« 〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ フクシマは(人間の)こどもたちや(五輪)アスリートたちには「安全」なところだが、サルたちには「安全ではない」―― 国連特別報告者がこどもたちを帰還させるなと言い、現地のニホンザルには血液の異常など被曝異変がみられているのに! ◎ マジア・ナデサン米アリゾナ州立大教授が批判 ★ どうしてアスリートやこどもたちに対して、検査(血液・頭のサイズなど)を実施しないのかと、マジアさんは問題提起している。 | トップページ | 〔ニッポン原子力帝国の黄昏〕◆ 廃炉作業中の新型転換炉「ふげん」(福井県敦賀市)の使用済み核燃料だけでなく、新たに茨城県東海村の再処理施設にある265体もフランス・ラアーグへ搬出 計731体 プルトニウム取り出し / 国立研究開発法人「日本原子力研究開発機構(原子力機構)」 ★ 国内処理が不可能な状態になっている、ということか? フランス側に足元をみられ、法外な処理・保管費を要求されることだろう! »

2018-12-09

〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 国会事故調の黒川清元委員長が7日、衆院原子力問題調査特別委員会で、「調査報告書をまとめて6年がたつが、将来を見据え、国会がどういう方向を向いて、何を打ち出すか世界中が見ている」と述べ、報告書が求めた「電力会社の監査体制の整備や原子力規制を見直していく仕組みの構築、それに事故の調査を継続する第三者機関を設置、実施計画を作って進捗状況を公表」が無視されていることを厳しく批判! 

Screenshot18428

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ NHK 福島第一原発事故 国会事故調の提言実現に向け実施計画を(2018年12月7日 18時19分)
 ⇒ 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181207/k10011738841000.html

………………………………………………………………………………………

 ★ 以下記事全文(NHKはすぐ消してしまうので、未来世代、後世の歴史家のために以下に保存します)

          *

 東京電力福島第一原発事故の調査を行った国会の事故調査委員会の元委員長らが衆議院の特別委員会に招かれ、元委員長らは、事故調査の継続などを求めた国会事故調の提言の実現に向け、実施計画を策定するよう求めました。

 衆議院の原子力問題調査特別委員会は、国会の事故調査委員会の提言に基づき設置された委員会で7日は、国会事故調の黒川清元委員長など専門家4人が参考人として招かれました。

 国会事故調は報告書の中で、電力会社の監査体制の整備や原子力規制を見直していく仕組みの構築、それに事故の調査を継続する第三者機関を設置することなどを国会に提言し、実施計画を作って進捗(しんちょく)状況を公表するよう求めていますが、具体的な議論は全く進んでいません。

 黒川元委員長は「調査報告書をまとめて6年がたつが、将来を見据え、国会がどういう方向を向いて、何を打ち出すか世界中が見ている」と述べ、提言が守られていないことに苦言を呈しました。

 また、参考人の1人で、事故調の事務局を務めた石橋哲さんは「報告書では、事故の根本的な原因は、自己正当化や責任回避を優先する組織的、制度的な問題であり、これを解決しなければ再発防止は不可能だとしている」と述べ、そのための実施計画を策定するよう強く求めました。

Posted by 大沼安史 at 11:06 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/67465045

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事〕◆ 国会事故調の黒川清元委員長が7日、衆院原子力問題調査特別委員会で、「調査報告書をまとめて6年がたつが、将来を見据え、国会がどういう方向を向いて、何を打ち出すか世界中が見ている」と述べ、報告書が求めた「電力会社の監査体制の整備や原子力規制を見直していく仕組みの構築、それに事故の調査を継続する第三者機関を設置、実施計画を作って進捗状況を公表」が無視されていることを厳しく批判! :