« 【フクイチ・グローバル核惨事】全米で最も健康な州といわれる西部コロラド州で、2010/2011から2015/2016の5年間に、心臓疾患死がなんと25%増――◎ フクイチ・ウオッチングを続けるマジア・ナデサン(アリゾナ州立大学)教授がプルームによるフクイチ放射能被曝による可能性を(も)指摘し警鐘鳴らす ★ フクイチ・プルームはアラスカで枝分かれし、北米へ流れ込むルートがあります。コロラドは高原の州。直撃? | トップページ | 【フクイチ・グローバル核惨事】韓国と米国がフクイチ放射能汚染水太平洋投棄/海洋環境保全で局長級協議 今月16日、ソウルで ★ 太平洋の両サイド、韓米2国間の協議の場で、ついにフクイチ汚染水問題が公式に話し合われた! 包囲網、着々と…… »

2020-01-18

【フクイチ・グローバル核惨事(関連)】EU(欧州連合)のエリザ・フェレイラ地域政策担当閣僚(regional policy Commissioner)は14日、2050年を目標として域内後発国の「気候中立」実現を支援するグリーン・ディール移行メカニズム基金(1000憶ユーロ)の交付対象から「原子力(原発)」を外す、と明言した。ハンガリーやチェコなどに「脱原発」で「脱石炭」で促すもの。

 ◇ 旧東側の後発国側が交付金抜きで原発稼働をエネルギーミックスに取り込む道は残されたが、311後のドイツの決断に始まった欧州の脱原発の流れは、これでいっそう進むものと見られる。

          ◆
 
 The EU’s regional policy Commissioner Elisa Ferreira revealed on Tuesday (14 January) details of the €100 billion Just Transition Mechanism, a key financial component of the European Green Deal that should make the bloc climate neutral by 2050.
 
          ◆
 
 ◎ EURACTIV.com:Nuclear ‘excluded’ from EU’s new Just Transition Fund(原子力、EUの新移行ファンドから“排除”)
 (2020年1月15日付)→ こちら https://www.euractiv.com/section/economy-jobs/news/nuclear-excluded-from-eus-new-just-transition-fund/?fbclid=IwAR1MwOgw9fcrvIwuSsoIgkFK8_xUWvM5K8DgcL49VHjSvia2FfQ6aiUWYEU
20200118-204842
 
          ◆
 
 
 ◇ 安倍政権の下、日本は「原発ガラ系/放射能ゾンビ国家」として、このまま破滅に向かうのか?
 
 
 ◇ 小泉進次郎環境相は育休も結構だが、フェレイラ大臣から欧州の状況を学ぶなど、もっともっと学んでほしい。
 SEXYだFUNだと抜かしているときではない!

Posted by 大沼安史 at 09:02 午後 |