« 〔東電原子力大災害〕◇ 7月9日夜のフクイチ・ウォッチング / 午後9時49分 2号機の(海側の)上空に、緑の「閃光(スパーク」」! / そして、まるで偵察・観測でもするように、海側上空を、オレンジの光が北から南に移動 / さらに、1・2号機建屋の間に覗くフクイチ港付近の海上で、白い発光現象 ★ この場面をスクショ・公開した米国のウォッチャーは、この白い光を満月の光の反射とみているが、海面に漂う蒸気が映し出された現象かもしれない。それにしても、時々観察される「海上の空を移動するオレンジの光」は何だ!? | トップページ | 〔東電原子力大災害〕◇ 舞い上がるプルトニウム・ダスト! ★ プルトニウム汚染がクリーンナップ作業を阻んでいる米国の「ハンフォード」核施設は、MOX爆発が起きた3号機を含む「フクイチ」核惨事現場の未来図かも知れない  ―― ◎ ロサンゼルス・タイムズの詳細レポートで、廃炉作業の困難さ、浮き彫りに ★ 「非熟練作業員を防護対策も不十分なまま投入して先を急ぐギャンブルに失敗」との批判も! 「プルトニム検査キット」も渡されなかった作業員も!……フクイチでは渡しているの? »

2018-07-17

〔東電原子力大災害 関連〕◇ フィラデルフィアの北西45キロにある「ライムリック原発」の半径16キロ圏に生活・勤労・通学している全員に、ことしも地元郡当局が安定ヨウ素剤を無料配布 ◎ 同原発は「サナトガ断層」の上に立地していると、住民から指摘されている。フクイチと同じ沸騰水型。毎年の配布は、有効期限が切れるからだが、日本では安定ヨウ素剤の1年後との定期更新配布が行なわれているのだろうか?

Screenshot12643

Screenshot12642

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ Residents Near Limerick Nuclear Plant To Receive Potassium Iodide
 (11日付け)⇒ 
https://patch.com/pennsylvania/limerick/residents-near-limerick-nuclear-plant-receive-potassium-iodide

 ・ Potassium iodide is distributed each year to residents. In the event of a radiological emergency at the Limerick Station, the tablets would protect the thyroid gland against harmful radioactive iodine, officials said.

………………………………………………………………………………………

 ◎ People in Limerick nuclear power plant threat zone urged to re-up on anti-radiation pills
 (13日付け)⇒ 
https://www.phillyvoice.com/health-department-forewarns-montgomery-county-residents-expiration-anti-radiation-tablets/

 ・ According to the Montgomery County department, the pills that were handed out in the county's most recent distribution are set to expire starting this month and in June. Officials are encouraging people in the threat zone to visit the Pottstown Health Center to get a new dose and to dispose of the outdated medication.

Screenshot12644

………………………………………………………………………………………

 ◎ Limerick should be one of the first nuke plants to close
  (2014年3月30日付け)⇒ Limerick should be one of the first nuke plants to close

 ・ Last month, we found Bechtel’s 1974 report on the “Treatment of Fracture Zones” at Limerick. A diagram shows Sanatoga Fault zone fractures running directly under a Limerick reactor. Photos show portions of the fault being filled with cement to level the surface so the plant could be built on top.

Posted by 大沼安史 at 04:56 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害 関連〕◇ フィラデルフィアの北西45キロにある「ライムリック原発」の半径16キロ圏に生活・勤労・通学している全員に、ことしも地元郡当局が安定ヨウ素剤を無料配布 ◎ 同原発は「サナトガ断層」の上に立地していると、住民から指摘されている。フクイチと同じ沸騰水型。毎年の配布は、有効期限が切れるからだが、日本では安定ヨウ素剤の1年後との定期更新配布が行なわれているのだろうか?: