« 〔ニューヨーク・タイムズ・マガジン〕◎ 暮らせる賃金(living wage)は鬱になるを防ぎ、安眠をもたらし、ダイエットにもつながり、ストレスをとってくれる。それどころか、結果的に、10代での妊娠さえ回避できる……◇ 「最低賃金15ドル(への引き上げ)は、よりましな生活をもたらしただけではなかった。それは人びとの人生を救った」◇ 米国では自治体が最低賃金を決めている。シスコ近くのエメリーヴィルでは、ことし7月から時給15ドルを「16ドル(1769円)」に引き上げ!★ 日本も見習うべきだ!  | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ (日テレ24) 原発事故から8年“巨大煙突”倒壊の恐れも »

2019-02-28

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 福島県(庁)で、「東京オリンピック」ボランティアの応募、低調 ◇ 共同電(英文電)が国際社会に現実告知 ★ 目標1500人。東電は311当日、社員の家族だけバスで逃がしたせめてもんの罪滅ぼしに、社員をボランティアとして派遣するべきでは? 経産省の「正職員」も、償いボランティアとしてフクシマ入りすべきだ!

Screenshot21327

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 共同通信(英文電 ジャパン・タイムズ掲載) Disaster-hit Fukushima still short of volunteers for 2020 Games
 (2月23日付け)⇒ 
https://www.japantimes.co.jp/news/2019/02/23/national/disaster-hit-fukushima-still-short-volunteers-2020-games/#.XHdAJ7knbbh 

          *

 ◎ 河北新報 <東京五輪>都市ボランティア足りない 福島県、応募が目標の2割 業務が「地味」?

(1月19日付け)⇒ https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190119_61018.html
 
          *

 ◎ NHK福島 ボランティア確保難航で呼びかけ
 (2月27日付け)⇒ 
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190227/6050004546.html

………………………………………………………………………………………

 ◇ NHK報道全文(資料・史料用です)

          *

 来年の東京オリンピック・パラリンピックで観光客などをもてなす「都市ボランティア」の募集の締め切りが28日に迫る中、定員に達していないことから、県の職員が急きょ、街頭で参加を呼びかけました。

 県内で活動する都市ボランティアは、東京オリンピック・パラリンピックの期間中、1日5時間程度活動できる日が3日以上あることなどを条件に、去年12月から募集が始まりましたが、27日午前10時時点での応募は1368人で、定員の1500人に達していません。

28日の締め切りを前に、JR郡山駅前の広場では、県の職員3人が通勤や通学で駅を利用する人たちに、応募用紙を挟んだパンフレットを配って参加を呼びかけました。

 都市ボランティアは、野球とソフトボールの一部の試合が行われる福島市の県営あづま球場周辺や、東京都が被災地応援としていわき市と会津若松市で行う、パブリック・ビューイングの会場などで活動します。

 応募の伸び悩みを受けて、県は今月中旬から急きょ、県内12の企業や専門学校を訪問し、協力を呼びかけるなどして、目標の1500人の確保をめざしています。

 県オリンピック・パラリンピック推進室の堀江正樹主任主査は、「一緒にオリンピックやパラリンピックを盛り上げてもらえるよう、最後まで諦めずに参加を呼びかけていきたい」と話しています。
都市ボランティアの応募は28日まで、インターネットの県の特設サイトやファックス、郵送で受け付けています。

          *

Screenshot21323

Screenshot21322

Posted by 大沼安史 at 11:36 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 福島県(庁)で、「東京オリンピック」ボランティアの応募、低調 ◇ 共同電(英文電)が国際社会に現実告知 ★ 目標1500人。東電は311当日、社員の家族だけバスで逃がしたせめてもんの罪滅ぼしに、社員をボランティアとして派遣するべきでは? 経産省の「正職員」も、償いボランティアとしてフクシマ入りすべきだ!: