« 〔東電原子力大災害〕◇ フクイチ沿岸の「海中浮遊物」から「高濃度放射性セシウム微粒子(highly radioactive Cs particles )」を検出! / セシウム137、㎏あたり最大2079Bq / 底生生物相放射能汚染減が進まない理由の一因か?―― ◎ 東京海洋大学を中心とした研究チームが国際学術誌に発表 ★ 前浜の海の中でもフクイチ死の灰が浮遊していた! 「常磐もの」といわれるらしいヒラメなど底魚は大丈夫か? | トップページ | 〔東電原子力大災害 関連〕◇ フクイチ核惨事を受け、スイスの稼働原発周辺地域で、カメムシやタガメなど昆虫(カメムシ亜目)の奇形調査! 半径5キロ以内で、14.1%の奇形を発見 / 半径5キロ超でも6.8% ★ 稼働原発周辺では、世界初の昆虫調査だそうだ! 原発は「事故」を起こさなくとも、いのちの正常な発育を阻害する! (再)稼働原発の脅威を、スイスの昆虫たちが身をもって国際社会へ訴え! »

2018-08-07

〔東電原子力大災害 関連〕◇ 英国の(計画中を含む)原発19ヵ所のうち、12ヵ所もが、海面上昇による洪水の危機に直面 ◆ 12原発のうち、なんと9原発が……そしてそのうち新規計画中の8原発が、(将来ではなく)今現在(!)、脆さ抱える/ 海岸線の浸食リスクも / 英政府秘密報告書で明らかに ―― ◎ 英紙ガーディアンが6年以上前にスクープ報道 ★ 日立が建設を計画する「ウィルファ・ニューウィッド原発」も名指しされている! なんて無謀な安倍政権(経産省)なのだろう? 

★ こんなリスクが英政府自身も調査で指摘されていた。

 日立は「ウィルファ・ニューウィッド原発」で、「ババ」を引かされそうになっているわけではないか!

………………………………………………………………………………………

Screenshot13279

………………………………………………………………………………………

Screenshot13280

………………………………………………………………………………………

 ★ 日本も臨界原発だらけ。

 稼働停止中、あるいは廃炉原発といえども、使用済み核燃料などがある限り、海面上昇のリスクは続く。

 津波要因が加われば、フクイチ級の破局につながることも。

 安倍政権も英政府にならって、地球暑熱化による、忍び寄る海面上昇の原発リスクを調査し、対策に取り組まねばならない。

          *

 ★ ガーディアン紙は原発だけでなく、放射性廃棄物の臨界処分地なども海面上昇による洪水リスクがあるとしている。

 

………………………………………………………………………………………
 

 ・ As many as 12 of Britain's 19 civil nuclear sites are at risk of flooding and coastal erosion because of climate change, according to an unpublished government analysis obtained by the Guardian.

 Nine of the sites have been assessed by the Department for Environment, Food and Rural Affairs (Defra) as being vulnerable now, while others are in danger from rising sea levels and storms in the future.

 The sites include all of the eight proposed for new nuclear power stations around the coast, as well as numerous radioactive waste stores, operating reactors and defunct nuclear facilities. Two of the sites for the new stations – Sizewell in Suffolk and Hartlepool in County Durham, where there are also operating reactors – are said to have a current high risk of flooding. Closed and running reactors at Dungeness, Kent, are also classed as currently at high risk.

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ガーディアン : UK nuclear sites at risk of flooding, report shows
 (2012年3月7日付け))⇒ 
https://www.theguardian.com/environment/2012/mar/07/uk-nuclear-risk-flooding

          *

 ◎ リクス・マップ UK nuclear sites at risk of flooding – map 
 ⇒ 
https://www.theguardian.com/environment/graphic/2012/mar/07/uk-nuclear-sites-flooding-map

          *

 ◎ 関連 ハフィントン・ポスト これでも「日立」は英国「原発事業」を強行するのか--杜耕次
 (2018年1月26日付け)⇒ 
https://www.huffingtonpost.jp/foresight/hitachi-nuclear_a_23341708/

 ・ 1兆円超の官民融資が検討されているのは、日立製作所傘下の英ホライズン・ニュークリア・パワー社(グロスターシャー州、以下ホライズン社)が、英中部ウェールズ地方のアングルシー島で進めるウィルファ・ニューウィッド原子力発電所の新設プロジェクト。日立製の出力130万キロワット級改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)を2基設置する計画で、2019年の着工、2020年代半ばの運転開始を目指している。

          *

 ◎ 関連 日経新聞 先見えぬ原発輸出(ウィルファ・ニューウィッド原子力発電所) 膨らむリスク、日立に重圧 
 (2018年6月3日付)⇒ 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31260740R00C18A6TJC000/

 

Posted by 大沼安史 at 03:00 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/67030931

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害 関連〕◇ 英国の(計画中を含む)原発19ヵ所のうち、12ヵ所もが、海面上昇による洪水の危機に直面 ◆ 12原発のうち、なんと9原発が……そしてそのうち新規計画中の8原発が、(将来ではなく)今現在(!)、脆さ抱える/ 海岸線の浸食リスクも / 英政府秘密報告書で明らかに ―― ◎ 英紙ガーディアンが6年以上前にスクープ報道 ★ 日立が建設を計画する「ウィルファ・ニューウィッド原発」も名指しされている! なんて無謀な安倍政権(経産省)なのだろう? :