« 2021年8月 | トップページ | 2022年3月 »

2021-12-07

◇ふるさとへ、いざ

4_20211207001902

◆ふるさとへ いざ

この道は 遥かな その日から来る道
もう二度と世界を 壊してはいけない
空の風神 悲しみ吹き飛ばし
いざ行かん 明日の一人のその中に
いざ 故郷は愛  故郷は心に
母におわれて 登った丘へ 向かわなん いざ
人生は旅 求め行くいのちの 友と語らい
夢見た村を つくりなん いざ

 

東京の大学に勤めていた大沼は、定年を前に大学教授の職を辞し

生まれ故郷の仙台に帰って来ました。

東京を出て、ヒロシマへ行き原爆ドームや資料館を見学し、

仙台の小さな部屋で翻訳の仕事をしていました。

道新時代、泊原発の下にある活断層の問題を記事にし、

それから大沼の苦難の道が始まりました。

ヒロシマからフクシマに続く道、そして非業の死。

魂の必然という言葉が浮かびました。

この時代、大沼安史として生まれて

何か解決して生きたかったのだと今になって思います。

体を離れて、いったん高いところに行った大沼ですが

戻って来て、いつも私の傍にいます。

       (大沼久美子・記)

 

 

Posted by 大沼安史 at 01:02 午前 |

◇美しまの空

4_20211207001903

 


◆美しまの空
空に浮かんでた 安達太良が
川は流れてた 阿武隈が
星もきらめいて 夜ノ森に
波は子守歌 浜通り
フクシマ 君のうつくしま
私も生きた このふるさと
あの日始まった フクシマの
希望つなぐ旅 長い旅
だけど私達くじけない
風に向かって 進むだけ

 

大沼の実家は郡山です。

私(現妻)が生まれた浪江町も汚染され

その場所にはもう入ることはできません。

海と山の豊かな恵みの中で生かされて来た私たちの

これからの日を思い、歌にしました。

少し元気よく歌っていただけると嬉しいです。

 

Posted by 大沼安史 at 12:48 午前 |

大沼安史、作詞・作曲した歌を載せます。    その1◇あじさいの咲く道

4_20211207001901

◆あじさいの咲く道

あじさいが 咲いた道
手をつなぎ 歩いてる
幸せが 咲いた道
私達 歩いてる
いつまでも このいのち
何処までも このいのち
雨上がり 光る道
あじさいと 歩いてる

 

前にも書きましたが、この歌は

国会前にたくさんの人たちが集まって

抗議行動をしていた時に作ったものです。

大沼は、それが幸せに続く道だと。

新たな世は、一人一人の思いと行動によって作られる。

 

 

 

 



   

 

Posted by 大沼安史 at 12:31 午前 |