« 〔東電原子力大災害〕◇ 「東京五輪」は、安倍首相の「Under Control」発言を起点とした、私たちの日常生活に対する「災害」だ! ; 「総額3兆円を超えるとも言われる巨額な費用を投入。その内訳は不透明で、青天井だとも言われる。 『復興五輪』と命名されながら、福島原発災害に対する真の復興には背を向けていると考えざるをえないカネの使い方だ」 ― ◎ 「東京オリンピックおことわり宣言」、英語版(A Declaration of No Thank You to Tokyo Olympics)も全世界拡散開始 | トップページ | 〔東電原子力大災害〕 ◇ 「トリチウム水は大型タンクに100年以上保管せよ」 / 「具体的には、国家石油備蓄基地で使用している10万トン級の大型タンクを10基建設して、その中に123年間保管すれば、トリチウムの半減期は12.3年であるから、タンク内のトリチウム総量は現在の1/1,000に確実に減衰する」―― ◎ 原子力市民委員会が声明 ◇ 建設場所も7・8号機建設予定地の利用で可能!☆ たぶんこれが、太平洋を救い、地球環境を放射能海洋汚染から守る実効性ある解決策だ! »

2018-08-20

〔東電原子力大災害〕◇ 安倍政権が海洋処分に動く「フクイチ汚染処理水」はトリチウム以外の放射能も残留する死の灰汚染水だった! ◆ 東電がフクイチの放射能汚染水の浄化の切り札としてきた「ALPS(多核種除去設備)」―― トリチウム以外の核種は除去とのふれこみだったのが、実は半減期1570万年のヨウ素129(リットル62.2ベクレル)をはじめ、ルテニウム106やテクネチウム99を除去しきれていない代物だったことが、共同通信のスクープで判明! KYODO英文電で詳細報道 全世界拡散開始!

  政府・東電はこれでもう、「汚染『処理』水」を、トリチウムをブレンドした完全浄化水などと偽り、太平洋へ垂れ流し処分することが事実上できなくなった!

………………………………………………………………………………………

Screenshot13680

………………………………………………………………………………………

 ★ トリチウム以外の核種を完全除去しているわけではまったくなかった、東電のALPS!

Screenshot13676

………………………………………………………………………………………

 ★ 共同通信の邦文電は、短縮されたものになっているが、詳細な英語報道が国際社会に流れたことで、安倍政権がもくろむ、タンク貯蔵・汚染「処理」水の太平洋投棄処分は不可能になった。

 これでもし、太平洋投棄処分を強行すれば、国際社会からの猛反発がでるのは必死である。

          *

 ★ このスクープ記事をものにした共同通信記者に感謝!

 この情報を共同の記者氏に「提供」した、東電、経産省、原子力規制委など関係筋の「内部告発者」に敬意を表する。

………………………………………………………………………………………

 

〔★は大沼〕  ◎ ジャパン・タイムズ(共同通信電): ALPS system at Fukushima No. 1 plant failing to remove more than tritium from toxic cooling water
 (19日付け)⇒ 
https://www.japantimes.co.jp/news/2018/08/19/national/alps-system-fukushima-no-1-plant-failing-remove-tritium-toxic-cooling-water/#.W3nvJrknaYk

 ・ The tritium-tainted water piling up at the crippled Fukushima No. 1 nuclear power plant has been found to contain other radioactive substances, defying the defunct plant’s special treatment system, Kyodo News has learned.

          *

 ・ According to Tepco, a maximum of 62.2 becquerels per liter of iodine 129, far higher than the 9 becquerel legal limit, was found in the water filtered by the Advanced Liquid Processing System, which was reportedly capable of removing everything but tritium.

Iodine 129 has a half-life of 15.7 million years.

Tepco, which gathered data in fiscal 2017 through March, also detected a maximum 92.5 becquerels of ruthenium 106, shy of the 100 becquerel legal limit, as well as 59 becquerels of technetium 99 against the limit of 1,000 becquerels.

          *


 ◎ 共同通信 英文電 : Treated water at Fukushima nuclear plant has radioactive substances(処理水に、放射性物質)
 (19日付け)⇒ 
https://english.kyodonews.net/news/2018/08/e52ba157d49a-treated-water-at-fukushima-nuclear-plant-has-radioactive-substances.html 

Screenshot13681

          *

 ◎ 中日新聞 (共同通信電):福島で基準値超の放射性物質検出 トリチウム以外
 (19日付け)⇒ 
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018081901001549.html

Screenshot13679

………………………………………………………………………………………

 ◎ 東電 PR 多核種除去設備(ALPS)とは
  ⇒ 
http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/alps/index-j.html

  同 PRビデオ ⇒ https://www4.tepco.co.jp/library/movie/detail-j.html?catid=61709&video_uuid=j11pawz4

Screenshot13675

Posted by 大沼安史 at 08:38 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/67076484

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害〕◇ 安倍政権が海洋処分に動く「フクイチ汚染処理水」はトリチウム以外の放射能も残留する死の灰汚染水だった! ◆ 東電がフクイチの放射能汚染水の浄化の切り札としてきた「ALPS(多核種除去設備)」―― トリチウム以外の核種は除去とのふれこみだったのが、実は半減期1570万年のヨウ素129(リットル62.2ベクレル)をはじめ、ルテニウム106やテクネチウム99を除去しきれていない代物だったことが、共同通信のスクープで判明! KYODO英文電で詳細報道 全世界拡散開始!: