« 【フクイチ核惨事の今】廃炉ロードマップを伝えるNHKのニュース映像 5/6号機エリアで「黒煙」が上がっている? これが廃炉作業、またも先送りの原因? ロードマップ改訂理由とされている「放射能を含む粉塵対策」とは、こうした「噴出」のことかも知れない | トップページ | 【フクイチ核惨事の今】豪ABCテレビは、廃炉ロードマップの最大10年、先送りと、行方不明の溶融核燃880トン回収などの困難さを報じるAP通信記事に添えて、牛越仮設住宅/双葉町小学校など現地動画ルポを公開した ★ 日本のマスコミが封印したフクイチ周辺の苛酷な現実。豪メディアが報道! なにが「アンダーコントロール」なものか! »

2019-12-30

【フクイチ核惨事のこれから】◆ 廃炉ロードマップ、核燃料取り出し開始、「最大5年遅れ」と、日本マスコミ、一斉に大本営発表報道……◎ しかし、AP通信(東京支局/山口真理記者)だけは、「当初は2018年に開始予定だった」として、最初のロードマップよりも「最大10年遅れ」であることを指摘 / フクイチはいま溶融核燃880トン、放射性廃棄物77万トン、放射能汚染水120万トンを抱えていると、廃炉の厳しさを指摘 ★「延びても5年」――洗脳マジックに楽観しているのは日本人だけだ

 ◎ AP通信: Japan revises Fukushima cleanup plan, delays key steps(日本、フクシマ廃炉計画を改定 重要ステップに遅れ)
 (2019/12/27)⇒ こちら https://apnews.com/d1b8322355f3f31109dd925900dff200 
………………………………………………………………………………………

 ◆ More than 4,700 units of fuel rods remain at the three melted reactors and two others that survived the 2011 earthquake and tsunami. They pose a high risk because their storage pools are uncovered and a loss of water in case of another major disaster could cause the fuel rods to melt, releasing massive radiation. Their removal at Units 1 and 2, after repeated delays, is now postponed by up to 10 years from the initial target of 2018, with more preparation needed to reduce radiation and clear debris and other risks.

          *

 ◆ 880トンもの行方不明/溶融核燃(880 TONS OF MELTED FUEL)の回収は、「廃炉作業の中でも、最も厳しく、先行事例のない挑戦である」と、APの山口記者は指摘する。

 1979年の米スリーマイル島原発事故の場合、核燃はその6分の1。それも部分的な炉心溶融で、幸いにも原子炉内にとどまった。

 フクイチは炉外行方不明メルトダウン。

 ・ Removing an estimated 880 tons of molten fuel from Fukushima’s three melted reactors is the toughest and unprecedented challenge. It’s six times the amount dealt with in the aftermath of the 1979 Three Mile Island partial core melt in the United States.

………………………………………………………………………………………

Screenshot4679 Screenshot4677

 

Posted by 大沼安史 at 12:03 午後 |