« 【フクイチ・グローバル核惨事(関連)】EU(欧州連合)のエリザ・フェレイラ地域政策担当閣僚(regional policy Commissioner)は14日、2050年を目標として域内後発国の「気候中立」実現を支援するグリーン・ディール移行メカニズム基金(1000憶ユーロ)の交付対象から「原子力(原発)」を外す、と明言した。ハンガリーやチェコなどに「脱原発」で「脱石炭」で促すもの。 | トップページ | 【フクイチ核惨事の今】◆ 大気中水分のトリチウム濃度 大熊町夫沢で昨年6月(1か月)59mBq/m3 / 放射性降下物セシウム濃度 双葉町郡山で同6月、(Cs137:700+Cs134:49)合計749Bq/m2――を測定 ◎ 福島県庁資料で判明 ★ トリチウム、セシウムの呼吸被曝の恐れはないのか? »

2020-01-23

【フクイチ・グローバル核惨事】韓国と米国がフクイチ放射能汚染水太平洋投棄/海洋環境保全で局長級協議 今月16日、ソウルで ★ 太平洋の両サイド、韓米2国間の協議の場で、ついにフクイチ汚染水問題が公式に話し合われた! 包囲網、着々と……

 ◇ フクイチ放射能汚染水海洋投棄処分は、安倍政権が考えるほど、軽い問題ではない
 
 ◇ 米韓ソウル協議の場に、日本は当事国でありながら、オブザーバーとしても排除されたのではないか
 
 ◇ 安倍政権が国際世論を顧みず、汚染水投棄を強行する挙に出たときは、米韓はもちろん環太平洋など世界各国から猛烈な抗議が殺到、日本ボイコット運動にエスカレートする可能性もある
 
 
◎ 韓国KBS:S. Korea, US Discuss Fukushima Wastewater, Marine Issues
 (2020/01/17)→ こちら http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=e&Seq_Code=150721
20200123-112340

 

 ◇ KBS記事本文は以下の通り
 
 
South Korea and the U.S. held a director-level meeting on maritime and environment issues in Seoul on Thursday. 
 
According to the Foreign Ministry on Friday, the two sides discussed the possibility of Japan releasing contaminated water from the Fukushima Daiichi nuclear power plant disaster site into the ocean. 
 
They also shared views on ways to preserve marine environments. 
 
The two sides discussed how they plan to reduce marine debris and ways to open the Seventh International Marine Debris Conference in South Korea in 2022. 
 
During the meeting, South Korea called on the U.S. to swiftly take steps to remove South Korea from its preliminary list of countries that engage in illegal, unreported, and unregulated(IUU) fishing.
 
South Korea was designated as a preliminary IUU fishing country by the U.S. after two South Korean fishing boats violated closed fishing grounds and operated near Antarctica in 2017.

Posted by 大沼安史 at 11:30 午前 |