« 〔東電原子力大災害〕◇ フランス国民議会の原発安全保障調査委員会の一行が、フクイチを視察! バルバラ・ポンピリ委員長が視察後の結論を、ツイッターで報告! 「最も重要な教訓は、あり得ないことは起きないと、決して信じではならないことです。確信に依拠せず、わたしたちは準備しなければなりません」★ 大飯原発・控訴審で「原発の危険性は社会通念上、無視しうる程度にまで管理・統制されている」との‘妄想判決’を下した裁判官に聞かせてやりたい、理性的な言葉だ! | トップページ | 〔東電原子力大災害 4号機核燃プール〕◇ 米NRC・東京派遣チームが日本側に、ヘリを飛ばしてプールにノズルを挿入、ホース(パイプ?)をつないで海から海水注入を提案 / 装甲車両に鉛板をとりつけ、現場に突入し、ボルトを締めて接続 ――◎ H・ペンリーさんが『プルームゲート』で、NRC情報公開文書で突き止める ★ 火災・爆発前の時点での提案のようだ! 間に合わず、プルーム大放出となったわけか! 場当たり対応(失敗)明るみに! »

2018-07-07

〔国家権力内犯罪組織・宗教カルトによる電磁波民衆支配を許してはならない〕◇ 1998年2月時点の米政府機密文書に、「radiofrequency(無線周波数)directed energy(指向性エネルギー)」の記述 / マイクロ波ヒアリング(hearing 脳内音声送信)の「(人を)無能力化させる効果)」の議論も――◎ 米NASA元エンジニアで、ご自身、電磁波攻撃のターゲットにもされている、リチャード・ライトハウスさんがEブック(無料)で、情報自由法による2006年公開・機密文書の内容を紹介 

Screenshot12352

Screenshot12353_2

………………………………………………………………………………………

Screenshot12354

………………………………………………………………………………………

 ★ マイクロ波脳内送信は日本でも1980年代前半から、北海道(など)で実験が開始されていたらしい。

 (1998年時点の機密文書が)2006年に機密解除で公開!――ということは、よほどアウトデイティドなものであるからだろう。

 2018年のいま、軍事級の電磁波テクはどこまでエスカレートしているのだろう?

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ リチャード・ライトハウスさんのサイト
  ⇒ 
https://www.rlighthouse.com/

 ◎ そのEブックのURL ⇒ https://www.rlighthouse.com/store/p46/34_Patents_on_Subliminal_Mind_Control.html

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連ツイート https://twitter.com/BOOgandhi/status/1014646824718643200/photo/1

Posted by 大沼安史 at 09:17 午前 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66909695

この記事へのトラックバック一覧です: 〔国家権力内犯罪組織・宗教カルトによる電磁波民衆支配を許してはならない〕◇ 1998年2月時点の米政府機密文書に、「radiofrequency(無線周波数)directed energy(指向性エネルギー)」の記述 / マイクロ波ヒアリング(hearing 脳内音声送信)の「(人を)無能力化させる効果)」の議論も――◎ 米NASA元エンジニアで、ご自身、電磁波攻撃のターゲットにもされている、リチャード・ライトハウスさんがEブック(無料)で、情報自由法による2006年公開・機密文書の内容を紹介 :