« 〔フクイチ・メガ核惨事 劣化進む現場〕◆ 2019年の年明け 1月になって ◆ 7日午後3時43分ごろ、フクイチだけ激しく揺れる局地地震 ◆ 16日午前11時すぎ 黒煙が噴出 ◆ 24日深夜には月のような半円状のものが出現 ―― ◇ 9日には3・4号排気筒から足場鉄板落下 21日には下請け作業員が意識不明になり死亡 ★ メルトスルー溶融核燃が地下マグマ化し、フクイチは核地獄と化しているのではないか! | トップページ | 〔フクイチ・グローバル核惨事〕◆ 「グリーンピース」が安倍政権、東電が狙う「フクイチ放射能汚染水・太平洋投棄処分」に関し、国連の「国際海事機関」(IMO)に対処を求める / 日本政府内の、死の灰除去テクノロジー開発放棄を決めた同じ「タスクフォース」が、垂れ流し処分を提起していると批判 ★ 陸上発生廃棄物の海洋投棄を規制する「ロンドン条約」に違反する行為は、日本を「放射能ならず者国家」に堕してしまう、空前絶後の愚挙である! »

2019-02-02

〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 2号機原子炉建屋・最上階の放射線量、1時間あたり148シーベルト ☆ 作業員の年間被曝量の上限は50ミリシーベルト ★ ということは、3時間で限度を突破する恐ろし放射能地獄 これについてNHKは例によって、東電は除染などで放射線量を低減させたうえで、2023年度をめどに核燃料の取り出しを始める計画です」 作業が不可能なところで、どうやって除染ができるのか?

Screenshot20585

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ NHK 福島放送局 福島 NEWS WEB  原子炉建屋 依然高い放射線量
 (1月31日付)⇒ 
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190131/6050004239.html 

………………………………………………………………………………………

Screenshot20579

Screenshot20586

Screenshot20580

Screenshot20582

………………………………………………………………………………………

 ◎ NHKは記事を速攻で削除するので、未来の歴史家やジャーナリストのために、記事本文を以下に記録します。

          *

 福島第一原子力発電所2号機の使用済み燃料プールに残された核燃料の取り出しに向け、作業が行われる原子炉建屋の最上階の放射線量が最大で1時間当たり148ミリシーベルトだったことがわかり、東京電力は、依然として放射線量の値が高いとして、除染などに取り組むとしています。

 福島第一原発2号機の原子炉建屋の最上階にある使用済み燃料プールには615体の核燃料があり、東京電力は、地震などによるリスクを下げるために、核燃料を取り出し、別の場所に移すことにしています。

 核燃料の取り出しに向けては、原子炉建屋上部の解体なども行う計画で、その方法を検討するためには建屋の中の放射線量を詳しく調べる必要があり、東京電力が調べた結果、原子炉の真上にあたる場所が最も高く、1時間あたり148ミリシーベルトだったということです。

福島第一原子力発電所2号機の使用済み燃料プールに残された核燃料の取り出しに向け、作業が行われる原子炉建屋の最上階の放射線量が最大で1時間当たり148ミリシーベルトだったことがわかり、東京電力は、依然として放射線量の値が高いとして、除染などに取り組むとしています。

福島第一原発2号機の原子炉建屋の最上階にある使用済み燃料プールには615体の核燃料があり、東京電力は、地震などによるリスクを下げるために、核燃料を取り出し、別の場所に移すことにしています。
核燃料の取り出しに向けては、原子炉建屋上部の解体なども行う計画で、その方法を検討するためには建屋の中の放射線量を詳しく調べる必要があり、東京電力が調べた結果、原子炉の真上にあたる場所が最も高く、1時間あたり148ミリシーベルトだったということです。
事故の翌年、7年前にほぼ同じ場所で行われた調査では、最大で1時間あたり880ミリシーベルトあり、6分の1程度に低下しています。
ただ、作業員の被ばく量の上限は、最大で1年間に50ミリシーベルトなどと定められているため、人が立ち入って作業を行うのは難しい状況です。
東京電力は、調査結果を踏まえ、除染などで放射線量を低減させたうえで、2023年度をめどに核燃料の取り出しを始める計画です。

Posted by 大沼安史 at 09:13 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/67655332

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 2号機原子炉建屋・最上階の放射線量、1時間あたり148シーベルト ☆ 作業員の年間被曝量の上限は50ミリシーベルト ★ ということは、3時間で限度を突破する恐ろし放射能地獄 これについてNHKは例によって、東電は除染などで放射線量を低減させたうえで、2023年度をめどに核燃料の取り出しを始める計画です」 作業が不可能なところで、どうやって除染ができるのか?: