« 【新・島津レポート(★パート10 / 20日付)】元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さんのレポート、第10報が出ました / 「ウイルスは生物兵器より賢く、素早いものだ」★ 予想を超えた変異 制御不能? / 新型コロナウイルスにはHIV(エイズ)のほか、結核も仕込まれている。そしてこの生物兵器プロジェクトをデザインした人物は匿われている / チームの結核専門家を逮捕することで、全体像は判明すると指摘 | トップページ | 【新・島津レポート(★パート12 / 2月28日付)】(パート11は、国際医学誌によるディスインフォメーション工作に関する短い文章なので、ここでは略)◇ 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さんの第12報が出ました ◇ 武漢CISM 米軍、露軍、中国人民解放軍、イラン革命防衛隊など参加各軍の精鋭 木蘭湖(の中国人民解放軍・海軍工科大学)での「海軍5種競技」と、同じく梁子湖での「陸軍トライアスロン」に参加、発症の疑い ◇ 武漢CISMに、なぜか日本の自衛隊、不参加 »

2020-02-26

【フクイチ核惨事のいま】(2020/2)12日午後7時37分過ぎ フクイチを福島県沖M5.5の地震が直撃 その様子を米国ウォッチャーが録画し(4号機側カメラ)公開 ★ 構内がまるごと浮き沈みするような激しい揺れです 気象庁はフクイチ地震の震度を矮小化して発表しているとは、画像解析の岩田清さんの指摘ですが、この直撃地震も相当なインパクトです 

 ◆ 損傷しなかったとは考えにくい強い揺れ こんなあやうい状態で東京五輪はありません

   新型肺炎以前の問題です

……………………………………

 ⇒  https://vimeo.com/391398717

……………………………………

Screenshot519 Screenshot518 Screenshot517

Posted by 大沼安史 at 04:32 午後 |