« 〔東電原子力大災害〕 ◇ 「トリチウム水は大型タンクに100年以上保管せよ」 / 「具体的には、国家石油備蓄基地で使用している10万トン級の大型タンクを10基建設して、その中に123年間保管すれば、トリチウムの半減期は12.3年であるから、タンク内のトリチウム総量は現在の1/1,000に確実に減衰する」―― ◎ 原子力市民委員会が声明 ◇ 建設場所も7・8号機建設予定地の利用で可能!☆ たぶんこれが、太平洋を救い、地球環境を放射能海洋汚染から守る実効性ある解決策だ! | トップページ | 〔「もんじゅ」 燃料取り出し「訓練」で「警報」〕 ◆ 作業遠隔監視のレンズが大量の水蒸気で曇るなど、事前準備段階で、トラブル続出 「機構は8月中としている取り出し作業開始に『変更はない』としているそうだが、拙速は禁物ではないか! ナトリウムに水が接触し空前規模の水蒸気爆発ハルマゲドンになる! »

2018-08-22

〔東電原子力大災害 関連〕◇ 熱波に襲われた北欧スウェーデンの原子力規制委員会(SSM)が、異常気象から原発を防護する対策を数ヵ月以内にまとめるよう電力会社に指示 ◆ 今夏、冷却水として引き込んでいる海水音が上昇、原発シャットダウン、あるいは出力低下に追い込まれる ―― ◎ ロイター電 ★ 冷却用海水温を下げる……水温の低い深層水を取水するか、超巨大な冷却クーラーでも設置せよ、ということか? 

 ★ 日本の原子力規制委員会も、夏場の原発「冷却水冷却対策」を各電力会社に指示すべきだ。

 写真は今夏、シャットダウンに追い込まれたスウェーデンの「リングハルス原発」

………………………………………………………………………………………

Screenshot13737

Screenshot13738

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ロイター(ヤフー); Sweden calls for nuclear reactors to be shielded from hot weather
 (21日付け)⇒ 
https://uk.news.yahoo.com/sweden-calls-nuclear-reactors-shielded-161614255.html

Screenshot13736

 ・ Vattenfall, which operates seven reactors in Sweden, shut a 900 megawatt (MW) unit - one of the four located at its Ringhals plant - in July as water temperatures rose above 25 degrees Celsius. [POW/OUT]

 The company's second plant at Forsmark consists of three BWRs and Vattenfall had to reduce output by 30-40 megawatt per reactor as the sea water in the area climbed to more than 23 degrees Celsius.

 Sweden’s biggest reactor - the 1.4 GW Oskarshamn 3 - was not affected and should be less vulnerable to very hot summers because of the depth from which it takes its sea water, a spokesman for operator OKG has said.

          *

 ・ The last time that SSM, the Swedish radiation safety authority, asked operators to produce plans to modify their reactors was after Japan's Fukushima disaster in 2011. The cost of those changes, which are due by 2020, was in the hundreds of millions of euros.

 "We really have to take into consideration what happened this summer ... We have asked them orally to come with suggestions. Of course there will be a cost. I do not know how much at this stage," said SSM chief Mats Persson said.

 The cost of post-Fukushima modifications to Swedish nuclear plants reached as much as 100 million euros ($114 million) per reactor, Persson said.

Posted by 大沼安史 at 08:58 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害 関連〕◇ 熱波に襲われた北欧スウェーデンの原子力規制委員会(SSM)が、異常気象から原発を防護する対策を数ヵ月以内にまとめるよう電力会社に指示 ◆ 今夏、冷却水として引き込んでいる海水音が上昇、原発シャットダウン、あるいは出力低下に追い込まれる ―― ◎ ロイター電 ★ 冷却用海水温を下げる……水温の低い深層水を取水するか、超巨大な冷却クーラーでも設置せよ、ということか? :