« 【伊方原発 一時電源喪失】25日、3号機の定期点検(電気を供給する送電線の部品取り換え作業)中に停電、一時全面電源喪失 送電線を保護するため異常な電流が流れた場合に電線を遮断する装置が作動 原因不明 「廃炉作業が行われている1号機と廃炉が決まっている2号機は3秒程度、定期検査中の3号機は10秒程度電源を喪失」(NHK)★ 12日に起きた「3号機制御棒・7時間引き抜き」は軽微なトラブルではなく、送電系にダメージを及ぼすものだった!? | トップページ | 【フクイチ核惨事の今】◇ 1号機の原子炉圧力容器 内部調査ロボットを炉内に投入するための穴あけ作業で放射性物質のダスト濃度上昇 放射性粉塵が外部噴出ということか! いわき市の公園空間線量上昇 ★ トラブルで済まされない事故。なのに東電は「日報」などで、この危険な作業が行われていることを広報してこなかった!  »

2020-01-31

【島津レポート/武漢コロナウイルス】◇ 元ジャパン・タイムズ・ウイークリー元編集長、島津洋一さんが謎解きです――「オオコウモリが新型コロナウイルスを運ぶ それは日本の新しい731部隊からのものだった(Giant Bat-Delivered Coronavirus Was From Japan's New Unit 731)」と衝撃のレポート 中国側にこの先「助け舟」を出すことで、韓国の東京五輪ボイコットの動きに加わらないよう、けん制するのが狙いと。

(28日付)◎ レンズ・コム → こちら https://rense.com/general96/china-outbreak-part-3.php

             

Screenshot116

 

 

 ◇ 島津洋一さんはレポートの結論部分で、「オオコウモリを使った武漢攻撃は、最高司令官、安倍首相が命令し、資金も投入された、日本単独の作戦と思われる(So it seems the Wuhan bat attack is a purely Japanese operation ordered and funded by Shinzo Abe, at the top of the chain of command.)」と指摘しています
Screenshot119
 ◇ 変異させた新型コロナウイルスを運んだオオコウモリは昨年秋、中国に近い沖縄方面から、異常高温の武漢方面に到達、干ばつで落果した梨や柿を食べ、その糞が養/蓄魚施設に落ち、武漢魚市場でのブレイクにつながったということのようです
Screenshot106 Screenshot109
 
 
 ◇ オオコウモリ作戦を実施という「安倍の生物戦のニンジャたち」に触れた部分で島津さんは、安倍首相が、あの満州「731」部隊を想起させる「731」と書かれた自衛隊機操縦席から親指を突き上げている写真を載せています。安倍政権が村山の国立感染研などで感染(予防)研究を本格化していることや、加計獣医学部に研究設備があることも 
Screenshot117 Screenshot118
 
 
 ◇ 問題は「ニンジャ生物戦」の狙いですが、島津さんは中国での流行後に、日本側が中国側に鎮圧対策で助け船を出して、韓国側の東京五輪ボイコットの動きに加わらないようすることではないか、と見ています
Screenshot121
 
             ※
 ◆ 島津レポートによると、旧731部隊の生き残りは戦後、米陸軍にリクルートされ、ユタ州のダグウエー実験地での生物戦に参加しているそうです。また、朝鮮戦争では、日本のヤクザがCIAに使われ、鴨緑両岸にハンタウイルス肺症候群ウイルスをばらまいたことも。
 
 
 ◆ しかし島津さんは今回の「オオコウモリ・新型コロナウイルス」は日本単独の作戦だとしています。
 
 
 ◆ この島津レポートが「暴露」したことで、「作戦」は、すくなくとも世界各国政府レベル(諜報/軍)の知るところとなりました。
   島津さんのこれまでの報道歴を振り返ると、米国(とくに米軍)筋に信頼できる情報源を確保されている方のようです。
 
 ◆ 島津レポートが事実であるとすれば、国際社会の安倍政権に対する目はますます厳しいものになるでしょう? あるいはあのセルビアのミロシェビッチのようなことにもなりかねません。
             ※
 ◎ 2月1日追加
 ◆ 島津レポートはもちろん、武漢に2か所あるBSL-4研究施設や沖縄・嘉手納基地、米海兵隊キャンプ・シュワブ周辺の生物兵器基地の関与の可能性を検討(情報を収集)。武漢施設は上海から重慶にかけての感染予防を任務としており(生物兵器を生産できるとしたら、深圳)、おまけに建設時に地元腐敗分子が建設・設備を中抜きしていたレベル。沖縄の米軍が、日本の作戦関与についても否定、日本の単独作戦だった可能性を強く示しています。

 

Posted by 大沼安史 at 12:23 午後 |