« 2018年9月 | トップページ

2018-10-05

〔東電原子力大災害〕◎ 神奈川県逗子市の下水道終末処理場で9月10日、脱水汚泥から「放射性ヨウ素(I-131)」を1300ベクレル/kg検出 / なんと2011年度以来、最高値 / 過去最高値、2016年6月6日の1200同を上回る ◆ ヨウ素131検出は、ことし2月19日(36同)以来、8ヵ月半ぶり ★ 異常事態ではないか? 《cmk2wl》さんのツイッター報告で調べてみたら、このありさま! フクイチ再臨界、ことし夏から、またも開始?

 ★ 9月3日の脱水汚泥から、いきなり700ベクレル/kgのヨウ素131が検出された。

 この日は放射性セシウム(137)も47ベクレル/kg検出。

          *

 ★ そして9月10日の脱水汚泥から、ついに放射性ヨウ素が1300ベクレル/kgも(セシウム137は100同)。

 9月17日にも400ベクレル/kg(セシウム137は31同)。

………………………………………………………………………………………

Screenshot15664

Screenshot15666

 

………………………………………………………………………………………

Screenshot15661

………………………………………………………………………………………

 ★ 逗子の脱水汚泥からは2011年5月以降、、臨界マーカーといわれる「ヨウ素131」の検出が確認されているが、「311」の年、2011年でも最高値は140ベクレル/kg。

 核惨事7年目のこの記録更新は何を意味するのだろう?

 医療用のヨウ素131使用を差し引いても、かなりの検出値だし、検出が断続的だということも気になる。

 やまり、フクイチは断続的に再臨界しているのではないか?
 ヨウ素131混じりのフクイチ・プルームが断続的に、首都圏・湘南地方を襲い続けている、ということではないか?

 ことし8月ごろから、フクイチ再臨界がまたもや始まっている、ということではないか!

………………………………………………………………………………………

 ★ 下水の汚泥からのヨウ素131検出は、福島県の処理場でも続いてきたが、ことし4月から、検出値の「公表」が、なぜか停止されている。
 

 それだけに、茅ヶ崎での検出値の公開は貴重なものだ。

 茅ヶ崎市では服部信明市長(57)が今月(10月)3日夜、講演中に倒れ、翌4日朝、脳出血のために急死された。
 ⇒ 
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20181004-OYT1T50074.html

          *

 ( 服部市長の急死で、わたしはは 群馬の知人の例を思い出す。駅前で「脱原発」をマイクで訴え終わったところで倒れ、救急車で運ばれた。一命をとりとめたが、脳溢血だった)

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 逗子市下水道終末処理場(逗子市浄水管理センター 逗子市桜山9丁目2448番の4): 下水道終末処理場における汚泥等の放射性物質の測定結果について」
 ⇒ 
http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/gesui/housya.html

 http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/gesui/jyousui/housya-past.html

………………………………………………………………………………………

 ◎ cmk2wl‏ 氏のツイッター報告
  (1日付け) ⇒ 
https://twitter.com/cmk2wl/status/1046907869004673024/photo/1

Screenshot15665

………………………………………………………………………………………

◇ これまでの逗子・処理場における、放射性ヨウ素(I-131)検出状況(単位:ベクレル/kg)

〔2018年度〕◆ 9月3日まで不検出

…………………………………………………
〔2017年度〕◆ 4月24日  26

        ◆ 8月 7日   54
              21日   20

        ◆ 9月11日   13
              25日     27 

        ◆ 11月13日   150
                27日  230

        ◆ 12月 4日   94
               18日   11
    (2018年)

        ◆ 1月29日  750

        ◆ 2月 5日  290
              12日   96
              29日   36  

……………………………………………………          

〔2016年度〕◆ 4月25日   49
        
        ◆ 5月 9日   42
               23日  260

        ◆ 6月 6日 1200
              13日  910
              20日  310
              27日   99

     
        ◆ 7月 4日   32

        ◆ 9月26日   57
            

        ◆ 10月10日   12
            
        ◆ 11月 7日   32
            
    (2017年)
        ◆ 2月13日  140
              27日   23   

……………………………………………………
〔2015年度〕◆ 11月 2日  550
                  9日  220
                 16日   65
                  23日   21
   
    (2016年)
        ◆ 3月14日   18
               22日   11

……………………………………………………
〔2014年度〕◆ 11月10日   20      
    (2015年)
        ◆ 1月19日     87

        ◆ 2月 2日     17

……………………………………………………
〔2013年度〕◆ 4月30日   64

        ◆ 5月 7日   46
              18日   14

        ◆ 6月10日   63
               25日   24

        ◆ 7月 8日   59
 
        ◆ 8月27日   28

        ◆ 10月15日  200
               22日   65

        ◆ 12月 2日   38
                16日   11

……………………………………………………
〔2012年度〕◆ 4月16日   13

        ◆ 10月 2日  730
               15日  120
               31日   17
    (2013年)
        ◆ 1月 7日  160

……………………………………………………
〔2011年度〕◆ 5月16日   39
                27日   18

        ◆ 8月25日   87

        ◆ 9月15日   17

        ◆ 10月28日  140

        ◆ 11月15日   13
                30日   37

        ◆ 12月13日   13
    (2012年)
        ◆ 1月16日   22
               30日   11

        ◆ 2月16日   34
               28日   22

        ◆ 3月30日  120

Posted by 大沼安史 at 04:46 午後 | | トラックバック (0)

2018-10-04

〔東電原子力大災害〕◎ 「しかし、罪のない人を棄民したままオリンピックが大切だという国なら、私は喜んで非国民になろう」 ◇ 小出裕章さんが「原子力緊急事態宣言下の国で開かれる東京オリンピック」に反対する声明を発表 ◎ 英訳して、IOCバッハ会長へ「直訴」アピール! ◆ 「それに参加する国や人々は、もちろん一方で被曝の危険を負うが、一方では、この国の犯罪に加担する役割を果たす」と、五輪開催による被曝犯罪加担の可能性を指摘

Screenshot15606

………………………………………………………………………………………

 ☆ 元スイス大使、村田光平さんのHPの「近況報告」で、小出さんが、東京五輪反対をあらためて表明されたことを知った。
 ⇒ 
http://kurionet.web.fc2.com/murata.html#anchor55

Screenshot15603

          *

 英訳を受け取ったバッハ会長としても、汚染水未処理問題、3号機プール核燃処理手つかず、などさまざまな問題が噴出し、「フクイチ」の真実が明るみに出始めた現在、「東京開催中止、前開催地、ロンドン転地」に向けて、緊急決断を強いられることだろう。

 安倍政権は東京五輪を止め、米国からの巨額な武器購入をキャンセルし、フクイチ廃炉、被曝地救済問題と逃げずに真正面から取り組む必要がある。

………………………………………………………………………………………

〔☆は大沼〕 ◎ 小出裕章さん 「フクシマ事故と東京オリンピック」
 (2018年9月)⇒ 
http://kurionet.web.fc2.com/fukushimaolympic1.html

Screenshot15602

 
    

      *

 ◎ 声明英訳 ⇒ http://kurionet.web.fc2.com/FukushimaOlympic201809.html

Posted by 大沼安史 at 11:02 午前 | | トラックバック (0)

2018-10-02

〔東電原子力大災害現場〕(重要)◆ 9月26日午前10時31分 と39分に、フクイチ・ライブカメラ(4号機側)が、白い噴出をとらえる! 31分の噴煙は黒煙まじり ◆ 噴煙、 山側から海側に流れる ―― ◎ 米国のウォッチャーが動画スクショし、公開! ★ 前日、「既設多核種除去設備(C)」で漏えい検知器が動作したことを示す警報が鳴っている! 関係は? これはどう見ても「山背(やませ)ではない。

  東電には現場管理/説明責任がある! 

 住民帰還を進める安倍政権には、人々への説明責任がある! 

………………………………………………………………………………………

 ◆ 10時31分の噴煙 (動画からの静止画スクショ)

Screenshot15487

Screenshot15488

Screenshot15489

Screenshot15490

 

 

………………………………………………………………………………………

 ◆ 10時39分の噴煙 (動画からの静止画スクショ)

Screenshot15492

Screenshot15491

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ #13 WEBCAM September 2018
  ⇒ 
http://caferadlab.com/thread-2644.html

  
  ◆ 9月26日午前10時31分の噴煙動画
     ⇒ 
https://vimeo.com/291863027

  ◆ 同10時39分の噴煙動画
     ⇒ 
https://vimeo.com/291864664

………………………………………………………………………………………

 ◎ 東電 日報(9月26日付け)⇒ http://www.tepco.co.jp/press/report/2018/1508725_8983.html

 ・ 9月25日午後10時6分、既設多核種除去設備(C)において、漏えい検知器が動作したことを示す警報(警報名「クロスフローフィルター(C)スキッド1-2漏えい」)が発生。現場を確認した結果、漏えい検知器周りに水たまり(2.0m×1.0m×1mmであり、堰内に留まっている)があることを確認。同日午後10時19分、当該設備(C)を停止。水たまりは、当該設備(C)の前処理設備にあるクロスフローフィルター1Cのドレンラインに生じたピンホール(微小な穴)から漏えいしたものであることを確認。漏えいは停止しているが、念のため漏えい箇所にビニール養生を実施。漏えいした水は、拭き取り処置を行い、漏えい警報はクリア。漏えいした水は当該設備(C)における処理過程の系統水で、放射能分析結果は以下のとおり。

 ・セシウム-134 : 6.9×101(Bq/L)
 ・セシウム-137 : 6.7×102(Bq/L)
 ・全ベータ   : 1.3×105(Bq/L)

          *

 ◎ 同(9月27日付け)⇒ http://www.tepco.co.jp/press/report/2018/1508834_8983.html

 ・ 【継続実施中の主な作業】

<1~3号機使用済燃料プールからの燃料取り出し>

・2017年1月17日、3号機の燃料取り出し用カバー等の設置作業を開始し、8組からなるドーム屋根の吊り上げ作業を7月31日から2018年2月21日にかけて実施。
・2号機の燃料取り出しに向け、原子炉建屋オペレーティングフロア内の線量・ダスト濃度測定等の調査のため、2018年8月23日から、同エリア内の残置物移動・片付作業を開始。

          *

 ◎ 東電 報道一斉メール ⇒ http://www.tepco.co.jp/press/mail/2018/

Posted by 大沼安史 at 09:53 午前 | | トラックバック (0)