« 【フクイチ核惨事の今】◆ 「廃炉ロードマップ」5回目の「見直し」 1・2号機の使用済み核燃料プールにある燃料の搬出開始目標を、現行の2023年度から最大5年、先送りを「正式決定」 / 溶融核燃料取り出し 2号機から2021年中に始める「方針確定」 先送りは「放射性物質を含む粉じんの飛散対策などを行うため」★「関係閣僚会議」出席者の、この深刻な顔、顔。所詮「国民洗脳未来図」に信頼性はないが、先延ばしせざるを得ない事態はリアルである  | トップページ | 【フクイチ核惨事のこれから】◆ 廃炉ロードマップ、核燃料取り出し開始、「最大5年遅れ」と、日本マスコミ、一斉に大本営発表報道……◎ しかし、AP通信(東京支局/山口真理記者)だけは、「当初は2018年に開始予定だった」として、最初のロードマップよりも「最大10年遅れ」であることを指摘 / フクイチはいま溶融核燃880トン、放射性廃棄物77万トン、放射能汚染水120万トンを抱えていると、廃炉の厳しさを指摘 ★「延びても5年」――洗脳マジックに楽観しているのは日本人だけだ »

2019-12-29

【フクイチ核惨事の今】廃炉ロードマップを伝えるNHKのニュース映像 5/6号機エリアで「黒煙」が上がっている? これが廃炉作業、またも先送りの原因? ロードマップ改訂理由とされている「放射能を含む粉塵対策」とは、こうした「噴出」のことかも知れない

Screenshot4647 Screenshot4645

………………………………………………………………………………………

Screenshot4644

 

………………………………………………………………………………………
  ◎ NHK福島ローカル(福島 NEWS WEB ) 核燃料取り出し 最大5年遅れに
 (12月27日 15時41分)⇒ こちら https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20191227/6050008471.html

 ・ 福島第一原子力発電所の廃炉の今後の工程が2年ぶりに見直され、1号機と2号機の使用済み燃料プールから核燃料の取り出しを始める時期について、放射性物質を含む粉じんの飛散対策などを行うため、最大で5年遅らせることが決まりました

          #

 ・ NHK全国 福島第一原発の廃炉工程見直し 核燃料取り出し 最大で5年遅れ
 (2019年12月27日 11時53分)⇒ こちら https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20191227/6050008471.html

 ・ 記事・映像とも、福島ローカルと同内容  

Posted by 大沼安史 at 11:32 午前 |