« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019-04-30

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)30日午後1時52-54分 1号機カメラ ◆ 雨です。妙に明るい空。汚れた緑、くすんだ赤、青紫がところどころに現われては消える、薄気味悪い昼下がりです

………………………………………………………………………………………

⇒ https://www.youtube.com/watch?v=QNewSdpdSjw  

………………………………………………………………………………………

Screenshot23651 Screenshot23650

………………………………………………………………………………………
 ◎ フクイチ動画 過去ログは こちら から辿るか、HP右コラム内検索で 〔フクイチ・ユーチューブ〕 と入力し検索ねがいます
  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-fadb2e.html

Posted by 大沼安史 at 02:31 午後 |

2019-04-29

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)29日午後0時37-40分 TBS/JNNカメラ ◆ 風が強いと、画面の上部まで合成?された不自然な「海面」にウサギが跳ぶような「白波が立つ」例のパターン。しかし、波のように流れない「白い発光」現象も! 発光をごまかす「白波」合成では。2号機屋上付近から、(汲み上げた)「超濃厚汚染水」が「トリチウム大気蒸発処分」のようなかたちで、空に舞っているのではないか、との見方も。  

………………………………………………………………………………………
⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=HDpMWT9ri2Y
………………………………………………………………………………………

Screenshot23613

Screenshot23615 Screenshot23610

………………………………………………………………………………………
 ◎ フクイチ動画 過去ログは こちら から辿るか、HP右コラム内検索で 〔フクイチ・ユーチューブ〕 と入力し検索ねがいます
 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-6d09f9.html

………………………………………………………………………………………

 ★ ことし(2019)3月8日午後1時過ぎ、東電ライブカメラ(4号機側)が、構内上空に「白いもの」が出現しているのを、米国のウォッチャーがスクショ公開しています。

 ⇒ こちら (#3を参照) http://caferadlab.com/thread-3350.html

Screenshot23611

Posted by 大沼安史 at 01:17 午後 |

2019-04-28

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)28日午後6時18-22分 1号機側カメラ  ◆ 6:19:44 1号機最上階(屋上のすぐ下)から「建屋内?緑の閃光」★ 建屋内からのように見えます。これまでは全て建屋外の空間からの「発光」。初見です。原子炉に近い部分、心配です。

  ………………………………………………………………………………………
⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=9OA6ZwVHKvc
………………………………………………………………………………………

 Screenshot23587 Screenshot23590

………………………………………………………………………………………
 ◎ フクイチ動画 過去ログは こちら から辿るか、HP右コラム内検索で 〔フクイチ・ユーチューブ〕 と入力し検索ねがいます
  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-6f2571.html

Posted by 大沼安史 at 07:00 午後 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)28日午後1時06-16分 TBS/JNNカメラ  ◆ 2号機屋上で緑色の球状噴き上げ(9:41)◆ 1号機の上に黒っぽい噴き上げと、白い放射状飛散(9:59)

………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=VJy--O8NqDA

………………………………………………………………………………………

Screenshot23580 Screenshot23583

………………………………………………………………………………………
 ◎ フクイチ動画 過去ログは こちら から辿るか、HP右コラム内検索で 〔フクイチ・ユーチューブ〕 と入力し検索ねがいます
 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-655a5f.html

Posted by 大沼安史 at 01:55 午後 |

2019-04-27

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)27日午後5時48-6時48分 1号機側カメラ ◆ 「黒い粉塵」の小規模な噴き上げ、断続 / 「宵の明星」を消す陽炎プルーム / 明星の星影を消して、白い光の粒が散乱する場面も / 放射能夕焼けは青紫色 / エメラルドの「閃光」

 ………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=m-gamMSoW9A

………………………………………………………………………………………

Screenshot23574 Screenshot23575 Screenshot23577Screenshot23576_1

 

 ◎ フクイチ動画 過去ログは こちら から辿るか、HP右コラム内検索で 〔フクイチ・ユーチューブ〕 と入力し検索ねがいます
 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-2b85c2.html

 ◆ 4月25日夕の「黒い粉塵噴き上げは ⇒ こちら
    http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-20cb12.html

          *

 ◆ 4月22日夕の同は ⇒ こちら
    http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-5f8510.html

Posted by 大沼安史 at 08:48 午後 |

〔東電F1メガ核惨事〕◆ フジクラや日立化成など10社製の、必要な検査をしないケーブルや蓄電池がフクイチ(を含む17原発)に納入され、安全性の重要度の高い機器でも使われていた! 共同通信がスクープ報道 ★ 一部交換/性能試験/点検などで安全に影響がないと確認、使用継続としているが、フクイチでは核惨事が起きている。徹底検証が必要だ。

………………………………………………………………………………………
〔★は大沼〕 ◎ 共同通信(ロイター)検査不正製品、全17原発に納入
 (26日付)⇒ こちら  https://jp.reuters.com/article/idJP2019042601001048 ………………………………………………………………………………………

Screenshot23571

 

Screenshot23572

Posted by 大沼安史 at 11:54 午前 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)27日午前0時48-51分 4号機側カメラ ◆ 3号機部分が全体にモヤっとしていて、そこだけがコマ送り画像のように断続的に変化してゆきます。初見です。緑/黄緑/赤紫の斑点も出現

………………………………………………………………………………………
⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=gDngn8L_yZc

………………………………………………………………………………………

Screenshot23555 Screenshot23558 Screenshot23556

………………………………………………………………………………………
 ◎ フクイチ動画 過去ログは こちら から辿るか、HP右コラム内検索で 〔フクイチ・ユーチューブ〕 と入力し検索ねがいます
    

Posted by 大沼安史 at 01:25 午前 |

2019-04-25

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)25日午後6時29-40分 1号機カメラ ◆ 1号機からまたも「黒い粉塵」噴き上げの後、今度は突然「濃霧」すごいが来て、包み込まれます トリチウム霧?

………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=hTU6JJTqwpc

………………………………………………………………………………………

Screenshot23535 Screenshot23538

 

◎ フクイチ動画 過去ログは こちらから
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-20cb12.html

Posted by 大沼安史 at 08:12 午後 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)25日午後6時01-20分 1号機カメラ ◆ またも1号機から「黒い粉塵」噴き上げです / 22日より小規模ですが、それでもかなりの噴出 / 非常に細かい黒い微粒子群も見て取れます(6:16:50秒以降、とくに注目です)

Screenshot23531 Screenshot23532 Screenshot23533 Screenshot23534 ………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=My5j_AUrPl0
………………………………………………………………………………………

 

◎ フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-76ce9a.html
 
          *

◎ 22日夕の「黒い粉塵」の噴き上げは ⇒ こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-5f8510.html
   

Posted by 大沼安史 at 07:55 午後 |

〔東電FIグローバル・メガ核惨事〕◎ 原発テロ対処施設 原子力規制委、施設期限延期せず / 施設遅延なら運転停止へ ★ 安倍政権=原発推進派のなりふり構わぬ「巻き返し」が懸念される! それにしても原子力規制委がいまの段階で、このような「再稼働路線つびし」の姿勢を鮮明にするとは……。政局ともからんで、こんごの動きが注目される事態だ。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞 原発テロ対策 厳しく要求 規制委、施設期限延期せず
 (24日)⇒ こちら https://mainichi.jp/articles/20190424/k00/00m/040/255000c

          *

◎ NHK 原発 テロ対処施設遅延なら運転停止へ 川内は停止の可能性
 (25日付)⇒ こちら https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190424/k10011894371000.html

………………………………………………………………………………………

Screenshot23524 Screenshot23525

………………………………………………………………………………………

Screenshot23523 Screenshot23522 Screenshot23520

………………………………………………………………………………………

 ◎ (史料)NHK報道全文

          *

 再稼働している原子力発電所でテロ対策の施設が期限までに設置できない見通しになっていることについて、原子力規制委員会は、期限の延長は認めず、間に合わなかった原発は原則として運転の停止を命じることを決めました。鹿児島県にある川内原発はすでに期限まで1年を切っていて、九州電力は施設の設置が間に合わないとしていることから運転が停止される可能性があります。

 

 

「特定重大事故等対処施設」と呼ばれる施設は、航空機によるテロ対策などのため予備の制御室などを備えた施設で、再稼働に必要な原発の工事計画の認可から5年以内に設置することが義務づけられています。

しかし設置に時間がかかり、九州電力、関西電力、四国電力の5原発10基では期限より1年から2年半遅れる見通しで、原子力規制委員会に延長を求めていました。

さらに、完成時期の見通しが立っていない原発も含めると、7原発13基に上り、中にはすでに再稼働している5原発9基が含まれています。


川内原発 期限まで1年を切るも施設の完成まであと2年
川内原発 期限まで1年を切るも施設の完成まであと2年
原子力規制委員会は24日の定例会で、期限の延長は認めず、間に合わなかった原発は原則として運転の停止を命じることを決めました。

もっとも早く再稼働した鹿児島県にある九州電力の川内原発1号機は来年3月の期限まですでに1年を切っていますが、施設の完成までにはあと2年ほどかかる見通しです。


原子力規制委 更田委員長「看過できない」
原子力規制委 更田委員長「看過できない」
原子力規制委員会は、代わりの措置をとることが可能かなど原発ごとに個別の状況を聞くことは否定しないとしましたが、委員からはテロ対策施設に代わる措置は難しいという見解が相次ぎました。

更田豊志委員長は「基準を満たしていない状態になった施設の運転を看過することはできない」と述べました。

また更田委員長は24日の定例会見で「工事に対する見通しが甘かったし、規制当局への出方も甘かった。何とかなると思われたとしたら大間違いだ」と述べ、期限が迫る中で間に合わないと訴え始めた事業者の姿勢を厳しく批判しました。

そのうえで「運転中の原発がテロ対策施設の設置期限を仮にきょう迎えたとしても、きのうときょうではリスクは変わらない。しかし、設置に手間取るとか、もう少し時間がかかるとかということを繰り返していたら、これは新しい規制の精神では安全の向上につながらず、いつか来た道に戻るかどうかの分かれ目だ」と述べ、事業者の事情を考慮して規制の在り方を変えたら福島第一原発の事故の教訓から学んでいないことになるとの見解を示しました。


九電「早期完成に向け最大限努力」

 九州電力は「安全性をさらに高めようと設計の見直しを重ねた結果、施設の配置場所を確保するのに必要な固い岩盤の掘削などの土木工事が、想定より大規模で難しいものになってしまった」と説明しています。

 そのうえで「今後の対応についてはしっかりと検討して参りたいと考えています。テロ対策の施設はさらなる安全向上のために必須のものとして認識しているので、早期の完成に向けて引き続き最大限の努力を続けて参ります」とするコメントを発表しました。


地元の専門家「妥当な判断」

 鹿児島県が設置している川内原発の安全性などを検証する専門家委員会の座長を務める鹿児島大学の宮町宏樹教授は、委員会としてコメントする立場にないとしたうえで「原子力規制委員会は常識的な判断をしたと受け止めている。福島第一原発事故の教訓を踏まえて定めた原発の規制基準を、規制委員会みずからがそのときどきで変えてしまっては何のためのルールなのかということになるので、原発の安全性を考える上で妥当な判断だ」と話しています。


薩摩川内市長「コメント差し控える」

 九州電力の川内原発がある鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長は「具体的なことは承知していないので、現時点においてコメントは差し控える」としています。

 鹿児島県の三反園知事は「原子力規制委員会において考え方などが示されたと承知しています。県としては今後の動向を見守ってまいります」とコメントしています。


官房長官「高い独立性有する規制委の判断に委ねる」

 菅官房長官は記者会見で「原子力規制の在り方については、高い独立性を有する原子力規制委員会の判断に委ねることが政府の一貫した方針であり、その方針に変わりはない」と述べました。


原発のテロ対策施設とは

 「特定重大事故等対処施設」と呼ばれる施設は、東京電力福島第一原子力発電所事故のあとに施行された新しい規制基準により設置が義務づけられたもので、航空機の衝突によるテロなどへの対策が求められています。

 原子炉から100m以上離れた場所に予備の制御室や電源、ポンプなどを備え、遠隔で原子炉を冷却することができ、施設がある場所はテロ対策上、明らかにされていません。

 当初は平成25年の新規制基準の施行から5年、平成30年7月までに設置することとされていました。

 しかし多くの原発で審査が長期化したことから、4年前(平成27年)に、再稼働に必要な原発の工事計画の認可から5年以内に設置すると方針を見直し、期限を延長していました。

四国電力「非常に厳しい判断 工期短縮に努力」

 再来年の3月22日にテロ対策施設の設置期限を迎える愛媛県伊方町の伊方原子力発電所3号機を再稼働させている四国電力は「きょうの決定を非常に厳しい判断と受け止めている。丁寧かつスピード感を持って審査に対応するとともに、その後の工事についても工期の短縮が図れるように最大限の努力を継続していきたい」とコメントしています。

関西電力「施設の早期完成に向け最大限努力」

 関西電力は、原発の再稼働で代わりの火力発電の燃料費など発電コストが削減されるとして、これまでに電気料金を、

 ▽高浜原発3・4号機の再稼働でおととし4.29%、
 ▽大飯原発3・4号機の再稼働で去年5.36%、それぞれ値下げしました。

 すでに再稼働しているこれら4基の原発が停止した場合の収支への影響について、関西電力が去年12月に行った試算では、

 ▽高浜原発3・4号機が停止した場合は1か月当たり90億円、
 ▽大飯原発3・4号機が停止した場合は1か月当たり130億円のコストの増加になるとしています。

 関西電力は「施設の早期完成に向けて引き続き最大限の努力を継続する」としていますが、原発が運転停止した場合、発電コストの増加で電気料金の値上げの議論が再び浮上する見通しです。


電事連「テロ対策施設は必須 最大限努力」

 大手電力会社でつくる電気事業連合会は「テロ対策施設などは原発のさらなる安全向上のために必須のものと認識しており、早期の完成に向けて最大限の努力を継続する」とコメントしています。


 電力各社 工期遅れる見通し明らかに

 電力各社は今月17日、テロなどに対処する施設について、工事が大規模で時間がかかっているとして完了時期が遅れる見通しを明らかにしています。

 それによりますと、最も早く再稼働した鹿児島県にある九州電力の、

 ▽川内原発1号機では来年3月の期限をおよそ1年超え、
 ▽2号機は来年5月が期限で同じくおよそ1年遅れるとしています。

 いずれも福井県にある関西電力の高浜原発では、

 ▽3号機と4号機がそれぞれ来年8月と10月が期限でおよそ1年遅れるとし、
 ▽1号機と2号機は再来年6月の期限からおよそ2年半遅れる、としています。

 ▽大飯原発の3号機と4号機はいずれも3年後が期限でおよそ1年遅れる見通し、
 ▽美浜原発3号機は再来年が期限でおよそ1年半遅れる見通しです。

 愛媛県にある四国電力の伊方原発3号機は再来年が期限で、およそ1年遅れるとしています。

 ▽佐賀県にある九州電力の玄海原発3号機と4号機も3年後の期限には間に合わない見通しで、

 ▽茨城県にある日本原電の東海第二原発は4年後が期限ですが着工のめども立っていないということです。

 期限に間に合わないか、めどが立っていない原発は7原発13基に上り、このうち高浜原発の1号機と2号機、美浜原発3号機、東海第二原発を除く、5原発9基がすでに再稼働しています。

 運転の停止を命じるための具体的な手続きは原子力規制委員会が今後検討することにしています。

 一方、原発の運転を停止したあとの再稼働については、テロ対策施設の工事計画の認可を受けたうえで施設の工事が完了し、規制委員会による使用前の検査に合格すれば可能になるということです。

          *

 ◎ NHK関連 テロ施設問題 電力会社の経営に影響が及ぶ可能性も(24日) ◎ (史料)NHK報道全文

          *

 再稼働している原子力発電所でテロ対策の施設が期限までに設置できない見通しになっていることについて、原子力規制委員会は、期限の延長は認めず、間に合わなかった原発は原則として運転の停止を命じることを決めました。鹿児島県にある川内原発はすでに期限まで1年を切っていて、九州電力は施設の設置が間に合わないとしていることから運転が停止される可能性があります。

 

 

「特定重大事故等対処施設」と呼ばれる施設は、航空機によるテロ対策などのため予備の制御室などを備えた施設で、再稼働に必要な原発の工事計画の認可から5年以内に設置することが義務づけられています。

しかし設置に時間がかかり、九州電力、関西電力、四国電力の5原発10基では期限より1年から2年半遅れる見通しで、原子力規制委員会に延長を求めていました。

さらに、完成時期の見通しが立っていない原発も含めると、7原発13基に上り、中にはすでに再稼働している5原発9基が含まれています。


川内原発 期限まで1年を切るも施設の完成まであと2年
川内原発 期限まで1年を切るも施設の完成まであと2年
原子力規制委員会は24日の定例会で、期限の延長は認めず、間に合わなかった原発は原則として運転の停止を命じることを決めました。

もっとも早く再稼働した鹿児島県にある九州電力の川内原発1号機は来年3月の期限まですでに1年を切っていますが、施設の完成までにはあと2年ほどかかる見通しです。


原子力規制委 更田委員長「看過できない」
原子力規制委 更田委員長「看過できない」
原子力規制委員会は、代わりの措置をとることが可能かなど原発ごとに個別の状況を聞くことは否定しないとしましたが、委員からはテロ対策施設に代わる措置は難しいという見解が相次ぎました。

更田豊志委員長は「基準を満たしていない状態になった施設の運転を看過することはできない」と述べました。

また更田委員長は24日の定例会見で「工事に対する見通しが甘かったし、規制当局への出方も甘かった。何とかなると思われたとしたら大間違いだ」と述べ、期限が迫る中で間に合わないと訴え始めた事業者の姿勢を厳しく批判しました。

そのうえで「運転中の原発がテロ対策施設の設置期限を仮にきょう迎えたとしても、きのうときょうではリスクは変わらない。しかし、設置に手間取るとか、もう少し時間がかかるとかということを繰り返していたら、これは新しい規制の精神では安全の向上につながらず、いつか来た道に戻るかどうかの分かれ目だ」と述べ、事業者の事情を考慮して規制の在り方を変えたら福島第一原発の事故の教訓から学んでいないことになるとの見解を示しました。


九電「早期完成に向け最大限努力」

 九州電力は「安全性をさらに高めようと設計の見直しを重ねた結果、施設の配置場所を確保するのに必要な固い岩盤の掘削などの土木工事が、想定より大規模で難しいものになってしまった」と説明しています。

 そのうえで「今後の対応についてはしっかりと検討して参りたいと考えています。テロ対策の施設はさらなる安全向上のために必須のものとして認識しているので、早期の完成に向けて引き続き最大限の努力を続けて参ります」とするコメントを発表しました。


地元の専門家「妥当な判断」

 鹿児島県が設置している川内原発の安全性などを検証する専門家委員会の座長を務める鹿児島大学の宮町宏樹教授は、委員会としてコメントする立場にないとしたうえで「原子力規制委員会は常識的な判断をしたと受け止めている。福島第一原発事故の教訓を踏まえて定めた原発の規制基準を、規制委員会みずからがそのときどきで変えてしまっては何のためのルールなのかということになるので、原発の安全性を考える上で妥当な判断だ」と話しています。


薩摩川内市長「コメント差し控える」

 九州電力の川内原発がある鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長は「具体的なことは承知していないので、現時点においてコメントは差し控える」としています。

 鹿児島県の三反園知事は「原子力規制委員会において考え方などが示されたと承知しています。県としては今後の動向を見守ってまいります」とコメントしています。


官房長官「高い独立性有する規制委の判断に委ねる」

 菅官房長官は記者会見で「原子力規制の在り方については、高い独立性を有する原子力規制委員会の判断に委ねることが政府の一貫した方針であり、その方針に変わりはない」と述べました。


原発のテロ対策施設とは

 「特定重大事故等対処施設」と呼ばれる施設は、東京電力福島第一原子力発電所事故のあとに施行された新しい規制基準により設置が義務づけられたもので、航空機の衝突によるテロなどへの対策が求められています。

 原子炉から100m以上離れた場所に予備の制御室や電源、ポンプなどを備え、遠隔で原子炉を冷却することができ、施設がある場所はテロ対策上、明らかにされていません。

 当初は平成25年の新規制基準の施行から5年、平成30年7月までに設置することとされていました。

 しかし多くの原発で審査が長期化したことから、4年前(平成27年)に、再稼働に必要な原発の工事計画の認可から5年以内に設置すると方針を見直し、期限を延長していました。

四国電力「非常に厳しい判断 工期短縮に努力」

 再来年の3月22日にテロ対策施設の設置期限を迎える愛媛県伊方町の伊方原子力発電所3号機を再稼働させている四国電力は「きょうの決定を非常に厳しい判断と受け止めている。丁寧かつスピード感を持って審査に対応するとともに、その後の工事についても工期の短縮が図れるように最大限の努力を継続していきたい」とコメントしています。

関西電力「施設の早期完成に向け最大限努力」

 関西電力は、原発の再稼働で代わりの火力発電の燃料費など発電コストが削減されるとして、これまでに電気料金を、

 ▽高浜原発3・4号機の再稼働でおととし4.29%、
 ▽大飯原発3・4号機の再稼働で去年5.36%、それぞれ値下げしました。

 すでに再稼働しているこれら4基の原発が停止した場合の収支への影響について、関西電力が去年12月に行った試算では、

 ▽高浜原発3・4号機が停止した場合は1か月当たり90億円、
 ▽大飯原発3・4号機が停止した場合は1か月当たり130億円のコストの増加になるとしています。

 関西電力は「施設の早期完成に向けて引き続き最大限の努力を継続する」としていますが、原発が運転停止した場合、発電コストの増加で電気料金の値上げの議論が再び浮上する見通しです。


電事連「テロ対策施設は必須 最大限努力」

 大手電力会社でつくる電気事業連合会は「テロ対策施設などは原発のさらなる安全向上のために必須のものと認識しており、早期の完成に向けて最大限の努力を継続する」とコメントしています。


 電力各社 工期遅れる見通し明らかに

 電力各社は今月17日、テロなどに対処する施設について、工事が大規模で時間がかかっているとして完了時期が遅れる見通しを明らかにしています。

 それによりますと、最も早く再稼働した鹿児島県にある九州電力の、

 ▽川内原発1号機では来年3月の期限をおよそ1年超え、
 ▽2号機は来年5月が期限で同じくおよそ1年遅れるとしています。

 いずれも福井県にある関西電力の高浜原発では、

 ▽3号機と4号機がそれぞれ来年8月と10月が期限でおよそ1年遅れるとし、
 ▽1号機と2号機は再来年6月の期限からおよそ2年半遅れる、としています。

 ▽大飯原発の3号機と4号機はいずれも3年後が期限でおよそ1年遅れる見通し、
 ▽美浜原発3号機は再来年が期限でおよそ1年半遅れる見通しです。

 愛媛県にある四国電力の伊方原発3号機は再来年が期限で、およそ1年遅れるとしています。

 ▽佐賀県にある九州電力の玄海原発3号機と4号機も3年後の期限には間に合わない見通しで、

 ▽茨城県にある日本原電の東海第二原発は4年後が期限ですが着工のめども立っていないということです。

 期限に間に合わないか、めどが立っていない原発は7原発13基に上り、このうち高浜原発の1号機と2号機、美浜原発3号機、東海第二原発を除く、5原発9基がすでに再稼働しています。

 運転の停止を命じるための具体的な手続きは原子力規制委員会が今後検討することにしています。

 一方、原発の運転を停止したあとの再稼働については、テロ対策施設の工事計画の認可を受けたうえで施設の工事が完了し、規制委員会による使用前の検査に合格すれば可能になるということです。

          *

 ◎ NHK関連 テロ施設問題 電力会社の経営に影響が及ぶ可能性も
 (24日)⇒ こちら https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190424/k10011894821000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

 原子力規制委員会は、テロ対策の施設が期限までに設置できない原発は、原則として運転の停止を命じることを決めました。今後、原発が停止すれば、原発を再稼働させている電力会社は経営に影響が及ぶ可能性があります。

 電力各社の説明によりますと、原発が停止すると火力発電でその分の発電を代替することになります。原発が1基停止すると、天然ガスや石油などの燃料費が年間500億円前後かかることになります。

 原発を再稼働させた関西電力や九州電力は、発電のコストが下がったことを理由に電気料金の値下げに踏み切っています。

 原発を停止することになれば、電力会社はコスト上昇分をどう負担するかという議論になり、電気料金にも影響が及ぶ可能性があります。

 また、原発が停止した場合、電気を多く使う夏や冬に電力の需給が厳しくなるおそれもあります。

九電管内 電気料金に影響の可能性

 九州電力は、2011年に起きた福島の原発事故を受けて、鹿児島県と佐賀県にある合わせて4基の原発について稼働の停止を余儀なくされました。その結果、火力発電の燃料費がかさむなどしたため4年続けて赤字に陥りました。

 このため2013年には、家庭向けなどの電気料金を平均で6%余り値上げしました。その後、去年までに4基は相次いで再稼働し、発電コストを削減できたなどとして、九州電力は今月(4月)から家庭向けなどの電気料金を平均で1%余り値下げし始めたばかりでした。

 テロ対策のための施設の設置期限は鹿児島県にある川内原発の1号機が来年3月、2号機が来年5月までで、佐賀県にある玄海原発は3号機が3年後の2022年8月、4号機が同じく2022年9月となっています。

 九州電力はいずれも期限内にテロ対策のための施設を完成させるのは難しいとしていて、今後、相次いで原発が停止すれば、九州電力管内の電気料金に再び影響が出る可能性もあります。

………………………………………………………………………………………

(関連)◎ 毎日新聞 原発テロ対策 厳しく要求 規制委、施設期限延期せず
 (24日)⇒ こちら https://mainichi.jp/articles/20190424/k00/00m/040/255000c

 ・ 原発などにテロ対策拠点を設置するのは世界的な潮流だ。2001年の米同時多発テロ以降、「核セキュリティー」が世界の課題となり、原子力規制委員会も必要な要件を定めた。

 このため規制委は、航空機の衝突で制御室や建屋内の注水施設などが破壊されても炉心溶融(メルトダウン)を遠隔操作で防げることが重要だとして、例えば原子炉建屋から100メートル以上離れた場所への設置などを要求。緊急時制御室▽冷却用の注水設備▽電源――などが必要だとしている。

 規制委は「他の施設と異なり、代替はまず考えられない」とテロ対策施設を重要視。いったんは設置期限を延長したが、再延長は認めない姿勢を鮮明にした。

 

 原子力規制委員会は、テロ対策の施設が期限までに設置できない原発は、原則として運転の停止を命じることを決めました。今後、原発が停止すれば、原発を再稼働させている電力会社は経営に影響が及ぶ可能性があります。

 電力各社の説明によりますと、原発が停止すると火力発電でその分の発電を代替することになります。原発が1基停止すると、天然ガスや石油などの燃料費が年間500億円前後かかることになります。

 原発を再稼働させた関西電力や九州電力は、発電のコストが下がったことを理由に電気料金の値下げに踏み切っています。

 原発を停止することになれば、電力会社はコスト上昇分をどう負担するかという議論になり、電気料金にも影響が及ぶ可能性があります。

 また、原発が停止した場合、電気を多く使う夏や冬に電力の需給が厳しくなるおそれもあります。

九電管内 電気料金に影響の可能性

 九州電力は、2011年に起きた福島の原発事故を受けて、鹿児島県と佐賀県にある合わせて4基の原発について稼働の停止を余儀なくされました。その結果、火力発電の燃料費がかさむなどしたため4年続けて赤字に陥りました。

 このため2013年には、家庭向けなどの電気料金を平均で6%余り値上げしました。その後、去年までに4基は相次いで再稼働し、発電コストを削減できたなどとして、九州電力は今月(4月)から家庭向けなどの電気料金を平均で1%余り値下げし始めたばかりでした。

 テロ対策のための施設の設置期限は鹿児島県にある川内原発の1号機が来年3月、2号機が来年5月までで、佐賀県にある玄海原発は3号機が3年後の2022年8月、4号機が同じく2022年9月となっています。

 九州電力はいずれも期限内にテロ対策のための施設を完成させるのは難しいとしていて、今後、相次いで原発が停止すれば、九州電力管内の電気料金に再び影響が出る可能性もあります。

………………………………………………………………………………………

(関連)◎ 毎日新聞 原発テロ対策 厳しく要求 規制委、施設期限延期せず
 (24日)⇒ こちら https://mainichi.jp/articles/20190424/k00/00m/040/255000c

 ・ 原発などにテロ対策拠点を設置するのは世界的な潮流だ。2001年の米同時多発テロ以降、「核セキュリティー」が世界の課題となり、原子力規制委員会も必要な要件を定めた。

 このため規制委は、航空機の衝突で制御室や建屋内の注水施設などが破壊されても炉心溶融(メルトダウン)を遠隔操作で防げることが重要だとして、例えば原子炉建屋から100メートル以上離れた場所への設置などを要求。緊急時制御室▽冷却用の注水設備▽電源――などが必要だとしている。

 規制委は「他の施設と異なり、代替はまず考えられない」とテロ対策施設を重要視。いったんは設置期限を延長したが、再延長は認めない姿勢を鮮明にした。

 

Posted by 大沼安史 at 02:28 午後 |

〔放射能列島〕◆ 山口県周南市の化学工場で23日、作業員が9.09 ミリシーベルト被曝 「密封線源(イ リジウム192(ガンマ線源)、370 ギガベクレル)を内蔵したガンマ線透過試験装置で配管腐食の有無を検査」中 「放射線を発する装置が容器に収納されていなかった」★ 周南市の市街地に放射線非破壊検査の工場があった! 

………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ◎ NHK(24日付)⇒ こちら https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190424/k10011895321000.html

          *

(関連)◎ 原子力規制員会 (株)ウィズソルから放射線業務従事者の計画外の被ばくについて報告を受理
 (24日)⇒ こちら https://www.nsr.go.jp/activity/bousai/trouble/houkoku/00000164.html

 ◎ 原子力規制委への事故報告 ⇒ こちら https://www.nsr.go.jp/data/000268697.pdf

          *

(関連)◆「ウィズソル」社HP(PRサイト) ⇒ こちら 
  http://www.withsol.co.jp/business/service/menuRT.html

………………………………………………………………………………………

Screenshot23513 Screenshot23512 Screenshot23509 Screenshot23514Screenshot23515

 

 

………………………………………………………………………………………

 

 

………………………………………………………………………………………

 ◎(史料)NHK報道全文

          *

 山口県にある化学工場で23日、放射線を使って配管を検査していた作業員の男性1人が9ミリシーベルトの被ばくをしました。原子力規制庁は現時点で健康への影響はないとしていますが、今後、医療機関で改めて状態を確認するということです。

 原子力規制庁によりますと、23日正午すぎ、山口県周南市にある化学工場で配管に異常がないか、放射線を使って検査していた作業員の男性1人が9ミリシーベルトの被ばくをしました。

 作業員は放射線を発する装置が容器に収納されていなかったことに気付き、被ばく線量を確認した結果、明らかになったということです。

 放射線を業務で扱う人の年間被ばく限度は50ミリシーベルトで、原子力規制庁は現時点で健康への影響はないとしていますが、今後、改めて医療機関で状態を確認するということです。

 作業員が務める検査会社によりますと、新たな検査機器を試験的に利用したため作業員らが手順を誤って被ばくしてしまったということです。

 検査会社の「ウィズソル」は「こうした被ばくを二度と起こさないよう適切な手順を検討するなど対策を徹底したい」と話しています

 

Posted by 大沼安史 at 01:04 午後 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)25日午前4時56-5時35分 1号機カメラ すさまじい濃霧に包まれる 海霧にトリチウム霧が合体

………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=4JruT8NZFjw

………………………………………………………………………………………

Screenshot23508 Screenshot23507 Screenshot23506

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-8bcaed.html

Posted by 大沼安史 at 06:31 午前 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)25日午前4時32-37分 1号機カメラ ☆「明けの明星」の光 エメラルドの星影に / 1号機からの噴き上げプルームが断続遮断 ★ 弘法大師(空海)が今生きていたら、「来影せず」の異常事態をどうお思いなさることだろう?

………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=rxv5aC7HScA

………………………………………………………………………………………

Screenshot23504 Screenshot23503

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-617298.html

Posted by 大沼安史 at 06:07 午前 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)25日午前3時29-4時04分 1号機カメラ ◆ 画面右から左へ(北へ)、3号機方面から「噴き上げ(トリチウム霧?)」が猛烈は勢いで流れています。上に噴き上げるのは普通ですが、「横へ」は初見です!

………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=JooABQXb-X4
………………………………………………………………………………………

Screenshot23499 Screenshot23497 Screenshot23498

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-bf32a1.html

Posted by 大沼安史 at 04:24 午前 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)25日午前2時05-15分 1号機カメラ ◆ 雨の夜、4秒間(07:58~08:02)にーー「閃光」2発(3号機上空付近/1号機付近)/ 1号機付近へ、斜めに「光の帯」

………………………………………………………………………………………
⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=cG9wRWBBx7g
………………………………………………………………………………………

Screenshot23488 Screenshot23490 Screenshot23489

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-a707ce.html

Posted by 大沼安史 at 03:00 午前 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)25日午前1時46-54分 1号機カメラ ◆ 雨の夜、東電F1メガ核惨事現場です/ 1号機付近で8分間に3発の「閃光」 

………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=1j-mf5J-6Ms

………………………………………………………………………………………

Screenshot23484 Screenshot23485 Screenshot23487 Screenshot23486

………………………………………………………………………………………

 ◎ フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-5bed7f.html

Posted by 大沼安史 at 02:44 午前 |

2019-04-24

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)24日午後7時40-42分 TBS/JNNカメラ ◆ もの凄い「発光」です

………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=NUPf0kVYWOo
@Kiyoshi_IWATA  @namiekuwabara  @microcarpa1 @VirginBlade

………………………………………………………………………………………

Screenshot23482

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
    http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-a7b34a.html

Posted by 大沼安史 at 08:12 午後 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)24日午後6時32-38分 1号機側カメラ ◆「宵の明星」の光を1号機から噴き上げるカラフル(?)な有毒死の灰プルームが時折、完全ブロックです! コスモロジカル・ニュークリア・カタストロフ=東電F1グローバル核惨事!

………………………………………………………………………………………
⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=l4uNL5HXEHo
………………………………………………………………………………………

Screenshot23480 Screenshot23481

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
    http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-ddcdcc.html

Posted by 大沼安史 at 07:58 午後 |

〔東電F1グローバル・メガ核惨事〕◎ NHKが「東電提供画像」と「3号機周辺空撮動画で」――「作業現場」をまったく撮影取材せず、東電の言いなり・御用報道 ★ きまり悪そうな、この若いNHK福島局アナンサーの表情がすべてを物語る? 

………………………………………………………………………………………
〔★は大沼〕  ◎ NHK福島 3号機核燃料 共用プールへ移送
(23日)⇒ こちら https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190423/6050005235.html
………………………………………………………………………………………

Screenshot23464 Screenshot23466 Screenshot23467 Screenshot23468

………………………………………………………………………………………

 ◎ (史料) NHK報道の全文(いずれ「大本営発表報道」であることが暴露されるだろう

          *

 東京電力福島第一原子力発電所3号機の使用済み燃料プールから取り出された最初の核燃料7体が輸送用の容器に入れられ、23日までに、共用プールと呼ばれる敷地内の施設に運ばれました。今後、この燃料を容器からプールに収めると、1回目の取り出しの作業が完了します。

 福島第一原発3号機では、事故で溶け落ちた核燃料とは別に、燃料プールに残されていた使用済み燃料514体、未使用の燃料52体を取り出す作業が、今月15日から始まりました。

 23日までにキャスクと呼ばれる輸送用の容器に、未使用の新しい燃料あわせて7体が入れられ、トレーラーでおよそ100メートル離れた共用プールと呼ばれるより安定した専用の施設に運ばれました。

 事故でメルトダウンを起こした原子炉建屋から、燃料プールの核燃料が運び出されたのは初めてです。

 今後、共用プール内で、燃料をキャスクから取り出して、燃料を収めるラックに移す作業が行われ、7体すべてを移し終えると、1回目の取り出しの作業が完了します。

 東京電力は、1回目が完了したあと、作業に問題がなかったか検証した上で、ことし7月から2回目以降の作業を再開する予定で、来年度までにすべての核燃料の取り出しを終えたいとしています。

 東京電力福島復興本社の大倉誠代表は、「なかなか約束したスケジュールどおりにいかず、心配をおかけしましたが、無事に1つ目のキャスクの移動を終えました。引き続き安全第一で取り組み、きちんと工程を踏んで、2020年度中に566体の燃料を取り出したい」と話していました。


………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 毎日新聞 福島第1原発3号機の核燃料7体、プール建屋に移送 初の搬出 ★ 毎日はトレーラーの空撮写真で、なかに「取り出された7体がある」と断定
 〔★は大沼〕◎  (23日付け) ⇒ こちら https://mainichi.jp/articles/20190423/k00/00m/040/094000c

Screenshot23460 Screenshot23459

Posted by 大沼安史 at 05:01 午後 |

2019-04-23

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)23日午後6時23-47分 ◇ 1号機上空 はるか洋上の彼方、「宵の明星」の光を、噴き上げる「プルーム」が何度もかき消す! 「海の聖母」よ、守りたまえ 救いたまえ! ◆ 昨夕のような「黒粉塵」、光線の加減か見られず 作業員のみなさんのクレーン作業が実ったのかも知れません  ◎ あゝ麗はしい距離〔デスタンス〕/つねに遠のいてゆく風景……/悲しみの彼方、母への/ 捜り打つ夜半の最弱音〔ピアニツシモ〕(吉田一穂)

Screenshot23444 Screenshot23446 Screenshot23447 ………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=f9z1yIvctSM

………………………………………………………………………………………

 

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
    http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-da5ad0.html

Posted by 大沼安史 at 07:23 午後 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)23日午後1時40-46分 1号機で作業 クレーンで吊り下げたものが強風で大揺れ 引き揚げた物体が振り子のように大きく揺れています 5-6mの風 ★ 撒布したあとの空容器では? 1号機の噴き上げが激化 対策作業強行!?

………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=oRD95_MxM7U

………………………………………………………………………………………

Screenshot23425 Screenshot23423 Screenshot23424

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-5f8510.html

Posted by 大沼安史 at 02:41 午後 |

2019-04-22

(重要)〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4)22日午後6時17-22分 ◇ 1号機から黒い粉塵のようなものが多数、噴き上げています! 初見! 洋上に監視船?

………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=S0lGNj6UPSw

………………………………………………………………………………………

Screenshot23413 Screenshot23415 Screenshot23417 Screenshot23414

 

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
    http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-d88d9e.html

Posted by 大沼安史 at 06:44 午後 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)22日午前8時19-26分 1号機側カメラ ◆ 1/2号機間 沖合に監視船/クレーン作業(黄色部分 ◇ 昨夜の発光は水色部分から 何? ◆ 1号機で作業続く

………………………………………………………………………………………

 ⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=WwL1ZBiFb84
………………………………………………………………………………………

Screenshot23384 Screenshot23381 Screenshot23382

 

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
    http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-dbf7f0.html

Posted by 大沼安史 at 08:51 午前 |

2019-04-21

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)21日午後7時51-52分 1号機側カメラ ◆ 前夜(20日)、2号機建屋北東角に出現した「白い照明?」が消え、新たに1/2号機間の空間に初見の「発光体」 監視モニタリング装置か?

………………………………………………………………………………………

 ⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=yaEhyT8WKdY
………………………………………………………………………………………

Screenshot23362 Screenshot23361

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-8559b4.html

Posted by 大沼安史 at 08:14 午後 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)21日午前0時20-22分 4号機側カメラ 3号機と4号機、建屋の外壁が「ぼけた」写り方、しています

………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=chHd81OuAUE

………………………………………………………………………………………

Screenshot23347

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
    http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-6c5bb2.html

Posted by 大沼安史 at 12:39 午前 |

2019-04-20

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)20日午後11時17-21分 2号機建屋角(北東)に「照明」、同屋上にも(?)/ 2/3号機間、紫の噴き上げです

………………………………………………………………………………………
 ⇒ こちら 
 https://www.youtube.com/watch?v=3oQNhF73tlQ

………………………………………………………………………………………

Screenshot23342 Screenshot23339 Screenshot23338 Screenshot23340

………………………………………………………………………………………

 ◎ フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-aafda4.html
   
   

Posted by 大沼安史 at 11:42 午後 |

〔東電メガ・グローバル核惨事〕◎ 福島県庁、中性子線検出器を3カ所に配備へ まずフクイチの北、南相馬市原町区萱浜に一台置き、今月中から運用開始 / 年度内に、第一原発に近い大熊町夫沢地区と、約二キロ離れた同町大野地区にそれぞれ一台を配備――◎ 『福島民報友』が報道 ◆「再臨界が起きた際に出る中性子線を迅速に察知するため」/ 10キロ圏、さらに増設 ◎ ウラン土壌検査も10キロ圏で ★ 福島県庁はフクイチ再臨界の恐れがあるとして警戒態勢に入った! 

………………………………………………………………………………………

★は大沼〕 ◎ 『福島民報』 「廃炉の監視態勢を強化 福島県、独自に中性子線観測 第一原発敷地外」
 (4日付)⇒ こちら
   https://www.minpo.jp/news/moredetail/2019040461957

………………………………………………………………………………………

Screenshot23334

………………………………………………………………………………………

 ・ 県は二〇一九年度、東京電力福島第一原発の廃炉作業に伴う溶融燃料(デブリ)取り出しの本格化で変動する可能性がある放射線の監視態勢を強化する。再臨界が起きた際に出る中性子線を迅速に察知するため、検出器を原発敷地外の三カ所に設置する。

 ・ 原発敷地内で中性子線を測定している東電とは別に、県は独自に二十四時間の観測態勢を整え、安全性を客観的に把握し、正確な情報を県民へ伝える方針だ。(★ 東電はフクイチで中性子線を測定している! しかし、県庁も独自で! これは福島県庁が東電を信頼していないからではないか?)

 ・ 中性子検出器は東電福島第一原発から約三十キロ離れた南相馬市原町区萱浜にある県環境放射線センターに一台置き、今月中に運用を始める。年度内に、第一原発に近い大熊町夫沢地区と、約二キロ離れた同町大野地区にそれぞれ一台を配備する。

 ・ 中性子線の計測は核分裂の連鎖反応が拡大する臨界状態の判断の一つ。これまで東電が実施している原発敷地内の中性子線測定では二〇一一(平成二十三)年三月十六日以降、検出されていない。ただ、東電が二〇二一年開始を目指すデブリ取り出しは、世界に例のない困難な作業となる。県は安全で安心して生活できる環境を確保するため、独自の監視体制を整える必要があると判断した。( ★ 臨界臨戦態勢をとる、ということになる!

 ・ 県公式ホームページで中性子線の測定データを公表する。三カ所の中性子検出器の稼働後にデータを取りまとめ、二〇二〇年四月からの公開を予定している。今後の廃炉作業で数値の異常を把握した場合、県民への避難指示など適切な初動対応に役立てる。( ★ なぜ、来年春まで「公開」しないのか? ) 

 ・ 県は東電福島第一原発の半径十キロ圏内に中性子検出器を重点配備したい考えで、中性子がどの方向に飛んでも把握できるよう原子力規制庁から適切な観測点などに関する指導を受けて増設を目指す。

 ・ 県は原発敷地周辺で実施している土壌調査の検出項目に核燃料由来のウランを追加する。東電福島第一原発の半径十キロ圏内の複数カ所で年一回程度の試料採取と分析を実施する方向で検討している。今後のデブリの取り出し作業で、ウランやプルトニウムなどの核燃料由来の放射性物質がダストとして周辺に飛散していないかどうか確認する。

 ・ 原子力規制委員会は県内各地に約三千台のモニタリングポストを設置し、ガンマ線を測定している。

 二〇二〇年度までに避難区域が設定された十二市町村以外の約二千四百台を撤去する方針だが、二〇一九年度は観測を継続するとして政府の当初予算に維持費六億二千三百万円を計上した。東電は福島第一原発1~3号機の原子炉格納容器内で臨界状態の判断となるキセノンの発生の有無を常時観測している。

 

Posted by 大沼安史 at 03:01 午後 |

2019-04-19

フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)19日午後11時03-08分 ◆ 2/3号機間で「閃光」続発 11時すぎから噴き上げ、一段と激しくなったようです

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=2msJxP5571I

………………………………………………………………………………………

Screenshot23315 Screenshot23314 Screenshot23317

 

………………………………………………………………………………………

◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら
   

Posted by 大沼安史 at 11:38 午後 |

2019-04-18

〔フクイチ・ユーチューブ〕TBS/JNNカメラ(2019/4)◆17日午後9時18-23分 ◆ 18日午前1時08-14分 これが14日にここに来た安倍首相が一言も「アンダーコントロール」と言わなかった核惨事現場の現状です 3号機に目が向いてしまいます

………………………………………………………………………………………

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=5TdvgJ4PkRA

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=reGig9ST5gA

………………………………………………………………………………………

Screenshot23287 Screenshot23286 Screenshot23285

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
    http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-eb04be.html

Posted by 大沼安史 at 01:52 午前 |

2019-04-15

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)15日午後2時23-254分 4号機カメラ この角度でも「雲」変色しながら縮小/消滅 また「黒い閃光」 「白いもの」も出現

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=XfABlIxL7AE

………………………………………………………………………………………

Screenshot23203 Screenshot23202

………………………………………………………………………………………

Screenshot23201 Screenshot23199

 

………………………………………………………………………………………

Screenshot23205

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-adb3ba.html

Posted by 大沼安史 at 02:51 午後 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)15日午後0時19-34分 上空に「白いもの」多数出現。海面は荒れて「(白兎)が跳ぶ」状態までにはなっていないようです。やはり「発光」現象? 海上上空で雲が薄緑などに変色しながら縮小・消滅です

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=S899wyt5aBM

………………………………………………………………………………………

Screenshot23197 Screenshot23194Screenshot23198

………………………………………………………………………………………

◎ フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-325060.html
    

Posted by 大沼安史 at 02:13 午後 |

2019-04-14

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)14日午後1時42~44分 TBS/JNNカメラ ◆「全電源喪失考えられず」で核惨事を招いた安倍首相の視察を、1・2号機上空「同時多発(5発)白色発光」(1時43分33秒ごろ 開始1分9秒ごろ)などで歓迎!

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=UqiGb2-o89w
………………………………………………………………………………………

 

Screenshot23172 Screenshot23170

………………………………………………………………………………………

◎  フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-5651d0.html

Posted by 大沼安史 at 02:22 午後 |

〔日本政府・東電メガ・グローバル核惨事の今〕◆ 爆心から46キロ、郡山市の山林で山火事が発生(9日に発生、10日正午すぎに鎮火) 2017年の浪江町「十万山」火災(75メクタール)を大きく上回る約「100ヘクタール」! 2キロの至近に小学校 自衛隊も出動 ★「燃え上がる状態」の映像報道なし! 鎮火でようやく報道! 隠蔽工作? 山火事プルームで放射能はどれだけ飛散したのだろう? 消火活動にあたった方々の防護は万全だったのか?

Screenshot23158 Screenshot23156 Screenshot23153

 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ NHK(福島)郡山の山火事ほぼ消し止められる
 (10日)⇒ こちら https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190410/6050005036.html

 ・ 9日、郡山市の山林で火事が発生し、これまでにおよそ100ヘクタールが焼けました。
 10日も朝から、消防や自衛隊による消火活動が行われ、火はほぼ消し止められました。

 9日昼前、郡山市田村町の山林から火が出て燃え広がり、消防によりますと、これまでにおよそ100ヘクタールが焼けたということです。
 消防などは、10日午前5時ごろから、消防車50台以上を出して消火活動を行っているほか、千葉・宮城・山形から自衛隊のヘリコプター7機が派遣され、空中からの散水を行い、午前10時半すぎ、火はほぼ消し止められました。

 消防によりますと、これまでのところ民家など建物への延焼は確認されておらず、けが人もいないということです。
  郡山市は避難を呼びかける予定はないとしています。

          *

 ◎ 福島民友 郡山の山火事鎮火...火の気なく不審火か 最大規模の山林火災に
 (11日付)⇒ こちら http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190411-367829.php

 ・ 郡山市田村町で9日に発生した山林火災は出火から約25時間10分後の10日午後0時45分、山林など約100ヘクタールを焼き鎮火した。けが人や周辺住宅への被害はなかった。周辺に火の気がないことから、郡山署は不審火とみて出火原因などを調べている。郡山地方消防本部によると、焼失面積は、同本部が発足した1973(昭和48)年4月以降、同市で発生した山林火災としては最大規模という。

 市や同本部によると、10日は早朝から消火活動を再開。6カ所で炎や煙が確認された。消火活動には同本部や同市消防団、自衛隊など約300人が当たったほか、空中から自衛隊のヘリコプターによる散水も行い、6カ所全ての鎮火を確認した。


          *

 ◎(十万山)⇒ こちら 
 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/05/post-7b45.html

 

 

 

Posted by 大沼安史 at 11:57 午前 |

〔フクイチ・動画VIMEO〕(2019/4月)12日午後10時過ぎ、クレーン遠隔操作で「空中線量測定?」 米国ウォ ッチャーが動画公開 ★ よほど悪化しているのか? (10:7:17から)

⇒ こちら https://vimeo.com/330050207

………………………………………………………………………………………

Screenshot23123 Screenshot23124 Screenshot23122

………………………………………………………………………………………

 ◎  フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-e8448d.html

Posted by 大沼安史 at 01:58 午前 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)14日午前0時41~55分 TBS/JNNカメラ 4号機方面で異様な「噴き上げ?発光」も 1~3号機もかなりのものです ★ 安倍首相は311事故時、原子炉は定検でカラだったという、ほぼ無傷だったはずの「4号機内」を視察してください

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=JpFXKCJjdRk

………………………………………………………………………………………

Screenshot23120 Screenshot23119 Screenshot23121

………………………………………………………………………………………

◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら
 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-160df6.html

Posted by 大沼安史 at 01:25 午前 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)13日午後0時53~57分 TBS/JNNカメラ 3号機山側の同じ場所で「白い発光」続く 2号機屋上も「噴き上げ陽炎状態」?

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=KH-Vk6PIhzs

………………………………………………………………………………………

Screenshot23116 Screenshot23115 Screenshot23114

………………………………………………………………………………………

◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら
  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-b58c34.html

Posted by 大沼安史 at 12:35 午前 |

2019-04-13

〔日本政府・東電メガ・グローバル核惨事の今〕◆ 共同通信 : 原子力団体サイト「炎上」 命名や絵柄「ふざけすぎ」 意味不明な「校歌」も 「オランダの女性」から、なぜか「英語」メッセージ / 日本原子力産業協会 理事長の高橋明男氏は元東京電力フェロー ★ あのCMプロダクションが関係しているので? 「ふざけすぎ」ではない、「なめすぎ」です。放射能頽廃の極み!

………………………………………………………………………………………

Screenshot23104 Screenshot23103

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ 共同通信  ⇒ こちら https://this.kiji.is/489174970892141665

          *

 ◎ 毎日新聞 原産協会サイト「あつまれ!げんしりょくむら」5日で閉鎖 「ふざけている」と批判、炎上
 (12日付) ⇒ こちら https://mainichi.jp/articles/20190412/k00/00m/040/023000c

 ・  また、「クロフネ」と題したコーナーには海外の原子力関係者が「子供たちを安全な環境で育てるために、もっともっと原発を建設すべきだ」などと原発推進を促すコメントを複数掲載した。一方、作成途中のページも多く、意味不明な「校歌」など原子力と無関係な内容も多数掲載していた。担当者によると、サイトの内容は同協会の事務局で決めていたという。

          *

 ◆ 日本原子力産業協会 おわび ⇒ こちら http://village.jaif.or.jp/

………………………………………………………………………………………

Screenshot23042 Screenshot23043 Screenshot23044 Screenshot23045 Screenshot23046 Screenshot23047

 

 

          *
  同 高橋明男氏が新理事長に就任 ⇒ こちら https://www.jaif.or.jp/150623-1

Posted by 大沼安史 at 06:28 午後 |

〔日本政府・東電メガ・グローバル核惨事の今〕◆ 〔気象衛星(水蒸気)〕(2019/4)13日午前1時半 ◆ フクイチから北東方向へ、水蒸気が拡散しているように(も)見えます

 ⇒ こちら https://tenki.jp/satellite/japan-east/vapor/
………………………………………………………………………………………

Screenshot23074 Screenshot23073 Screenshot23075

 

Posted by 大沼安史 at 05:07 午後 |

2019-04-12

〔安倍・東電グローバル核惨事〕◎ ジュネーブ発ロイター電 「フクシマ食品紛争で、韓国のWTOへの上訴が奏功」 ◇ 最終第2審パネル、1審の複数判断を覆し、韓国の禁止措置は過剰なものではなく、不公正なものではないと裁定 ★ ロイターは記事に、WTOビル前の「赤信号」写真をつけた! これは安倍政権に対する国際社会の「レッドカード」である!

〔★は大沼〕  ◎ ロイター 「フクシマ食品紛争で、韓国のWTOへの上訴が奏功(South Korea WTO appeal succeeds in Japanese Fukushima food dispute)」 最終第2審パネル、1審の複数判断を覆す
 (12日付) ⇒ こちら
 https://www.reuters.com/article/us-japan-southkorea-wto/south-korea-wto-appeal-succeeds-in-japanese-fukushima-food-dispute-idUSKCN1RN24X

………………………………………………………………………………………

Screenshot23039

 

………………………………………………………………………………………

 ・ Last year a WTO dispute panel supported Japan, saying South Korea was wrong to keep its initial trade restrictions in place. But Thursday’s ruling overturned several key points of that verdict, saying South Korea’s measures were not overly restrictive and did not unfairly discriminate against Japan.

 The appeal looked solely at the panel’s interpretation of the WTO rules, without going into the facts about the levels of contaminants in Japanese food products or what the right level of consumer protection should be.

          *

 “The South Korean government highly appreciates the WTO’s ruling and welcomes the decision,” South Korea’s Ministry of Trade, Industry and Energy said in a statement.

………………………………………………………………………………………

 ★ WTO2審パネルは、あくまでWTOルール上の判断で裁定を下したそうだ。

 「ルール判断」(汚染データなどを判断材料としない)というならば、なぜ、1審での「日本勝訴」が覆ったのか? 1審も、あくまで「ルール」に則っての判断であったろうに。

 わたしは、この逆転判決の背景には、フクイチ危機がが時間の経過とともにますます深刻化し、汚染水太平洋投棄処分問題など地球の生存環境に対する重大な脅威であるである認識が国際社会に深まったためではないかとみている。

          *

 ★ いずれにせよ、今回のWTO裁定で、安倍政権はこれ以上、海洋汚染を放置することは難しくなったと思う。

 まして、タンク貯蔵汚染水の太平洋投棄処分など、できるはずがない。

 「アンダーコントロール」の「偽旗」を下げられない安倍政権は退陣させねばならない。

Posted by 大沼安史 at 12:52 午後 |

〔フクイチ・グローバル核惨事の今〕◇ NHK 「韓国 8県の水産物輸入禁止 日本が逆転敗訴 WTOが報告書」 2審制 最終判断 「日本の主張は退けられて事実上、敗訴した形となります」 ◆ 鈴木五輪相「五輪・パラでも被災地食材を積極活用を表明 ★ 安倍首相の「全電源喪失は考えられない」が結果的に招いた空前の「経産省・東電核惨事人災」に対する、これは国際社会の「有罪判決」ではないか!? 

〔★は大沼〕  ◎ NHK:韓国 8県の水産物輸入禁止 日本が逆転敗訴 WTOが報告書 
 (12日付)⇒ こちら  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190412/k10011881421000.html

………………………………………………………………………………………

Screenshot23032 Screenshot23036 Screenshot23035 Screenshot23034

 

………………………………………………………………………………………

 ◎ 歴史家・研究者向け資料です。

 (記事本文

          *

 原発事故による汚染水問題を理由に、韓国政府が福島など8つの県の水産物の輸入を禁止していることについて、WTO=世界貿易機関の上級委員会は、韓国側に是正を求めた第1審にあたる小委員会の判断を取り消すとした報告書を公表しました。日本の主張が退けられ、事実上、敗訴した形となります。

 東京電力・福島第一原子力発電所の事故を受けて、韓国政府は、水産物への汚染が懸念されるとして、2013年から福島県など8つの県の水産物の輸入を禁止しています。

 日本政府は規制は不当だとしてWTOに提訴し、1審にあたる小委員会では日本の訴えを認め、韓国側に是正を求める判断が示されましたが、韓国側が不服として上級委員会に上訴していました。

 この判決にあたる報告書が11日、公表され、小委員会の判断には誤りがあるとして、これを取り消すとした判断が示されました。日本の主張は退けられて事実上、敗訴した形となります。

 WTOの紛争処理は2審制のため、これが最終的な判断となり韓国側が行っている輸入禁止措置は継続されると見られます。

 水産庁によりますと、規制が導入されたあとの1年間、韓国への水産物の輸出額は20%以上減少し、以前は盛んに輸出されていたホヤが廃棄を余儀なくされるなどの影響が出ていました。

吉川農相「安全性否定していない」

 吉川農林水産大臣は、「韓国の措置がWTO協定に整合的だと認められたわけではないが、わが国の主張が認められなかったことは、復興に向けて努力をされてきた被災地の人たちのことを思うと誠に遺憾だ」と述べたうえで、今後は韓国との2国間の協議で規制の撤廃を求めていく考えを示しました。

 また、吉川大臣は「上級委員会の判断は1審にあたる小委員会の判断に誤りがあることを指摘したもので、日本の食品の安全性を否定したものではない」と述べました。

 そのうえで、「日本が出荷規制で放射性物質の基準値を超えた食品は流通させない体制を構築し、徹底したモニタリングをしていることを改めて伝えていきたい」と述べ、韓国だけでなく日本の食品の輸入を規制している他の国や地域に対しても、引き続き規制の撤廃や緩和を求めていく考えを強調しました。

河野外相「韓国との協議を通じ 措置の撤廃求めていく」

 河野外務大臣は「日本の主張が認められなかったことは誠に遺憾だ。報告書の内容を分析し、今後の対応を検討していく。日本としては、韓国に対して規制措置全体の撤廃を求めるという立場に変わりはなく、報告書を踏まえて韓国との協議を通じて、措置の撤廃を求めていく」という談話を出しました。

渡辺復興相「風評払拭(ふっしょく)に粘り強く取り組む」

 渡辺復興大臣は閣議のあとの記者会見で、「日本の主張が認められなかったことは大変遺憾だ。復興庁としては、輸入規制の撤廃と海外での風評の払拭に向けて、関係省庁と連携し、粘り強く取り 組んでいきたい」と述べました。

鈴木五輪相「五輪・パラでも被災地食材を積極活用」

 鈴木オリンピック・パラリンピック担当大臣は閣議のあと記者団に対し、「被災地の皆さんは、風評被害に大変苦労されているわけで残念だ。オリンピック・パラリンピックに関しても、被災地の食材を積極的に活用したいと思っている。そういうことも通じて、風評被害を払拭するため、被災地でできる食材のすばらしさをぜひ発信していきたい」と述べました。

韓国の輸入規制 8県で水揚げされた水産物

 韓国政府による水産物の輸入規制は、2011年3月の東京電力・福島第一原子力発電所の事故のあと導入されました。

 原発から排出された汚染水により、安全性への懸念が高まっているとして、福島県や宮城県など8つの県で水揚げされた水産物の一部に対して、輸入を禁じました。2年後の2013年には、輸入を禁止する対象をすべての水産物にまで広げました。

これに対し日本政府は、2015年、放射性物質に関する厳しい基準を満たした水産物を出荷しているため安全で、韓国の規制は不当な差別にあたるなどとして、WTOに提訴しました。

 第1審にあたる小委員会では、日本の主張が認められ、韓国に対し規制の是正を求める判断が示されました。これを不服とした韓国側は第2審にあたる上級委員会に上訴していました。

Posted by 大沼安史 at 11:58 午前 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)12日午前2時42~45分 2号機の噴き上げ 特に激しく むしろ、1 ・2号機間、2号機右側の「黒い」部分が要注意なのかも知れません。2号機では前日の日中、屋上で遠隔クレーン作業をしていました

 ⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=PEb_n9FNmYY

………………………………………………………………………………………

Screenshot23030

………………………………………………………………………………………

◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-5651d0.html

Posted by 大沼安史 at 03:03 午前 |

2019-04-11

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4)11日午後0時13-24分 上空(画面左上)で、またも雲が薄い緑に変色 しながら縮小、時に雲に穴が開き、青空が。外国ウォッチャーが指摘する中性子線・ウィグナー効果!?

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=tSouyxzxI0o

………………………………………………………………………………………

Screenshot22990 Screenshot22989 Screenshot22993

………………………………………………………………………………………

(関連)2019-04-02[フクイチ・ユーチューブ](2019/4) 2日午後1時41~44分 雲が消えてゆく 中性子線・ウィグナー効果! ? (作業ではなく、雲の流れに注目です)
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-27d6.html

          *

 ◎ 2019-03-28[フクイチ・ユーチューブ](2019/3)28日午後1時15~25分 雲が消える! 「ウィグナー効果」現象?を動画で 記録 / 中性子線が原子を変異 / 外国ウォッチャーも指摘
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/03/post-b00b.html

Screenshot22994

 

          *

 ◎ 2018-03-13〔東電原子力大災害(グローバル・メガ核惨事)〕◇ フクイチ上空で雲が消える現象は、いわゆる、中性子線による「ウィグナー効果」によるものではないか? ―― ◎ 「3・11」7周年を前に、米国のウクイチ・ウォッチャー、「オーガニック・スラント」さんが問題を提起! ★ 沖合の雲の流れはなかなか消えないが、手前の雲はたしかに次々に消えていく! 専門家による分析が必要だ! ★ 黄色の楕円形のあたりが、雲の消失ゾーンだ!
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/post-b0aa.html

………………………………………………………………………………………
 ◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら
  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-ce4118.html

 

 

 

Posted by 大沼安史 at 12:56 午後 |

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)11日午前2時58~59分 2号機で赤色灯が点滅 ◆ 点灯に気づき、慌て録画です。まもなく消えました。何が?

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=pS-cVsd6O0M

………………………………………………………………………………………

Screenshot22983 Screenshot22984 Screenshot22985

………………………………………………………………………………………

◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら

  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-717e.html

Posted by 大沼安史 at 10:59 午前 |

2019-04-09

〔フクイチ・ユーチューブ〕(2019/4月)9日午後10時28~33 TBS/JNNカメラ 全面黒褐色 ◆ 全面「黒褐 色」です/ 画面中央左寄りから右側後部に、全方位で「白い軌跡」/ 現場は「晴れ」のはずですが……。こ のような黒褐色の画面は、わたしのウオッチングでは初めてです 

⇒ こちら 

   https://www.youtube.com/watch?v=lvc6P_rI2zg

………………………………………………………………………………………

Screenshot22913

………………………………………………………………………………………

Screenshot22914 Screenshot22916

………………………………………………………………………………………

Screenshot22918

………………………………………………………………………………………

Screenshot22912

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………

 ◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら
  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-d36b.html

Posted by 大沼安史 at 11:10 午後 |

[フクイチ・ユーチューブ](2019/4)9日午前1時08~14分 激しい噴き上げ 1号機がとくに黄色っぽいです

⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=FrJ--obUgK4

 

………………………………………………………………………………………

 

Screenshot22899

 

………………………………………………………………………………………


 ◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら
  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-499a.html

Posted by 大沼安史 at 01:33 午前 |

2019-04-08

[フクイチ・メガ核惨事(関連)]◎ 岩田清さんが「熊本地震・論文不正」結論を逆批判 ◆ 直下型地震の真上地点、「横ずれ断層」ばかりか「縦ずれ生断層」も動くと画像解析で突き止める / 激しい「直下型地震」 「論文不正」が追及された京大、阪大の地震学者の主張は正しかったのではないか!?★ カルデラ噴火の危険性や、川内原発への脆弱性の指摘を矮小化?/ わが国が誇る世界的な地震学者、島村英紀博士の「逮捕劇」を彷彿! 

 島村氏日本に限らず、どの国でも、原発は核兵器を持ちたいために作る」と明言。原発の安全神話を作るために、原子力村が地震学者を抱き込んでいる実態にも言及

………………………………………………………………………………………

<岩田清さんが調査委員会などによる「熊本地震・論文」「不正」結論を画像解析で批判>① MITのtembler.net投稿(日本語訳)につけられた「現場写真(上の写真 投稿内には存在せず)」が、なぜトリミング(切り取り)されたものだったか、にまずもって注目するよう促しています! 下が全体写真 

Screenshot22878 D3lur3huiaacy5z

 

 https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1114621576115130368

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>② 「MITtembler.net投稿」告知写真がカットしていた部分は、こちらです。⇒ こちら

D3l74ppuiaem3or

 

 https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1115058610222977024

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>③ この部分を岩田さんが画像解析したのが、上の写真。下はその部分を含む全景の画像解析写真です (参考 こちら    /  こちら )

D3mbvq5ueaa5b8w D3lujj0uwaaq5bb

 


 https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1115093184785178624    https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1115015373043011584 

          *


<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>④ この現場は、様々な「揺れのベクトル線」が集中しており、それで「熊本地震」震源の真上であることが分かります。つまり直下型大地震だった! こちら 

 https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1115015373043011584 

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>⑤ この写真の2本の赤線ではさん箇所を、MITのtembler.net投稿(日本語訳)では「右横ずれ断層(だけ)」としていますが、「実は、この主断層は『縦ずれ正断層』でもある」 
 こちら 

Screenshot22887


 https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1115057916409565186

          * 

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>⑥ そして、この赤色「正断層」の隣には、黄色の「逆断層」も! 震源真上を写さない写真トリミングがなされた理由はここにある、岩田さんの鋭い指摘です こちら

D3mbvq5ueaa5b8w_1
 https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1115092159755997188 

 

………………………………………………………………………………………

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>(関連★①) こうして、岩田さんの連続TWを見て来ると、「熊本大地震」は実に恐るべきものだったことが分かります。正断層、横ずれ、逆断層……調査委員会に否定された京大の林愛明教授の「論文は、熊本地震を引き起こした断層のずれが、阿蘇山の直下にあるマグマだまりによって妨げられた可能性があるとの内容。もしマグマだまりがなければ、被害がより広範囲になった恐れがあると分析していた」ものです。正しかった!? 

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>(関連★②) 京大の林教授は、断層滑りは阿蘇山のカルデラの中でも観測された、と現地調査で突き止めています。それを調査委は「カルデラの外側で止まった」と。なんか変ですね! ⇒ 参考 

Screenshot22880

 

 http://temblor.net/earthquake-insights/2016%E5%B9%B4m7%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E9%9C%87%E3%81%AB%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8F%E3%82%8B%E4%BA%8C%E4%BB%B6%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-8582/ 

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>(関連★③> 大阪大学の地震学者、秦吉弥准教授、退職後「死亡」)の論文(「益城町に臨時の地震計を設置…16日の本震は計測震度6.9という特に大きい揺れ)」も調査委に「不正認定」されました。⇒ 参考


 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42514180V10C19A3AC8000/ 

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>(関連★④> この熊本地震論文「不正」問題で思い出すのは、海底地震計を開発したわが国が誇る地震学者、島村英紀氏(当時北大教授)の逮捕劇です(島村氏は「地震予知に対して批判的であったため国策で起訴された冤罪」と主張)。これも不可解

Screenshot22886

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>(関連★⑤> 島村英紀氏はIWJで<日本に限らず、どの国でも、原発は核兵器を持ちたいために作る」と明言。原発の安全神話を作るために、原子力村が地震学者を抱き込んでいる実態にも言及>しました。⇒ こちら

Screenshot22884


 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/299324

          *

<岩田清さんが「熊本地震・論文」「不正」結論を批判>(関連★⑥> 「熊本地震」の際は、カルデラ噴火の危険性や、川内原発の脆弱性が指摘されました。地震学は原発に奉仕するものであってはなりません。それにしても、秦吉弥・元阪大順教授はまだお若いのに、なぜ「死亡」?

Posted by 大沼安史 at 04:56 午後 |

2019-04-06

〔フクイチ・グローバル核惨事〕◎ 放射性廃棄物の数千年に及ぶ寿命を、原子へのレーザー照射で「数分」に短縮して無害化の可能性/ 原子核を「空手(カラテ)」のように突いて猛攻し安定原子に変換/ ノーベル物理学賞(2018年)を受賞したフランスの物理学者、ジェラルド・ムル(Gérard Mourou)博士が、田島俊樹教授(カリフォルニア大学アーバイン校)とともに挑戦 /「実現まで数年かかるかも知れないが……」ムル博士インタビューがフランスの原子力セクターに興奮広げる ◎ ブルームバーグが報道

  「グリーンピース」の科学者も、(安易な地下埋設処分に頼らず)「たとえ数十年かかろうとも実現を待つべきだ。科学にチャンスを与えよう」と賛意!

   フクイチの安易な汚染水・太平洋垂れ流し処分も、もってのほかだ!

          *

  日本政府(安倍政権)も、辺野古の埋め立てや、イージス・アショアなど米国製兵器爆買いの愚策を止め、こうした研究部門への支援を含む、フクイチ核惨事、あるいは原発廃炉など「脱原発」の挑戦に対し、真正面から立ち向かうべきだ!

………………………………………………………………………………………

 

Screenshot22806 Screenshot22807 Screenshot22810

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ブルームバーグ Zapping Nuclear Waste in Minutes Is Nobel Winner’s Holy Grail Quest 
 (4月2日付) ⇒ こちら 
   https://www.bloomberg.com/graphics/2019-nuclear-waste-storage-france/

………………………………………………………………………………………

 ・ Gerard Mourou—one of the three winners of the 2018 Nobel Prize for Physics—claims that the lifespan of radioactive waste could potentially be cut to minutes from thousands of years. Although Mourou, 74, is quick to say that the laser option for nuclear waste that he and Irvine, California-based Professor Toshiki Tajima are working on may be years away, its promise has created a flurry of excitement for the sector in France


 ・ ‘Like Karate’ The process he and Tajima are working on is called transmutation, which involves changing the composition of an atom’s nucleus by bombarding it with a laser. “It’s like karate—you deliver a very strong force in a very, very brief moment,” said Mourou, wearing the golden pin of the Nobel Prize on his lapel.


 ・ Mourou and Tajima want to create a high-speed laser-driven accelerator to produce a beam of protons that can penetrate atoms. The idea is to shrink the distance the beam would have to travel by 10,000 times, avoiding the impracticability of current accelerators.

 ・ That’s short-sighted, said Bernard Laponche, a physicist who co-signed Greenpeace’s report this year on nuclear waste and who opposes any plan to put the toxic material deep in the ground.

 “Even if it means waiting for many more years, dozens of years, we should wait,” he said in an interview. “We must give science a chance.”

………………………………………………………………………………………

 ◎  関連 スプートニク(日本語) 2018年ノーベル物理学賞を受賞したフランス人のジェラール・ムールー氏は、特別なレーザー装置を使用することによって、核廃棄物の放射能の分解期間を数千年から数分に短縮することを提案している。ブルームバーグが報じた。
 (5日付)⇒ こちら
   https://jp.sputniknews.com/science/201904056106183/?fbclid=IwAR0UsDly6hlSvTr0HQ6hi6g6DBdqldER-jvJ7TNR3WuTj1RCr00QbaOZY3A    

 

Screenshot22808

………………………………………………………………………………………         

 ◎ ジェラール・ムル氏 Wiki(日本語)⇒ こちら
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%AB

 

Screenshot22809

Posted by 大沼安史 at 03:38 午後 |

〔フクイチ・グローバル核惨事の今〕◎ アラスカ沖、ベーリング海で、フクイチ放射能・海水汚染がさらに進行(2017年夏=1.8ベクレル立方㍍が2018年同に2.4ベクレル同に) ◆ 海水のサンプル取水をしていたのは、地元セントローレンス島のガンベル先住民村のエディー・ウンゴット村長だった! 「日本からの潮の流れが来ることを知っていた。だからボランティアで採水を始めた」◆ アラスカ北部海域でも採水検査の動き ★ 日本政府・東電は島の村民に謝罪するべきだ!

Screenshot22802 Screenshot22798

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ フェアバンクス・デイリーニュース・マイナー Fukushima-related radiation found in Bering Sea samples
 (3月27日付)⇒ こちら
  http://www.newsminer.com/news/alaska_news/fukushima-related-radiation-found-in-bering-sea-samples/article_04a08468-50fb-11e9-9c40-2fc56b0ef2b4.html


………………………………………………………………………………………

 ・ “I knew that those Japanese currents would come to our waters, and so that’s why I volunteered to do the testing,” Eddie Ungott, a resident of Gambell, said in a University of Alaska Fairbanks news release Wednesday.

 Ungott was president of the tribal government at the Native Village of Gambell when he began testing the water off the shore of St. Lawrence Island. He is still a resident today.

          *

 ・ Sheffield, an associate professor with UAF’s college of fisheries and ocean sciences, has been working with Ungott for years, sending kits out to test the water in the area and then sending them on to the Center for Marine and Environmental Radiation.

 “I’d really say this was a very collaborative effort,” Sheffield said. “He and I were just two people working together to try and find this needle in the haystack.”


 The center was looking for Cesium-134 and Cesium-137, but with such a short half-life on Cesium-134, Sheffield said it was unlikely to be traced in the environment eight years after the power plant disaster.

 The levels of Cesium-137 measured off of St. Lawrence Island are not considered a health concern, according to state epidemiologists, but Ungott is hoping for more testing.

 “We need to know if our marine mammals that we hunt are catching some of this stuff or not,” he said, in the university’s news release.

 Sheffield said further conversation about the effects of the Fukushima Power Plant on the Bering Sea could be warranted due to the subsistence lifestyle at St. Lawrence Island being heavily dependent on the ocean.

 “Certainly people further north would be very interested to see, to start monitoring this,” she said.


………………………………………………………………………………………

 ◎ 2019-03-30 〔フクイチ・グローバル核惨事〕◇ フクイチ発「放射能汚染地下水・核燃接触温排水・ホット海洋プルーム 」拡大 /(ネットで話題になると)海上保安庁が21日に「調整」フクイチ放出温排水の「赤」ゾーン、消える / しかし、フクイチ沖から北西に「赤い高温海水域」、広大な広がりで拡散 ◆ アラスカ・ベーリング海のフクイチ発セシウム137海水濃度(下がるどころか、逆に)上昇 ★ 「凍土遮水壁」ブロック破綻? 太平洋死の灰汚染深刻化
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/03/post-520b.html

Posted by 大沼安史 at 02:26 午後 |

[フクイチ・ユーチューブ](2019/4)6日午前1時21‐24分 TBS/JNNカメラ  3/4号機排気筒最上部ズームも記録しました。噴いているようです


 ⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=X5BwBe5mmSc

………………………………………………………………………………………

Screenshot22793 Screenshot22792 Screenshot22791 Screenshot22794

………………………………………………………………………………………

◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら
  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-9696.html

Posted by 大沼安史 at 01:40 午前 |

[フクイチ・ユーチューブ](2019/4)5日午後11時‐58分 激しい噴き上げ とくにTBS/JNNカメラの画面が激しく発光

 ⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=EPhpaXxcubU

………………………………………………………………………………………

Screenshot22782 Screenshot22783

 

………………………………………………………………………………………

◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-fd98.html

Posted by 大沼安史 at 12:34 午前 |

2019-04-05

〔フクイチ・グローバル核惨事〕◆ 北欧ノルウェーのSolaで、3月15~22日ごろ、コバルト60のスパイクを観測 / セシウム137も同時期にハネ上がる ★ 北欧はフクイチ・プルームの欧州最前線。これまでもコバルト60は2018年の春などに検出されていた。フクイチ断続的再臨界を疑うべきだ。放置すべきではない。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ Allegedly Apparent Blog  Here’s to Springtime Cobalt-60 spikes!
 (4月9日付) ⇒ こちら https://allegedlyapparent.wordpress.com/2019/04/04/heres-to-springtime-cobalt-60-spikes/
………………………………………………………………………………………

Screenshot22776 Screenshot22771

………………………………………………………………………………………

Screenshot22775

 

………………………………………………………………………………………

(関連)  ◎ 『週刊現代』 原発から60km人口29万福島市内が危ない 異常な量の放射性物質を検出 ★ 公園でコバルト60を検出 
 (2011年6月21日)⇒ こちら  https://gendai.ismedia.jp/articles/-/9034


 ・……この公園で検出された核種だった。セシウム134、セシウム137に加え、コバルト60が検出されたことを、測定器は示していた。
 「コバルト60は自然界に存在しない人工の放射性物質で、半減期が5・3年と長い。60km離れた福島市で検出されたことは、原子炉のメルトダウンによって一定量のコバルト60が放出されたことを証明する、重大な事実です」(原子力工学が専門の九州大学特任教授・工藤和彦氏)


          *

 ◎  <本ブログ既報>

  ① 2018-08-16〔東電グローバル原子力大災害 関連?〕◇ フクイチ・放射能プルームが北極経由で流れる北欧のフィンランド南部、コトカ(Kotoka)のモニタリングポストで、ことし2018年の春、臨界マーカーのヨウ素131をはじめ、中性子によるコバルト60、さらにはジルコニウム95といった極めて稀な人工核種を検出! ―― ◎ 在米ベルギー人MPウォッチャーが突き止める ★ 7月初めにはチェコ南部のMPで、2,000,000 Bq/m3 of Cesium-137のスパイクを観測している! 放出源がフクイチでなければよいが……
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/08/kotoka2000000-b.html

          *          

  ② 2018-06-22 〔東電グローバル原子力大災害〕◇ ニオブ(Nb)95(半減期35.5日)のほか、コバルト60なども検出 ―― 欧州各地のモニタリング・ポストで突然のスパイク! / 米国のフクイチ・ウォッチャーらが、穴あけ作業が進む「フクイチ2号機」からのプルームが(ジェット気流で)ヨーロッパ各地に到達しているのではないかの可能性の指摘も!★ ガンマ線のスパイクを検出後、なぜかモニタリングを停止している観測ポストが続出している。ブラックアウトかも? 要警戒です。
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/06/nb-04e9.html

          *

  ③ 2017-05-30〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 放射能雲、漂う、欧州、「うるわしき5月」の空! ◆ 北欧フィンランドで、ルテニウム103、ニオビウム95、コバルト60など検出! オランダやイタリアで全ベータ線核種のスパイクを確認!―― ◎ ベルギー人ブロッガーが「米ハンフォードのトンネル事故とは無関係」……「これはフクイチからのものなのか? 残念ながら、そうだ!」 ★ 「フクイチ」ではどうやら「地下再臨界」が活発化している。「G7タオルミーナ・サミット」とでも、隠れた重要議題」になった可能性がある。 
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/05/post-d268.html

          *

  ④ 2016-06-02〔フクイチ核惨事 6年目の夏〕◆ 5月はじめ、ノルウェーの2地点で、フクイチ由来とみられる「コバルト60」を検出! 「セシウム137」の上昇と同時に! ◎ ベルギー出身、米国在住のリサーチャー、マイケル・ヴァン・ブレークホーベンさんがブログで国際社会に警告! ◆ フクイチは「チャイナ・シンドローム全開(in full-on ‘China Syndrome’)」 ―― 数百~数キロの深さに達し帯水層と接触、「深部水蒸気爆発」を続けている疑い! 
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/06/in-full-on-chin.html

          ◆

 ◎ 2012-03-27 〔ENEニュース〕 ★★★ アーニー・グンダーセン氏 訪日の際、東京首都圏で採取した土壌サンプルの全てから 米国の「放射性廃棄物基準」の放射能を検出 東京で花を摘むのに放射性廃棄物並みの土にかがみ込まなければならない 最大1481ベクレル/キロのコバルト60も検出 鎌倉ではなんとウラン235を!
 ⇒ こちら http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/03/gundersens-late.html

Posted by 大沼安史 at 05:06 午後 |

2019-04-04

〔フクイチ・メガ核惨事〕◎(2019/4)3日深夜に始まった「フクイチ雲」(巨大水蒸気塊)の朝8時までに止まる 夜間に放出された「メルトダウン核燃接触地下水(高温温排水)」が「超高温海域」を形成し、そこが発生源??? トリチウム霧? ◆ 海上保安庁・海洋速報 表面水温の偏差 2019年4月4日までのアニメ 「フクイチ雲」と関連か? 

 ◎ 気象衛星動画(ユーチューブ)⇒ こちら
    https://www.youtube.com/watch?v=btt--jxek6I

 

Screenshot22725

 


………………………………………………………………………………………

 ◎ 海上保安庁・海洋速報 表面水温の偏差 2019年4月4日まで30日間のアニメ(ユーチューブ)
   ⇒ こちら 
   https://www.youtube.com/watch?v=QOaCMfD0kNY

    (※ 3月21日の「調整作業」のあと、フクイチ放出部分の「赤表示」、なぜか消滅です)

Screenshot22727

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………

 ◆ 関連 2019-04-04〔フクイチ・グローバル核惨事〕(2019/4)3日深夜から、フクイチ発の「雲」が噴出、4日未明にかけ、拡大しながら、太平洋に流れる 「水蒸気」と判明 / 気象庁の気象衛星がとらえる(動画/連続静止画)★ フクイチで何が起きているのか?
 ⇒ こちら (過去のユーチューブ記録のリンクもこちらに)
 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-fd98.html

Posted by 大沼安史 at 01:42 午後 |

〔フクイチ・グローバル核惨事〕(2019/4)3日深夜から、フクイチ発の「雲」が噴出、4日未明にかけ、拡大しながら、太平洋に流れる 「水蒸気」と判明 / 気象庁の気象衛星がとらえる(動画/連続静止画)★ フクイチで何が起きているのか?


 ◎ 気象衛星動画(ユーチューブに記録 ) ⇒ こちら
     https://www.youtube.com/watch?v=F9pcwfSGAJA

 

Screenshot22707 Screenshot22708 Screenshot22709

          

………………………………………………………………………………………

 ◎ 連続静止動画(気象協会) ⇒ こちら
    https://tenki.jp/satellite/japan-east/

 

Screenshot22701 Screenshot22702 Screenshot22703 Screenshot22704

 

 

 

………………………………………………………………………………………

 ◎ 衛星・水蒸気写真 (4日午前4時現在)

 

Screenshot22710 Screenshot22711 Screenshot22712

 

 

………………………………………………………………………………………

 ◎ 東電ライブカメラ1号機側 動画記録 4日午後4時41~45分
   ユーチューブ ⇒ こちら 
      https://www.youtube.com/watch?v=bIV3r-9lqyA

 

Screenshot22713

 

 


………………………………………………………………………………………

 ◎ [フクイチ・ウオッチング](2019/4)3日深夜 午後11時50分過ぎ(54:39)◆ ダブルスパークです その少し前(53:03)にも、2号機の「屋上付近(から)」 

 

Screenshot22687 Screenshot22685

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………

◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら
    http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-5f4b.html

Posted by 大沼安史 at 05:31 午前 |

2019-04-03

[フクイチ・ユーチューブ](2019/4)3日午後 ◇ 雲が緑っぽい青紫などに変色しながら縮小/消失 ◆ 「黒い閃光?」を2度確認! 日中の「黒い閃光?」は、初めてです

    ①午後1時50~54分 
 雲が緑っぽい青紫などに変色しながら縮小/消失です ◎ 1時54分50秒 「黒い閃光?」出現
 ⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=pIEq3HM7gJk


 ②午後2時01~11分  ◎ 雲が変色/縮小/消失 2時03分47秒 「黒い閃光?」出現
 ⇒ こちら https://www.youtube.com/watch?v=f2QPRWsvlhU

………………………………………………………………………………………

 

 ①の「黒い閃光?)」です

 

Screenshot22674 Screenshot22675

 

   

 

………………………………………………………………………………………

 ②の「黒い閃光?)」です

 

Screenshot22676 Screenshot22677

 

………………………………………………………………………………………

 

Screenshot22678 Screenshot22680

………………………………………………………………………………………

 ◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら 
  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-2445.html

Posted by 大沼安史 at 04:15 午後 |

[フクイチ・ユーチューブ](2019/4)3日午前0時59~1時09分  午前1時をすぎたころから噴き上げが一段と激しくなったようです。

⇒ こちら

 https://www.youtube.com/watch?v=2hCWq9wLGL8

 

………………………………………………………………………………………

 

Screenshot22661

◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら 
 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-27d6.html

Posted by 大沼安史 at 01:37 午前 |

2019-04-02

[フクイチ・ユーチューブ](2019/4) 2日午後1時41~44分 雲が消えてゆく 中性子線・ウィグナー効果! ? (作業ではなく、雲の流れに注目です)

⇒ こちら  https://www.youtube.com/watch?v=3yPM7A9qOEg

          *

  3月28日にも、同じような現象がみられました ⇒ こちら 
 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/03/post-b00b.html

………………………………………………………………………………………

 

Screenshot22648

 

◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら 
 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/04/post-b4ab.html

Posted by 大沼安史 at 03:52 午後 |

〔フクイチ・グローバル核惨事〕◇「日本政府は、医師に患者と被曝や被曝症状を話し合うなと言っている。診療報酬、出ないかも、と」 ◆「フクシマでオリンピック競技を……想像を絶する」「それは安倍がフクシマの本当の意味をボカしたいからだ」◆「産地がどこか分からないなら、日本の食べものは全部、食べてはいけない」――◎ ノーベル賞受賞の反核女医、ヘレン・コルデイコットさんが「フクシマ8周年インタビュー」で痛烈批判 ★ 「東京五輪」へ向け、安倍政権の隠蔽に批判が噴き出していく!

Screenshot22625

………………………………………………………………………………………

 ◆ 安倍政権による「隠蔽」で、「究極の医療カタストロフが起きている」と警告

Screenshot22622

 

 

〔★は大沼〕 ◎ Fukushima: “An Ongoing Global Radiological Catastrophe”. “A Huge Coverup”. Dr. Helen Caldicott Transcript of 8th anniversary interview with Dr. Helen Caldicott
 (3月21日付)⇒ こちら 

 https://www.globalresearch.ca/fukushima-an-ongoing-global-radiological-catastrophe-a-huge-coverup-dr-helen-caldicott

………………………………………………………………………………………

 ・ The Japanese government has told doctors that they are not to talk to their patients about radiation and illnesses derived thereof, and in fact if the doctors do do that, they might lose their funding from the government. The IAEA, the International Atomic Energy Agency interestingly set up a hospital – a cancer hospital – in Fukushima along with the Fukushima University for people with cancer, which tells you everything.

 So there’s a huge, huge cover up. I have been to Japan twice and particularly to Fukushima and spoken to people there and the parents are desperate to hear the truth even if it’s not good truth. And they thanked me for telling them the truth. So it’s an absolute medical catastrophe I would say, and a total cover up to protect the nuclear industry and all its ramifications.

 ・ May I say that parts of Tokyo are extremely radioactive. People have been measuring the dirt from rooves of apartments, from the roadway, from vacuum cleaner dust. And some of these samples, they’re so radioactive that they would classify to be buried in radioactive waste facilities in America. So, that’s number one.

 Number two, to have the Olympics in Fukushima just defies imagination. And uh, some of the areas where the athletes are going to be running, the dust and dirt there has been measured, and it’s highly radioactive. So, this is Abe, the Prime Minister of Japan, who set this up to – as a sort of way to obscure what Fukushima really means. And those young athletes, you know, who are – and young people are much more sensitive to radiation, developing cancers later than older people – it’s just a catastrophe waiting to happen.

 ・ Yes. Do not eat any Japanese food because you don’t know where it’s sourced. Do not eat fish from Japan, miso, rice, you name it. Do not eat Japanese food. Period. Um, fish caught off the west coast of Canada and America, well, they’re not testing the fish so I don’t know what you’d do. Um, I mean, most of it’s probably not radioactive but you don’t know because you can’t taste it.

 

Posted by 大沼安史 at 12:46 午後 |

2019-04-01

[フクイチ・ユーチューブ](20193) 3月31日 「新元号」前夜 午後6時43~7時00分  TBS/JNNカメラ 「4号機」も噴いているようです

⇒ こちら

  https://www.youtube.com/watch?v=M6h--cuUkj0

………………………………………………………………………………………

Screenshot22590 Screenshot22590 Screenshot22589

 

◎ ユーチューブ フクイチ動画リストは こちら  
  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2019/03/post-7f03.html
 

Posted by 大沼安史 at 10:58 午前 |