« 【フクイチ核惨事の今】豪ABCテレビは、廃炉ロードマップの最大10年、先送りと、行方不明の溶融核燃880トン回収などの困難さを報じるAP通信記事に添えて、牛越仮設住宅/双葉町小学校など現地動画ルポを公開した ★ 日本のマスコミが封印したフクイチ周辺の苛酷な現実。豪メディアが報道! なにが「アンダーコントロール」なものか! | トップページ | 【フクイチ核惨事の今】◇ フクイチ60キロ圏、セシウムを濃厚に含んだ放射性マイクロ粒子 爆心北東の地域の土壌から、グラムあたり22個から101個も検出/ 南西区域では1~8個 ◇ 土壌セシウムのそれぞれ、15~37%、27~80%がこのホットパーティクルによるもの ◇ 土壌降下放射性マイクロ粒子、最高グラム1011ベクレル ―― ◎北欧フィンランドのヘルシンキ大学(ガレス・ロー教授)も参加した、九州大学主導の国際研究チーム(仏・米の研究者も参加)が突きとめ、国際学術誌に公表 »

2020-01-11

【フクイチ・ウォッチング】新年2日 午後6時48分から10分間に、1号機側カメラ ペア・スパーク(1発)を含め、スパークを7発とらえる 米ウォッチャーが確認 

 ◎ カフェ・ラドラボ ⇒ こちら http://caferadlab.com/thread-3752.html 

………………………………………………………………………………………

★ 1号機建屋上のペア・スパーク 間に中心(核)があるような、水平に翼のようなものを広げる、これまで見たことのない形状です

………………………………………………………………………………………

Screenshot4770 Screenshot4769

 

Posted by 大沼安史 at 11:27 午前 |