« 【島津レポート/武漢コロナウイルス】◇ 元ジャパン・タイムズ・ウイークリー元編集長、島津洋一さんが謎解きです――「オオコウモリが新型コロナウイルスを運ぶ それは日本の新しい731部隊からのものだった(Giant Bat-Delivered Coronavirus Was From Japan's New Unit 731)」と衝撃のレポート 中国側にこの先「助け舟」を出すことで、韓国の東京五輪ボイコットの動きに加わらないよう、けん制するのが狙いと。 | トップページ | 【フクイチ・グローバル核惨事】◆ 英紙メールが「日本は(フクイチの)放射能廃棄物を海に投棄するぞ(Japan WILL dump nuclear waste into the sea)」と、国際社会に警告報道  »

2020-02-01

【フクイチ核惨事の今】◇ 1号機の原子炉圧力容器 内部調査ロボットを炉内に投入するための穴あけ作業で放射性物質のダスト濃度上昇 放射性粉塵が外部噴出ということか! いわき市の公園空間線量上昇 ★ トラブルで済まされない事故。なのに東電は「日報」などで、この危険な作業が行われていることを広報してこなかった! 

 ◇ 1号機建屋は最近、黄色く汚れて気味が悪いほどだ。
Screenshot124
 
 
 ◇ 建屋カバーもないまま、鉄骨むき出し状態。おまけに、核用容器の蓋、シールドプラグは外れたまま。
 
 ◇ こんな状態で、よくも東京五輪を迎えられるものだ。
 
           ★
 ◎ この図解解説は福島民報の記事より
Screenshot137
 
           ★
 
 
 ◎ 福島中央TV: 第一原発一号機のロボット内部調査を延期(福島県)
 (2020)1月30日付 → こちら https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00000404-fct-l07
 
 ・ 今年度に予定していた、福島第一原発1号機のロボットによる内部調査について東京電力は、2020年度以降に延期することにした。
 福島第一原発1号機について、東京電力は今年度、ロボットを使ったものとしては、3回目となる内部調査を予定していた。
 ロボットを炉内に投入するための、穴あけ作業が進められていたが、放射性物質のダスト濃度が上昇するトラブルがあり、東京電力が、作業の見直しを進めていた。
 その結果、今後はダストの飛散を抑えながら、数回に分けて、穴あけを進めることになり、ロボットによる内部調査も来年度以降に、延期されることになった。
Screenshot130
 
           ★
 
 ◎ 福島民報: 3月までの着手困難 福島第一原発1号機内部調査
 (2020)1月15日付 → こちら https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020011571743
 
 ・ 東京電力福島第一原発1号機からの溶融核燃料(デブリ)取り出しに向けた重要作業となる原子炉格納容器の内部調査は、東電が計画していた二〇一九年度内に着手できず、開始が二〇二〇(令和二)年度以降にずれ込む見通しとなった。調査は格納容器底部にある堆積物を採取して成分や形状などのデータを得るのが目的だが、ロボット投入に向けた準備作業を三月までに終えるのが困難になったとみられる。
 
 ・ 東電の計画では、原子炉格納容器の外側と内側の扉に研磨剤を混ぜた高圧水を当て、穴を三カ所ずつ開ける。外側扉の三カ所の切削を終え、昨年六月に内側扉の一カ所目の穴開けに取り掛かった際、放射性物質を含むダストの濃度が一時的に上昇し、それ以降の作業工程の大半を中断していた。ダスト濃度測定などの準備が整ったとして、東電は十四日、穴を開ける作業を一部再開した。
 
 ・ 今回の作業では直径約二十一センチの穴の四割程度を十日間ほどかけて開け、ダスト飛散を抑える作業方法を確立するためのデータを取得する。
 
 内部調査に移るためには今後、残る部分の切削と、あと二カ所の穴開けが必要になる。さらに、ロボットを格納容器内に投入するための進入路の構築、監視用カメラやダスト測定器の設置、遠隔操作するロボットの動作確認などの準備作業が控えており、投入までには少なくとも数カ月を要するとみられる。
Screenshot131
 
           ★
 
 ◎ 川根眞也さん(内部被ばくを考える市民研究会代表)解説
 (2020)1月31日 → こちら https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2598441283544669&id=100001364698062
 
           ★
 
 ◎ 「しんちゃん」TW これだったのか。2020年1月29日5:00からいわき市中岡第二公園他で空間線量が急上昇。
 (2020)1月31日付 → こちら https://twitter.com/shinchann2008/status/1222918681836933123
 
Screenshot135
           ★
 
 ◎ 東電福島原発の状況について(日報)(2020)1月27日分 : 1号機原子炉穴あけ作業について、この日も日報に記載なし(報道一斉メールでもプレスリリースでも)
  → こちら http://www.tepco.co.jp/press/report/2020/1527475_8987.html
Screenshot134

Posted by 大沼安史 at 03:58 午後 |