« 〔東電グローバル原子力大災害〕◇ フクイチの今は、どうあがいても逃げ道のない「キャッチ22」状態! 「メルトダウン原子炉を冷やすには水を注入しなければならない。注水すれば汚染水が出る。汚染水は海に流され、生体濃縮・蓄積で、すべての命を殺していく」 ―― ◎ AGRが警告報道 ★ ふつうの「キャッチ22」状況は「主人公(当事者)」だけが追い込まれるだけだが、「フクイチ」は地球環境のすべての命を脅かしていく。これはもう、人類始まって以来の「極限キャッチ22」状態だ! | トップページ | 〔東電グローバル原子力大災害〕◇ フクイチ放射能雲(プルーム)によるカリフォルニア・ワイン、セシウム137汚染問題 ―― ◎ 米国のコメディアンのスティーブン・コルベアさんが、全米ネット、CBSの人気番組「ザ・レイト・ショー」でお笑いネタに取り上げ、「チョッピリ放射能なワイン('Slightly Radioactive' Wine)です。(気に入らない食事相手の男の顔を平手打ちでぶっ飛ばせるくらい)パワーアップしますよ」と、皮肉なCM解説 / ワイン樽は廃棄物ドラム缶 ― ★ これで全米大衆の知るところに »

2018-07-27

〔東電グローバル原子力災害〕◇ 「いつ何時、さらなる破局が起きても不思議ない状況だ」「オリンピック選手や観客、とくに子どもたちや妊婦は放射能汚染の被害を受けかねない」「正常は日本に戻っていない」 ―― ◎ 世界83ヵ国、20万人の医師が参加するノーベル平和賞受賞団体、IPPNW(核戦争防止国際医師会議)が、東京オリンピックを「放射能五輪」として、国際キャンペーンの開始を宣言 ★ 国際キャンペーンの中身はこれからだが、ほかの有志団体にも参加を呼びかけるので、大規模なものになりそうだ。

 ★ 非核を求めるノーベル賞を受賞した医師の国際団体が、東京オリンピックを「放射能オリンピック」と、明確な「診断」を下した!

 ★ 「酷暑」もさることながら「フクイチ死の灰」も、五輪返上ファクターになろうとしている。

………………………………………………………………………………………

Screenshot12916

………………………………………………………………………………………

Screenshot12917

………………………………………………………………………………………

 ・ The reactors continue to be a radiation hazard as further catastrophes could occur at any time. Every day adds more radioactive contamination to the ocean, air and soil. Enormous amounts of radioactive waste are stored on the premises of the power plant in the open air. Should there be another earthquake, these would pose a grave danger to the population and the environment. The nuclear catastrophe continues today.

………………………………………………………………………………………

 ★ IPPNWのフクイチをめぐる現状認識は、こうだ。

「フクイチは連日、海洋・大気・土壌に放射能汚染を追加している。原発指揮には膨大な放射能廃棄物が野ざらしで保管されている」

 Every day adds more radioactive contamination to the ocean, air and soil. Enormous amounts of radioactive waste are stored on the premises of the power plant in the open air.

 「1 mSv per yearが国際基準の限度なのに、20 mSvのところへ帰還させている。除染してもいつ再汚染されるかわからない状況。山や森は放射能粒子の貯蔵庫となっている」

 International regulations limit the permitted dose for the general public of additional radiation following a nuclear accident to 1 mSv per year. In areas where evacuation orders were recently lifted, the returning population will be exposed to levels up to 20 mSv per year. Even places that have undergone extensive decontamination efforts could be recontaminated at any time by unfavourable weather conditions, as mountains and forests serve as a continuous depot for radioactive particles.

「オリンピックには120億ユーロ以上かけるのに、日本政府は帰還しない人たちへの支援を打ち切る威嚇をしている」

 According to official Japanese government estimates, the Olympic Games will cost more than the equivalent of 12 billion Euros. At the same time, the Japanese government is threatening to cut support to all evacuees who are unwilling to return to the region.

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕◎ IPPNW launches a campaign about the "Radioactive Olympics"
 (18日付け)⇒ 
http://www.fukushima-is-still-news.com/2018/07/ippnw-launches-a-campaign-on-the-radioactive-olympics.html

          *

 ◎ Tokyo 2020 – The Radioactive Olympics
 (21日付け)⇒ 
http://www.opensourcetruth.com/tokyo-2020-the-radioactive-olympics/

          *

 ◎ pdf文書 ⇒ https://globalethics.files.wordpress.com/2018/07/ippnw-2018-07-11-tokyo-2020-the-radioactive-olympics-en.pdf

………………………………………………………………………………………

 ◎ IPPNW(Physicians for the Prevention of Nuclear War 核戦争防止国際医師会議)ウィキ
  ⇒ 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E6%88%A6%E4%BA%89%E9%98%B2%E6%AD%A2%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E4%BC%9A%E8%AD%B0

 ・ 同HP ⇒ http://www.ippnw.org/index.html

Posted by 大沼安史 at 09:13 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66990908

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電グローバル原子力災害〕◇ 「いつ何時、さらなる破局が起きても不思議ない状況だ」「オリンピック選手や観客、とくに子どもたちや妊婦は放射能汚染の被害を受けかねない」「正常は日本に戻っていない」 ―― ◎ 世界83ヵ国、20万人の医師が参加するノーベル平和賞受賞団体、IPPNW(核戦争防止国際医師会議)が、東京オリンピックを「放射能五輪」として、国際キャンペーンの開始を宣言 ★ 国際キャンペーンの中身はこれからだが、ほかの有志団体にも参加を呼びかけるので、大規模なものになりそうだ。: