« 【フクイチ核惨事の今】◇ フクイチ60キロ圏、セシウムを濃厚に含んだ放射性マイクロ粒子 爆心北東の地域の土壌から、グラムあたり22個から101個も検出/ 南西区域では1~8個 ◇ 土壌セシウムのそれぞれ、15~37%、27~80%がこのホットパーティクルによるもの ◇ 土壌降下放射性マイクロ粒子、最高グラム1011ベクレル ―― ◎北欧フィンランドのヘルシンキ大学(ガレス・ロー教授)も参加した、九州大学主導の国際研究チーム(仏・米の研究者も参加)が突きとめ、国際学術誌に公表 | トップページ | 【フクイチ・グローバル核惨事(関連)】EU(欧州連合)のエリザ・フェレイラ地域政策担当閣僚(regional policy Commissioner)は14日、2050年を目標として域内後発国の「気候中立」実現を支援するグリーン・ディール移行メカニズム基金(1000憶ユーロ)の交付対象から「原子力(原発)」を外す、と明言した。ハンガリーやチェコなどに「脱原発」で「脱石炭」で促すもの。 »

2020-01-17

【フクイチ・グローバル核惨事】全米で最も健康な州といわれる西部コロラド州で、2010/2011から2015/2016の5年間に、心臓疾患死がなんと25%増――◎ フクイチ・ウオッチングを続けるマジア・ナデサン(アリゾナ州立大学)教授がプルームによるフクイチ放射能被曝による可能性を(も)指摘し警鐘鳴らす ★ フクイチ・プルームはアラスカで枝分かれし、北米へ流れ込むルートがあります。コロラドは高原の州。直撃?

 ◇ フクイチ核惨事は矮小化/隠蔽キャンペーンの結果、現場の局限された、もう終わった話と思われているようですが、そんな生易しいものではないようです

 ◇ ベーリング海のフクイチ放射能汚染も、むしろ逆にひどくなるなど、地球規模のものとして現在進行中です

 ◇ 日本政府はフクイチ現場の総埋め立て/巨大石棺化など、国際社会の支援を得ながら、持てる力をすべて投入し、まるで核の活火山のように噴き上げが続くフクイチを、なんとか抑え込まねばならないでしょう 嘘とごまかし、先送りは致命傷をもらたします

           ◆
20200117-115035  ◎ マジアのブログ: Death from Cardiovascular Disease up 25% in Colorado between 2010-2011 and 2015-2016 (2011/11から2015/16の間にコロラドで心臓病死25%増
 (2019/01/16)→ こちら http://majiasblog.blogspot.com/2020/01/death-from-cardiovascular-disease-up-25.html
20200117-121702
           ◇
 ◎ ウォールストリート・ジャーナル: Heart Disease Strikes Back Across the U.S., Even in Healthy Places  Middle-aged people are increasingly dying from heart disease in cities across the country—including exercise-mad Colorado(心臓病が米国を再攻撃/ 体力づくりに熱心なコロラド州をふくむ都市においてさせも、心臓病で死亡する中年の人々が増えている
(Jan. 14, 2020) → こちら https://www.wsj.com/articles/heart-disease-strikes-back-across-the-u-s-even-in-healthy-places-11579015880
20200117-121815
           ※
 ◎ 同: Heart Attack at 49—America’s Biggest Killer Makes a Deadly Comeback(心臓病が49歳のアメリカ人最大のキラーとなってカムバック)
 (June 21, 2019 )→ こちら https://www.wsj.com/articles/after-decades-of-progress-america-backslides-on-heart-disease-11561129106?mod=article_inline
           ※
 ◎ 同: Heart-Failure Deaths Rise, Contributing to Worsening Life Expectancy (心臓病死、増加 最悪の寿命悪化要因に)
 (Oct. 30, 2019)→ こちら https://www.wsj.com/articles/heart-failure-deaths-rise-contributing-to-worsening-life-expectancy-11572411901?mod=article_inline
 ◇ フクイチ核惨事は矮小化/隠蔽キャンペーンの結果、現場の局限された、もう終わった話と思われているようですが、そんな生易しいものではないようです

 ◇ ベーリング海のフクイチ放射能汚染も、むしろ逆にひどくなるなど、地球規模のものとして現在進行中です

 ◇ 日本政府はフクイチ現場の総埋め立て/巨大石棺化など、国際社会の支援を得ながら、持てる力をすべて投入し、まるで核の活火山のように噴き上げが続くフクイチを、なんとか抑え込まねばならないでしょう 嘘とごまかし、先送りは致命傷をもらたします
           ◆
20200117-115035  ◎ マジアのブログ: Death from Cardiovascular Disease up 25% in Colorado between 2010-2011 and 2015-2016 (2011/11から2015/16の間にコロラドで心臓病死25%増
 (2019/01/16)→ こちら http://majiasblog.blogspot.com/2020/01/death-from-cardiovascular-disease-up-25.html
20200117-121702
           ◇
 ◎ ウォールストリート・ジャーナル: Heart Disease Strikes Back Across the U.S., Even in Healthy Places  Middle-aged people are increasingly dying from heart disease in cities across the country—including exercise-mad Colorado(心臓病が米国を再攻撃/ 体力づくりに熱心なコロラド州をふくむ都市においてさせも、心臓病で死亡する中年の人々が増えている
(Jan. 14, 2020) → こちら https://www.wsj.com/articles/heart-disease-strikes-back-across-the-u-s-even-in-healthy-places-11579015880
           ※
 ◎ 同: Heart Attack at 49—America’s Biggest Killer Makes a Deadly Comeback(心臓病が49歳のアメリカ人最大のキラーとなってカムバック)
 (June 21, 2019 )→ こちら https://www.wsj.com/articles/after-decades-of-progress-america-backslides-on-heart-disease-11561129106?mod=article_inline
           ※
 ◎ 同: Heart-Failure Deaths Rise, Contributing to Worsening Life Expectancy (心臓病死、増加 最悪の寿命悪化要因に)
 (Oct. 30, 2019)→ こちら https://www.wsj.com/articles/heart-failure-deaths-rise-contributing-to-worsening-life-expectancy-11572411901?mod=article_inline

Posted by 大沼安史 at 12:25 午後 |