« 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ NHK 福島 NEWS WEB  ◆ 安倍政権がモニタリングポスト撤去方針を示した住民説明会が年末に終了 「国は、反対意見が相次いだことから、方針の見直しも含めて検討することにしています」と、NHKがいつもの「判じ物」報道 ★ 「国は」「国は」――「住民」が「主語」にどうしてならないのですか?  | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕◎ フクイチは「セメントに水を入れてミルク状にしたものを圧力ポンプを通して地盤の弱い部分に圧入固結するセメント注入工法」による「地下トンネル・コンクリ包みこみ」方式でアンダーコントロールできる! ―― ◎ チェルノブイリの際、ソ連側の求めで地下トンネル工法をアドバイスし、溶融核燃地下水汚染の回避に成功した、わが国が誇る地質工学エンジニア、江口工(たくみ)博士が提言! ◇ 20キロ圏の常磐道と国道6号は通行車両被曝回避で地下トンエル化 »

2019-01-10

〔フクイチ・核惨事〕◆ NHK福島ローカル ◇ 2号機で原子炉注水ポンプが2台、同時停止 「1分間にわたって溶融核燃の冷却が止まる」★ 東電が「調査中」だと……どうして福島県庁、原子力規制委は「原因」を調べにいかないのか? 問題は「タンク」からの汚染地下水漏水が、どれだけの期間、続き、どれでけの量がまき散らされていたか、だ!

  1号機と2号機の原子炉に注水を行う水源のタンクを変更する操作をしていたところ、2号機側に水を送り込んでいたポンプで圧力が低下する異常が発生――とは、どういうことなのか?

 「貯水タンク」が先の局地地震で破損し、「漏水」が発生した、ということではないのか? 

 汚染地下水は高濃度で放射能に汚染されている。

 それがまき散らされた?

 そうなると、2号機周辺の放射能汚染はかなり深刻なはずだ。

 2号機で何が起きているのか?

………………………………………………………………………………………

Screenshot19808_2

 

 

………………………………………………………………………………………

  〔★は大沼〕  ◎ NHK 福島 NEWS WEB 2号機注水止まり1分間冷却停止
 (01月08日 19時48分) ⇒ 
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190108/6050003990.html?fbclid=IwAR2i0t1t62jYZTjLlT28tWVAaVYjfxlMPTst1KxCwicfF2zaKhyiQiu_6Zw

………………………………………………………………………………………

8日午前、東京電力福島第一原子力発電所の2号機で原子炉への注水を行う2台のポンプが同時に停止しておよそ1分間にわたって、溶け落ちた核燃料の冷却が止まるトラブルがありました。

復旧後の注水量や原子炉の温度などに問題はないということですが、東京電力がポンプが停止した原因を調べています。

東京電力によりますと、8日午前、福島第一原発1号機と2号機の原子炉に注水を行う水源のタンクを変更する操作をしていたところ、2号機側に水を送り込んでいたポンプで圧力が低下する異常が発生しました。

このため、もう1台あるポンプに切り替える操作をしようとしましたが、こんどは圧力が高まる異常が発生し、2台のポンプが同時に停止したということです。

東京電力の社員がすぐにポンプを再起動させましたが、およそ1分間にわたって原子炉に溶け落ちた核燃料を冷却できない状態となりました。

復旧後の原子炉への注水量や核燃料が溶け落ちている底の部分の温度に問題はないということですが、東京電力は、2台のポンプで圧力の異常が発生した詳しい原因を調べています。

Posted by 大沼安史 at 12:05 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・核惨事〕◆ NHK福島ローカル ◇ 2号機で原子炉注水ポンプが2台、同時停止 「1分間にわたって溶融核燃の冷却が止まる」★ 東電が「調査中」だと……どうして福島県庁、原子力規制委は「原因」を調べにいかないのか? 問題は「タンク」からの汚染地下水漏水が、どれだけの期間、続き、どれでけの量がまき散らされていたか、だ!: