« 〔ニッポン原子力帝国〕◇ 「りそな」が「核兵器を開発・製造・所持する企業に対して融資を行わない方針を公表」 ◇ 三菱UFJFGは「個別取引ごとに慎重に判断している」 ★ 日本国内における核兵器の生産を裏付けるものではないか? 「りそな」のこの決定の背後にあるものは何か?   | トップページ | 〔フクイチ・核惨事〕◆ NHK福島ローカル ◇ 2号機で原子炉注水ポンプが2台、同時停止 「1分間にわたって溶融核燃の冷却が止まる」★ 東電が「調査中」だと……どうして福島県庁、原子力規制委は「原因」を調べにいかないのか? 問題は「タンク」からの汚染地下水漏水が、どれだけの期間、続き、どれでけの量がまき散らされていたか、だ! »

2019-01-06

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ NHK 福島 NEWS WEB  ◆ 安倍政権がモニタリングポスト撤去方針を示した住民説明会が年末に終了 「国は、反対意見が相次いだことから、方針の見直しも含めて検討することにしています」と、NHKがいつもの「判じ物」報道 ★ 「国は」「国は」――「住民」が「主語」にどうしてならないのですか? 

 ★ まともな報道機関であれば、以下のようなリードの記事を書き、報じるはずです。

 安倍政権が進めようとした被曝地モニタリンポストの撤去計画に対し、福島県民は昨年末で終わった住民説明会で、反対の意志表示をした。この結果、政権は撤去強行に踏み切れず、「方針見直しを含め検討」などと様子見の態度でいる。

………………………………………………………………………………………

Screenshot19685


………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ NHK 福島 NEWS WEB / モニタリングポスト撤去方針で検討 01月05日 19時19分
 ⇒ 
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190105/6050003962.html

………………………………………………………………………………………

 原発事故のあとの放射線量を測定するため、県内に設置されたモニタリングポストの大部分を撤去する国の方針をめぐり、住民への説明会が年内に終わりました。

 国は、反対意見が相次いだことから、方針の見直しも含めて検討することにしています。

 国は去年の春、県内の学校や保育所などに設置されたモニタリングポストおよそ3000台のうち、原発周辺の12市町村を除いた地域にあるおよそ2400台を2021年3月までに撤去する方針を示しました。

 この方針に対し、自治体や住民から反対の声が多くあがったため、国は希望があった16の市町村で、去年11月までに住民説明会を開催しました。

 説明会でも、住民からは撤去は時期尚早などと反対する意見が相次ぎ、国はことし3月までに、住民の意見を原子力規制委員会に報告することにしています。

 そのうえで、2021年3月としていた撤去完了の時期を遅らせるなど方針の見直しも含めて、原子力規制委員会と検討を進めることにしています。

 国は来年度、これまでと同じ規模のモニタリングポストを維持できる6億円の予算を計上していて、撤去の時期や対象について議論がどのように進むか、注目されています。

Posted by 大沼安史 at 09:58 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/67562086

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ NHK 福島 NEWS WEB  ◆ 安倍政権がモニタリングポスト撤去方針を示した住民説明会が年末に終了 「国は、反対意見が相次いだことから、方針の見直しも含めて検討することにしています」と、NHKがいつもの「判じ物」報道 ★ 「国は」「国は」――「住民」が「主語」にどうしてならないのですか? :