« 〔東電原子力大災害 関連〕◇ 欧州熱波、北欧などの原発も直撃 ◎ 「原発は気象変動に非常に弱いかもしれない」/ 「海岸線の気象変動はダイナミック。嵐は襲来、海面は上昇、海岸は動く」 ◇ フクイチ核惨事が起きた2001年5月、英国の大学で学ぶウクライナ出身の女性研究者、ナタリー・コピトコさんの行なった警告は、正しかった! ★ 日本も海温が上昇、「冷却水」として使えなく前に、「脱原発」に進むしかない! | トップページ | 〔東電原子力大災害 関連〕◇ 「LWR(軽水炉)で8ヵ月ほど燃やした核燃料は、その90%が兵器級のプルトニウム239になる。ウラニウム燃料・トンあたり、2キログラムのPu239。150キロのPu239で、核爆弾を約30発、製造可」―― ◎ 米国の「核不拡散教育センター」の専門家チームが、フクイチ核惨事の7年前に警告! ★ フクイチ4号機で密造疑惑が指摘されているように、定期点検中などに原発の原子炉(軽水炉)を使えば、兵器級プルトニウムは製造可能なわけか!?  »

2018-08-11

〔東電原子力大災害 関連〕◇ 北欧の原発が今夏の熱波で冷却海水温が上昇、運転停止などに追い込まれているが、こうしたげ事態の到来を7年前に予言・警告した、英国で学ぶウクライナ人女性学者、ナタリー・コピトコさんが、3年前に、「クラゲによる原発攻撃激化を警告」していた! ★ 日本ではすでに2011年に島根原発、翌2012年に大飯原発が、クラゲ大量発生で取水口がふさがれるトラブルが起きている! 海上自衛隊が出動などという事態にならなければよいのだが!

 ★ ナタリーさんはクラゲだけではなく、藻(algae)の大量発生にも警鐘を鳴らしている。

 2003年と2005年に、カナダ・オンタリオのピカリング原発がシャットダウンに追い込まれている。

 2005年の被害はとくに大きく、4機ある原子炉のうち3機が運転停止を余儀なくされた。

………………………………………………………………………………………

Screenshot13427

 

………………………………………………………………………………………

 ★ 過去にクラゲ被害が実際に起きているにもかかわらず、島根原発の新設原子炉・3号機の新設審査が昨日、行なわれれた。
 ⇒ 
https://www.asahi.com/articles/DA3S13631521.html

 

 原子力規制委員会はクラゲ大発生対策に加え、北欧最大の臨海原発、スウェーデンのリングハルス原子力発電所2号機をシャットダウンに追い込んだ熱波による冷却用取水海水の水温上昇問題も安全審査に対象に加えるべきだ。
 ⇒ 
https://twitter.com/BOOgandhi/status/1027392421938614272/photo/1

Screenshot13419

 

          *

 同じ北欧フィンランドのロヴィーサ原発も取水冷却水海温が32℃まで上昇し、出力を低下を強いられている。
 ⇒ 
https://twitter.com/BOOgandhi/status/1027394824490561537/photo/1

Screenshot13420_2

………………………………………………………………………………………

 ★ クラゲをなめてはいけない。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ BAS : Spineless attacks on nuclear power plants could increase
 (2015年2月19日付け)⇒ 
https://thebulletin.org/2015/02/spineless-attacks-on-nuclear-power-plants-could-increase/

………………………………………………………………………………………

 ★ 上記論文でナタリー・コピトコさんも言及しているが、2011年6月には、英国スコットランドの「トーネス原発」がクラゲの襲来で、2つの号機がシャットダウンに追い込まれている。

 トーネス原発は北海に面した、北緯56°線上にある高緯度原発。

 極東で北緯56°といえば、カムチャッカ半島の中部あたりだ。

Screenshot13423

 

Screenshot13424

………………………………………………………………………………………
 ◎ 関連 

  ◆ ロイター (島根原発)クラゲ被害で出力低下の島根原発、通常運転に復帰
   (2011年6月24日付け)⇒ 
https://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-21878720110624

          *

  ◆ 朝日新聞 大飯原発3号機がフル稼働 クラゲで一時出力低下
   (2012年7月9日付け)⇒ 
http://www.asahi.com/special/energy/OSK201207080028.html

………………………………………………………………………………………

 ★ 日本ではエチゼンクラゲの異常発生が近年、相次いでいる。

 越前と言えば、福井県。

 若狭湾の原発銀座は大丈夫か?

 ◎ ★阿修羅♪ 「原発クラゲ対策 抜本策見いだせず (NHK)」/ 「発生を予測することは難しく、抜本的な解決策は見いだせていないのが現状です」
 (2012年7月10日付け)⇒ 
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/498.html

          *

 ★ 「危険生物.information 」サイトによると、「エチゼンクラゲの最大の特徴は、その大きさと重さです。傘の大きさは1メートル以上、大きいもので2m近く、重さは150~200kg位にもなる個体もあります」という。
 ⇒ 
https://kikenseibutsu.info/nemopilema-nomurai-27k/

Screenshot13426

Posted by 大沼安史 at 03:16 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/67044777

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害 関連〕◇ 北欧の原発が今夏の熱波で冷却海水温が上昇、運転停止などに追い込まれているが、こうしたげ事態の到来を7年前に予言・警告した、英国で学ぶウクライナ人女性学者、ナタリー・コピトコさんが、3年前に、「クラゲによる原発攻撃激化を警告」していた! ★ 日本ではすでに2011年に島根原発、翌2012年に大飯原発が、クラゲ大量発生で取水口がふさがれるトラブルが起きている! 海上自衛隊が出動などという事態にならなければよいのだが!: