« 【フクイチ核惨事の今】◆ 大気中水分のトリチウム濃度 大熊町夫沢で昨年6月(1か月)59mBq/m3 / 放射性降下物セシウム濃度 双葉町郡山で同6月、(Cs137:700+Cs134:49)合計749Bq/m2――を測定 ◎ 福島県庁資料で判明 ★ トリチウム、セシウムの呼吸被曝の恐れはないのか? | トップページ | 【島津レポート/武漢コロナウイルス】◇ 元ジャパン・タイムズ・ウイークリー元編集長、島津洋一さんが謎解きです――「オオコウモリが新型コロナウイルスを運ぶ それは日本の新しい731部隊からのものだった(Giant Bat-Delivered Coronavirus Was From Japan's New Unit 731)」と衝撃のレポート 中国側にこの先「助け舟」を出すことで、韓国の東京五輪ボイコットの動きに加わらないよう、けん制するのが狙いと。 »

2020-01-26

【伊方原発 一時電源喪失】25日、3号機の定期点検(電気を供給する送電線の部品取り換え作業)中に停電、一時全面電源喪失 送電線を保護するため異常な電流が流れた場合に電線を遮断する装置が作動 原因不明 「廃炉作業が行われている1号機と廃炉が決まっている2号機は3秒程度、定期検査中の3号機は10秒程度電源を喪失」(NHK)★ 12日に起きた「3号機制御棒・7時間引き抜き」は軽微なトラブルではなく、送電系にダメージを及ぼすものだった!?

 ◇ 電源喪失発生時間がハッキリしない。「午後3時40分ごろ」(NHK)だったり、「3時44分」(ANN)だったり、「3時45分ごろ」(東京新聞)だったり。
 
 四国電力の発表をもとにした報道なのに、どうして、こんなに違うのか?
 
 口裏合わせができていかかったかも?
 
 電源喪失時間は、あるいは「10秒程度」で済まなかった可能性も否定できないのではないか?
 
 
 ◇ 定検中の3号機はは昨年12月26日に定検入り。今月12日には制御棒が誤って約7時間引き抜かれた状態になった。同20日には使用済み核燃料プール内で、燃料の落下を示す信号が発信されるなど、定検中のトラブルが相次いでいる。
 
 7時間も制御棒(1本)引き抜かれたということは、隣接した核燃料(MOX?)が連鎖反応を続け、再臨界していた可能性があるということでは?
 
 四国電力によると、原子炉の蓋を開けての作業中のこと。ということは、あるいはまだ炉心にあった核燃料からの核分裂放射能が3号機外に漏れだした恐れはないのか?
 
 今回の「原因不明」の電源喪失も、その影響によるものではないか?
 
           ◆ 
 
 
◎ NHK:伊方原発で一時電源喪失 放射性物質漏れはなし
 (2020/01/26)→ こちら https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200126/k10012259231000.html
Screenshot44
 
 
◎ NHKワールド: Utility looks into Ikata plant power outage (四国電 電源喪失を調査)
 (2020/01/26)→ こちら https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20200126_09/
 
 ・ The Ikata nuclear power plant in western Japan has had a short electricity outage, causing suspension of maintenance work on one of its reactors. All three reactors at the plant are currently offline.
 
 Officials at Shikoku Electric Power Company and Ehime Prefecture say the plant lost power at around 3:40 p.m. on Saturday.
 
 Electricity came back after emergency generators were activated immediately.
 
 But the officials say the No.1 reactor, which is undergoing decommissioning, and the No.2 reactor, which is to be scrapped, lost power for about three seconds. Electricity was cut for around 10 seconds to the No.3 reactor, which is under regular maintenance inspections.
 
◎ ANN:伊方原発でトラブル相次ぐ 全電源が一時喪失(20/01/26)
 → こちら https://www.youtube.com/watch?v=UbJCj8ItCUs
 
Screenshot46 Screenshot47
 
◎ 東京新聞: 伊方原発 一時全電源喪失 停電トラブル、10秒後復旧
 
Screenshot48
 ・ 二十五日午後三時四十五分ごろ、四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)で3号機の定期検査中、発電所内が一時停電するトラブルがあった。非常用ディーゼル発電機が起動するなどして約十秒後に復旧した。四国電は「ほぼ全ての電源が一時的に喪失した」と説明している。原因は不明。外部への放射能漏れはないとしている。
 
 ・ 四国電によると、停電は電気を供給する送電線の部品の取り換え作業中に発生。送電線を保護するため異常な電流が流れた場合に電線を遮断する装置が作動し、停電が起きた。作動した原因は分かっていない。運転停止中の1、2号機はすぐに別の電源から受電し、3号機も非常用ディーゼル発電機が起動した。3号機で自動で起動したのは初めて。
 
 1号機は廃炉が決定していて燃料が搬出済みで、2、3号機の使用済み核燃料プールの水温にも異常はなかった。
 
 3号機は昨年十二月二十六日に定検入り。今月十二日には制御棒が誤って約七時間引き抜かれた状態になった。同二十日には使用済み核燃料プール内で、燃料の落下を示す信号が発信されるなど、定検中のトラブルが相次いでいる。

 

 ◆ 資料/史料 NHK報道(日本語)記事本文
Screenshot45
 
 愛媛県伊方町にある伊方原子力発電所で25日、停電するトラブルがありました。非常用の発電機が作動するなどしたため、放射性物質が漏れるなどの影響はありませんでしたが、四国電力は原因が分かるまで定期検査を中断することにしています。
 
 四国電力や愛媛県によりますと、25日午後3時40分ごろ、伊方原発で停電が起きるトラブルがありました。
 
 すぐに非常用の発電機が作動するなどしたため、停電は解消しましたが、廃炉作業が行われている1号機と廃炉が決まっている2号機は3秒程度、定期検査中の3号機は10秒程度電源を喪失したということです。
 
 このトラブルで、核燃料の冷却に問題はなく、放射性物質が漏れるなどの影響はありませんでした。
 
 非常用発電機が作動したのは、記録が残っている平成11年以降初めてだということです。
 
 当時、3号機では外部から電気の供給を受ける2系統の送電線のうち、バックアップ用の系統の安全装置に異常が無いか点検が行われていて、突然、電気が遮断されたということです。
 
 1号機と2号機もこの系統で外部から電気の供給を受けていたため停電につながったということで、四国電力は原因を調べています。
 
 伊方原発では、ことしに入ってから、3号機で核分裂反応を抑える制御棒が誤って引き抜かれるなど重大なトラブルが相次いでいて、事態を重く見た四国電力は、3号機の定期検査を中断することにしています。
 
   原子力規制庁「詳しい報告求める」
 
 今回の伊方原発での電源トラブルについて、原子力規制庁は「四国電力からは作業の中で停電が起きるおそれがあると事前に連絡があった。バックアップの電源も確保されていることなどから、法令による報告対象のトラブルとは判断しない見通しだ。ただし、電源に関わることなので、原因については今後、四国電力から詳しい報告を求めていきたい」などとしています。
 
   四国電力「原因究明に全力」
 
 相次ぐトラブルについて、四国電力原子力本部の渡部浩本部付部長は「みなさまに大変ご心配をおかけし、おわび申し上げます。まずはトラブルの原因究明に全力をあげて参ります」と話しています。

 

Posted by 大沼安史 at 10:52 午前 |