« 〔東電原子力大災害〕◇ 東電がいまごろ(14日)になって、「新たな防潮堤」建設を発表 / 1~4号機 600m / 政府の地震調査研究推進本部が昨年12月、北海道沖でM8・8以上の「超巨大地震」が30年以内に最大40%の確率で起きるとの見解を発表……してから、9ヵ月! おまけに「高さや着工時期、建設費などの詳細は未定」★ 津波だけではない。台風過激化、海面上昇にともなう「高潮」の脅威もある! | トップページ | 〔東電原子力大災害〕◇ 「3号機」の「使用済み核燃プール」に「ある」とされる「566体の核燃料」の「取り出し」――「機器や設備に不具合が相次ぎ、原因の調査に時間がかかっていることなどから」、11月中の作業開始を延期! 14日の原子力規制委会合で東電が報告 原子力規制庁 : 「東京電力の品質管理はこんなレベルなのかという話だ。会社のトップマネジメントができているかどうかだ」と厳しく批判  »

2018-09-18

〔泊原発・関連〕◇ 「泊原発」のような「加圧水型原子炉(PWR)」でも「兵器級プルトニウム(WGPu)」製造可能! / 中国の研究グループが同じくPWRの「高浜原発3号機」をベースにシミュレーション・モデルを構築 ◆ 「4.7 MWd/kgU」以下の「低燃焼(low burnup)」で「WGPu」を生成 ◎「PWR低燃焼核燃WGPu」で重大な核拡散(核武装)の脅威、と警告

 ★ 「北海道地震」前の8月、「泊原発」に、再稼働審査中にもかかわらず、なぜか新燃料が20体運び込まれた! 

 まさか何者かが、泊の加圧水型原子炉を使ってWGPuの密造作業を始めていたわけではあるまいな!?

………………………………………………………………………………………

 ・ When the burnup of a UO2 fuel rod is no more than 4.7 MWd/kgU, it contains WGPu.

 ・ The calculation results indicate that the spent nuclear fuel with low burnup brings huge proliferation risk, of which the supervision should be strengthened.

 ・ The simulation models and operation history are based on the configuration and parameters of Japanese Takahama-3 unit.

………………………………………………………………………………………

Screenshot14944

………………………………………………………………………………………

 ★ 定期点検中の原発原子炉を使った兵器級プルトニウムの密造疑惑は、岩田清さんの画像解析で、これまで3度、いずれもなぜか、大地震原発直撃による原発事故で明るみに出ている。

 ・ 2007年3月25日の「能登半島地震」の
     ⇒ 志賀原発1号機

 ・ 同年7月16日の「新潟県中越沖地震(岩田清さんは、震源地について偽装工作が行なわれたと指摘。「沖合」ではなく、内陸の原発直下型だと)」の
     ⇒ 柏崎・刈羽原発1号機

 そして、

 ・ そして2011年の「3・11」大地震の
     ⇒ フクイチ4号機

          *

 ★ この3原発は、いずれも元々、兵器級プルトニウム製造のために米GE社が軍事用で開発したものとされる「沸騰水型」。

 このため、プルトニウム密造疑惑は、沸騰水型原子炉に限られると見られてきたが、中国の専門家チームによる解析で、「加圧水型」原子炉についても可能なことが明らかになった。

          *

 ★ 志賀・柏崎刈羽・福島第一と続いた原発事故は、いずれも定期点検中(停止中)の原子炉でのプルトニウム密造(疑惑)にストップをかけるような、(人工地震説もある)大地震の直撃で引き起こされたもの。

 新燃料20体の搬入(8月22日)の2週間後に起きた今回の「北海道大地震」は、仮にもしも「泊原発」で兵器級プルトニウム密造作業が始まっていたとしたら、これまでのパターンを踏襲するものになる。

 実際、「北海道大地震」については、日本在住ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏が「人工地震」の可能性を指摘している。
 ⇒ 
http://jicchoku.muragon.com/entry/344.html

          *

 ★ 今回の「北海道大地震」で、「泊原発」に関する情報は、まるで「報道管制」が敷かれているかのように、まったくと言っていいほど出て来ない。

 北電は疑惑を一掃するためにも、泊原発がいまどんな状態か、現場を公開して、道民、国民の「知る権利」にこたえる必要がある。

          *

 ★ なお、高浜3号機はMOX燃料が焚かれているが、中国の研究チームは、普通の核燃料( UO2 fuel rod )で解析を行なった。

          *

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ Acta Physica Sinica : Simulation calculation of weapon-grade plutonium production in pressurized water reactor
 (2017年)⇒ 
http://wulixb.iphy.ac.cn/EN/abstract/abstract70116.shtml

          *

 Abstract 

The nuclear nonproliferation is a common objective for the international society, of which one of the most important issues is the nonproliferation of weapon-grade nuclear material. Plutonium is a by-product when nuclear reactors are operated. If a commercial power nuclear reactor operates without counting its economic benefits, it is possible that weapon-grade plutonium (WGPu) would be produced in the nuclear reactor with using uranium as nuclear fuel. In the paper, we quantitatively study the plutonium isotopic composition and yield of the WGPu produced in a pressurized water reactor (PWR), and thereby investigate the proliferation risk of commercial nuclear reactors. The properties of plutonium produced in the PWR are calculated by MCORGS, which is developed by us to link MCNP and ORIGENS for calculating the transport-burnup. For evaluating the changing behavior of plutonium isotopic ratio dependent on the cooling time after being discharged from a PWR, we add the model of calculating the depletion and decay properties of nuclear fuel into the MCORGS code system. In order to calculate the yield of WGPu produced in the PWR, we carry out the neutron and burnup calculations by using five reactor models. The simulation models and operation history are based on the configuration and parameters of Japanese Takahama-3 unit. According to the positions and proportions of UO2 fuel rods, burnable poison rods and guide tubes in Takahama-3 PWR, we build a PWR model of an infinite heterogeneous 6×6 pin cell lattice, carry out simulation calculation and explore the condition for WGPu existing in the two kinds of fuel rods. When the burnup of a UO2 fuel rod is no more than 4.7 MWd/kgU, it contains WGPu. When the burnup of a burnable poison rod is no more than 2.7 MWd/kgU, it contains WGPu. Therefore, the issue of WGPu production in PWR is transformed into the research of the spatial distribution of PWR burnup. In order to obtain the axial PWR burnup, we build an infinite fuel pin cell model in which the PWR is divided into 20 equal zones in the axial direction, and calculate PWR axial burnup distribution when it is operated at 9 typical powers of Takahama-3 PWR. It is found that the burnup value of the two ends of 1/20 section is worth 1/3 of the two middle ones. Based on the principle of neutron leakage in a PWR and the simulation results of a fuel assembly, we build a special PWR mode, in which the PWR is divided into 10 zones in radial direction, and obtain the radial distribution of PWR burnup after the first, the second and the third fuel cycle. Based on the WGPu existing condition and the spatial distribution of a PWR burnup, in this paper we present the exact position of WGPu contained in PWR core and the yield of WGPu in UO2 fuel rods. The calculation results indicate that the spent nuclear fuel with low burnup brings huge proliferation risk, of which the supervision should be strengthened.

………………………………………………………………………………………

 ◎ 泊原発への新燃料搬入ついては、以下のツイッター・スレッドを参照
  ⇒ 
https://twitter.com/BOOgandhi/status/1038603034039746562/photo/1

1

Screenshot14943

Posted by 大沼安史 at 06:08 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/67182203

この記事へのトラックバック一覧です: 〔泊原発・関連〕◇ 「泊原発」のような「加圧水型原子炉(PWR)」でも「兵器級プルトニウム(WGPu)」製造可能! / 中国の研究グループが同じくPWRの「高浜原発3号機」をベースにシミュレーション・モデルを構築 ◆ 「4.7 MWd/kgU」以下の「低燃焼(low burnup)」で「WGPu」を生成 ◎「PWR低燃焼核燃WGPu」で重大な核拡散(核武装)の脅威、と警告: