« 〔フクイチ・メガ核惨事〕(NHK)◎ 福島第一原発 廃炉でさら地にするか 現段階で決められず 廃炉推進カンパニーの小野明代表:普通の原発で行われる廃炉は、原子炉建屋などを解体してさら地にすることになっているものの、福島第一原発は状況が違うと説明 / 「福島第一原発の最後の姿は振れ幅が大きすぎて今の段階で思い描くことが非常に難しい」 | トップページ | [フクイチ・ユーチューブ](2019/) 3月9日 午前0時01~07分 TBS/JNNカメラ 荒れています 3号機に注目 »

2019-03-08

〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 「去年1月までの1年間の放出量は4億7100万ベクレルほどだったのに対し、ことし1月までの1年間の放出量は9億3300万ベクレルほどに上り、2倍近くに」――NHKが東電{公表」資料をもとに算出 / 東電「1号機のがれきの撤去作業や、2号機の原子炉建屋の放射線量を測る調査にともなう作業での際、放射性物質を含むちりが舞ったからではないか」★ 「釈明」も無責任だ!

 ★ 東電「公表」で,、の数値。実際はどれだけ出ているのか? 

 独立した第三者機関の客観的な測定が急務だ!

………………………………………………………………………………………

 ◎ しかしコレ、実は、おしどりケンちゃんが東電会見での鋭いツッコミで暴露、だそうです
 
https://twitter.com/makomelo/status/1103850984562782209

Screenshot21663

………………………………………………………………………………………

Screenshot21635

Screenshot21636

………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ◎ NHK 福島第一原発 放射性物質の放出量が前年比2倍に
(8日付け) ⇒ 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190308/k10011839681000.html

………………………………………………………………………………………

 (以下、NHKの報道を証用、資料・史料です)

          *

 福島第一原子力発電所から放出されている放射性物質の量についてNHKがまとめたところ、ことし1月までの1年間の放出量が推計で、前の年と比べて2倍近くになっていることがわかりました。放出量は基準値を大きく下回っているものの、東京電力は廃炉作業によって一時的に増えたのが原因ではないかとしています。

 東京電力は8年前の原発事故のあと、1号機から4号機の原子炉建屋から放出されている放射性物質の量について、現在は「対策を講じているので大幅に減ってきている」と説明しています。

 NHKでは、東京電力の公表資料を基に計算したところ、いずれも推計で、去年1月までの1年間の放出量は4億7100万ベクレルほどだったのに対し、ことし1月までの1年間の放出量は9億3300万ベクレルほどに上り、2倍近くになっていることがわかりました。

 これについて東京電力は、1号機のがれきの撤去作業や、2号機の原子炉建屋の放射線量を測る調査にともなう作業での際、放射性物質を含むちりが舞ったからではないかとしています。

 ただ、1時間当たりの放出量は国の基準を基に東京電力が厳しく定めたレベルを大きく下回っているということで、東京電力は「8年間の大きなトレンドでは減少傾向だが、廃炉作業によって一時的に増えたのが原因とみられる。放射性物質が広がらないよう対策を講じたい」としています。

Posted by 大沼安史 at 09:49 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 「去年1月までの1年間の放出量は4億7100万ベクレルほどだったのに対し、ことし1月までの1年間の放出量は9億3300万ベクレルほどに上り、2倍近くに」――NHKが東電{公表」資料をもとに算出 / 東電「1号機のがれきの撤去作業や、2号機の原子炉建屋の放射線量を測る調査にともなう作業での際、放射性物質を含むちりが舞ったからではないか」★ 「釈明」も無責任だ!: