« 〔東電原子力大災害 関連〕◇ 北欧の原発が今夏の熱波で冷却海水温が上昇、運転停止などに追い込まれているが、こうしたげ事態の到来を7年前に予言・警告した、英国で学ぶウクライナ人女性学者、ナタリー・コピトコさんが、3年前に、「クラゲによる原発攻撃激化を警告」していた! ★ 日本ではすでに2011年に島根原発、翌2012年に大飯原発が、クラゲ大量発生で取水口がふさがれるトラブルが起きている! 海上自衛隊が出動などという事態にならなければよいのだが! | トップページ | 〔原子炉級プルトニウム軍事利用問題〕◇ 原子力委員会の検討小委で、(原子炉級プルトニウムなど「純度の低いプルトニウムでも軍事転用が可能」と評価! ◇ 「この原子炉級プルトニウムの核拡散リスクを過小評価し、それを根拠に核燃料サイクルの正当性を主張すればするほど、……日本の「非核政策」についての疑念もかえって高まるだろう」―― ◎ 前・内閣府原子力委員会委員長代理で現・長崎大学核兵器廃絶研究センター長の鈴木達治郎さんが「核兵器廃絶日本NGO連絡会」への寄稿、「プルトニウムと核拡散リスク」で明言!  »

2018-08-12

〔東電原子力大災害 関連〕◇ 「LWR(軽水炉)で8ヵ月ほど燃やした核燃料は、その90%が兵器級のプルトニウム239になる。ウラニウム燃料・トンあたり、2キログラムのPu239。150キロのPu239で、核爆弾を約30発、製造可」―― ◎ 米国の「核不拡散教育センター」の専門家チームが、フクイチ核惨事の7年前に警告! ★ フクイチ4号機で密造疑惑が指摘されているように、定期点検中などに原発の原子炉(軽水炉)を使えば、兵器級プルトニウムは製造可能なわけか!? 

 ★ 原発の原子炉は、廃炉にしなければ、いくらでも兵器級プルトニウム製造工場になり得るわけか!

 安倍政権が「再稼働」を進めるのも、このあたりに狙いがあるのかも知れない。

 ことしのヒロシマ、ナガサキの日で、首相が「核兵器禁止条約」に加盟しない意志を明確化した理由も、あるいはこのあたりにあるのかも知れない。

………………………………………………………………………………………

Screenshot13458

………………………………………………………………………………………

  安倍政権は原発再稼働を白紙に戻し、ドイツのように「脱原発」に大きく舵をきって、国際社会の疑惑を払拭するとともに、唯一の被爆国として、この地球上から核爆弾・核弾頭などを一掃する「全面核廃絶」へ向け、リーダーシップを発揮すべきだ。

………………………………………………………………………………………  

〔★は大沼〕  ◎ A FRESH EXAMINATION OF THE PROLIFERATION DANGERS OF LIGHT WATER REACTORS
(2004年10月22日付け)⇒ 
http://www.npolicy.org/files/20041022-GilinskyEtAl-LWR.pdf

………………………………………………………………………………………

          *

 (27~28頁参照)

The conventional characterization of the isotopic composition of the plutonium
contained in LWR spent fuel—so-called reactor grade plutonium—is of fuel that has
been in the reactor for a full three fuel cycles.

This is the LWR plutonium over which arguments have raged concerning its usability for weapons. Such fuel indeed has a high content of isotopes other than the most desirable plutonium-239.

There is a certain logic in this characterization in that most of the LWR spent fuel in storage pools at LWRs contains this type of plutonium, and the LWR-bred plutonium that has
been separated in reprocessing plants is more-or-less of this composition, too.

But an LWR operator seeking better plutonium for weapons is not constrained to using the plutonium from irradiated fuel assemblies. For example, if the operator of a newly operating LWR unloaded the entire core after 8 months or so the contained plutonium would be weapons-grade—with a plutonium-239 content of about 90
percent.

The amount of plutonium produced would be about 2 kilograms per ton of uranium, or about 150 kilograms per 8 month cycle.39 This comes to about 30 bombs’worth.

Does a would-be nuclear weapon state need more? If the short refueling cycles were continued the annual output of weapons-grade plutonium would be about 200 kilograms (allowing for refueling time), but this would require a large amount of fresh fuel.

Such a progression involves a considerable departure from commercial operation and for an NPT member would signal Treaty violation. Still, it illustrates what a standard LWR can do when viewed as a plutonium production reactor.

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 本ブログ既報 2018-04-30【重要】◇ 原発の使用済み核燃料から取り出す「原子炉級プルトニウム(Reactor-Grade Plutonium )」でも核兵器化は可能! 米国が「原子炉級プルトニウム」だけで、1962年に核爆発実験に成功! ―― ◎ 米国のアナリスト、グレゴリー・S・ジョーンズさんが近著で明らかに 全世界での核燃リサイクル禁止を提唱 ★ 日本の核武装にこだわり続ける安倍政権が原発再稼働・核燃リサイクルに固執する理由は、ここにあるのか? 
⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/04/reactor-grade-p.html

Posted by 大沼安史 at 02:56 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/67048500

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害 関連〕◇ 「LWR(軽水炉)で8ヵ月ほど燃やした核燃料は、その90%が兵器級のプルトニウム239になる。ウラニウム燃料・トンあたり、2キログラムのPu239。150キロのPu239で、核爆弾を約30発、製造可」―― ◎ 米国の「核不拡散教育センター」の専門家チームが、フクイチ核惨事の7年前に警告! ★ フクイチ4号機で密造疑惑が指摘されているように、定期点検中などに原発の原子炉(軽水炉)を使えば、兵器級プルトニウムは製造可能なわけか!? :