antigangstalking.join-us.jp/

 ◎ ⇒ http://antigangstalking.join-us.jp/doc/CivilSuit_03_e40_yukiko_shimizu.pdf

          *

 ◎ 清水由貴子さん Wiki ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E7%94%B1%E8%B2%B4%E5%AD%90

 ・ 2009年4月21日、静岡県駿東郡小山町の冨士霊園にある父親の墓前で、硫化水素が充満した黒いポリ袋を顔に被せた状態で自殺しているのが見つかった。49歳没。死亡時刻は前日の20日午後5時頃。その傍らに要介護の母親が車椅子に座った状態で残されており、一時意識を失っていたが命に別状はなかった。

          *

 ★ わたしがいま、この清水由貴子さんの生前の証言を紹介しようと思ったのは、ほかでもない。

 「オシドリさん」の名古屋街頭スピーチで、 「福島の(小児甲状腺)検討委員会に一緒に行ってた方が、……去年の夏から、今年の頭にかけて3人自殺をしました」「で、被ばくの研究をされてる方も、今年1人自死されました」 ――ことを知ったからだ。

   ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/11/post-5715.html

 どんな死に方をしたのだろう?

 黒木昭雄さんのように、車のなかで「練炭自殺」を遂げたのだろうか?

   ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/06/post-d580.html
 
 自殺強要、自殺偽装、自殺誘導……事実とすれば、恐ろしいことだ。

 マスコミの徹底した調査報道を望む!

Posted by 大沼安史 at 10:25 午後 4.電磁波被曝問題 |

2015-11-28

〔テクノロジー公害(そして)攻撃を許すまじ〕★ ガスを利用した家庭用発電システムの低周波 近隣住民が不眠症や自律神経失調症を訴え!

 ★ わたしも仙台のマンションで、おそらくは「脱原発つぶしの工作員グループ」によるものとみられる猛烈な低周波の照射(高周波やその他のマインドコントロール照射と合わせ)を受け、自宅の放棄、脱出を強いられた。(低周波測定器で測定・確認!)

Cuqgdhwucaaannu

Cuqgdfzvaaajytr

 写真は、ツイッターで報じられた、そうした照射装置(とされるもの)。

 H Helliessu ‏@Helliesu  · 11月25日 
【拡散】これを見てほしい!!! あくまで一例だが、
テクノロジー犯罪に使う電磁波兵器だ!!!【希望】

           *

 ★ 日本の警察はどうして、見て見ぬふりをし続けているのだろう?

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 朝日新聞デジタル 家庭用ガス発電、「振動・低周波で不眠」相次ぐ 消費者庁委、調査へ
 (28日付け)⇒ http://digital.asahi.com/articles/DA3S12090297.html?rm=150

          *

          *

 ◎ 関連 (朝日新聞) エコキュートの低周波音「健康への影響、可能性ある」
    (2014年12月19日付け)⇒ http://www.asahi.com/articles/ASGDL7362GDLUTIL04K.html

 ・ 消費者事故調は、群馬県高崎市の夫婦からの申し出を受け2012年11月から調査。夫婦は隣家のエコキュートから出る低周波音で不眠や頭痛の症状が出たと訴えていた

 ・ エコキュートやエアコン室外機の運転音には周波数が100ヘルツ以下で、音が小さいと聞こえない人もいる低周波音が含まれることが分かっている。消費者事故調は、エコキュートの運転音が健康に影響したと訴える100人へのアンケートや、群馬県の例のほか苦情があった18例の現地調査などを実施。その結果、エコキュートからの距離と症状の程度に関連があることなどから、低周波音の健康への影響が「否定できない」と結論づけた。

Posted by 大沼安史 at 05:47 午後 4.電磁波被曝問題 |

2015-11-18

〔ハイテク・ハラスメント、許すまじ!〕◆ 「マインド・コントロール」に警鐘を鳴らし続けていた、フィンランドの女医、ラウニ・リーナ・ルーカネン・キルデさんが、「スカラ波の照射を受けたため、癌になった」と言い遺し、死去! / 10月初め、ベルリンで開かれた「CHC国際学術会議2015」で参加者が追悼! ★ スカラ波の照射で、癌に! なんなのだ、これは?!

330pxraunileena_luukanenkilde

Dna20and20cell20radio

 ★ スカラ波?

   いったい何やら、見当がつかないので、ネットで検索したら、日本語で書かれた、以下のサイトに行き着いた。

 ⇒ http://homepage2.nifty.com/dennjiha/contents/scalar_01b.html

 そこには、たとえば、こう書かれている。

  …………スカラー波が外部から過剰に与えられると、細胞内の水 素結合、イオン結合に大きな影響をもたらします。生体内の主要な反応、膜構造、人体では特にヘモグロビンの酸素との結合を大きく限害します。低酸素血症により、細胞はATPの生産も効率よく行えず代謝反応がすべての段階で低下してしまうと考えられます。また、神経細胞のノルアドレナリンの摂取の抑制、DNAの複製に影響を与えることなど も知られています。さらに、酸素タンパク質、DNA、糖鎖等の高次構造に影響を与え、それらが関わる反応を限害させることにより生体に様々な悪影響を及ぼします。人体の免疫システムの破壊、遺伝子変異、新しい病気の発生などが挙げられます。

          *

 ★ このスカラ波にやられたといって、「マインド・コントロール」撲滅の闘いを続けていた、世界的な指導者、キルデ女史が亡くなった。

 昨年の「CHC2014」では元気に大会実行委員長を務められていた方だ。

          *

 ★ CHCは、諜報機関などによる「秘密(コバート)ハラスメント」を追及する国際的な科学者の団体である。

          *

  〔★は大沼〕 ◎ デンマーク ホワイトTV Dr. Rauni-Leena Luukanen-Kilde dead, probably murdered Update 10.2.
 (2015年2月9日付け)⇒ http://whitetv.se/en/mind-control-mk-ultra/1149.html

  ◎ CHC2015 ⇒ http://www.covertharassmentconference.com/home
 
  ◎ Rauni-Leena Luukanen-Kilde さん ウィキ ⇒ https://en.wikipedia.org/wiki/Rauni-Leena_Luukanen-Kilde

  ◎ スカラ波 についての英文解説 ⇒ http://whitetv.se/en/mind-control-mk-ultra/1068-scalar-waves-used-in-mind-control.html

Posted by 大沼安史 at 08:34 午後 4.電磁波被曝問題 |

2015-11-16

〔集団ストーキング&ハイテク・ハラスメントを許すまじ!〕◆ 《 産業医は、「日刊サイゾー」記者の取材に、こう打ち明けた。「私が相談を受けた集団ストーカーは、かなり大手の外資系会計事務所の法務部が、ある宗教団体の行動部隊へ委託して行われたという、かなり悪質な一件でした。信じ難いことですが、一部の教団にはそういう"業務"を請け負う部隊があり、各企業の法務部とパイプを構築しているのです」》 

Sangyoi02 ★ これは、調査報道記事――「企業の言いなりになり、社員を病人に仕立てる!? ――オリンパス事件は氷山の一角 現役産業医が語る「リアルでブラックなクビ切り術」の一節である。

 わたしの経験と推測からすると、こうした「集スト&ハラスメント」は、労務対策にだけ、使われているわけではない。

 宗教団体が「敵」と見なすターゲット(一般人、宗教関係者、組織)、あるいは脱原発など市民運動を続けている「(国家権力からみて)非国民」に対しても、軍事テクノロジー由来のさまざまなハイテク機器(兵器)を駆使して(精神病院や知的障がい者、失業者らも巻き込んで)、さまざまな目的で、半ば公然と(堂々と)続けられているようだ。

 おそろしい事態である。

          * 

 ★ 受信メールのサムネイル写真(写真説明 / 集団ストーカーの参加メンバーのひとりから医師に届いた相談メール。「納得できない」「もうやめたい」といった心の叫びがつづられていた)は、「日刊サイゾー」の記事より。より鮮明な写真は、下記の記事リンクをクリック! 

          *

 ◆ 「私が相談を受けた集団ストーカーは、かなり大手の外資系会計事務所の法務部が、ある宗教団体の行動部隊へ委託して行われたという、かなり悪質な一件でした。

 信じ難いことですが、一部の教団にはそういう"業務"を請け負う部隊があり、各企業の法務部とパイプを構築しているのです。

 裏仕事を暴力団に頼むのと構図は同じです。

 しかもそのときは、顧問弁護を務めていた女性弁護士も承知していたというのだからひどい話です。道ですれ違いざまに『山田一郎(仮名)、死ね』とささやいたり、ホームの対面からじっと視線を合わせたりするわけです。

 ノイローゼになって産業医に相談に行くと、『最近、人の視線が気になりませんか』とか、『幻聴は聞こえますか』と誘導する。

 で、私に相談してきたのは、その集団ストーカーをしたひとり。『上からの指示でこんなことをしたが、もうやりたくない、死にたい』とメールで泣きついてきました。やる方もこたえる。負の連鎖ですよ」

 ◆ また、別の産業医(40代開業医)も集団ストーカーについて次のように言う。

 「企業の法務部と教団ラインの集団ストーカーは、最近はあまり行われなくなったとも聞いています。人を多く使うので、どうしても情報が漏れやすいですからね。やる側も罪悪感から精神を病む人もいますし」

 引き受ける教団も教団なら、そんなところへ"業務"として下ろす企業も企業。ここまでブラックな手法が一部の大手企業で常態化していた事実に驚くしかない。

 

          *

 ◎ 日刊サイゾー ⇒ http://www.cyzo.com/2011/10/post_8912.html

Posted by 大沼安史 at 04:40 午後 4.電磁波被曝問題 |

2015-11-15

〔電磁波などを使ったハイテク犯罪、許すまじ!〕◆ 《STOP エレクトロニック・ハラスメント》サイトがネット上で活動を開始! 「エレクトロニック・ハラスメント廃絶の法制化を求める」 

Images4

Photo

4

★ 写真はいずれも、カナダの被害者団体のもの。 イラストは、米国人ブロッガー、クリストファー・バーゲスさんのブログ記事( ⇒ こちら)より。

 ★ このサイトは、被害者でもある「シルバーバレット」さんらが中心になって開設したもののようだ。

 わたしは電磁波照射被害に遭うなか、「シルバーバレット」さんから、ロンドン在住の米国人女性ジャーナリストのリン・マックタガードさんの本を紹介され、静岡への避難時代、苦しみのさなか、なんとか彼女の本を3冊、読んで、視野を広げることができた。

 彼女の本は「エレクトロニック・ハラスメント」とは無関係だが、人間の意識というものの強さを教えられ、これは大丈夫、負けないで済むかもしれないと思うことができた。

 その「シルバーバレット」さんらによる、このサイトは、とても冷静で、ためになる。
  
 被害に遭われている方、諜報機関?、宗教団体?による照射被害に遭っている(かも知れない)方は、ぜひ、アクセスを。

 〔★は大沼〕 ◎ ⇒ http://stopeh.org/wordpress/?page_id=64

Posted by 大沼安史 at 05:21 午後 4.電磁波被曝問題 |

2015-09-08

〔いまや、「そんなバカなっ!」――ことではない!〕◆ 「ビーム状の細いエリアに音情報を提供することができる」――「指向性音響システム」が実用化されている! / ★「アンプ内蔵の小型スピーカーシステム」だそうだ。 

〔★は大沼〕◎ 三菱電機エンジニアリング 
  ⇒ http://www.mee.co.jp/sales/acoustics/kokodake/index.html

          ◆

 ★ またひとつ、わたしの浅薄な「常識」――「そんなバカなっ!」を打ち破る、テクノロジーがあることを…………それも実用化されていて、製品が出回っていることを、遅まきながら、今頃知った( とほほ……)!

 これは便利なものだ。役に立つ!

 「段差がありますから、足元にご注意ください」とか、スポットに「音声」を送ることができるのだから!

          *

 ★ ところで、集団ストーカー被害に遭うと、「ゴウリキ(合力?)」 とか 「デンゴン(伝言?)」 とか 「ホウレンソウ(放連想?)」 とか 「ナムミョーホウレンゲーキョー(南無妙法蓮華経?)」 といった呪文のような言葉に続き、 「今晩殺しに行く」 とか 「自殺しろ!」「飛び降りろ」 といった「脅迫」が無限に続き、 「気持ち悪いフェ**オ」 といったわいせつな言葉さえ、連続して浴びせかけられる――という、これまた「そんなバカな」話がある。

 しかし、こういうテクノロジーが存在するのであれば、違法行為を続ける闇組織や宗教カルトに、悪用されている可能性も、一概に否定できない。

 警察は被害者の訴えを一蹴せず、まじめに「詳しく捜査」(NHKニュースの常套句)し、取り締まってほしい!

         *

 ◎ 本ブログ関連記事 「そ、そんなバカな……」

 ① ◆ その名は「アラーの声( “voice of Allah.”)」! イラクで過激派に対して実験! 遠くから、特定の個人だけに「聴こえるメッセージ」を送り込む! ◆ アリゾナ州立大学・戦略コミュニケーション・センターのサイトで、エディターのスチーブン・コーマン氏が、その存在を、米政府の会議の場で聞いたことを明らかに! ★ うわさの「神の声」兵器はやはり実在していた!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/06/voice-of-allah-.html

          *

 ② ◆ 米軍がイラクで「長距離音響装置(LRAD)」を「神の声兵器」として使用していた! ワイアド誌も〔引用〕報道
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/06/lrad-e958.html

 ・ ★ Wired誌の記事の著者は、新型兵器に詳しい米国の女性ジャーナリスト、シャロン・ワインバーガーさんである。

 シャロンさんは、2007年1月14日付けのワシントン・ポスト(日曜版)に、「マインド・ゲーム」というタイトルの、電磁波照射被害に関する長文の調査報道記事を書いた人だ。

 その中で、シャロンさんは、米軍(空軍研究所)が、驚くなかれ、人間の脳にマイクロ波で「言葉」を送り込むテクノロジーを開発、特許をとっていたことを明らかにしている。

          *

 ③ ◆「神の声」テクノロジー、マイクロ波のパルス照射の疑い ―― 「マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)」 マイクロ波を(レーダーのように)パルス波形にして人に照射すると、音を聞く事ができる現象……ブルックス空軍基地で極秘の研究の噂が絶えないが、米空軍は頑固に口を閉ざしている。
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/06/post-ca0d.html

          *

 ④ ◆ <電磁波メモ 「1996年」①> ◆ その年、1996年の夏、ニューヨークのマンションの自宅で、<それ>は始まった。頭の中で突然……「わたしはビッチ! 自殺したい!」と! / 「全米図書賞」を受賞した米黒人女性作家、グロリア・ネイラー(Gloria Naylor)さんが、電磁波照射「神の声」被害体験小説、『1996年』で告発!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/06/gloria-naylor-a.html

 ・ グロリア・ネイラーさん(1950~ )は1983年、小説"The Women of Brewster Place" で、米国の最高の文学賞、「ナショナル・ブック・アワード」を受賞した人だ。

 ニューヨーク・ブルックリンの一画に生きる女性たちを描いたこの小説(★ わたしもペンギン・ブックスで読み進んでいるが、すばらしい!)は、オプラ・ウィンフレーによる大人気テレビシリーズとなった。

 そんなグロリアさんを、電磁波照射攻撃が襲う。

  場所はブルックリンの自宅。

  隣室からの――それも、音声を直接、頭脳に吹き込む、いわゆる「神の声」攻撃だった。

 グロリアさんはその体験小説、「1996」で、自分の頭に、突然、脈絡もなく現れた以下のような「言葉(文)」を記録しているので紹介する。(同書99頁より)

 I am a bitch.(わたしはビッチ〔女性を罵る言葉〕)

  I am the worst bitch in the world. I want to kill myself.(わたしは世界で最悪のビッチ。自殺したい)

   ◆ 体験小説「1996年」の②と③ について、以下の本ブログ記事内に
      ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/09/synthetictelepa.html

          *

 ⑤ ◆ 電磁波兵器開発の本家本元(?)である米軍が、イラク戦争中、バグダッドで、「ポッパー」と呼ばれる装置を使って、地域住民に対し、電磁波照射攻撃を行っていたことが、カナダ人ジャーナリストによって、明るみに!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/09/synthetictelepa.html

          *

 ★ 三菱電機エンジニアリング製!

 そういえば、わたしが吉備中央町に移住して間もなく、「移住者実態調査」で訪ねて来られた方がいる。

 その方、社会人入学して大学院で勉強されているという感心な人で、たしか三菱電機に在職する人だった。

 その方がいらしたときにコレを知っていたら、もしかしたら詳しく聞けたのに…………。                

          *

 〔★は大沼〕◎ 三菱電機エンジニアリング 
  ⇒ http://www.mee.co.jp/sales/acoustics/kokodake/index.html

Posted by 大沼安史 at 09:37 午前 4.電磁波被曝問題 |

2015-07-09

〔電磁波の脅威〕◆ リモートでパソコン情報などを盗み出す「電磁波サーベランス」、暗号名「TEMPEST(大嵐)」に注意!

 ★ スノーデンさんによって世界規模の盗聴活動が暴露された、米国最大の諜報機関、NSA(国家安全保障局)が名づけた、コードネーム「テンペスト」なる技術は、実は一昔もふた昔も前の、古い技術である。

 漏洩電磁波、電気信号、音声、震動(たとえば窓ガラス)などで、情報を読み取るスパイ・テクノロジーだ。

 ユーチューブに、むかしのNHKの紹介番組が残っていたので、いま、本ブログで紹介しているのだが、いま欧米の専門家が警告しているのは、電波発信して電力使用量をキャッチする「スマートメーター」の悪用問題である。

 家庭・個人のプライバシーが丸裸にされるし、電磁波照射機器にもなり得るという警告である。

 現在、世界的な問題となっているのは、こうした電磁波などを使った遠隔操作による情報の盗み出しからさらに進んだ、個人や集団を対象とした、遠隔操作によるマインドコントロールである。

 SFの問題ではなく、いまや現実の問題である。

          *  

 〔★は大沼〕◎ ユーチューブ : テンペスト 壁の向こうからパソコン画面を盗撮できる電磁波
 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=TR4YQA3KNUc

 ◎ 参考 :遠くからパソコンをスパイできる『テンペスト』技術
 (1999年10月28日、Wired) ⇒ http://wired.jp/1999/10/28/%e9%81%a0%e3%81%8f%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%92%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%80%8e%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%8f/

 ◎ TEMPEST(英語ウィキ) ⇒ https://en.wikipedia.org/wiki/Tempest_(codename)

Posted by 大沼安史 at 06:12 午後 4.電磁波被曝問題 |

2015-06-19

〔阿修羅〕◆ 論文『超音波を悪用した都市環境を破壊する組織罪犯』のその後 ★ 2005年2月、日本都市計画学会の都市計画報告集に掲載された論文が、その後、「著者より登載データ等に齟齬があるという理由から当該論文の取り下げ要望を受け、当該論文を撤回」

          *

 ★ わたしが、この論文の存在を知ったのは、「電磁ハラスメント被害を綴る」ブログによる。

 上記、「阿修羅」ブログにも、この「電磁ハラスメント被害を綴る」ブログにも、論文のリンクが貼られている( ⇒ こちら )が、取り下げられたせいか、クリックしても、「Webページが見つかりません」と出る。

 しかし――「電磁ハラスメント被害を綴る」ブログでは、論文のさわりを、以下のように引用している。

          *

 近年、超音波を悪用した都市型組織犯罪現象を認識し得る。超音波の悪用とは、超音波発信機を、放送機器または無線機(以下超音波とする)として悪用したものである。

 犯罪現象の内容は、特定の個人を対象に24時間監視下において、次のような犯罪行為を数人の加害者が組織的に行うものである。

 第一に、特定・不特定個人のプライベートに関する情報を行い、第二に、特定・不特定のプライベートに関する情報をかすかな音声として加害者数人が役割分担を行って放送し、第三に、超音波を身体の各部位にスポット照射し、暴行等、有形力行使に似た示威行為を組織的に行う等である。

          *

 ★ 論文の著者は――「超音波」によるハラスメントを「都市型組織犯罪現象」とお考えになり、学術論文として発表(その後、撤回)されたようだ。

 この「超音波」――そして「電磁波」などを悪用した被害が、この日本でも広がっていることは、NPO法人、「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」 による調査でも判明しており、同NPOの「登録被害者」は、全国で1522名に達している。

 同法人は警察などに対策を求める要望・陳情を繰り返している。

 研究者が調査に乗り出し、学術論文として発表(その後、取り下げ)していることは、この問題の深刻さを物語るものだ。

 事実の早急な徹底究明が求められている。

          *

 ★ なお、著者によって取り下げられたとされる発表論文(とみられるもの)が、以下に「記録」されている。
 ⇒ http://daily2.sakura.ne.jp/35.html

 その一部を、(編集して)引用する。

          *

 加害者は、組織化しており、首謀者らしき者を中心に、5人から 10人位で構成される。首謀者または首謀者の親族は経済的基盤を有しているが、その他の多くの共犯者は、無職または不定期な労働者等である場合が少なくない。このような就業環境をもとに、被害者を共犯者達が交互に 24時間ストーカー及び監視下におき、超音波送信機をもちいて、次のような行為を繰り返す。

          *

 (3)当該犯罪の典型的な行為類型

 主要な犯罪行為をパターン化すれば次のとおり。

 被害者の情報を収集して家族関係・身体・性的な内容等プライベート情報に関する語りかけ行為

 殺意・傷害・暴行を示唆した恐喝に関する語りかけ行為

 詐欺・恐喝に関する語りかけ行為

 パソコン・ TV・電話機等電気製品に誤動作を起こす行為

 頭の締め付け・臓器に違和感を与える行為

 性的な内容の語りかけ、性器に違和感を与える等、性的道徳秩序に関する行為

          *

 D その他体の各部位へ超音波を照射する行為

  超音波は、一種の圧縮空気の粗密波であるので、体に照射されると痛み・発熱を伴う。ほとんどの場合、外傷が見られない様に行い、傷害罪・暴行罪の立証を難しくする。この行為は、このような超音波の性質を利用して、暴行等を示唆した有形力行使に似た示威行為である。

(具体的な犯罪行為)超音波を心臓、眼球、各部筋肉、皮膚等へ照射し、痛みを伴う行為を行う。大腿筋等硬い組織(物体)に超音波を照射し、超音波の周波数と共振させて、筋肉をピクピクと振動させる等の行為を行う場合も多い。

          *

 ★ 上記の「阿修羅」ブログにもあるように、当該研究者の方の、さらなる調査と、新論文の発表が待たれる。 

Posted by 大沼安史 at 09:04 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2015-06-04

〔放射線照射テロの脅威〕◆ 米FBIが、テロ攻撃を狙い、X線照射装置を製作していた、元GEエンジニアら2人を逮捕、現在、裁判、進行中 / 逮捕時、米ABC放送、「オバマ大統領暗殺狙いの可能性」と報道 裁判で被告、「オトリ捜査で、はめられた」と主張 ★ 日本国内ではすでに、「中性子線」の照射を、さまざまな方向から、岡山県内の自宅で受けたことを、測定器「PDM-313」 5台で確かめた――とする電気工学者の被害報告もある! 

 ★ わたし(たち)にも、似通った「体験」がある。

 もしかしたら、電磁波(高周波・低周波)ハラスメントとあわせ、放射線のハラスメントも、あるのかも知れない。

  仙台で被害に遭っていたころ、「被災地(つまり被曝地?)で悪さをしている組織がある」と、ある人を介して警告を受けたことを思い出す。

 要注意、要警戒である。

          *
 
 〔★は大沼〕 ◎ ABC : FBI Foils Plot To Build Strange X-Ray Weapon, Possibly Targeting President Obama
 (2013年6月19日付け)⇒ http://abcnews.go.com/Politics/fbi-foils-plot-build-strange-ray-weapon-possibly/story?id=19440343

 ・ A New York man who allegedly wanted to kill President Obama and apparently blamed him for the recent Boston bombings has been arrested for trying to build and detonate a weapon of mass destruction.

 Glendon Scott Crawford, 49, of Galway, N.Y., spent months designing and constructing an X-ray system that would emit deadly amounts of radiation and could be detonated remotely, according to the FBI. Crawford recruited Eric J. Feight, 54, of Hudson, N.Y, to join in the plot, and both were arrested Tuesday, the FBI said.

 Crawford and Feight allegedly planned to hide their weapon in a truck and FBI experts said it would have been "functional" and "lethal."

 According to the FBI, Crawford cited "a political figure" and a Muslim organization as "potential targets." Sources familiar with the investigation identified the "political figure" as Obama. ……

 ◎ ニューヨーク・タイムズ(AP電掲載): X-Ray Weapon Defendant Says Authorities Concocted Plot
 (2015年4月2日付け)⇒ http://www.nytimes.com/aponline/2015/04/02/us/ap-us-x-ray-weapon-plot.html?_r=0

          *

 ◆ 電気工学者である「元岡山大学教員」の方のブログ報告
 ⇒ http://www.geocities.jp/tthdt960/index.html

 ・ 放射線攻撃の形態と特徴

 放射線の種類により大きく異なります。これは、放射線発生装置を製作する為に用いる材料の違いに起因する放射線発生装置の性能の差から来ているものと思われます。ベータ線はアルミニウムで防ぐことが出来ます。ガンマ線は鉛や鉄等の重い元素(重く硬い物)でしか防ぐことが出来ませんが、中性子線は水やパラフィン、プラスチック等の軽い元素(軽く柔らかい物)で防ぐことが出来ます。放射線発生装置を作るには、これらの材料を用いて、放射性物質を入れる壁の厚い密閉容器を作り、放射線を取り出す為の穴を高精度で開ける必要があります。しかし、加工技術の面から材料によって穴の精度が異なります。プラスチックの場合はレーザー加工が可能です。その結果、放射線の種類によって攻撃位置精度が異なります。攻撃位置精度の高い順に並べると、中性子線、ベータ線、ガンマ線の順になります。中性子線は攻撃位置精度が非常に高く、ピンポイント攻撃が出来るのに対して、ガンマ線はピストル程度の攻撃位置精度しか有りません。ベータ線はその中間です。また、放射線の種類によって物質を透過する能力が異なります。X線、ガンマ線、中性子線は透過能力が非常に高く、建物の外から中に居る人を攻撃出来るのに対して、ベータ線は透過能力が低いです。その結果、放射線の種類によって攻撃方法が異なります。

ベータ線の場合  :  

 自宅全体が周囲の家から狙われる。
                   
 犯行が発覚しにくい。測定器がないと分からない。

 ベータ線が物に当たると、X線が発生する。

ガンマ線の場合  :

  私が居る一帯を無差別に狙って来ることが多い。
 静止していると、近距離からビーム状攻撃されることもある。素早い攻撃は出来きず、攻撃位置精度は劣る。
                    
 遠距離からの攻撃が可能。犯行が発覚しにくい。非常に強い場合を除けば、測定器がないと分からない。

中性子線の場合 :

 ビーム状攻撃が多い。最近はビームの径が大きい攻撃もある。素早い攻撃が出来き、攻撃位置精度が非常に高い。歯を1本1本識別して攻撃して来る。
 遠距離からの攻撃が可能。犯行が比較的発覚し易い。
 測定器で測定するのが、非常に難しい。
 測定しようとすると、直ぐに攻撃を止める。

Posted by 大沼安史 at 09:46 午前 4.電磁波被曝問題 |

2015-04-19

〔その名も≪頭が爆発するシンドローム≫! 米国の学生5人に1人が経験!〕◆ 米CBS放送、英紙インディペンデントが報道 / Exploding head syndrome! / 「志向性エネルギー兵器によるものではないかと疑う人々も」

Cbgklfgugai1dg7

 ★ それにしても、≪頭が爆発するシンドローム≫って何なんだ?!

 同紙によると、文字通り、頭が爆発して吹き飛ぶわけではない。

 眠りに就こうとする際、あるいは眠りから寝覚める際、「大きなノイズ( loud noises 騒音)」が「突然」聴こえる症状だそうだ。

 寝入りと寝覚めに、突然、何か聴こえて来る! そんなシンドローム(書状)が、若者たちの間でも起きている。

 米国のワシントン州立大学の調査によると、学生のうちの18%が、最低1度は経験している。

 いったい、どうして?

 学術誌「睡眠研究ジャーナル(the Journal of Sleep Researc)」に論文を発表した研究チームのリーダーによると、何らかの「志向性エネルギー兵器( directed-energy weapon)」によるものではないかと、「誤って信じ込んでいる人々」もいるというから、なんだか、怖い。

 でも、なぜ?
 医学の研究者らによると、脳が眠りに就く際のシャットダウンと、目覚める際のスタートアップに、なんらかのトラブルが出ていることが原因。

 聴覚ニューロンが不適切に、いちどに活性化することから、「音(ノイズ)」が聴こえるのだそうだ。

 いまのところ、治療法はない。

 しかし、こういうことがけっこうフツーに起きていると知ることによって、「恐怖感は和らぐ」と、研究チームは指摘しているそうだ。

          *

 ★ わたしは医学者でも何でもないが、「電磁波スモッグ」の危険性に注目する一人として、最近の若者が、スマホなど「電磁波漬け」になっていることが問題の背景にあるのではないかと疑っている。

          * 

 〔★は大沼〕◎ CBS : "Exploding head syndrome" is real, and surprisingly common
 (3月31日付け)⇒ http://www.cbsnews.com/news/exploding-head-syndrome-is-real-and-surprisingly-common/

 ◎英紙インディペンデント : Exploding head syndrome: One-fifth of US college students suffer from ailment, study fin
(4月1日付け)⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/americas/exploding-head-syndrome-onefifth-of-us-college-students-suffer-from-ailment-study-finds-10149851.html

          *

 ◆ 英紙インディペンデントより。

 ・ The syndrome does not actually involve heads exploding, but instead is characterised by hearing sudden, loud noises when going to sleep and waking up. Not much is known about the condition, but the study disproves a previously held theory that it only affects older people.

 ・ “Some people have worked these scary experiences into conspiracy theories and mistakenly believe the episodes are caused by some sort of directed-energy weapon,” said Brian Sharpless, the author of the study, according to Medical News Today. “For this scary noise you hear at night when there's nothing going on in your environment, well, it might be the government messing with you.”

 ・ Medical professionals think that exploding head syndrome happens when the brain has trouble shutting down when going to bed or starting up when waking, reports say. Dr Sharpless said that the loud noises associated with the condition could happen because auditory neurons activate all at once instead of shutting down properly.

Posted by 大沼安史 at 09:18 午後 4.電磁波被曝問題 |

2015-04-07

〔これはもしかしたら、洲本の殺人事件捜査本部の事件解明のヒントになるかも知れない!〕◆ 洲本(淡路島)で、近隣住民を殺害した犯人は「電磁波」がどうの、と取り調べに対し「供述」していたという。なぜ、そんな「妄想」にとらわれたのか? 捜査本部は、下記の「業者」から、捜査のアドバイスを受けたらいい!

 ◎ 電磁波攻撃で復讐
 ⇒ http://blog.livedoor.jp/gunshop_yamiakinai/archives/43234436.html

          *

 上記のブログには、以下のように書かれている。

 ・ アパートマンション、隣の騒音がうるさい!! 1 隣の住民とトラブル続きで追い出したい 2 マンション・アパートの二階の騒音がうるさい 3 引っ越して貰いたい そんな方のために電磁波マシーンで追い出せます。

 ・ 複数居住しているマンションなどでもターゲットの部屋だけ集中して攻撃ができますが家族がいた場合は特定することは理論的には可能ですが、実際は難しく家族全員が被害に遭うことになります。

 電圧の調整で身体の痛み、幻覚、物忘れを起こさせることができます。夜の睡眠は聴覚に影響して寝る事もできなくさせられます。

 1週間程度の攻撃で鬱病、自殺、身体全身の痒み、幻覚などに悩まされます。期間は1週間~10日で表情が現れます。これらの攻撃で自殺することはありますが、死ぬことはありません。

 ・ 左右隣の部屋・上下の階の部屋には効果がでます。
 最近は社宅などに住んでいる人の注文が多いです。
 それはトラブルです。

 電磁波攻撃を受けて仕事もできなくなり、病院で、「統合失調症」と診断されて退職した人もいます。

 電磁波放射器とは電子レンジの小型のようなものです。
 電子レンジはドアを閉めないと電源は入りませんが、そのドアのないものです。
 飛び出すのは、「マイクロ波」 水分に反応して熱を発します。

 これで1週間もすると寝られなくなり、体調を崩します。
 隣のターゲットを追い出すには優れものです。

 電源は600wと喰いますが効果は3日で出ます。
 騒音がうるさいと注意すると非常識な連中はもっと嫌がらせをしてくる奴もいます。
 注意して収まらないとしたら電磁波を浴びせて追い出せばいいわけです。

 死ぬ前に精神病に入院するので死ぬことはありません。
 病院は精神病は国から補助金も出るので一度入院させたら出しません。
 これで会社の復帰も部屋に戻ることはなくなります。

          *

 ◎ 参考 : <電磁波ニュース> イラク戦争で米軍、ファルージャなどで「電磁波兵器」を使用! カナダの調査報道ジャーナリストが、イラク米軍ソースの証言をもとに暴露! / 建物の屋上の死角に、「ポッパー」あるいは「ドーム」と呼ばれる、ドーム状の発信装置を設置 / 射程 半径0.8キロ 住民に照射! 頭痛・白内障・記憶喪失・癌・自殺……ターゲット区域の住民の抵抗を殺ぎ、追い出しを図る
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/03/post-40ee.html

Posted by 大沼安史 at 10:08 午後 4.電磁波被曝問題 |

2015-03-31

〔1984年プラス?〕◆ 「テレビ」が視聴者を「盗聴」/ 音声認識機能を転用 / ◆ 三菱・液晶テレビの障害発生で、家電メーカーが放送電波を利用して、各家庭のテレビに内蔵されているソフトウェアを更新していることが判明! 

1423182746234_cached

〔★は大沼〕◎ デイリー・ビースト : Your Samsung SmartTV Is Spying on You, Basically 
 (2015年2月5日付け)⇒ http://www.thedailybeast.com/articles/2015/02/05/your-samsung-smarttv-is-spying-on-you-basically.html

 ◎ ヤフー・テク : Samsung’s SmartTV Is ‘Spying’ on Your Personal Conversations
 (2015年2月9日付け)⇒ https://www.yahoo.com/tech/samsungs-smart-tv-is-spying-on-your-personal-110539170794.html

 ◎ 日本語訳ブログ報道 /「世界の裏側ニュース」:サムソンのテレビがあなたを監視していることを同社が認める Samsung Admits Your Tv Is Spying On You
 (2015年2月13日付け)⇒ http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11989474707.html
  ◎ 英文元記事 ⇒ http://theantimedia.org/samsung-admits-your-tv-is-spying-on-you/

          *

 ★ デイリー・ビーストの報道によると、サムソンの「 SmartTV」の「プライベート・ポリシー」のなかに、以下のような注意事項の記載があることが分かった。

 “Please be aware that if your spoken words include personal or other sensitive information, that information will be among the data captured and transmitted to a third party,” the policy reads.

 音声認識機能を「ON」にしていると、話し言葉その他の重要情報が捕捉され、第三者に送信されますので、ご注意を!

          *

 ★ ネットの自由を守る「電子フロンティア財団」の専門家は、サムソンが音声認識したものを外部機関に送り、テキスト化しているのではないか、と見ている。

  “It looks like they are using a third-party service to convert speech to text, so that’s most of what is being disclosed here,” said Corynne McSherry, the intellectual property director at the Electronic Frontier Foundation.

          *

 ★ このことから、浮かび上がるのは、わたしたちの「テレビ」には、受像機能だけでなく、送信機能が組み込まれていることだ。

 今回は「音声認識機能」が問題になったわけだが、メーカー側がその気になれば(あるいは、その気にさせられれば)、いくらでもテレビを「お茶の間のスパイ」に仕立て上げることができる――ということになる。

 ジョージ・オーウェルの「1984年」の逆ユートピアが、いまや現実化したわけである。

 スノーデンさんが暴露したように、携帯電話はスイッチを「OFF」にしても、位置情報を発信し、GPSによってロケーションが把握されてしまう。

 イギリスの「電磁波兵器」開発に携わった物理学者によると、電気の「スマートメーター」も盗聴装置になりうるという。

 わたしたちは、「1984年」を超えた超管理社会に生きているわけだ。

          *

 ★ そんななか、三菱電機の液晶テレビ「 REAL REAL 」シリーズが29日、「視聴中または録画予約中に電源がOFF/ONを繰り返す」障害が発生した。

 読売新聞によると、「三菱電機は29日、液晶テレビ「リアル」の一部で、視聴中に電源が突然切れるなどの障害が全国で起きたことを明らかにした。29日午前0時頃から、電源が切れたり入ったりを数分おきに繰り返す、といった不具合の報告が相次ぎ、障害は正午頃まで続いたという」。
 ◆ ヨミウリ・オンライン : テレビの電源が突然切れたり入ったり…なぜ?
  ⇒ http://www.yomiuri.co.jp/national/20150329-OYT1T50086.html

 一方、原因について三菱電機は、「特定放送データを受信した際に発生」した障害だ発表した。
 ⇒ http://www.mitsubishielectric.co.jp/notice/2015/ldg/ldg20150329.pdf

 なんだかよくわからない三菱電機の説明だが、上記の「読売」の記事には、以下のようなくだりがある。

 「家電メーカーは、テレビに内蔵されているソフトウェアを更新するため、放送電波を利用して、各家庭のテレビ(他社製品も含む)にデータを配信する仕組みになっている。三菱電機によると、今回の原因となったデータは、他社が配信したもので、三菱電機が配信停止を要請したことで、障害が復旧したという」

 ということは、三菱電機以外の「何者」(他社)が、データ(ソフトウェア更新データ)を放送電波を利用して、勝手に送り込んだいたことなる。

放送電波って、NHKとかの?!

 「テレビ」はいまや、外部からいくらでも勝手に操作されるものになってしまったのだ。

 要注意である。

 電波管理社会が到来した?!

Posted by 大沼安史 at 09:01 午前 4.電磁波被曝問題 |

2015-02-05

〔電波管理ファシズム〕◆ 米政府の捜査機関(連邦保安官、The Marshals Service )が5大都市圏で“空飛ぶケータイ電波塔”を飛ばし、ケータイ・ユーザーの位置・ID情報を入手

 
 

 ★ セスナ機に‘dirtboxes’ とよばれる装置を搭載、大都市圏の上空を飛んで、
狙いをつけたケータイ利用者の情報を収集しているそうだ。

 日本では、どうなのだろう。

 この記事(ガーディアンの記事)を呼んで、ケータイ通信会社が何者(組織)かの依頼で、その気になれば、ターゲットのケータイ電話利用者の位置情報を把握し、ターゲットに対して例の「アレ」をするのが可能になるのではないか?――と思った。

 いわゆる「集スト・電磁波照射」問題を追及し、暴露する鍵は、もしかしたら、この辺に潜んでいるのかも知れない。 

 ジャーナリストのみなさんには、この点に関する徹底した解明をお願いしたい。

 ★は大沼 ◎ ウォールストリート・ジャーナル :「アメリカ人のケータイ電話 米政府の秘密スパイ・プログラムのターゲットに(Americans’ Cellphones Targeted in Secret U.S. Spy Program)」 (2014年11月13日付け)
 ⇒ http://www.wsj.com/articles/americans-cellphones-targeted-in-secret-u-s-spy-program-1415917533?tesla=y&mg=reno64-wsj

 ◎英紙ガーディアン : 「米政府機がケータイ電波塔のふりしてデータを収集――暴露報道(US government planes mimic cellphone towers to collect user data – report)」 (2014年11月14日付け)
 ⇒ http://www.theguardian.com/world/2014/nov/14/government-planes-mimic-cellphone-towers-to-collect-user-data-report 

 ◎ 本ブログ・関連記事  ◆ 朝日新聞社説、「GPS捜査 警察まかせでいいか」/ ★ こうしたGPS追跡は警察だけ(ならまだしも)ではなく、いわゆる「集団ストーカー」ハラスメントにも使われているような気がする!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/01/post-dd58.html

Posted by 大沼安史 at 04:58 午後 4.電磁波被曝問題 |

2015-01-30

〔ターゲットを勝手にGPSで追跡〕◆ 朝日新聞社説、「GPS捜査 警察まかせでいいか」/ ★ こうしたGPS追跡は警察だけ(ならまだしも)ではなく、いわゆる「集団ストーカー」ハラスメントにも使われているような気がする!

 ★は大沼 ◎ (29日付け)⇒ http://digital.asahi.com/articles/DA3S11574904.html?_requesturl=articles%2FDA3S11574904.html&iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11574904

 
 ・ 今回問題になったのは、窃盗などの罪に問われた男性への捜査だった。大阪府警と長崎、熊本両県警が、男性ら4人が使う車やオートバイ計19台の車両の表面に磁石でGPSの発信器を取りつけ、所在を割り出していたという。

 使われたGPSは、捜査員が電話で接続したときに警察側の端末に位置情報が示されるしくみだった。(★ GPSと携帯電話の通信網を組み合わせたシステムなのだろうか……?)

          #

 ★ わたしのふるさと、宮城県では村井知事が2013年2月26日の県議会で、性犯罪の前歴者らに衛星利用測位システム(GPS)を常時携帯させて行動監視する条例案の検討を再開する考えを示した。

 ◎共同通信 ⇒ http://www.47news.jp/47topics/e/238711.php

 上記共同電は、この2年前、2011年1月、宮城県は、有識者懇談会に性犯罪の前歴者やドメスティックバイオレンス(DV)の加害者に対し、GPSの常時携帯を義務付け、県警が行動を監視する条例試案を提示した。だが、3月に震災が発生し、震災対応を優先するため検討を中断していた。

 しかし村井知事は2013年5月18日、「仙台市で開いた有識者懇談会で、東日本大震災前から検討していた性犯罪の前歴者らに全地球測位システム(GPS)を常時携帯させて行動監視する条例制定を見送る方針を表明した」。

 ◎ 日経新聞 ⇒ http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1802M_Y3A510C1CR8000/

          #

 ★ GPSでターゲットを監視するシステムはしかし、警察だけでなく、民間組織でも使われているような気がする。

 いうまでもない、例の「集スト」である。

 車で移動すると群がってくるアレだ。

 もしかしたら、GPSで場所を特定して、アレを使ってアレしているのかもしれない。

Posted by 大沼安史 at 12:10 午後 4.電磁波被曝問題 |

2014-09-17

<電磁波メモ 「1996年」③> ◆ 全米図書賞に輝いた米国黒人女性作家、グロリア・ネイラーさんが、実録体験小説「1996年」で、電磁波照射攻撃を非難・告発 / 「彼ら」の攻撃は「わたしは死にたい」など、脳内への「声」の注入送信にとどまらなかった。「彼ら」が次に仕掛けてきたのは、「合成テレパシー(synthetic telepathy)」という極秘テクノロジーによる「思考盗聴」だった。「声」の送信器との併用で、ターゲットを「対話」で追いつめてゆく、恐ろしいマインド・コントロール攻撃だった。

 ★は大沼 ◎ グロリア・ネイラーさんの原書、112~113頁。

 ★ グロリアさんのニューヨークのマンションで、隣室から電磁波攻撃を行ったのは、米国の諜報機関。

   グロリアさんは、音声攻撃が続くなか、精神科医のカウンセリングを受けるのだが、その諜報機関のエージェントが精神科医に対して、彼女のカルテを提供するよう求める。

   不審に思った精神科医は、念のため、オフィスの「掃除」(スイープ)を専門業者に依頼。

   その結果、テーブルの下に盗聴器が仕掛けられていたことを発見し、グロリアさんの異様な「訴え」に信憑性があることに気付く。

   諜報機関が「合成テレパシー」を、「声の送信」と合わせ、使い出したのは、そうした出来事のあと。

   マンション隣室の攻撃拠点に現れた諜報機関の指揮者と、現場のエージェントは、こんなやりとりをする。(原文は省略、拙訳のみ)

                           * 

   「このマシンは、ターゲットの頭に浮かんだ言葉を聴くことができる。そして、それをスクリーンにプリントさえできる」

   「すごいことさ。考えてみたらいい。人の心を読めるようになることで、どれだけ諜報活動の可能性が広がることか?!」

   「秘密なんてない世界が生まれる」

   「そう、秘密なき世界が」

   「秘密を保つ最後のフロンティアのカギをこじ開けたわけだ。つまり、ヒューマン・マインドのカギを」

   「(読み取れる言葉の)語彙数は?」

   「英語では10万語。英語以外の言語のプログラムも開発してある。この装置の最大の強みは、ターゲットの思考(言葉)を読み取ったら、マイクロ波で相手に聴かせるデバイスを使って、ターゲットに返すことができることだ」

   「ということは、あの女は、われわれと会話することになるわけだ」………

                           *

 ★ グロリアさんによれば、この「合成テレパシー」は、EEGの中のEGG、究極のEEG(脳波読み取り)だそうだ。

   日本でも、これに類する被害報告が絶えないが、それにしても、おそろしいことだ。

   それと、これがいまから20年近く前の技術水準。

   いまは、どこまで進歩(?)していることだろう!

   それにしても――ここでもまた、幽霊の正体見たりである。

   正体がわかれば、耐えることができる!

   あとは真実の究明あるのみ!

   (続く)

 ◎ シリーズ既報

  ① <電磁波メモ 「1996年」①> ◆ その年、1996年の夏、ニューヨークのマンションの自宅で、<それ>は始まった。頭の中で突然……「わたしはビッチ! 自殺したい!」と! / 「全米図書賞」を受賞した米黒人女性作家、グロリア・ネイラー(Gloria Naylor)さんが、電磁波照射「神の声」被害体験小説、『1996年』で告発!
   ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/06/gloria-naylor-a.html

             #

  ② <電磁波メモ 「1996年」②> ◆ マイクロ波を使った音声送信装置は、タイプ入力するシステム。たとえば「ハロー」なら、「hello」と打ち込む。装置に登録された単語数は「7万2000語」で、音声到達距離は「マイクロ波ディッシュから50フィート(15m以上)」だった。

 ⇒ 原書97頁。その関連箇所の一部を紹介する。

  “What's the vocabulary range?”(ボキャブラリーの容量は?)

    “Seventy-two thousands words,”……(7万2千語)

  “Whithin fifty feet of the microwave dish.”(〔有効距離〕マイクロ波ディッシュから50フィート)

     “These apartments aren't fifty feet deep,”……(このアパートはそんな広くない)

           *

 ★ グロリアさんの被害は、いまから18年前のことだ。

 こうした装置はもともとは軍事用に開発されたもの(現在も開発中)といわれる。

 その後、この20年近くの間に、どれほど進化したものか!?

 日本では、脱原発派など市民活動家などに対しても、使われているような気がする。

 被害は――最初は、「原因不明のひどい体調不良」から始まっていく。

 要注意である!

             #

 ★ わたしはこのブログを原発問題(と日本の政権)の問題に特化したものとするべく、電磁波問題にふれるのは最小限にとどめていた(いる)。

   わたしたちの日本がかかえる最大の問題は、フクイチにあると考えているからだ。

   とにかく、そこに集中しようと考えてきた(いる)。

   そんなわたしが上記ブログ(③)を書こうと思い立ったのは、イスラエルの「8200部隊」(イスラエル版NSAといわれる諜報機関)による、パレスチナ人社会に対する「全面諜報活動」が、内部告発で明るみに出たからだ。
 
   ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/09/unit-8200all-en.html#more

   「8200部隊」は、上記のような、(おそらくは)電磁波を使った「思考盗聴」までしているのではないか、とも思ったからだ。

   電磁波兵器開発の本家本元(?)である米軍は、イラク戦争中、バグダッドで、「ポッパー」と呼ばれる装置を使って、地域住民に対し、電磁波照射攻撃を行っていたことが、カナダ人ジャーナリストによって、明るみに出されている。

   ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/03/post-40ee.html

   米軍はまたイラク過激派に対して、「アラーの声」という、「神の声」をピンポイントで送信する装置を使ったことも明らかになっている。

   ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/06/voice-of-allah-.html

Posted by 大沼安史 at 07:02 午後 4.電磁波被曝問題 |

2014-08-09

<電磁波などを悪用した人的嫌がらせ・組織犯罪を許すな!> ◆ 北海道(46人)から沖縄(14人)まで「確認被害者」1388人に! 東京325人、神奈川151人、千葉128人、埼玉117人 大阪113人 愛知67人……/ この10ヵ月で146人もの増加 / NPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」が集計 

 ⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/kathudou/kakuninnhigaisha/20140712kyojuuken.pdf
 ◎  NPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」ホームページ
 ⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/index.html

 ☆ 石橋理事長による講演(動画)
 ⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/2014forum_m1.html

           *

 ☆  上記NPOのほか、「集団ストーカー被害者ネットワーク」も全国的に啓もう活動を続けている。
 ⇒ http://gsti.web.fc2.com/

           *

 ★(参考) ユーチューブ : 集団ストーカーの「シネ!」という暴言と電車内での音声送信!! 2014年5月31日
 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=KJXha49y3UY

 ★(大沼) それにしても、ほんとうは、いったい、どこの、どんな組織が、こういうことを続けているのだろう? 

 捜査当局には、威力業務妨害事件として、犯行組織の特定と、本格的な取り締まりを望みます!

 ◆ ところで、米国の黒人女性作家、グロリア・ネイラーさんは、1996年夏、ニューヨークの自宅マンションで「音声攻撃」を受けた体験を『1996年』という体験小説にまとめ、発表している。

 その内容について、本ブログでは、下記のように、その①として、さきに紹介した。

           *
 
 (関連)<電磁波メモ 「1996年」①> ◆ その年、1996年の夏、ニューヨークのマンションの自宅で、<それ>は始まった。頭の中で突然……「わたしはビッチ! 自殺したい!」と! / 「全米図書賞」を受賞した米黒人女性作家、グロリア・ネイラー(Gloria Naylor)さんが、電磁波照射「神の声」被害体験小説、『1996年』で告発!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/06/gloria-naylor-a.html

           *

 ★ 今回は――以下はそのつづき。<電磁波メモ 「1996年」②>として、書いておく。

           *

<電磁波メモ 「1996年」②> ◆ マイクロ波を使った音声送信装置は、タイプ入力するシステム。たとえば「ハロー」なら、「hello」と打ち込む。装置に登録された単語数は「7万2000語」で、音声到達距離は「マイクロ波ディッシュから50フィート(15m以上)」だった。

 ⇒ 原書97頁。その関連箇所の一部を紹介する。

  “What's the vocabulary range?”(ボキャブラリーの容量は?)

    “Seventy-two thousands words,”……(7万2千語)

  “Whithin fifty feet of the microwave dish.”(〔有効距離〕マイクロ波ディッシュから50フィート)

     “These apartments aren't fifty feet deep,”……(このアパートはそんな広くない)

           *

 ★ グロリアさんの被害は、いまから18年前のことだ。

 こうした装置はもともとは軍事用に開発されたもの(現在も開発中)といわれる。

 その後、この20年近くの間に、どれほど進化したものか!?

 日本では、脱原発派など市民活動家などに対しても、使われているような気がする。

 被害は――最初は、「原因不明のひどい体調不良」から始まっていく。

 要注意である!

Posted by 大沼安史 at 10:51 午前 4.電磁波被曝問題 |

2014-06-13

<電磁波メモ 「1996年」①> ◆ その年、1996年の夏、ニューヨークのマンションの自宅で、<それ>は始まった。頭の中で突然……「わたしはビッチ! 自殺したい!」と! / 「全米図書賞」を受賞した米黒人女性作家、グロリア・ネイラー(Gloria Naylor)さんが、電磁波照射「神の声」被害体験小説、『1996年』で告発!

Yjimage

 ★ グロリア・ネイラーさん(1950~ )は1983年、小説"The Women of Brewster Place" で、米国の最高の文学賞、「ナショナル・ブック・アワード」を受賞した人だ。

 ニューヨーク・ブルックリンの一画に生きる女性たちを描いたこの小説(★ わたしもペンギン・ブックスで読み進んでいるが、すばらしい!)は、オプラ・ウィンフレーによる大人気テレビシリーズとなった。

 そんなグロリアさんを、電磁波照射攻撃が襲う。

  場所はブルックリンの自宅。

  隣室からの――それも、音声を直接、頭脳に吹き込む、いわゆる「神の声」攻撃だった。

 グロリアさんはその体験小説、「1996」で、自分の頭に、突然、脈絡もなく現れた以下のような「言葉(文)」を記録しているので紹介する。(同書99頁より)

 I am a bitch.(わたしはビッチ〔女性を罵る言葉〕)

  I am the worst bitch in the world. I want to kill myself.(わたしは世界で最悪のビッチ。自殺したい)

               *

 グロリア・ネイラーさんの「1996」を入手して、少しずつ読み進んでいる。

1996

 彼女が年号を小説の題にしたのは、ジョージ・オーウェルの「1985」を意識してのことだと思う。

 日本でも、このような「神の声」電磁波照射攻撃が組織的に行なわれ、自殺に追い込まれた人も多いと聞く。

 グロリアさんの被害から20年近くが経過した。

 照射テクノロジーはどれだけ高度化しているのだろう?

 「1996」のポイントを、少しずつ、紹介する。

               *

 ◎ Gloria Naylorさん Wiki ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Gloria_Naylor

Posted by 大沼安史 at 09:31 午後 4.電磁波被曝問題 |

2014-06-07

<電磁波メモ> ★「神の声」テクノロジー、マイクロ波のパルス照射の疑い ◆ 「マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)」 マイクロ波を(レーダーのように)パルス波形にして人に照射すると、音を聞く事ができる現象……ブルックス空軍基地で極秘の研究の噂が絶えないが、米空軍は頑固に口を閉ざしている。

 ★は大沼 ◎ Wired誌・日本語版 : 特定の対象だけに声を届ける広告板と、「神の声」兵器
 (2008年1月10日付け) 
⇒ http://wired.jp/2008/01/10/%e7%89%b9%e5%ae%9a%e3%81%ae%e5%af%be%e8%b1%a1%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%ab%e5%a3%b0%e3%82%92%e5%b1%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%9d%bf%e3%81%a8%e3%80%81%e3%80%8c%e7%a5%9e%e3%81%ae%e5%a3%b0/ 

               *

 * 音を特定の方向に指向させる技術のさらに上を行く技術が、マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)として1960年頃から知られている技術だ。[マイクロ波を(レーダーのように)パルス波形にして人に照射すると、音を聞く事ができる現象。通常の音波が聞けない聴覚障害者でもこの音は聞こえるとされる。瞬間的なエネルギー吸収によって組織がわずかに熱膨張して弾性波が生じ,これが聴覚器官によって感知される現象とされる。]このマイクロ波によって作り出される音は、頭の中から発せられたように聞こえる。ブルックス空軍基地でマイクロ波に関する極秘の研究が進められているという噂が絶えないが、米空軍は頑固に口を閉ざしている。

               *

 ★ カルトが飛びつきそうな技術だ。

 一部教団で精神障害の多発のうわさが出ているが、何か関係があるのだろうか?

Posted by 大沼安史 at 10:29 午前 4.電磁波被曝問題 |

2014-06-03

<電磁波メモ> ◆ その名は「アラーの声( “voice of Allah.”)」! イラクで過激派に対して実験! 遠くから、特定の個人だけに「聴こえるメッセージ」を送り込む! ◆ アリゾナ州立大学・戦略コミュニケーション・センターのサイトで、エディターのスチーブン・コーマン氏が、その存在を、米政府の会議の場で聞いたことを明らかに! ★ うわさの「神の声」兵器はやはり実在していた!

 これはコーマン氏による2007年12月20日付けの記事である。

 7年近く前に、すでに、こうした「V2K(ボイス・ツー・スカル 頭蓋内に声を送り込む)」兵器が、イラクの戦闘現場で実証テストに付されていた! 

 特定の個人にだけ的を絞って、集団内のその個人に狙いを絞って、「アラーの神のお告げ」を送信する!

 イラクでの実験では、「アラーの神」の「声」を送り込まれたターゲットは、とたんにあたりをキョロキョロ見渡し、仲間を声高に議論を始めたという。

 日本でも、こうした「V2K」被害の報告が相次いでいるが、それにも、これと同じような(軍事流出?)テクノロジーが使われて可能性が出て来た!

  ★は大沼 ◎ PSYOPS Tech: Voices in your head(心理作戦テク:頭の中に声を)
 ⇒ http://csc.asu.edu/2007/12/20/psyops-tech-voices-in-your-head/

 ◎ ◆ 関連記事(本ブログ) : イラク戦争で米軍、ファルージャなどで「電磁波兵器」を使用! カナダの調査報道ジャーナリストが、イラク米軍ソースの証言をもとに暴露! / 建物の屋上の死角に、「ポッパー」あるいは「ドーム」と呼ばれる、ドーム状の発信装置を設置 / 射程 半径0.8キロ 住民に照射! 頭痛・白内障・記憶喪失・癌・自殺……ターゲット区域の住民の抵抗を殺ぎ、追い出しを図る
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/03/post-40ee.html

               *

 At a government workshop some time ago I head someone describe a new tool that was described as the “voice of Allah.” This was said to be a device that would operate at a distance and would deliver a message that only a single person could hear. The story was that it was tested in a conflict situation in Iraq and pointed at one insurgent in a group, who whipped around looking in all directions, and began a heated conversation with his compatriots, who did not hear the message. At the time I greeted this story with some skepticism.

Posted by 大沼安史 at 09:55 午前 4.電磁波被曝問題 |

2014-06-02

<電磁波メモ> ◆ 日弁連が政府に対し「低周波音被害について医学的な調査・研究と十分な規制基準を求める意見書」(2013年12月20日提出)/「脳味噌が揺すられる」苦痛被害も! 頭痛や不眠や、イライラ、肩こり、胸の圧迫感、息切れ、めまい、吐き気など多種多様の不定愁訴! / 「低周波音被害が生存権を脅かしかねない状況になっているという事実を直視」し、早急な対策を求める

 ★ 「低周波音」の被害は風力発電、エコキュートによるものが知られているが、これを「電磁波照射攻撃」に悪用しているとみられる犯罪的行為の横行は、マスコミも取り上げず、ほとんど知られていない。

 この問題の犯罪としての認定とそれにもとづく警察の捜査と司法の処罰も緊急課題だ。

 ★は大沼 ◎  ⇒ http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/2013/opinion_131220_3.pdf

 ・ 被害者は,低周波音に暴露した時の聞こえ方を「耳に聞こえる」ではなく,「脳で感じる」「脳に響く」などと独特の説明をする。重篤な場合は脳などを揺さぶられる感覚を訴え,これを「脳味噌が揺すられる」などと表現する。これらは,低周波音被害が聴覚由来のものではなく,体感由来のものであることを示唆している。

 ・ 今こそ,機械の便利さの陰で泣く低周波音被害者の声をよく聞き,低周波音問題の実相を正確に理解し,かつ多くの被害者にとって,低周波音被害が生存権を脅かしかねない状況になっているという事実を直視し,被害実態を的確に把握する調査を行うべきである。その結果を踏まえて,「手引書」と「参照値」を撤回し,被害を十分に防止しうる新しい規制基準の策定,当面の対策をはじめ,必要な施策をとるべきである。

               *

 ◎ 今後国が取るべき対応

(1) はじめに

 以上より,国は,正確に低周波音の被害を把握した上で,健康被害を防ぐに足りる規制基準を設けるべきである。

(2) 公平な調査・研究機関による被害実態調査の実施

 そのためには,まず低周波音による健康被害の実態に関して調査を行うことが不可欠である。そのため,調査・研究機関においては,低周波音による健康被害を扱ってきた医師等の十分な参加が不可欠である。
 また,電磁波被害や原子力行政にしばしば見られたように,調査・研究にあたる研究者が関連企業と利益供与その他の関係を有していては,公平な調査がなし得ないおそれがある。
 したがって,国は,医師等を十分含むとともに,関連企業からの利益供与の有無及び内容が公開された研究者により,公正に構成された調査・研究機関を組織すべきである。

(3) 疫学的調査の必要性

 国は,調査・研究機関において,低周波音暴露者が長期暴露の結果,低周波音による生理的な影響を受けるようになるか否か,または生理的影響を受けるようなると感受性が鋭敏化するか否かについて,被害者の実態を十分に踏まえた疫学的調査を行うべきである。

(4) 感覚閾値論の見直しと「手引書」・参照値の撤回

 国は,調査結果に基づいて,「100ヘルツ以下の音は聞こえにくい,10ヘルツ以下の音は聞こえないからいずれも生理的な影響は考えられない」という「感覚閾値論」や,それを前提として低周波音の音圧を実際より低く評価したG特性,とりわけ低周波音被害に関する部分を見直し,感覚閾値論に立つ現行の「手引書」と参照値を直ちに撤回すべきである。

(5) 当面の対策

 そして国は,環境省が新しい規制基準を定めるまでの当面の間,被害者を放置することのないように,暫定的なガイドラインを作成する必要がある。
 ここで参考になるのが,ポーランドやスウェーデンなどの諸外国の先進的なガイドラインである。これを参考にして暫定的なガイドラインを作成する必要がある。
 ここで参考になるのが,ポーランドやスウェーデンなどの諸外国の先進的なガイドラインである。これを参考にして暫定的な基準を設けるべきである。

(6) 新しい規制基準の導入

 その上で,低周波音による健康被害を防止するに足りる,新しい規制基準を早急に策定すべきである。
 その際には,長期暴露して発症した者の特性を考慮するとともに,被害者宅の実態を考慮して,被害を防止しうるような立地規制や設置基準の設定が適切になされる必要がある。

 このような規制は経済活動に対する直接的な規制であるから,ガイドラインのような行政計画上の基準ではなく,法的な基準として制定する必要があまた,仮に基準に達していない場合においても,その一事をもって被害を否定するのではなく,症状などを総合的に判断して低周波音被害と認められる場合は,救済の対象とすべきである。

Posted by 大沼安史 at 09:17 午前 4.電磁波被曝問題 |

2014-06-01

<電磁波攻撃、許すまじ!> ◆ 米国では2008年12月、「電磁波放射攻撃」を禁止し、被害男性を保護する判決が下っていた! 

 ★ 日本では「リベンジ・電磁波攻撃」を応援するサイトまで現れているのに、当局は体対策に動こうとしない! 

 組織的な照射被害も横行しているのに!

 何か、取り締まれない事情でもあるのか?

               *

 Wired誌は以下のように報じている。

               *

 James Walbert氏は2008年の年末、以前の仕事仲間から、精神に作用する電磁放射の攻撃を受けているとして、これをやめさせるための裁判を起こした。

 Walbert氏は、カンザス州セジウィック郡の陪審員団に対し、Jeremiah Redford氏と取り引きをめぐって食い違いが生じた結果、同氏から「放射注入」をするぞという脅しを受けたと説明した。

 同氏によるとその後、電気ショックの感覚、電子的に作られた音、耳の中ではじける音や鳴り響く音を感じるようになったという。

 12月30日(米国時間)、裁判所はWalbert氏側に有利な判決を下し、Redford氏が「電子的な方法」による嫌がらせをWalbert氏に行なうことを禁じるという、画期的な保護命令を出した。これはまじめな話だ。

               *

  ★は大沼 ◎ Weired :日本語版 :「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも
 (2009年7月6日付け) ⇒ http://wired.jp/2009/07/06/%E3%80%8C%E8%84%B3%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%9B%BB%E7%A3%81%E7%9A%84%E6%94%BB%E6%92%83%E3%80%8D%EF%BC%9A%E7%A6%81%E6%AD%A2%E5%88%A4%E6%B1%BA%E3%81%A8%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9/

 ◎ 英語原文記事:Court to Defendant: Stop Blasting That Man’s Mind!(裁判所が被告に命令、「人間の精神への攻撃はやめなさい!」
 ⇒ http://www.wired.com/2009/07/court-to-defendant-stop-blasting-that-mans-mind/

Posted by 大沼安史 at 11:12 午前 4.電磁波被曝問題 |

2014-05-27

<電磁波攻撃、許すまじ> ◆ 「テクノロジー犯罪被害フォーラム」(4月27日 日比谷図書文化館) ユーチューブ動画 / 「NPO・テクノロジー犯罪被害ネットワーク」の石橋理事長が報告

  ★は大沼 ◎ ⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/2014forum_m.html

  ★ 軍事流出のテクノロジーが、この日本でも! それも全国規模とみられる集団による組織的な犯行の道具(システム)に! 恐ろしいことだ。

 1日も早い摘発を望む!

Posted by 大沼安史 at 08:58 午前 4.電磁波被曝問題 |

2014-05-19

<電磁波メモ> 「特定秘密保護法」で「電磁波攻撃」テクノロジーも機密化の恐れ! 「NPO・テクノロジー犯罪被害ネットワーク」が昨年12月3日、東京デモで訴え! デモの映像、ユーチューブで公開!

 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=Vhb221GMIX8
  ◎ 「NPO・テクノロジー犯罪被害ネットワーク」(人的嫌がらせ、電磁波、超音波などを悪用した、組織犯罪を訴えるための会)
 ⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

 ◎ 関連 : こどもの日、渋谷で「犯罪周知・法制化を要求する集会・デモ」
  ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/05/post-5c77.html

Posted by 大沼安史 at 07:05 午後 4.電磁波被曝問題 |

2014-05-08

<電磁波メモ> 第2回 テクノロジー犯罪周知・法制化を要求する集会・デモが「こどもの日」に東京・渋谷で行なわれました!

Img_0009

  ★は大沼 ★ 写真多数 および記事は ◎  

  ⇒ http://acpnihon.blog.fc2.com/#94

  ★ 集会によせた、わたし(たち)のメッセージも、<魂のメッセージ>との題で、上記サイトに掲載されています。集会で紹介していただきました。

Posted by 大沼安史 at 11:24 午前 4.電磁波被曝問題 |

2014-05-01

<電磁波犯罪 許すまじ> 5日に東京・渋谷で、テクノロジー犯罪の周知と法制化を要求するデモ

 ⇒ http://acpnihon.blog.fc2.com/blog-entry-90.html

Posted by 大沼安史 at 08:15 午後 4.電磁波被曝問題 |

2014-04-23

<電磁波メモ> NHK「クローズアップ現代」が、イラク派遣自衛隊員28人 帰国後、相次ぎ自殺した問題を報道 / 20代の隊員はカウンセリングを受けたあと、母親にこう言った。「おかしいんじゃ、カウンセリングって。命を大事にしろというよりも逆に聞こえる、自死しろ、と……」。そして自死した。★ これは典型的な「電磁波被曝症状」ではないのか! 

 ★ 「クローズアップ現代」の報道の中で、わたしがやはり気になったのは、自死した、ひとりの隊員(20代)が、以下のように。「自死しろ」という「幻聴」のようなものを「聴き」、実際に死を遂げていたことである。

               *

  20代の隊員を亡くした母

  「(息子が)『ジープの上で銃をかまえて、どこから何が飛んでくるかおっかなかった、恐かった、神経をつかった』って。
  夜は交代で警備をしていたようで、『交代しても寝れない状態だ』と言っていた。」

  息子は帰国後自衛隊でカウンセリングを受けましたが、精神状態は安定しませんでした。
  母親は、息子の言動の異変を心配していました。

  20代の隊員を亡くした母

  「(息子は)『おかしいんじゃ、カウンセリング』って。
  『命を大事にしろというよりも逆に聞こえる、自死しろ』と、『(自死)しろと言われているのと同じだ、そういう風に聞こえてきた』と言ってた。」

  この数日後、息子は死を選びました。

               *

 精神的な混乱、落ち込み、自責、自殺願望…………。

 これは実は日本国内で広がる、「電磁波照射被害」の被害者の間でも、よく知られた「体験的症状」である。

 集団ストーキングで「恐怖」「不安」をあおり、平行して、マイクロ波パルスなど電磁波を照射して、「社会の敵」を追い込んでゆく、あの「テクノロジー組織犯罪」の被害者にみられる症状である。

 実際に自殺に「誘導」され、死を遂げた実例もあるやに聞く。

               *

 わたしは先に、米軍がイラクで、住民を無力化するため「ポッパー」、あるいは「ドーム」と呼ばれる「電磁波照射兵器」を使い、それによって米軍兵士自身が照射被害を受け、精神的な錯乱を起こしていたことを暴露した、カナダ人ジャーナリスの調査報道を引き、サモアの自衛隊の基地でも同じようなことが起きていたのではないか、との可能性を指摘(下記の参考記事を参照)したが、このNHK「クローズアップ現代」の報道を知って、ますます、その可能性を否定すべきではない、と思うようになった。

 「ポッパー」が自衛隊基地に配備されていなくとも、前線基地は、レーダーなどさまざまな通信設備が高密度・高強度で配備されており、隊員はいわば「電磁波スモッグ」の中で、緊張した時間を過ごさなければならない。

 イラク派兵自衛官の自殺問題は、電磁波との関連でも、再検証が必要だと思う。

               *

  ★は大沼 ◎ イラク派遣 10年の真実
  (16日放映) ⇒ http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3485_all.html

 ◎ 参考 本ブログ <イラク派遣自衛隊員、自殺者続出問題――謎を解く鍵は、もしかしたら、「電磁波被曝」にあるのかも知れない。イラク米軍兵士と同様、住民鎮圧・テロ防止対策で設置した「電磁波照射デバイス」による被曝で抑鬱状態に?>
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/03/post-79e5.html

 * <イラク戦争で米軍、ファルージャなどで「電磁波兵器」を使用! カナダの調査報道ジャーナリストが、イラク米軍ソースの証言をもとに暴露! / 建物の屋上の死角に、「ポッパー」あるいは「ドーム」と呼ばれる、ドーム状の発信装置を設置 / 射程 半径0.8キロ 住民に照射! 頭痛・白内障・記憶喪失・癌・自殺……ターゲット区域の住民の抵抗を殺ぎ、追い出しを図る>
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/03/post-40ee.html

Posted by 大沼安史 at 10:13 午前 4.電磁波被曝問題 |

2014-04-15

<電磁波ニュース> 札幌のマンション 屋上の携帯基地局(マスト)撤去へ / 管理組合、ソフトバンクとの契約を更新せず ★ 電磁波健康被害が国民的な問題であることが認識されようとしている!

 ★は大沼 ◎BLOGOS(週刊金曜日編集部) ⇒ http://blogos.com/article/84293/

Posted by 大沼安史 at 10:06 午前 4.電磁波被曝問題 |

2014-04-14

<電磁波ノート> フランスの国会が、3歳未満の乳幼児保育施設のWiFiを禁止するなど電磁波規制法を可決 / 携帯ハンズフリー推奨義務化 / 14歳以未満をターゲットとした宣伝広告を禁止 ★ 日本の国会は、なぜ電磁波問題で(も)動こうとしないのか?

Childrenplayjunglegym

 ★は大沼 ◎ ナチュラル・ニューズ(2014年1月29日付け)
 ⇒ http://www.naturalnews.com/043695_electrosensitivity_wifi_French_government.html

               *

 * The French National Assembly has adopted a bill to limit exposure to electromagnetic fields (EMFs) generated by wireless technologies - cell phones, tablets, Wi-Fi etc. This bill will mean the following:

 • A ban on Wi-Fi in all childcare facilities for children under the age of 3.
 • Cell phone manufacturers will have to recommend the use of hand-free kits.
 • A ban on all advertising targeting children under 14.

Posted by 大沼安史 at 09:29 午前 4.電磁波被曝問題 |

2014-04-08

<電磁波ニュース> スイス・チューリヒ郊外に「携帯電話禁止マンション」/ WiFiなし 建物に電磁波シールド / ★ 電磁波だけではなく、さまざまな化学物質過敏の人が安心して暮らせるマンションだそうだ! 放射能・電磁波ダブル被曝列島化した日本にも必要なマンションだ! 庶民も入居できる放射能フィルター(シェルター)つきのものを、是非!

Leimbach_gv_2874160b

 ★は大沼 鮮明な写真と記事は : ◎ 英デイリー・テレグラフ: The Swiss flats where smoking, painting and mobile phones are banned
 (6日付け) ⇒ http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/switzerland/10748109/The-Swiss-flats-where-smoking-painting-and-mobile-phones-are-banned.html
               *

* People entering the building are asked to switch off their mobile phones, although they do not work anyway, as the apartments have a built-in shield against electromagnetic radiation which blocks mobile reception. There is no wife, but there are landlines and Internet connections.

Posted by 大沼安史 at 04:59 午後 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

<電磁波ニュース> 電磁加速砲(レールガン)、洋上試験へ = 輸送艦に据え付け ― 米軍 / 32メガジュール 時速160キロの貨物列車に激突される威力 サンジエゴ海軍基地に配備 ★ 核兵器の次ぎは電磁波兵器…………神をも畏れぬこの所業、もうやめてくれ!

★は大沼 ◎ 時事通信 ⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140408-00000022-jij-n_ame
 
 ★ ワシントン発の時事電は、こう報じている。

 …………レールガンは、火薬に代わり電磁エネルギーを利用して弾を撃ち出すため、発射される弾の速度(弾速)が従来方式に比べはるかに速く、射程も長い。海軍は、実用段階のレールガンの射程は200キロ超、弾速はマッハ7超に達すると見積もる。 

Electromagneticrailgun

 ◎ ナショナル・ディフェンス(鮮明な写真と記事) : http://www.nationaldefensemagazine.org/blog/Lists/Posts/Post.aspx?ID=1460
 ⇒ http://www.nationaldefensemagazine.org/blog/Lists/Posts/Post.aspx?ID=1460

 * The model that will be displayed on the JHSV is capable of generating 32 megajoules of energy. Even without an explosive warhead, the projectile creates such a physical force upon impact that it is capable of destroying missiles in mid-air as well as vehicle and hardened targets ashore, Klunder said.

 “At 32 megajoules, it would be like a freight train coming through this wall at 100 miles per hour,” he said. “We can achieve all the missions we have planned with that level of energy.”

 ◎ 実験ビデオ ユーチューブ ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=i1q_rRicAwI
 

Posted by 大沼安史 at 04:56 午後 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-04-04

<電磁波悪用ノート> 米復員兵紙(VT)のシニア・ライターのゴードン・ダフ氏が言明 / 「わたしは外交・諜報サークルで不正な闇のオペレーションを阻止しようとしたりして、逆に犠牲になった数人の名を挙げることができる。その何人かは、電磁波攻撃を受けた」

 ★ ゴードン・ダフ記者は、元ミネソタ州知事のジャーナリスト、ベントゥーラ氏が暴露した、米国における電磁波照射攻撃にふれたコラムの中で、上記の証言を行なった。

 この問題は根が深いが、白日のもとにさらされるべきである。

 わたしたちの日本においても!

  ★は大沼 ◎ VT(ベテランズ・ツデー)紙 :Jesse Ventura Takes on Government Mind Control By Gordon Duff, Senior Editor
 ( December 24th, 2012 )
  ⇒ http://www.veteranstoday.com/2012/12/24/venturas-brain-invaders/

 * Moreover, I can name several individuals within the diplomatic and intelligence community who have tried to prevent illegal black operations or to interfere with false flag terror attacks and have become victims of efforts to discredit them.
 Some of those efforts have involved electronic attacks.……

 ◎ 関連 : 元米ミネソタ州知事のジェシー・ヴェントゥーラさん、調査報道テレビ番組で、米国に広がる、電磁波を使って人々の脳内に侵入する、ハイテク犯罪の実態に迫る! ★ ユーチューブ(日本語字幕版)で視聴可能に!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/02/post-f680.html

Posted by 大沼安史 at 10:19 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-04-02

<電磁波ニュース> 電磁波症状 被曝レベルと相関 / 携帯無線タワー(基地局)の半径500m以内の住民に <神経行動学的症状> や <癌> が増加 / スペインの研究チームが(あらためて)確認 英医学誌に論文を発表 

 ★は大沼 ◎ 英国医学ジャーナル 論文 :  Subjective symptoms related to GSM radiation from mobile phone base stations: a cross-sectional study
 ⇒ http://bmjopen.bmj.com/content/3/12/e003836.full

  * This study confirms our preliminary results. We observed that the incidence of most of the symptoms was related to exposure levels—independently of the demographic variables and some possible risk factors.

  * The term electromagnetic hypersensitivity has been recently introduced in discussions attributing symptoms to exposure to EMFs. A review of this topic in 2010 found that 8 of the 10 studies evaluated through PubMed had reported increased prevalence of adverse neurobehavioral symptoms or cancer in populations living at distances < 500 m from [cell phone towers].

 ◎ 参考(ソース)記事 ⇒ http://www.naturalnews.com/044464_cell_towers_emf_pollution_mental_confusion.html#

Americansbrainsbeingfriedbycellto_2

 ★ 写真はグローバル・リサーチ研の、以下の記事のものです。 
 ⇒ http://www.naturalnews.com/044464_cell_towers_emf_pollution_mental_confusion.html#

Posted by 大沼安史 at 10:23 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-04-01

<電磁波ノート> なぜ「彼ら」は、(わざと――わざとらしく)「集団ストーキング」をするのか? 「それは彼らが、あなたの<恐怖>を電磁的に調べているからだ(they’re studying you for your fear electronically. )」 / 英軍で電磁波兵器開発にあたった英国人物理学者のバリー・トロワーさんがインタビューで明らかに! ⑤ / 対処法――トロワーさんのアドバイスはこうだ! それは(ひとつに)……「彼ら」に対して、あなたが「怖がっていない」ことを示すことだ!

★は大沼 ◎ 2013年10月、米オレゴン州ポートランドでのインタビュー ユーチューブ 
 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=JojdEH0nzos

 ◎ インタビューの文字起こし(英文)⇒ http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

               *

 ★ 日本でも、「電磁波照射被害」と平行して「集団ストーキング」の「つきまとい」が必ずと言っていいほど起きる、という不可解さがあるが、トロワーさんのこの指摘を――それは、ターゲットの「恐怖」を電磁的に研究するであるという答えを知って、謎が氷解したような気がした。

 (おそらくはGPSを駆使した)「車」や「バイク」、あるいは「人」による「つきまとい」の継続に対する被害者側の最初の感情的な反応は――たしかに「恐怖(感)」である。

 (ここからは憶測にすぎないが)「彼ら」は、「ターゲット」として狙いをつけた人の「恐怖」の脳波パターンを電磁的に解明し、そこにピンポイントで焦点を合わせて照射を強め、ターゲットをさらなる「恐怖」に追い込んでいるのではなかろうか?

 (これまた憶測に過ぎないが)そうした「恐怖感」の高まりという「心理的な背景(素地)」が人為的につくられてはじめて――その段階になると特に――言われるところの、マイクロ波パルスによる「音声(声)」攻撃も可能になるのではないか?

 「V2S(頭蓋への音声)」と呼ばれるマイクロ波パルス音声攻撃についてはさておき、ここでわたしが言いたいのは、電磁波照射被害(感受性)の中心には、<恐怖>があり、この<恐怖>への対処法を知れば、照射被曝による苦痛を、すくなくとも「低減」できるのではないか――ということである。

 問題は「恐怖」――だから彼らは、あからさまな「集団ストーキング」を(必ず)して、ターゲットに「恐怖」を植え付けているのである。そうして、ターゲットにされたその人の「恐怖」を、電磁波的に分析し、さらに高度な電磁波照射攻撃の「窓」としている…………どうも、そんな気がしてならない。

               *

 さて、ここで、上記、トロワーさんのインタビューに戻り、インタビューでのやりとりを、より詳しく、もう一度見ておくことにしよう。

 まずは、インタビューアーのデボラ・タヴァレスさんの質問から――

 (インタビューアーのデボラ・タヴァレスさん)わかりました。では最後の質問をひとつ。わたしの知る多くの人が組織的なストーキングに遭っています。そして、隣の家や同じアパートの人に――階上や階下から、あるいは路上を歩いていあるとき、突然、(照射の)ターゲットにされています。こういう人たちは、いまの電磁波戦争が終わるまで、じっと(耐え忍び)待ち続けなければいけなのでしょうか?

 (このデボラさんの質問から、米国でも、近隣、あるいは路上での照射攻撃が相当、ひどいものになっていることがわかる……)

 これ対するトロワーさんの答え(要約)はこうだ。

  ストーキングにあっているなら、それは彼らがあなたの恐怖を電磁的に調べているということです。つきまといなら、たいていは10数人のいやな感じの男たちが出て来ます。その場合、わたしなら、こうします。(ある店でつきまといにあったなら)こちらから近づいて行って、「ここでの買い物は終わったから、次はあそこの店に行って、その次ぎは喫茶店に行く。わたしについて来なさい」と言います。公衆の面前では、彼らは決して暴力をつかいませんから。警察に行っても無駄です。頭がおかしいと思われるのが関の山ですから。だから、直接、「わたし、2時間以内に、すてきな靴、買う予定だけれど、つきあいますか」と言ってやる。靴屋までついてくれば、「どの靴がいいだろうか」と聞いてみたりする。要は、ストーキングを<ゲーム>に変えてしまうのです。ゲームに変える。これだけは、あなたも、できる。ゲームに変えて、わたしは怖がってはいないことを、彼らに示すことです。

 ―― トラワーさんは「10数人のいやな感じの男たち」がストーカー集団として現れると言っているが、日本では、宗教カルトが関係しているのか(?)、「ふつうの人」が寄ってたかって集まってきて、買い物先のレジの前に列をつくったりして怖がらせることも多いらしい。

 それはともかく、トロワーさんの答えにある「怖がっていないことを相手に示す」――は、(すくなくとも)わたしには、とても貴重なアドバイスに思える。

 とにかく、怖がらない、恐怖心に流されない――これが、電磁波照射被害を低減する(最小化する)最善の道であることは、間違いない。

               *

 ところで先日、日本国内の某所で、集団ストーキングと電磁波照射被害に遭い続けている方が、ネットで、こんな体験をお書きになっていた。

 仕事で車で走りまわっているその方は、これまで何度も、車やバイクのストーキングにあっている人だが、つい最近、こんな悲しい場面に居合わせるはめになったそうだ。

 ストーキングしていた(らしい)バイクが交差点で車と衝突し、若い男性が死亡したというのだ。

 死亡事故は、その方の車が、交差点に入る直前に起きていた。

 その方は、こうした若い人を使って、自分たちの組織的な利権(利害)を守ろうとする者たちは許されない、という意味のことを感想として書いていたが、わたしもそう思う。

 責任は、末端の「ストーカー」たちよりも、(裏)組織の上層部の人間にある。

 そのことを知れば、「集団ストーキング」に対して、さらにいっそう、「恐怖」を感じなくてすむはずである。 

               * 

 ★ トロワーさんのインタビュー、関連箇所(原文)

 Deborah Tavares: Okay then, one final question. For a number of people that I know that are followed by organized stalking, and are targeted by neighbors next door, by people that live up above them in an apartment setting, or below them, or where they’re walking on the street and they’re suddenly targeted, they’re going to have to wait out this war?

 Barrie Trower: If you’re being stalked, they’re studying you for your fear electronically. If you’re being stalked —and it’s usually a dozen big ugly men doing it— I would go up to them and say, “Well, I’ve finished in this store, I’m going over there (pointing), and then I’m going over there (pointing), and then I’ll be stopping for coffee. Follow me, come on,” and lead them around. They won’t be violent to you in a public place. There’s no good going to the police. It’s no good complaining to your representative because they’ll say you’re mad, which is what they want you to do, anyway. I would just go up to them and say, “I’m here and I’m going to buy the most gorgeous pair of shoes in two hours, but I would value your opinion.” And come out with a shoe and ask,
“What do you think about these, and these?” Turn it into a game. It’s what you can do. Turn it into a game and let them know you’re not scared.

Posted by 大沼安史 at 01:50 午後 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-03-31

<電磁波ノート> マイクロ波兵器、「見えない兵器」として、1950年代に使用開始 ……最初は囚人、精神病入院患者、反体制派で、パルス照射の効果を確認……こどもや妊婦など25のカテゴリー別照射実験へ移行 照射対象者に知らせず、秘密裏に実験を続行 / 英軍で電磁波兵器開発にあたった英国人物理学者のバリー・トロワーさんがインタビューで明らかに! ④ / 60年の開発の歴史! 「いまや信じられないほど精巧なものに」!

 ★ わたしは、こうした軍事テクノロジーの一部が、「冷戦」終了後、米国などで「民間」に流出、それが日本でも悪用されているのではないか、と見ている。

 
 ★は大沼 ◎ 2013年10月、米オレゴン州ポートランドでのインタビュー ユーチューブ 
 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=JojdEH0nzos

 ◎ インタビューの文字起こし(英文)⇒ http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

               *

〔インタビューアーの「何か付け加えることありませんか」(Would you would like to add anything to that?)に対して〕

 Only that microwaves from the 50’s were used as a stealth weapon as they still are today, only they’re obviously much, much more sophisticated.

  The 50’s was really a trial time where different countries were just using people who had no choice, prisoners, psychiatric patients, dissidents, and they would just beam people with this and see how long it takes this pulse frequency to have any effect.

  And if it does, we try a different type of group.

 There were 25 different categories of people including children and pregnant women. Twenty-five different categories, and so from the 50’s, 60’s, 70’s, 80’s we’ve been developing microwave weapons right up to today and they are incredibly sophisticated today.

 So if any government says that microwaves have no effect on you, the question is then why have you been spending billions upon billions of dollars with the military for the last sixty years improving them?

               *

 What I cannot go along with is the fact that 25 categories of persons without their choice and in many cases without their knowledge, are being experimented upon with these particular frequencies to cause all of this. That iswrong.

Posted by 大沼安史 at 10:12 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-03-30

<電磁波ノート>  「電磁波照射兵器」は、マイクロ波の発信器(信じられないほどかんたん)とパルス・フリークエンシー(これはもっとかんたん)を手にすれば、それだけでできる」 / 英軍で電磁波兵器開発にあたった英国人物理学者のバリー・トロワーさんがインタビューで明らかに! ③ / 「だから愛し合う若者たちに、用心深くあれ、と言っているのです」――キボード、iPad 、iPod、キーをたたいたり、タッチするたびに「画像」情報、筒抜け発信 / 近所の何者かが、たとえば、「はだかの胸の画像」をゲットすることも!

 
 ★ リベンジ・ポルノも悪質きわまりないが、こうした電磁波を不正利用したプライバシー侵害も、許されないことだ!

 ★は大沼 ◎ 2013年10月、米オレゴン州ポートランドでのインタビュー ユーチューブ 
 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=JojdEH0nzos

 ◎ インタビューの文字起こし(英文)⇒ http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

               *

〔インタビューアーの「だから、だれもがだれもを狙えるわけですね(So everyone’s targeting everyone.)」の発言を受けて〕

 Oh, without a doubt. And I can be even more specific. And when I speak to schools, you see,the problem is that microwaves are so easy to produce and, from the lists I got from when I was talking to spies,and things like this, the lists are available now.

  All you need to do is make a microwave transmitter (which is incredibly easy), and at the pulse frequency (which is even easier), you can make these weapons.

  So what I say to schools, to the students in schools, I say please be incredibly careful. Every time you touch keyboards, or an iPad or an iPod, every time you put a finger on any microwave device that transmits, up to 45 countries can be storing that.

  So if you are a young couple in love, and you’ve got the people in separate houses and they’re in their bedrooms and one is saying ‘can we do this’ and the reply ‘I’d love to’ and send me a picture of your chest,and theycarry on.

Posted by 大沼安史 at 11:02 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-03-29

<電磁波ノート> 豪陸軍の通信部隊の(元)兵士、ジョージ・パーカーさん 1960年代の終わり、ベトナム戦争に動員され、南ベトナムの戦場で、たった1年間で、電磁波過敏症に! / 頭痛、不安、冷や汗、記憶障害、集中力の喪失、悪夢…… / 16年後、タスマニア島に移住して、嘘のように全快 …… 電磁波過敏症だったことに気付く!

 ★ イラク戦争に動員された自衛隊員に自殺された方が多いのは、やはり、「電磁波フォッグ(スモッグ)」の中にある、現代戦の戦場環境のせいなのかも知れない。

 この問題は防衛省としても、至急、調査すべきである。

 ★は大沼 ◎ カナダの女性ジャーナリスト、キム・ゴールデンバーグさんのブログ報告(26日付け) 

⇒ http://electroplague.com/2014/03/26/george-parker-military-exposure-to-wireless-radiation/http://electroplague.com/2014/03/26/george-parker-military-exposure-to-wireless-radiation/ 

 ◎ 関連  <電磁波メモ> イラク派遣自衛隊員、自殺者続出問題――謎を解く鍵は、もしかしたら、「電磁波被曝」にあるのかも知れない。イラク米軍兵士と同様、住民鎮圧・テロ防止対策で設置した「電磁波照射デバイス」による被曝で抑鬱状態に?
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/03/post-79e5.html

Posted by 大沼安史 at 10:22 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

<電磁波ノート>  「スマート・メーター」で、家族の全員の「監視」が可能に。ベッドでの行為も「ウォッチ」! 声も言葉もすべて「聴取」  / 英軍で電磁波兵器開発にあたった英国人物理学者のバリー・トロワーさんがインタビューで明らかに! ② / 電磁波でターゲットの人間のホルモン・レベルを測定も可! / 45m(150フィート)以内なら脳の活動状況、精神状態の把握も可能! 

 ★ トロワーさんによると、こうした「人」を対象とした電磁波による照射は、「ブランケッティング(blanketing)」と呼ばれ、世界の40~45ヵ国で、(被験者の同意もなしに!)実地試験・使用が続いているという。

 日本では、どうなっているのだろう?

 日本の場合は、宗教カルトによる組織的な照射を指摘する人が多いのだが……。

                *

 ★は大沼 ◎ 2013年10月、米オレゴン州ポートランドでのインタビュー ユーチューブ 

⇒ http://www.youtube.com/watch?v=JojdEH0nzos

 ◎ インタビューの文字起こし(英文)⇒ http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

  Oh yes. Absolutely. Really this〔a mass targeting〕 is one of the ideas behind the Smart Meter where they put them on everybody’s homes.

 What they can do now? They can watch every single person in that house. They can watch you go to bed. They can watch what you’re doing in bed. They can watch you on the toilet and in the bath. They can hear every single word you’re saying.

 They have a machine which will measure your hormone levels.

 They have a machine, provided they’re within a 150 feet, they can measure your brain activity and they can even tell what frame of mind you’re in.

               *

 ……there could be to my knowledge between 40 to 45 countries blanketing people with microwaves, and all you need is a few vehicles, blanketing people with microwaves for specific purposes.

Posted by 大沼安史 at 10:19 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-03-28

<電磁波ノート> 電磁波照射で万引き犯の脳内に警告を音声で送信! システム導入のスーパーも / 英軍で電磁波兵器開発にあたった英国人物理学者のバリー・トロワーさんがインタビューで明らかに! / 「あなたは監視されている。それを元の所に置きなさい(“You're being watched. Put this down.”)/ 米国では逆に、買うか買うまいか迷っている客に「あなたは本当は買いたい(you really do want to buy this.)」と「音声」を送り込み、問題になったスーパーも。

★ 「あなたはほんとうはそれを買いたい」と、客の脳内に音声を送り込んでいた米国のスーパーは、裁判に訴えられたが、米連邦通信委員会の「マイクロ波は安全」との判断が示されたことから、裁判は却下となったそうだ!

 ★ 日本では――いや、日本でも? まさか、と思うが……。 

 ところで、トロワーさんは、電磁波兵器開発の経験をもとに、子どもたちに有害な「教室のWiFi」化に反対するなど、世界各地で警告を続けている方だ。

   インタビューにはほかにもいくつか、興味深い証言があるので、こんご、何回かに分け、紹介してゆきたい。

               *

 ★は大沼 ◎ 2013年10月、米オレゴン州ポートランドでのインタビュー ユーチューブ ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=JojdEH0nzos
 ◎ インタビューの文字起こし(英文)⇒ http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

 It was also picked up by the super store manufacturers who said we could also use this for good because if we have shoplifters, we can beam the pulse frequencies to the shoplifters to say, “You’re being watched. Put this down.”

  We’ll prevent crime, and that was used for good. It didn’t take people very long, especially the military and other super stores to think, ‘well, hang on, we can use this for our own devices’.

 So the military can now put voices into people’s heads to do whatever deed they wish it to achieve, and the super stores have also realized that rather than say ‘put that down, you’re going to steal it’ , if you’re indecisive and you’re shopping, they can say‘you really do want to buy this.’

 And after nine months, I got the figure from one of your calls, somebody took one of your super stores to court for beaming them. And they made a enomenal profit in just nine months,phenomenal profit.

 But because your Federal Communications Committee says that microwaves were safe, the case fell.

Posted by 大沼安史 at 04:49 午後 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-03-25

<電磁波メモ> イラク派遣自衛隊員、自殺者続出問題――謎を解く鍵は、もしかしたら、「電磁波被曝」にあるのかも知れない。イラク米軍兵士と同様、住民鎮圧・テロ防止対策で設置した「電磁波照射デバイス」による被曝で抑鬱状態に?

 イラク戦争でサマワなど中東地域に派遣された自衛官が帰国後、相次いで自殺する異常事態が続いたことを覚えていらっしゃる方も多い事だろう。

 いったいどうしたわけかと、首をかしげた方も多いことだろう。

 この謎を解く鍵のようなものが、わたし(大沼)の中で不図、浮かんで来たので、(あくまでも問題提起の意味で)書いておく。

               *

 まず、この問題がどれだけ異常なものだったか、だが、2012年9月27日付けの「東京新聞」は、こう報じている。

 (以下は、「国家公務員一般労働組合(国公一般)」の組合員によるブログ「スクラム」の記事の引用の転記

               *

 2003年に米国主導で始まったイラク戦争に関連して、中東へ部隊派遣された自衛官のうち、先月〔2012年8月〕までに25人が帰国後に自殺していたことが防衛省への取材で分かった。陸上自衛隊は19人、航空自衛隊は6人に上る。

 陸自は04~06年、イラク南部のサマワに合計5,500人を派遣し、空自は04~08年、合計3,600人をクウェートに派遣した。海上自衛隊は現地駐留せず、自殺者もいなかった。

 自衛隊全体の2011年度の自殺者は78人で、自殺率を示す10万人あたり換算で34.2人。イラク特措法で派遣され、帰国後に自殺した隊員を10万人あたりに置き換えると陸自は345。5人で自衛隊全体の10倍、空自は166.7人で5倍になる。……

               *

 上記、東京新聞の記事を引用した「国公一般」も「スクラム」は、共同通信の「米兵自殺者が過去最悪  7月38人、アフガン戦死者に迫る}(2012年8月18日付け)も併せて紹介し、次のように指摘する。

   …………こうした報道を見ると、そもそも「戦争と人間」は共存できないのだと強く思います。……

               *

 この「スクラム」の見方に、わたしも基本的に異存はないのだが、どうしても気になるには、米軍兵士と違って自衛官の場合は、「実戦」に参加して、トラウマを受けたわけではない。

 心に傷をもって帰国したかも知れないが(その恐れは大ありだが)、流血の戦場で、戦争の悲惨を目の当たりにしたわけではない。

 なのに、どうして…………?

               *

 くりかえしになるが、わたしがこうした疑問を持つのは、イラク(中東)に派遣された自衛官の皆さんが背負った心理的なものの重みを否定しているからではない。

 わたし自身、湾岸戦争の開戦前、イラクに入ったこともあるので、イラクへ行く、ということがどういうものであるか、すこしは分かっているつもりだ。

 だから、自衛官の方々の内心の「不安」は、分かる。

               *

 イラクのサモアに駐留した自衛隊員の「心理状態」に関する「観察記録」で、わたしが知るのは、以下のひとつだけだ。

 英国人女性、ジョー・ウィルディングさんが、自らサーカス団を率いてサモア入りした時のことを、以下のように書いている

               *

 「オランダ兵は小部隊で、別になんともなく歩き回っていたが、日本の兵士たち〔自衛隊員〕は、車両でばかり移動していた」と、われわれの通訳で、サマワでのホストであるサビールは、日本兵が通過するのを見ながら言った。「彼ら〔日本の自衛隊員〕は、イラク人を恐れている」

  The Ductch soldiers walked around otherwise unmolested in small groups on patrol, The Japanese soldierd I only saw in vehcles.

 Sabir, our translator and host in Samawa, remarked as they passed, ‘ They are afraid of the Iraq people.’
 
               *

 自爆攻撃が各地で続発するイラクに来て、恐れない外国人はいない。

 「彼ら」――「日本の兵士」はイラクに観光に来たのではなく、米軍に協力してイラクに出動、駐留していたのである。

 恐れるのは、当然のことである。

               *

 しかし、「恐れる」ことと――自殺するまで落ち込むことは、別次元のことである。「恐れた」からと言って、かくも多くの自殺者が出るのは、やはり異常なことである。

 基地を出る時は、車両で移動していたというほど、注意深かったい自衛隊員に、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になるほどの、どんな異常事態が起きていたか?

               *

 さて、ここからは――仮説の世界になるが、

 わたしは先日、このブログで、

 イラク米軍が現地住民鎮圧対策で(無力化、テロ攻撃予防)で、「ポッパー」または「ドーム」という「電磁波照射装置」を使っていた――ことを暴露した、カナダ人ジャーナリスト、ウイリアム・トーマス氏の調査報道を紹介した。

 その調査報道によると、(「ニュースソース」の「ハンク」氏によると)、その電磁波照射によって、米軍兵士自身が電磁波被害にあい、抑鬱状態に陥って、なんと最大で15%もの米兵が、イラクでの戦場を一時離脱せさるを得ない状況に追い込まれていたという。

 As a consequence, AWOL rates among "spaced out" US troops are as high as 15%, Hank reports. For many deserters, it is not cowardice or conscience that is causing them to absent themselves from duty. "They are feeling so depressed," Hank explains. "They don't feel good. So they leave."

 わたしの仮説とは――つまり、イラク派遣自衛隊員も、同じような電磁波被害に遭っていたのではないか、という問題提起である。

               *

 ウイルアム・トーマス記者によれば、イラク米軍の前線には、「ポッパー」(「ドーム」)だけでなく、レーダーなど、さまざまな電磁波発生機器があり、それも米兵の電磁波被害を増幅させていたという。

 同じようなことは、サマワの自衛隊基地でも起きていたかも知れない。

               *

 わたしが、以上のような「仮説」を書く気になったのは、上記のトーマス記者の調査報道を知ったことのが最大の理由だが、ほかにも、ふたつ、動機がある。

 (これもこのブログで紹介したことだが)、フランスの「オランジュ」という携帯電話会社で、社員の自殺が相次いでいることが、ひとつ

 もうひとつは(これは一般にはまだあまり知られていないことだが)、この日本で(も)、「マイクロ波のパルス」とみられる電磁波照射を浴びて、「自殺」に追い込まれた被害者が、実はかなりの数、出ているという事実があるからだ。

               *

 日本の安倍政権は「集団的自衛権」を発動し、アフガンなどの戦場に自衛隊員を送り込む気でいるようだが、現代戦の戦場は、「電磁波フォッグ」が立ちこめる、被曝リスクのきわめて高い、そこにいるだけで危険な場所でもある。

 イラク派遣自衛官の自殺続発問題を、電磁波被曝の面からも検証し直し、「9条」をもつ、この本当に美しい国が進むべき針路を、あらためて確認すべきときだと思う。

Posted by 大沼安史 at 10:31 午後 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

<電磁波ニュース> フランスの携帯電話会社、「オランジュ(Orange )」で、ことし(2014年)なってから、社員10人が自殺! 電磁波被害か? 市民団体「仕事と明確な連関」と警告! わずか3ヵ月で昨年に匹敵する続発ぶり! 2008~2009年(35人自殺)のペースを上回る最悪な事態!

 ★ 電磁波を浴び続けると、ひどく落ち込み、自殺に至ることもあるとされている。
   
   日本の携帯会社では、どんな状況なのだろう?

               *

 ★大沼 ◎ AFP電(英文) France's Orange hit by 10 suicides since start of 2014: watchdog
 (19日付け)
http://au.news.yahoo.com/thewest/business/world/a/22048139/frances-orange-hit-by-10-suicides-since-start-of-2014-watchdog/

Posted by 大沼安史 at 10:22 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-03-24

<電磁波ニュース> 携帯基地局設置、紛争防止へ要綱 太宰府市(福岡県)、4月施行

  ◎西日本新聞 (7日付け) ⇒ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/74047
  ◎ ソースは 「電磁波なび」: ⇒ http://www.denjiha-navi.com/news/index.html

 ……要綱では(1)基地局設置時は近隣住民に工事概要などを説明し、施工の14日以上前にお知らせ(表示板)を掲示(2)掲示の日までに基地局設置届を市に提出-などと事業者の努力義務を規定。紛争調整の要請があれば市長が調整を行うが、解決の見込みがなければ打ち切る。罰則規定はない。

Posted by 大沼安史 at 08:30 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

<電磁波ニュース> メーン州州議会 携帯の安全シール貼付を義務づけた「ワイアレス情報法(州法)」、いったん成立も、州下院での最終投票で僅差(77-66)で覆る 業界ロビイストたちが圧力(?)

 ★ 法案を提出していたボランド下院議員は「年内にわたしたちは勝つ」と、巻き返し・必勝を誓ったそうだ。

 今回の逆転劇について、「米国携帯電話安全連盟」のリズ・バリス事務局長は「ベルギーではすでに、フランス出は間もなく、子どもたちへの販売や宣伝の規制が行なわれるというのに、米国で被曝の危険の警告を貼りつけるだけで、このありさま」と、業界の影響力の行使を批判した。

 ★は大沼 ◎ ⇒ http://www.mast-victims.org/index.php?content=news&action=view&type=newsitem&id=6349

Posted by 大沼安史 at 08:28 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-03-23

<電磁波ニュース> 教室の「Wi-Fi」化に父母たちが抵抗 / カナダ(オンタリオ州)ケンブリッジ / 自宅のWi-Fi化で電磁波過敏症になった7歳の長男を持つ母親も参加 / 「マイクロソフト・カナダ」のフランク・クレッグ元会長が創設した全国組織「安全なテクノロジーを求めるカナダ人の会」も父母らを支援

 ◎ The record. com :Limit Wi-Fi in schools, group to urge public board
(19日付け) ⇒ http://www.therecord.com/news-story/4420354-limit-wi-fi-in-schools-group-to-urge-public-board/

Posted by 大沼安史 at 08:57 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

<電磁波ニュース> 米軍の巡航ミサイル配備に抗議し、英国中部、グリーナム・コモンの米空軍基地に対する抗議行動を続けた「グリーナム・コモンの女たち」に、警備の英当局が、「電磁波照射攻撃」を行なっていた! / 上半身に痛み、心拍数の異常、身動きできなくなり舌が膨張 /1984年夏の知られざる事実! / 元・英軍レーダー技術者のキム・ベズレーさんら「女たち」が、自ら調査活動で究明

 ★ 関連記事 <電磁波ニュース> イラク戦争で米軍、ファルージャなどで「電磁波兵器」を使用! カナダの調査報道ジャーナリストが、イラク米軍ソースの証言をもとに暴露! / 建物の屋上の死角に、「ポッパー」あるいは「ドーム」と呼ばれる、ドーム状の発信装置を設置 / 射程 半径0.8キロ 住民に照射! 頭痛・白内障・記憶喪失・癌・自殺……ターゲット区域の住民の抵抗を殺ぎ、追い出しを図る
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/03/post-40ee.html

                            *

 ◎ 記事本文は ↓ へ、つづく

 ★は大沼 ◎ カナダ「Peace」マガジン 1989・12~90・1月号 ⇒ http://peacemagazine.org/archive/v05n6p10.htm

 ★ わたし自身、最近知ったこと。日本でもあまり知られていないことなので紹介したい。

 英国のグリーンナム・コモンで、女性たちによる米軍巡航ミサイル配備反対運動が始まったのは、1981年のこと。

 翌82年12月には、基地の周囲10キロを3万人の女性たちが人間の鎖で包囲するなど、抗議活動は、その19年間にわたって続いた。

 「事件」が起きたのは、運動開始3年後の1984年夏のこと。

 カナダ「Peace」マガジンで紹介された「グリーナム・コモンの女たち」の一人、キム・ベズレーさん〔1996年に死去〕の証言によれば、基地を警備していた、計2000人の英陸軍兵士と警察官たちが、突然、フェンスのそばから退いた。

 「女たち」はそれまでフェンスをよじのぼったり、基地の中のミサイル・サイロでダンスをしていたので、いったい、どういうわけで警備陣が退いたか首をかしげているうち、苦痛や不快感を訴える女性たちが続出した。

 上半身に痛みを感じたり、心拍数に異常が出たり、恐怖心におそわれたり、身動きできなくなったり、舌が膨張したり。

 キム・ベズレーさんの、当時30歳の娘さんは立っていられなくなり、月経が半月サイクルになって、それが1年も続く状態に陥った。

 異変が電磁波照射によるものではないか、と最初に疑ったのは、キム・ベズレーさん。

 キムさんは第2次世界大戦でレーダーのオペレーターをしていたラジオ・エンジニア。

 その経験からピンときたキムさんは、「女たち」の中で、調査委員会を結成。

 電磁波測定機で測定、測定数値を撮影して記録する一方、米国の情報自由法を使って情報公開を迫るなど、調査活動を続け、電磁波照射を浴びたものと結論づけた。

 しかし、事実関係を突き止めたものの、科学者たちの多くは、「女性のヒステリーだ、ストレスだ」といって、まともにとりあってくれなかったという。

 以上が、「Peace」マガジンでのキムさんの証言の概要だが、英国人、デイビッド・グヤット(David Guyatt)氏が、1996年の国際赤十字シンポジウムで発表した論文(概要)、「対人電磁波兵器の諸相」によると、「グリーナム・コモンの女たち」は以下のような電磁波照射による症状を起こしていたという。

 めまい(vertigo)、網膜出血(retinal bleeding)、日焼け〔夜間のケースも burnt face (even at night)〕、嘔吐(nausea)、

睡眠障害(sleep disturbances)、動悸(palpitations)、集中力の喪失(loss of concentration)、記憶喪失(loss of memory)、

方向感覚の喪失(disorientation)、激しい頭痛(severe headaches)、一時的な麻痺(temporary paralysis)、言い淀み(faulty speech co-ordination)、イライラ(irritability)、パニック感(panic and a sense of panic in non-panic situations)

  こうした「女たち」の症状については、米国の電磁波問題の権威であるロバート・ベッカー博士によって、マイクロ波兵器による症状を示していることが確認されている。

Many of these symptoms have been associated in medical literature with exposure to microwaves and especially through low intensity or non thermal exposures.[22] These have been reviewed by Dr. Robert Becker, twice nominated for the Nobel Prize, and specialist in EM effects. His report confirms that the symptoms mirror those he would expect to see, had Microwave weapons been deployed.

 ★ ―― 1980年代の半ば、「グリーンナム・コモンの女たち」に対して、早くも「電磁波照射」が行なわれていたことは…………やはり、驚きである。

 日本では、どうなのか?

 この点の検証、究明も、求められている。

 ◎ 参考 「グリーナム・コモン」での「女たち」による「ピース・キャンプ」活動
   ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Greenham_Common_Women's_Peace_Camp

Posted by 大沼安史 at 08:51 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-03-21

<電磁波ニュース> 米のメーン州議会、全米初 「携帯電話」に安全な利用法を知らせるラベル貼付義務法案を可決 他の4州が同様の規制に踏み切ったとき(あるいはメーン州知事が拒否権を発動しなければ)、発効! ★ アンドリア・ボランド下院議員の提案が21対14の圧倒的賛成多数で可決された! 携帯電話の電磁波の危険性に警鐘を鳴らす、画期的な議員立法!

 
 ★は大沼 ◎ SBWire ⇒ http://www.sbwire.com/press-releases/maine-cell-phone-bill-passes-senate-in-landslide-vote-21-to-14-478648.htm

 This Tues. morning of 3/18/2014, Maine passed the US's first ever cell phone warning label bill at the state level, urging cell phone customers to check their manuals for safer cell phone use.

 The bill brought by Rep. Andrea Boland (D) Maine, passed by a 21 to 14 majority vote in the senate this morning, despite incredible odds against industry opposition. The bill and has a 4 state trigger, meaning if 4 other states pass cell phone/warning label bills, Maine’s law automatically goes into effect.

Posted by 大沼安史 at 08:58 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

<電磁波ニュース> イラク戦争で米軍、ファルージャなどで「電磁波兵器」を使用! カナダの調査報道ジャーナリストが、イラク米軍ソースの証言をもとに暴露! / 建物の屋上の死角に、「ポッパー」あるいは「ドーム」と呼ばれる、ドーム状の発信装置を設置 / 射程 半径0.8キロ 住民に照射! 頭痛・白内障・記憶喪失・癌・自殺……ターゲット区域の住民の抵抗を殺ぎ、追い出しを図る

 ★は大沼 ◎ Microwaving Iraq 'Pacifying' Rays Pose New Hazards In Iraq
    By William Thomas 1-25-5

    ⇒ http://www.rense.com/general62/mciro.htm

 ★ ウイリアム・トーマス氏が2005年1月に明らかにした。

 ファルージャなどでは「劣化ウラン弾」のほか、(水をかけても消火できず、骨まで焼いてしまう)「白りん弾」が使用されたことが報じられているが、「電磁波兵器」が実戦に使われていたとは、今回、トーマス氏のレポートを読むまで、知らなかった。

 この報道は、日本国内で電磁波照射被害が続発している現状を考える上でも、きわめて重要なレポートである。

 それはつまり、トーマス氏のレポートは――「電磁波兵器の軍事技術と機器がひそかに民間に流出、日本などで、カルトなどの組織が、敵対者に対して使用しているのではないか」との疑いを、補強するものと、みることができるわけだから。

                   *

                               *

 さて、「イラクをマイクロ波照射(Microwaving Iraq)」と題した、トーマス氏の報道は、湾岸戦争当時から氏のニュースソースとなり、戦場の実態を報じている「ハンク」(偽名)の告発に基づく。

 それによると米軍は、イラク戦争の際、ファルージャなど「スンニ派トライアングル」といわれるサダム・フセイン大統領派の拠点都市で、建物の屋上の死角に、「ポッパー、あるいはドーム( "poppers" or "domes" )」と言われる、半径60センチの、灰色のプラスチック性ドームを設置し、電源につないで照射を開始した。

 設置にあたった米兵の大半は、それが何のためののものか、告げられず、任務を遂行した。

 「ハンク」によると、この「ポッパー(あるいはドーム)」は、新世代の「サイコトロニック("psychotronic" )」という電磁波兵器で、目に見えない全スペクトラムの電磁波を照射することで、ターゲットの人体の感情、行動、体内プロセスに変化を起こすことができる。
 ……a new generation of "psychotronic" weapons using invisible beams across the entire electromagnetic spectrum to selectively alter moods, behavior and bodily processes.

 照射の射程は、0・5マイル(約0.8キロ)。

 具体的には、ULF(極超長波)・VLF(超長波)・UHF(極超短波)・EHF(ミリ波)のすべてについて、どんな組み合わせでも照射できるほか、スーパーヘテロダイン方式で電磁波の中継も可能という。
 The "poppers, are capable of using a combo of ULF, VLF, UHF and EHF wavelengths in any combination at the same time, sometimes using one as a carrier wave for the others," Hank explains, in a process called superheterodyning.

 もともとは米海軍が潜水艦のソナーや通信技術で使っていた電磁波テクノロジーだが、これをファルージャなどで浴びせかけることによって、「クジラを海岸に殺到させるような」効果をあげていた。
 Hanks says, with equipment derived from US Navy undersea sonar and communications.
 The silent frequencies daily sweeping Fallujah and other trouble spots are the same Navy "freqs that drove whales nuts and made them go astray onto beaches."

 「ポッパー(ドーム)」からの照射によるダメージは、とくに(感受性の高い)子どもたち大きく、「電磁波症候群」と呼ばれる重篤な諸症状、あるいは自殺ノイローゼ、認知能力の破壊――ひいては死さえも引き起こしていた。

 こうしたダメージをもたらす「ポッパー(ドーム)」は、イラク戦争の戦場で、どれだけ設置されていたか?

 トーマス記者の求めにこたえ、「ハンク」が調べたところでは、その時点で使用中と思われるものは、25基。
 使用後に破壊したり、放棄したものもあるので、正確な数はわからないという。

 この「ポッパー(ドーム)」のダメージはしかし、イラクの住民だけのものではなかった。
 米軍が使用しているレーダーや軍事用携帯電話などの電磁波も重なって、米兵も被害を受け、100人に15人が心身に変調をきたし、戦線の離脱を強いられたという。
 
 トーマス記者の調べによると、米空軍のヘイズ中将(米国国家安全研究所所長)は電磁波の中でも、とくにVLF(超長波)は、人間の細胞に到達するまでに指向性の(有害)エネルギーを失わないと言う意味で優れているという。
 Hays calls VLF weapons "superior" because their directed energy beams do not lose their hurtful properties when traveling through air to tissue.

 また、こうした電磁波兵器は米軍だけのものではなく、ヘイズ中将によると、フランス製の「7ヘルツ」の照射兵器の場合、射程内にある人間を、なんと「数時間で病気にしてしまう」威力を持っている。
 A French weapon radiating at 7 hertz "made the people in range sick for hours."

         *

 イラク戦争からすでに10年――。

 いまでは「V2S」(ボイス・ツー・スカル)という、音声を脳内の送り込む電磁波による拷問・マンンドコントロール兵器さえ出現しているといわれている。

 電磁波問題は携帯電話にとどまらず、幅広く議論すべき、いまや、重大問題である。

Posted by 大沼安史 at 08:57 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-03-20

<電磁波ニュース> イスラム教徒への照射攻撃を狙って「X線砲」を製造しようとした「KKK」のメンバーらをFBIが逮捕!/ 「イスラエルの敵を殺す!」/ バッテリー方式 トラックで移動 就寝中のターゲットの被曝殺害を企図 / その名も 「照明スイッチでオン ヒロシマ("Hiroshima on a light switch")」 デバイス!

 ★ 共犯者1人とともに、テロ事件の主犯として逮捕されたグレンドン・クロフォード容疑者(58歳)は、GE(ゼネラル・エレクトリック社)勤務。

 同容疑者は、製造しようとしたX線照射装置を、「照明スイッチでヒロシマ(Hiroshima on a light switch)」デバイスと名付けていたという。 

 X線(放射線、電磁波の一種)を浴びせかけるだなんて……。

 カルトやヘイト・グループは、ほんとうに何を仕出かすか、わからない。

 ところで…………これは 上記記事を読んで思い出したことだが――。

 昨年春、仙台の自宅、および旅先・札幌のでのこと。

 (携帯する)「ベータ線の線量計」が、異常値を連続して示したことがあった。そのときの「不快感」たるや尋常なものではなかった。
 
 そのとき、相談した知り合いに、「X線かもしれない」と警告された――。

 まさか、とは思うが……。

 電磁波照射は日本では規制法がなく、野放し状態。X線を照射するような闇の勢力が出て来ても、不思議ではない。

 警察・治安当局は、新手のハイテク武器の取り締まりにも全力を挙げていただきたい。

 ★は大沼 ◎ USAツデー(2013年6月19日) 

http://www.usatoday.com/story/news/nation/2013/06/19/terror-plot-arrest-radiation-device-x-ray/2438599/

 

Posted by 大沼安史 at 11:26 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-03-15

<電磁波ニュース> 「 『脳制御』は我々の機密プロジェクト」 中国軍首脳、劉源上将(政治委員)が言明 ★ オーストラリア留学時代に「被害」を受け、「電磁波攻撃」と闘う「ピース・ピンク」国際キャンペーンを開始した、中国人女性、リウさんの告発を裏付け!

 ★ マイクロ波パルスによるとみられる遠隔精神操作の「犠牲者」は、米国や日本、欧州各国だけでなく、中国にも多数いると伝えられていた。

 その非人道テクノロジーを、中国軍が軍事用でプロジェクト開発を続けていることが、香港紙がつたえた軍トップの発言で確認された。

Images

 中国人の被害者で、告発運動の先頭に立っている、Soleilmavis Liuさん(女性)が公刊した体験記、「墓の中の12年(Twelve Years in the Grave)」によれば、

Product_thumbnail_2

 彼女が豪メルボルンの大学に留学していたある夜、(不快な毎日が続いたあと)、突然、「彼女は醜い、彼女は汚い」という「声」が聴こえて来た(同書8頁)という。

 その時、聴こえてきた「声」――「彼女は醜い、彼女は汚い」は……英語――ではなく、中国語だった!

 それがリウさんの、電磁波攻撃との闘いのはじまりだった。

 リウさんは、中国軍の人体実験のターゲットにされていたのかも知れない。

 リウさんが続けている「ピース・ピンク(反電磁波人体攻撃・国際キャンペーン)」については、以下のサイトを参照。
  ⇒ http://peacepink.ning.com/

         *

 全国人民代表大会(全人代)に出席している人民解放軍総後勤部の政治委員の劉源上将は、「当局は『脳制御』(人工頭脳制御)といった科学研究を行っているのか」というマスコミの質問に、「『脳制御』は我々の機密プロジェクトで、これ以上コメントできない」と答えたことが明らかになった。11日付香港紙・蘋果日報が報じた。

 ★は大沼 ◎ 「大紀元」 ⇒ http://www.epochtimes.jp/jp/2014/03/html/d99022.html

         *

 ★ 日本での電磁波照射被害については、以下の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」のHPを参照ねがいます。
  ⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

Posted by 大沼安史 at 09:20 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-02-28

<電磁波ノート> 英国のウェールズでは5年前すでに、携帯電話のアンテナ塔( phone mast )規制の動きが出ていた! 高さ15m以下のものは、届け出後、何のクレームがないまま56日経てば、自動的に建設できたのが、全建設計画を許可制に変える報告書、まとまる!

 ◎ BBC (2009年8月7日付け) Tougher phone mast rules proposed
 ⇒ http://news.bbc.co.uk/2/hi/8188383.stm

Posted by 大沼安史 at 07:38 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

<電磁波ノート> ウィキペディアでも紹介 : 「マイクロ波聴覚効果(Microwave auditory effect)」の恐怖 / ★ マイクロ波を使った人体攻撃は、スポーツ選手の運動機能に対する照射攻撃疑惑にとどまるものではない!

 ★は大沼 ◎ 日本語版 ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E6%B3%A2%E8%81%B4%E8%A6%9A%E5%8A%B9%E6%9E%9C

 英語版 ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Microwave_auditory_effect

Posted by 大沼安史 at 07:37 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-02-23

<電磁波ノート> 静岡県島田市の「第二海軍技術廠牛尾実験所跡遺跡」を公開/ <電子レンジにも応用されている「マグネトロン」という装置で作られた「殺人光線」(電磁波)を発射して、米軍機を撃墜すること意図したといわれる>

 ◎朝日新聞デジタル 18日付け ⇒ http://www.asahi.com/articles/ASG2F775VG2FUTPB00V.html

Posted by 大沼安史 at 09:24 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-02-21

<電磁波ノート> ★ 浅田真央選手に対する「電磁波銃」照射疑惑(関連)/ ★ 電磁波銃、照射装置。日本国内でも、なんとネット通販!

 ☆「電磁波放射機(器)」という商品名も! 

 ☆ PR文 「隣の住民とトラブル続きで追い出したいとき。―― 隣の塀、窓に向けて発信しますと、その晩から睡眠不足が続き医者に診て貰っても原因不明と判断されます」

  「マンション・アパートの二階の騒音がうるさいとき。――二階に向けて発信しますと元気がなくなり静かになります」

  ☆  まだ「犯罪」として認知されず。警察も証拠がないので取り上げない。 

               ## ↓ ↓ (下にづづく)

  ☆  日本は何も対策がありません。

       自由に攻撃しても罰する法律もありません。

       電磁波を浴びると何も無いのに音や声が聞こえる身体に異常が有るなどの表情が出ます。

 わたしが信頼する「東海アマさん」が、ソチ五輪女子フィギュアSPで、浅田真央さんをはじめ日本女子選手が徹底して、「転倒」したことについて、「電磁波の照射(=電磁波銃による照射)」によるものではないか、と(引き続き)疑問を呈している。
 ⇒ https://twitter.com/tokaiam

 # 今回使われた(だろう)と予想したのは、普通の短波などでなく、マイクロ波だろうと思う
電子レンジと同じような電磁波ビーム銃を作り望遠カメラ内部にセットする
指向性と収束性を与えてギガヘルツ波を数千ボルトで放射すれば数十m先のフィギアジャンパーを転けさせるなど容易だ たぶん自作できる

 # 2450MHzは電子レンジや自動ドア、スピード取締装置に使われていて、通常は人体に影響を与えない
しかし人体への浸透性は極めて強く、エネルギーが高ければ人体に熱感や神経刺激を与える結果になると予想している
生体のパルスに同調させるパルスを発生させれば共鳴現象が起きるだろう

 …………

         *

 わたしには、「東海アマさん」の指摘を正しいと理解できるだけの「個人的な体験」が多々ある。

 それはさておき、ここではひとつ、(あくまで問題提起の意味で)――これは、「東海アマさん」がツイッターで触れてもいることだが――日本国内において、近隣トラブルを解消するデバイスとして、電磁波照射装置をネット通販するビジネスが、現実に行なわれていることを指摘しておきたい。

 たとえば このネット通販サイト

 あるいは、これ

  さらには ⇒ こちら

 

 

 前者にサイトには、たとえば以下のような記述がある。(太字強調は大沼)

         *

 ……しかし、中には嫌がらせをしてくる奴がいます。
   こんな奴には電磁波を浴びせればおとなしくなります。

   実用的な電磁波攻撃!

   親切にしたが、裏切った!

   アパートマンション、隣の騒音がうるさい!!

  1 隣の住民とトラブル続きで追い出したいとき。

    隣の塀、窓に向けて発信しますと、その晩から睡眠不足が続き医者に診て貰っても原因不明と判断されます。

  2 マンション・アパートの二階の騒音がうるさいとき。

   二階に向けて発信しますと元気がなくなり静かになります。

    3 引っ越して貰いたいときる

     マイクロ波の出力を上げて数日すると部屋に帰らなくなってしまいます!

   電子レンジの内部から先端にステンレスで覆われ、電波を前方に放出させるためと、電磁波漏れを防止します。
使い方 隣に使用する場合は先端部分を壁に当てるだけで50mまで効力を発揮できます。

   この装置は極超短波に属する2450MHzのマイクロ波が使われています。(電子レンジの改造)

         #

  また、後者にサイトには、たとえば、こう書かれている。(同)

         *

 設置式電磁波放射機

  最近は「安全カメラ」などという名目で…
  監視カメラや防犯カメラの中に電磁波放射器を設置します。
  これは発見されません。

  外見が「カメラ」だし電波や電磁波攻撃ができるわけないと思います。
  それを電波を飛ばせる装置にします。
  携帯電話程度の小型な機器を内蔵することによって
  いくらでも電波をターゲットに当てることが可能です。

  それは「とても小型」であり…
  煙探知機・防犯カメラの中に取り付けます。
  この中に電波を飛ばす装置を内蔵されています。

  部屋や住まいに仕込む…
  単なる煙探知機であるはずなのにその近くに行くと「電波を感じる!」ことになります。
  電磁波攻撃機はなかなか発見するのは難しいとこに設置してあります。

  家庭でも火災警報装置の設置を義務化しています。
  ターゲットを家庭でも襲えるように工作することは可能です。!
  点検と称して設置すればいいからです。

   設置費用 50.000円
   電磁波放射器 25.000円
   交通費 実費

         #

 前者にサイトには、また、こうも書いている。(同)

         *

  超高周波攻撃は未だ犯罪として認知されていません。

 また、この攻撃の標的になると、長期間にわたって電磁波攻撃の対象にされると後遺症が残ります。
この攻撃のターゲットは、警察に相談に行っても、証拠がないため、相手にはされず、犯罪としてとりあげてもらえません。

         #

 わたしたちは、どうやら、こうした装置に対する「需要」がある社会に生きているようである。

 何者かが、浅田真央さんに向けて、たぶん、より高度な装置で、マイクロ波の照射を浴びせ、演技を妨害したとしても、なんの不思議もない時代に生きている――らしい。

 マイクロ波兵器開発に携わった英国人専門家、バリー・トロワー(Barrie Trower)は、人体(脳)に影響を及ぼす600の周波数がすでに特定されている、と証言している。
 以下に記載の、証言ビデオを参照。

 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/02/barrie-trower-2.html

Posted by 大沼安史 at 11:02 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-02-20

<電磁波(悪用)ノート> ★ 浅田真央さん:「自分の体と考えが違ってしまった」! ← 電波に詳しい「東海アマ」氏が 「電磁波銃」照射 による演技妨害の可能性を指摘! / マイクロ波兵器開発に携わった英国人専門家、バリー・トロワー(Barrie Trower)さんは、特定周波数の照射によるアドレナリン分泌で動作を速めることができる――と証言! / それになりより、「電磁波銃」はけっこうかんたんに手作りできる!

 ★ 日本国内でも、この「電磁波銃」――それもかなり高度なものをつかった、組織的な「エレクトロニック・ハラスメント」が、行なわれているようだ。
 
 ★は大沼 ■ <真央、跳びきれず16位「自分の体と考えが違ってしまった」>
 デイリースポーツ⇒ http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140220-00000020-dal-spo

 ◎ 東海アマ氏のツイッター # スケ連関係者は、いいかげん東海アマの指摘する電磁波銃について関心を持った方がいいんじゃないか? これじゃ真央が、あまりにも気の毒だ

 ■ バリー・トロワーさんのユーチューブでのインタビュー証言(5分割の⑤を参照! 日本語字幕つき)

   ① https://www.youtube.com/watch?v=NRoN2Fsci3o
   ② https://www.youtube.com/watch?v=8b4GYyxMnbI
   ③ https://www.youtube.com/watch?v=_NovBNDdW-s
   ④ https://www.youtube.com/watch?v=JD2vZZxXKMw
   ● ⇒ ⑤ https://www.youtube.com/watch?v=qw385UR3dvQ

 ■ 電磁波銃については本ブログ既報 (この中の、ユーチューブ「つくって、ためしてみましたビデオ」は必見です)
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/02/homemade-microw.html

Posted by 大沼安史 at 10:48 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-02-17

<電磁波(悪用)ノート> (重要) 「電磁波等を利用した新しい犯罪および、組織的な監視、嫌がらせの(日本人)被害者」によるレポート 

 ★(大沼) このレポートは、日本でも広がる「「エレクトロニック・ハラスメント」の現実を知る上で、「基本文献」となるものだと思います。

 苦しい状況の中で、よくぞここまで調べ、まとめてくださった、と思います。ここで敬意と感謝の意を表明させていただきます。

 著者は

 「現状で得られる情報をできるかぎり読み手に伝えることで、この極めて姿を捉えにくい卑劣な犯罪の解決に役立てるという『公益』のため、極めて必要性に迫られて書かれたものであり、何ら無根拠に事実を断定するものではありません」

 と書いています。

 わたしもまた、この知られざる、電磁波を使ったテクノロジー犯罪(――それも組織的な何者かによる犯行)が、(あの、スノーデン氏によって暴露されたNSAのネット盗聴問題のように、) 内部告発などによって明るみに引き出されることは、この国の人々の人権、さらにはデモクラシーを守る「公益」につながるものと考えています。

 早急な解明と摘発を強く望みます。

 ◎ ⇒ https://doc-0c-7g-docsviewer.googleusercontent.com/viewer/securedownload/dsn1aovipa7l846lsfcf94nedj8q2p4u/faqbjvlbpot6l1outfb8npuoe7m2lduf/1392606900000/c2l0ZXM=/AGZ5hq8BgbJY1gwaOYx83cPOdNw6/WkdWbVlYVnNkR1J2YldGcGJueHphV3gyWlhJeE0ySjFiR3hsZEhOOFozZzZNams1T1RRMU1XSmxNbVkxT1dGbE9B?docid=0ebb7017a7b55161e0595d317c471073%7C187a9e98f0d13ad1e7c942f704ff6f1a&chan=EQAAAClEONERV/CEdtp13HUcfxfSwmkYEVNd9SrNBPnFb8lA&sec=AHSqida3nlZRF8MEvjq_zd7qx-_mfJ-d9PGbP5iCqyHNBLmb3TKPbQ9ZoTUvPhtSAXjPBLuVgYe0&a=gp&filename=Hreport.doc&nonce=8l6d87afl9g86&user=AGZ5hq8BgbJY1gwaOYx83cPOdNw6&hash=97ok165rmn9tn97d6dcu4sih44vhl364

Posted by 大沼安史 at 01:04 午後 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-02-14

<電磁波ノート> マンションなど電気引き込み線を1本にまとめないと、屋内が強電磁波に(沖縄の施工事例)/台湾では裁判所が電気配線の改善を命ずる判決!

 ⇒ http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-11152741549.html

Posted by 大沼安史 at 05:02 午後 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

<電磁波(悪用)ノート> 元米ミネソタ州知事のジェシー・ヴェントゥーラさん、調査報道テレビ番組で、米国に広がる、電磁波を使って人々の脳内に侵入する、ハイテク犯罪の実態に迫る! ★ ユーチューブ(日本語字幕版)で視聴可能に!

 ★ マイクロ波パルスを使っているらしい、電磁波音声攻撃の、米国における現実が、明るみに引き出された!
 
 日本でも、同じような被害が、「NPOテクロノジー犯罪被害ネットワーク」などによって、確認されている。

 同ネットワークのまとめでは、全国の「確認被害者」は、すでに1242人に達している。

 解明が必要だ!

 ★は大沼 ◎ 2012年12月17日放映  "Brain Invaders"
 ⇒ (3分割)
 ① http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=-yjBjImdudQ
 ② http://www.youtube.com/watch?v=yar9mu033_Yhttp://www.youtube.com/watch?v=yar9mu033_Y
 ③ http://www.youtube.com/watch?v=mel34on-GPQ
 
 ◎ ジェシー・ヴェントゥーラさんの調査報道番組「コンスピラシー・セオリー」については Wiki
 ⇒ http://en.wikipedia.org/wiki/Conspiracy_Theory_with_Jesse_Ventura

Posted by 大沼安史 at 05:01 午後 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-02-11

<電磁波(悪用)ノート> 「電磁波兵器テロと完全犯罪」 / ちっとした知識と器材があれば、誰でも、かんたんにつくれる「マイクロ波銃(Homemade Microwave Gun)」! ★ こうしたいわば素人の手づくりレベルを超えた、きわめて高度、かつ悪質な、電磁波照射機器を使った、組織的な犯行が、摘発もされず、世界的に行なわれているようだ! 日本でも、至急、取り締まるべきである!

 ★は大沼 OKWave ⇒ http://okwave.jp/qa/q7203039.html
 ユーチューブ ◎ Homemade Microwave Gun ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=ZmWu31eccY0&feature=related

 ★ 東海アマさんのツイートで、このブログ記事と、「マイクロ波銃、つくってみました」ユーチューブの存在を知った。

           *

  # 私のニセモノに注意 ‏@tokaiama ·2時間

   電磁波銃というのは、ソ連時代から国威発揚の目的で国際競技などで敵国選手を失敗させるのに普通に使われてきたといわれる

                      * 

Dsc07883_convert_20140211104041

 

左の写真は、The Poor Man's Ray Gun (貧者の光線銃 デイヴィッド・ガン著)に掲載された、手作り装置の複写写真。

Posted by 大沼安史 at 10:42 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2014-02-02

<電磁波ノート> カナダ・トレント大学のマグダ・ハヴァス教授が、「教室のWifi化」によるマイクロ波放射(microwave radiation)被曝に警告 :「子どもたちは1学年に、1200時間も、Wifi被曝してしまうことに。喫煙・アスベスト・鉛・DDTと同じような歴史が繰り返されようとしている」

 ◎ グローバル・リサーチ研 ⇒ http://globalresearchreport.com/2014/01/30/wifi-in-schools-shown-to-cause-health-problems-is-your-child-at-risk/

        #

 One of the most outspoken and well-known experts concerning the issue of WiFi in schools, Dr. Magda Havas, Professor of Environmental & Resource Studies, Trent University, ON, Canada, states:

“The scientific evidence clearly shows that microwave radiation…now commonly found inside classrooms with Wi-Fi routers causes cancer in laboratory animals, heart palpitations in sensitive adults, reduced sperm motility and viability, and is associated with… cognitive dysfunction, pain, fatigue, mood disorders, dizziness, nausea, weakness, skin problems, and tinnitus.”

  She adds that prolonged exposure may increase people’s chances of developing cancer. With children in school for an average of six hours a day, five days a week for 40 weeks a year, they are exposed to 1,200 hours of WiFi radiation in a single school year. “History is simply repeating itself with microwave radiation, just as it did with cigarette smoking, asbestos, lead and DDT.”

Posted by 大沼安史 at 09:39 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)