« 〔フクイチ・グローバル核惨事〕◎ 放射性廃棄物の数千年に及ぶ寿命を、原子へのレーザー照射で「数分」に短縮して無害化の可能性/ 原子核を「空手(カラテ)」のように突いて猛攻し安定原子に変換/ ノーベル物理学賞(2018年)を受賞したフランスの物理学者、ジェラルド・ムル(Gérard Mourou)博士が、田島俊樹教授(カリフォルニア大学アーバイン校)とともに挑戦 /「実現まで数年かかるかも知れないが……」ムル博士インタビューがフランスの原子力セクターに興奮広げる ◎ ブルームバーグが報道 | トップページ | [フクイチ・ユーチューブ](2019/4)9日午前1時08~14分 激しい噴き上げ 1号機がとくに黄色っぽいです »

2019-04-08

[フクイチ・メガ核惨事(関連)]◎ 岩田清さんが「熊本地震・論文不正」結論を逆批判 ◆ 直下型地震の真上地点、「横ずれ断層」ばかりか「縦ずれ生断層」も動くと画像解析で突き止める / 激しい「直下型地震」 「論文不正」が追及された京大、阪大の地震学者の主張は正しかったのではないか!?★ カルデラ噴火の危険性や、川内原発への脆弱性の指摘を矮小化?/ わが国が誇る世界的な地震学者、島村英紀博士の「逮捕劇」を彷彿! 

 島村氏日本に限らず、どの国でも、原発は核兵器を持ちたいために作る」と明言。原発の安全神話を作るために、原子力村が地震学者を抱き込んでいる実態にも言及

………………………………………………………………………………………

<岩田清さんが調査委員会などによる「熊本地震・論文」「不正」結論を画像解析で批判>① MITのtembler.net投稿(日本語訳)につけられた「現場写真(上の写真 投稿内には存在せず)」が、なぜトリミング(切り取り)されたものだったか、にまずもって注目するよう促しています! 下が全体写真 

Screenshot22878 D3lur3huiaacy5z

 

 https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1114621576115130368

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>② 「MITtembler.net投稿」告知写真がカットしていた部分は、こちらです。⇒ こちら

D3l74ppuiaem3or

 

 https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1115058610222977024

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>③ この部分を岩田さんが画像解析したのが、上の写真。下はその部分を含む全景の画像解析写真です (参考 こちら    /  こちら )

D3mbvq5ueaa5b8w D3lujj0uwaaq5bb

 


 https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1115093184785178624    https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1115015373043011584 

          *


<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>④ この現場は、様々な「揺れのベクトル線」が集中しており、それで「熊本地震」震源の真上であることが分かります。つまり直下型大地震だった! こちら 

 https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1115015373043011584 

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>⑤ この写真の2本の赤線ではさん箇所を、MITのtembler.net投稿(日本語訳)では「右横ずれ断層(だけ)」としていますが、「実は、この主断層は『縦ずれ正断層』でもある」 
 こちら 

Screenshot22887


 https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1115057916409565186

          * 

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>⑥ そして、この赤色「正断層」の隣には、黄色の「逆断層」も! 震源真上を写さない写真トリミングがなされた理由はここにある、岩田さんの鋭い指摘です こちら

D3mbvq5ueaa5b8w_1
 https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1115092159755997188 

 

………………………………………………………………………………………

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>(関連★①) こうして、岩田さんの連続TWを見て来ると、「熊本大地震」は実に恐るべきものだったことが分かります。正断層、横ずれ、逆断層……調査委員会に否定された京大の林愛明教授の「論文は、熊本地震を引き起こした断層のずれが、阿蘇山の直下にあるマグマだまりによって妨げられた可能性があるとの内容。もしマグマだまりがなければ、被害がより広範囲になった恐れがあると分析していた」ものです。正しかった!? 

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>(関連★②) 京大の林教授は、断層滑りは阿蘇山のカルデラの中でも観測された、と現地調査で突き止めています。それを調査委は「カルデラの外側で止まった」と。なんか変ですね! ⇒ 参考 

Screenshot22880

 

 http://temblor.net/earthquake-insights/2016%E5%B9%B4m7%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E9%9C%87%E3%81%AB%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8F%E3%82%8B%E4%BA%8C%E4%BB%B6%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-8582/ 

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>(関連★③> 大阪大学の地震学者、秦吉弥准教授、退職後「死亡」)の論文(「益城町に臨時の地震計を設置…16日の本震は計測震度6.9という特に大きい揺れ)」も調査委に「不正認定」されました。⇒ 参考


 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42514180V10C19A3AC8000/ 

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>(関連★④> この熊本地震論文「不正」問題で思い出すのは、海底地震計を開発したわが国が誇る地震学者、島村英紀氏(当時北大教授)の逮捕劇です(島村氏は「地震予知に対して批判的であったため国策で起訴された冤罪」と主張)。これも不可解

Screenshot22886

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>(関連★⑤> 島村英紀氏はIWJで<日本に限らず、どの国でも、原発は核兵器を持ちたいために作る」と明言。原発の安全神話を作るために、原子力村が地震学者を抱き込んでいる実態にも言及>しました。⇒ こちら

Screenshot22884


 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/299324

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>(関連★⑥> 「熊本地震」の際は、カルデラ噴火の危険性や、川内原発の脆弱性が指摘されました。地震学は原発に奉仕するものであってはなりません。それにしても、秦吉弥・元阪大順教授はまだお若いのに、なぜ「死亡」?

Posted by 大沼安史 at 04:56 午後 |