« 〔フクイチ・グローバル核惨事の今〕◎ アラスカ沖、ベーリング海で、フクイチ放射能・海水汚染がさらに進行(2017年夏=1.8ベクレル立方㍍が2018年同に2.4ベクレル同に) ◆ 海水のサンプル取水をしていたのは、地元セントローレンス島のガンベル先住民村のエディー・ウンゴット村長だった! 「日本からの潮の流れが来ることを知っていた。だからボランティアで採水を始めた」◆ アラスカ北部海域でも採水検査の動き ★ 日本政府・東電は島の村民に謝罪するべきだ! | トップページ | [フクイチ・メガ核惨事(関連)]◎ 岩田清さんが「熊本地震・論文不正」結論を逆批判 ◆ 直下型地震の真上地点、「横ずれ断層」ばかりか「縦ずれ生断層」も動くと画像解析で突き止める / 激しい「直下型地震」 「論文不正」が追及された京大、阪大の地震学者の主張は正しかったのではないか!?★ カルデラ噴火の危険性や、川内原発への脆弱性の指摘を矮小化?/ わが国が誇る世界的な地震学者、島村英紀博士の「逮捕劇」を彷彿!  »

2019-04-06

〔フクイチ・グローバル核惨事〕◎ 放射性廃棄物の数千年に及ぶ寿命を、原子へのレーザー照射で「数分」に短縮して無害化の可能性/ 原子核を「空手(カラテ)」のように突いて猛攻し安定原子に変換/ ノーベル物理学賞(2018年)を受賞したフランスの物理学者、ジェラルド・ムル(Gérard Mourou)博士が、田島俊樹教授(カリフォルニア大学アーバイン校)とともに挑戦 /「実現まで数年かかるかも知れないが……」ムル博士インタビューがフランスの原子力セクターに興奮広げる ◎ ブルームバーグが報道

  「グリーンピース」の科学者も、(安易な地下埋設処分に頼らず)「たとえ数十年かかろうとも実現を待つべきだ。科学にチャンスを与えよう」と賛意!

   フクイチの安易な汚染水・太平洋垂れ流し処分も、もってのほかだ!

          *

  日本政府(安倍政権)も、辺野古の埋め立てや、イージス・アショアなど米国製兵器爆買いの愚策を止め、こうした研究部門への支援を含む、フクイチ核惨事、あるいは原発廃炉など「脱原発」の挑戦に対し、真正面から立ち向かうべきだ!

………………………………………………………………………………………

 

Screenshot22806 Screenshot22807 Screenshot22810

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ブルームバーグ Zapping Nuclear Waste in Minutes Is Nobel Winner’s Holy Grail Quest 
 (4月2日付) ⇒ こちら 
   https://www.bloomberg.com/graphics/2019-nuclear-waste-storage-france/

………………………………………………………………………………………

 ・ Gerard Mourou—one of the three winners of the 2018 Nobel Prize for Physics—claims that the lifespan of radioactive waste could potentially be cut to minutes from thousands of years. Although Mourou, 74, is quick to say that the laser option for nuclear waste that he and Irvine, California-based Professor Toshiki Tajima are working on may be years away, its promise has created a flurry of excitement for the sector in France


 ・ ‘Like Karate’ The process he and Tajima are working on is called transmutation, which involves changing the composition of an atom’s nucleus by bombarding it with a laser. “It’s like karate—you deliver a very strong force in a very, very brief moment,” said Mourou, wearing the golden pin of the Nobel Prize on his lapel.


 ・ Mourou and Tajima want to create a high-speed laser-driven accelerator to produce a beam of protons that can penetrate atoms. The idea is to shrink the distance the beam would have to travel by 10,000 times, avoiding the impracticability of current accelerators.

 ・ That’s short-sighted, said Bernard Laponche, a physicist who co-signed Greenpeace’s report this year on nuclear waste and who opposes any plan to put the toxic material deep in the ground.

 “Even if it means waiting for many more years, dozens of years, we should wait,” he said in an interview. “We must give science a chance.”

………………………………………………………………………………………

 ◎  関連 スプートニク(日本語) 2018年ノーベル物理学賞を受賞したフランス人のジェラール・ムールー氏は、特別なレーザー装置を使用することによって、核廃棄物の放射能の分解期間を数千年から数分に短縮することを提案している。ブルームバーグが報じた。
 (5日付)⇒ こちら
   https://jp.sputniknews.com/science/201904056106183/?fbclid=IwAR0UsDly6hlSvTr0HQ6hi6g6DBdqldER-jvJ7TNR3WuTj1RCr00QbaOZY3A    

 

Screenshot22808

………………………………………………………………………………………         

 ◎ ジェラール・ムル氏 Wiki(日本語)⇒ こちら
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%AB

 

Screenshot22809

Posted by 大沼安史 at 03:38 午後 |