« 2019年12月 | トップページ

2020-01-18

【フクイチ・グローバル核惨事(関連)】EU(欧州連合)のエリザ・フェレイラ地域政策担当閣僚(regional policy Commissioner)は14日、2050年を目標として域内後発国の「気候中立」実現を支援するグリーン・ディール移行メカニズム基金(1000憶ユーロ)の交付対象から「原子力(原発)」を外す、と明言した。ハンガリーやチェコなどに「脱原発」で「脱石炭」で促すもの。

 ◇ 旧東側の後発国側が交付金抜きで原発稼働をエネルギーミックスに取り込む道は残されたが、311後のドイツの決断に始まった欧州の脱原発の流れは、これでいっそう進むものと見られる。

          ◆
 
 The EU’s regional policy Commissioner Elisa Ferreira revealed on Tuesday (14 January) details of the €100 billion Just Transition Mechanism, a key financial component of the European Green Deal that should make the bloc climate neutral by 2050.
 
          ◆
 
 ◎ EURACTIV.com:Nuclear ‘excluded’ from EU’s new Just Transition Fund(原子力、EUの新移行ファンドから“排除”)
 (2020年1月15日付)→ こちら https://www.euractiv.com/section/economy-jobs/news/nuclear-excluded-from-eus-new-just-transition-fund/?fbclid=IwAR1MwOgw9fcrvIwuSsoIgkFK8_xUWvM5K8DgcL49VHjSvia2FfQ6aiUWYEU
20200118-204842
 
          ◆
 
 
 ◇ 安倍政権の下、日本は「原発ガラ系/放射能ゾンビ国家」として、このまま破滅に向かうのか?
 
 
 ◇ 小泉進次郎環境相は育休も結構だが、フェレイラ大臣から欧州の状況を学ぶなど、もっともっと学んでほしい。
 SEXYだFUNだと抜かしているときではない!

Posted by 大沼安史 at 09:02 午後 |

2020-01-17

【フクイチ・グローバル核惨事】全米で最も健康な州といわれる西部コロラド州で、2010/2011から2015/2016の5年間に、心臓疾患死がなんと25%増――◎ フクイチ・ウオッチングを続けるマジア・ナデサン(アリゾナ州立大学)教授がプルームによるフクイチ放射能被曝による可能性を(も)指摘し警鐘鳴らす ★ フクイチ・プルームはアラスカで枝分かれし、北米へ流れ込むルートがあります。コロラドは高原の州。直撃?

 ◇ フクイチ核惨事は矮小化/隠蔽キャンペーンの結果、現場の局限された、もう終わった話と思われているようですが、そんな生易しいものではないようです

 ◇ ベーリング海のフクイチ放射能汚染も、むしろ逆にひどくなるなど、地球規模のものとして現在進行中です

 ◇ 日本政府はフクイチ現場の総埋め立て/巨大石棺化など、国際社会の支援を得ながら、持てる力をすべて投入し、まるで核の活火山のように噴き上げが続くフクイチを、なんとか抑え込まねばならないでしょう 嘘とごまかし、先送りは致命傷をもらたします

           ◆
20200117-115035  ◎ マジアのブログ: Death from Cardiovascular Disease up 25% in Colorado between 2010-2011 and 2015-2016 (2011/11から2015/16の間にコロラドで心臓病死25%増
 (2019/01/16)→ こちら http://majiasblog.blogspot.com/2020/01/death-from-cardiovascular-disease-up-25.html
20200117-121702
           ◇
 ◎ ウォールストリート・ジャーナル: Heart Disease Strikes Back Across the U.S., Even in Healthy Places  Middle-aged people are increasingly dying from heart disease in cities across the country—including exercise-mad Colorado(心臓病が米国を再攻撃/ 体力づくりに熱心なコロラド州をふくむ都市においてさせも、心臓病で死亡する中年の人々が増えている
(Jan. 14, 2020) → こちら https://www.wsj.com/articles/heart-disease-strikes-back-across-the-u-s-even-in-healthy-places-11579015880
20200117-121815
           ※
 ◎ 同: Heart Attack at 49—America’s Biggest Killer Makes a Deadly Comeback(心臓病が49歳のアメリカ人最大のキラーとなってカムバック)
 (June 21, 2019 )→ こちら https://www.wsj.com/articles/after-decades-of-progress-america-backslides-on-heart-disease-11561129106?mod=article_inline
           ※
 ◎ 同: Heart-Failure Deaths Rise, Contributing to Worsening Life Expectancy (心臓病死、増加 最悪の寿命悪化要因に)
 (Oct. 30, 2019)→ こちら https://www.wsj.com/articles/heart-failure-deaths-rise-contributing-to-worsening-life-expectancy-11572411901?mod=article_inline
 ◇ フクイチ核惨事は矮小化/隠蔽キャンペーンの結果、現場の局限された、もう終わった話と思われているようですが、そんな生易しいものではないようです

 ◇ ベーリング海のフクイチ放射能汚染も、むしろ逆にひどくなるなど、地球規模のものとして現在進行中です

 ◇ 日本政府はフクイチ現場の総埋め立て/巨大石棺化など、国際社会の支援を得ながら、持てる力をすべて投入し、まるで核の活火山のように噴き上げが続くフクイチを、なんとか抑え込まねばならないでしょう 嘘とごまかし、先送りは致命傷をもらたします
           ◆
20200117-115035  ◎ マジアのブログ: Death from Cardiovascular Disease up 25% in Colorado between 2010-2011 and 2015-2016 (2011/11から2015/16の間にコロラドで心臓病死25%増
 (2019/01/16)→ こちら http://majiasblog.blogspot.com/2020/01/death-from-cardiovascular-disease-up-25.html
20200117-121702
           ◇
 ◎ ウォールストリート・ジャーナル: Heart Disease Strikes Back Across the U.S., Even in Healthy Places  Middle-aged people are increasingly dying from heart disease in cities across the country—including exercise-mad Colorado(心臓病が米国を再攻撃/ 体力づくりに熱心なコロラド州をふくむ都市においてさせも、心臓病で死亡する中年の人々が増えている
(Jan. 14, 2020) → こちら https://www.wsj.com/articles/heart-disease-strikes-back-across-the-u-s-even-in-healthy-places-11579015880
           ※
 ◎ 同: Heart Attack at 49—America’s Biggest Killer Makes a Deadly Comeback(心臓病が49歳のアメリカ人最大のキラーとなってカムバック)
 (June 21, 2019 )→ こちら https://www.wsj.com/articles/after-decades-of-progress-america-backslides-on-heart-disease-11561129106?mod=article_inline
           ※
 ◎ 同: Heart-Failure Deaths Rise, Contributing to Worsening Life Expectancy (心臓病死、増加 最悪の寿命悪化要因に)
 (Oct. 30, 2019)→ こちら https://www.wsj.com/articles/heart-failure-deaths-rise-contributing-to-worsening-life-expectancy-11572411901?mod=article_inline

Posted by 大沼安史 at 12:25 午後 |

2020-01-12

【フクイチ核惨事の今】◇ フクイチ60キロ圏、セシウムを濃厚に含んだ放射性マイクロ粒子 爆心北東の地域の土壌から、グラムあたり22個から101個も検出/ 南西区域では1~8個 ◇ 土壌セシウムのそれぞれ、15~37%、27~80%がこのホットパーティクルによるもの ◇ 土壌降下放射性マイクロ粒子、最高グラム1011ベクレル ―― ◎北欧フィンランドのヘルシンキ大学(ガレス・ロー教授)も参加した、九州大学主導の国際研究チーム(仏・米の研究者も参加)が突きとめ、国際学術誌に公表

Screenshot4781

Screenshot4783

………………………………………………………………………………………
 ・ In two regions to the northwest of the damaged nuclear reactors, the number of cesium-rich microparticles per gram of soil ranged between 22 and 101, and the amount of total soil cesium radioactivity associated with the microparticles ranged from 15-37%. In another region to the southwest of the nuclear reactors, 1-8 cesium-rich microparticles were found per gram of soil, and these microparticles accounted for 27-80% of the total soil cesium radioactivity.

          *

 ・ The microparticles have a very high radioactivity per unit mass (~1011 Bq/g),

………………………………………………………………………………………

 ◇ 問題は「空中線量」ではなくて、この「放射能ホットパーティクル」なのだ。これが農作物を通じ、人間が摂取し、風に巻き上げられたものを吸引し、内部被曝することが危険なのだ。

          *

 ◇ これら「放射能ホットパーティクル」を含む「除染土」などは、徹底した漏洩防止策を施した場所で当面、保管管理するしかなかろう。それをまた土に戻す?……地下水汚染など二次汚染を拡大するだけだ。
 

………………………………………………………………………………………

 ◎ ヘルシンキ大学 Gareth Law教授 Abundance and distribution of radioactive cesium-rich microparticles released from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant into the environment(福島第一原発から環境に放出された、セシウムを大量に含有する放射性マイクロ粒子のおびただしさと分布)
 ⇒ こちら https://researchportal.helsinki.fi/en/publications/abundance-and-distribution-of-radioactive-cesium-rich-micropartic

          *

 ◎ 上記、ガレス・ロー教授が参加した、九州大が中心の国際研究チーム論文の紹介記事(科学サイト「サイエンス・デイリー)
 (2019/10/16付)⇒ こちら https://www.sciencedaily.com/releases/2019/10/191016111125.htm

          *

 ◎ ガレス・ロー教授が参加した、九州大が中心の国際研究チーム論文: Abundance and distribution of radioactive cesium-rich microparticles released from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant into the environment
 国際学術誌「ケモスフィア(Chemosphere)」(2019年2月号)⇒ こちら 
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0045653519322581?via%3Dihub

Screenshot4780

 

………………………………………………………………………………………

Screenshot4773


          *

 ◇ 上記の論文掲載マップを見て驚いたのは、フクイチ爆心から離れたところでの放射性マイクロ粒子土壌セシウム汚染寄与率が高いことだ。

 プルームでそれだけ遠くに運ばれたということか?

 

 

 

Posted by 大沼安史 at 12:34 午後 |

2020-01-11

【フクイチ・ウォッチング】新年2日 午後6時48分から10分間に、1号機側カメラ ペア・スパーク(1発)を含め、スパークを7発とらえる 米ウォッチャーが確認 

 ◎ カフェ・ラドラボ ⇒ こちら http://caferadlab.com/thread-3752.html 

………………………………………………………………………………………

★ 1号機建屋上のペア・スパーク 間に中心(核)があるような、水平に翼のようなものを広げる、これまで見たことのない形状です

………………………………………………………………………………………

Screenshot4770 Screenshot4769

 

Posted by 大沼安史 at 11:27 午前 |