« 2019年11月 | トップページ

2019-12-11

【電磁波マインドコントロール 中国の被害者40万人以上がSOS!】米エポック・タイムズ(中国語新聞「大紀元」英語版)が詳細報道  / 一般市民、反体制活動家らが、電磁波を脳の照射し、思考/感情/行動に変化/影響を与える≪electromagnetic (EM) mind control technology≫攻撃の犠牲に / 24省で集団訴訟 ★ 「大紀元」の調査報道が中国での電磁波拷問・精神統制の実態を明るみに引き出した

Screenshot4255

………………………………………………………………………………………

 ◎「エポック・タイムズ」Victims of China’s Electromagnetic Mind Control Technology Provide Testimonies, Seek Help(中国の電磁波マインドコントロール犠牲が証言 救済求める)
(2019/10/30) ⇒ こちら https://www.theepochtimes.com/victims-of-chinas-electromagnetic-mind-control-technology-provide-testimonies-seek-help_3125378.html  下段に続く
………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………
上海での抗議のスタンディング 被害者全国に 2016年、24省で集団訴訟 2017年以来、6回にわたって司法当局に訴え

Screenshot4262

………………………………………………………………………………………
元ジャーナリスト被害者らの証言も 「2016年から脳内送信」被害開始(ワンさん) ★ 中国でもマイクロ波のフレイ効果兵器が国民に使用か!?

Screenshot4256

………………………………………………………………………………………
米エポック・タイムズが報道④ 最初の被害は文革期後半の1971年に発生 被害男性、性的拷問も(★強制勃起のことです) からだが熱いと感じたり、冷たいと感じたり(★ハーモニクス攻撃です)

Screenshot4257

………………………………………………………………………………………
米エポック・タイムズが報道⑤ 5つ星ホテルの元マネジャーの男性被害者、ヤオさんです 「マインドコントロールに気づいてないな」との脳内送信も

Screenshot4259

………………………………………………………………………………………
 20代の女性、ガオさん(遼寧省)は、夢にポルノグラフィーや近親相姦映像を入れこまれるそうです 別の匿名女性は日中、ポルノイメージを脳内送信されているそうです

Screenshot4260

………………………………………………………………………………………
 ニュージランドに亡命した Jia Jiaさん、および息子さんのJia Kuoさんも電磁波マインドコントロールのターゲットにされたそうです

Screenshot4261

 

Posted by 大沼安史 at 08:27 午後 |

2019-12-02

【フクイチ・グローバル核惨事】◆ (格納容器の蓋が外れ、核燃プール跡の撤去も進まない)1号機の剥き出し建屋を、大型カバーで覆う検討へ NHKが報道 / いったんカバーで覆ったのを3年前に撤去 それをまた!? ★ 放射性粉塵飛散リスクを「下げる」というが、チェルノブイリ4号機のように「気密カバー」にすべきだ 石棺化は? 他の号機は? 

  「辺野古」埋め立て、「地上イージス」など、やってる場合ではない。

          *

  「凍土遮水壁」に代わる、新たな地下水流入対策も、速やかに採るべきだ。

          *

  1/2号機排気筒倒壊なら、カバーも無意味になる。排気筒も「切断」ではなく「埋め立て」方式にすべきではないか?  

………………………………………………………………………………………

 ◎ NHK(全国)2019年11月28日 22時53分 : 福島第一原発1号機 再び全体覆う大型カバーの設置を検討へ
 ⇒ こちら https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191128/k10012195141000.html

………………………………………………………………………………………

Screenshot4048

………………………………………………………………………………………

 ◎ 史料(資料) 記事本文を記録します


          *

 福島第一原子力発電所1号機の上部に残るがれきの撤去を進めている東京電力は、放射性物質を含む粉じんが飛び散るリスクを下げるため、建屋全体を覆う大型カバーの設置を検討することになりました。

 福島第一原発1号機では、使用済み燃料プールの燃料を2023年度に取り出す計画で、その妨げになる建屋の上部に残されたがれきの撤去を進めています。

 これについて東京電力は、撤去を終えたあとに、上部とその周辺を覆うカバーを取り付ける予定でしたが、今回、がれきの撤去を終える前に、建物全体を覆う大型カバーを設置する案を検討することになりました。

 理由としてはがれきの撤去で放射性物質を含む粉じんが飛び散るリスクを下げること、カバーで雨水の流れ込みをなくし、汚染水の発生を抑えることなどとしています。

 福島第一原発1号機は、事故の爆発で建屋の上部が崩れたため、放射性物質の飛散を防ごうと、いったん建屋全体をカバーで覆っていましたが、作業のために3年前に取り外されています。

 一方、東京電力は、福島第一原発の高さがおよそ120メートルある排気筒の解体作業中に、切断機の刃が抜けなくなるトラブルがあったと28日発表しました。

 倒壊のリスクを減らすため来年3月までに半分の高さにする計画ですが、トラブルでたびたび作業が中断しています。

Posted by 大沼安史 at 07:53 午前 |

2019-12-01

【フクイチ・ユーチューブ】(2019/12)1日午前2時10分~16分 ★ 1号機側、猛烈な噴き上げ/ 4号機側、静止画ベース工作(黄色枠だけ動かす?)/ TBS/JNNカメラ、非公開続く

 ⇒ こちら https://youtu.be/n7Ws1jBunUM
………………………………………………………………………………………

Screenshot4022 Screenshot4023 Screenshot4020

Posted by 大沼安史 at 11:49 午前 |