« 2018年6月 | トップページ

2018-07-23

〔東電グローバル原子力災害〕◇ フクイチ放射能カリフォルニアワイン汚染問題、広がる! ◇ ニューヨーク・タイムズも報道:「パニックを起こすな」と / カリフォルニア州政府も「無害」と打消しに懸命 ◇ 「フクシマ・ヴィンテージ」と、ロシア・メディアが命名 ◇ 業界メディアも速報 ★ 訴訟社会のこと、東電に対する賠償訴訟に発展するかもしれない。このワイン汚染を皮きりに乳製品や水産物の汚染問題にも、北米の人々の関心が集まるかもしれない。

 ★ 「無害だ」「パニックを起こすな」と言われても、飲んでしまった人は、あるいはこれから買い求めようとする人は、複雑な気持ちになるだろう。

 売上減は必死。

 これで政府・東電がフクイチ・トリチウム汚染水の太平洋投棄をはじめようものなら、グローバル規模の「ジャパン・放射能・バッシング」も起こりかねない。

……………………………………………………………

Screenshot12791

………………………………………………………………………………………

Screenshot12792

………………………………………………………………………………………

Screenshot12793

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ NYT : Fukushima’s Nuclear Imprint Is Found in California Wine (Drinkers, Don’t Panic)
 (20日付け)⇒ 
https://www.nytimes.com/2018/07/20/science/fukushima-radiation-levels-california-wine-nyt.html

 ・ The California Department of Public Health said Friday that it had not previously heard of the study, but that there were no “health and safety concerns to California residents.”

………………………………………………………………………………………
 ◎ スプートニク(ロシア、英語): Fukushima Vintage: Traces of Nuclear Plant Disaster Found in Californian Wine
 (21日付け)⇒ 
https://sputniknews.com/society/201807211066572145-fukushima-vintage-wine/

 ◎ ドリンク・ビジネス :Fukushima disaster leaves trace on Californian wines 
 (20日付け)⇒ 
https://www.thedrinksbusiness.com/2018/07/fukushima-disaster-leaves-trace-on-californian-wines/

………………………………………………………………………………………

 ◎ カナダ・グローブ&メール紙:French researchers discover Fukushima nuclear imprint in California wine
 (21日付け)⇒ 
https://www.theglobeandmail.com/world/article-french-researches-discover-fukushima-nuclear-imprint-in-california/?cmpid=rss

………………………………………………………………………………………

 ◎ レジスター(有力ネット・メディア):Fukushima reactors lend exotic nuclear finish to California's wines(フクシマの原子炉はカリフォルニアワインにエキゾチックな仕上げをした)
 (19日付け)⇒ 
https://www.theregister.co.uk/2018/07/19/fukushima_cesium_wine/

Posted by 大沼安史 at 06:42 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-22

〔東電グローバル原子力大災害 関連〕◇ 英国の「国家インフラ委員会(NIC)」が「再生可能エネルギー価格がますます成長力を強めている」と認定したことで、「原発」……「原子力のホワイト・エレファント」が「絶滅種」化 / 「フツーに経済的にあり得ない」 ―― ◎ 世界規模で展開する英国のオンライン投資、「アバンダンス・インヴェストメント」のブルース・デイヴィス代表が指摘

 ★ 「白い象」とは、「金のかかる厄介物」の意味。

 そんな、社会として「用済み」の「既得利権」に群がる安倍政権は、「死の灰・シロアリ政権」とでも言うべきか!

………………………………………………………………………………………

Screenshot12765

………………………………………………………………………………………

Screenshot12748

Screenshot12749

………………………………………………………………………………………

 ★ デイヴィス代表は、原発が「白象」化したことについて、「反原発派」がそう言っているのではなく、英国政府の専門家組織、The National Infrastructure Commission (NIC)から、そういう声が出てきた点に注目するよう求めている。

 いまや時代は、原発ではない、あたらしいエネルギー・インフラを必要とし、それが経済的にも実効あるものになっている。

 ゾンビ化した原発は廃棄しなければならない、と指摘しているわけだ。

 「原発は白い象」と聞かされ、われわれ日本人は、そんな悪いイメージがしないが、このディヴィスさんの文章を読んでいるうちに、死の灰にまみれた超巨大なシロアリの姿が目に浮かんで来た!

          *

 ★ 「アバンンダス・インヴェストメント」は、倫理的・社会的に有益な投資を進め、「緑の経済」づくりに努めるオンライン投資組織。
  ⇒ 
https://www.abundanceinvestment.com/
 (ウィキ)⇒ https://en.wikipedia.org/wiki/Abundance_Investment

………………………………………………………………………………………

 ・ The National Infrastructure Commission (NIC) is a group of eminent, independent experts whose long-term plan for developing UK infrastructure looks beyond short-term political concerns and provides a clear policy direction for government and investors about what the country needs to thrive and compete sustainably in the 21st century.

 Professor David Fisk CB, one of the commissioners, summed it up, “Falls in the prices of renewable technologies have made them increasingly viable as one of this country’s main sources of electrical power.

 ・ In other words, the sums on nuclear no longer add up when faced with the progress made in the economics of renewables - and the future potential for those trends to continue.

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ エコロジスト:White nuclear elephants move onto the endangered list
 (18日付け)⇒ 
https://theecologist.org/2018/jul/18/white-nuclear-elephants-move-endangered-list

………………………………………………………………………………………

 ◎ white elephant とは:[白象はタイでは神聖視され,飼うのに費用がかかったため,王が失脚させたいと思う臣下にわざと白象を贈ったことから]
  ⇒ 
https://ejje.weblio.jp/content/white+elephant 

Posted by 大沼安史 at 07:37 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-21

〔東電グローバル原子力大災害〕◇ ナパ・ヴァレーのカリフォルニア・ワインが、フクイチ放射能で汚染 / フランス研究チームが検出 / 3・11以前と比べ2倍のセシウム137 / 2011年産ワインから ―― ◎ FOXニュースが報道 ★ 「極微量」だそうだが、カリフォルニア・ワインからの検出だけに、インパクトは大きい。いよいよ「世紀の隠蔽」が剥げ落ちてきた。東電に対して、損害賠償請求もありうる。また「無主物」で通すのだろうか? 

Screenshot12731

Screenshot12732

Screenshot12734

………………………………………………………………………………………

Screenshot12737

 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ FOXニュース : Some Napa Valley wines contain traces of radioactive particles from Fukushima, study finds
 (21日付け) ⇒ 
http://www.foxnews.com/food-drink/2018/07/20/some-napa-valley-wines-contain-traces-radioactive-particles-from-fukushima-study-finds.html

 ・ French researchers recently discovered that some Northern California wines bottled around the time of the 2011 disaster at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant in Japan contain radioactive particles from the accident.

 ・ The researchers didn’t detect the cesium-137, a radioactive isotope, in the wine until they vaporized it and turned it into ash. At that point, the discovered the wine contained twice as much radioactive particles as the wines bottled before the nuclear disaster.

………………………………………………………………………………………

 ◎ フランス研究チームの論文
   ⇒ 
https://arxiv.org/ftp/arxiv/papers/1807/1807.04340.pdf

Screenshot12733

Posted by 大沼安史 at 07:28 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-20

〔東電原子力大災害〕◇ 太平洋の島国が史上最速で、100%ソーラーに変身へ その島国とは、パラオ! / 2019年末……ということは「来年末」に実現 重油輸入を全廃 ★ 安倍政権下、日本は極東の「死の灰に輝く、汚れた島国」になってしまった! フクイチ・トリチウム汚染水の太平洋投棄が始まったら、パラオをはじめ太平洋・環太平洋の諸国は、どんな反応をすることだろう?

〔★は大沼〕 ◎ This island nation is making the fastest-ever shift to renewables
 (17日付け)⇒ https://www.fastcompany.com/90203041/this-island-nation-is-making-the-fastest-ever-shift-to-renewables

………………………………………………………………………………………

Screenshot12718

Screenshot12719

Posted by 大沼安史 at 07:55 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-19

〔東電原子力大災害〕(重要)〔めげ猫「タマ」の日記〕◇ 海開きが行なわれてた四倉海水浴場(福島県いわき市)、「全ベータ濃度 これまでは1リットル当たり0.02ベクレル程度だったのが、今年は0.06ベクレルに跳ね上がり、過去最高を記録」  ★ これでトリチウム汚染水、大放出が加わったら、どうなるのか?

〔★は大沼〕 ◎ 福島海開き、キャンペーンクルーが逃げ出した!
 (16日付け)⇒ 
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-2587.html
 http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/131.html

………………………………………………………………………………………

Screenshot12675

Screenshot12674

Posted by 大沼安史 at 08:24 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-18

〔東電原子力大災害〕◇ 舞い上がるプルトニウム・ダスト! ★ プルトニウム汚染がクリーンナップ作業を阻んでいる米国の「ハンフォード」核施設は、MOX爆発が起きた3号機を含む「フクイチ」核惨事現場の未来図かも知れない  ―― ◎ ロサンゼルス・タイムズの詳細レポートで、廃炉作業の困難さ、浮き彫りに ★ 「非熟練作業員を防護対策も不十分なまま投入して先を急ぐギャンブルに失敗」との批判も! 「プルトニム検査キット」も渡されなかった作業員も!……フクイチでは渡しているの?

Screenshot12658

………………………………………………………………………………………

 ★ ハンフォードの労働組合によると、組合として放射能に汚染された設備のそばで作業する健康リスクについては受け入れることができるが、防護マスクを外してランチを食べたり、車で帰宅途中に、プルトニウムなどを摂取することに同意した覚えはないという。

 これは盲点かも知れない。「現場外被曝」のリスクにも十分、警戒する必要があるわけだ。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ LAT ; Contamination from a nuclear cleanup forced a shutdown. Investigators want to know who is responsible
 (4月16日付け)⇒ 
http://www.latimes.com/nation/la-na-hanford-plutonium-exposure-20180330-story.html#

……………………………………………………………………………………… 

 ・ Tom Carpenter, executive director of the watchdog group Hanford Challenge, asserts that the demolition project used too many unskilled workers, attempted to do the work too fast and failed to adopt known safety measures that would have helped contain the contamination.

 "They took shortcuts and stupid risks," Carpenter said. "They gambled and lost."

 ・ "It is very upsetting because they don't [care]," said one exposed worker who would speak only on condition of anonymity out of fear of retaliation. He said he was not given a kit to test for plutonium exposure until he asked for one in early December.

 "They have no clue how I was exposed," he said. "I look at it down the road and am mentally worried about it. It is emitting energy into my bones. Plus it is a poison. My wife is worried. My kids listen to the news and know what happened. I have to put it off in front of them as no big deal."

 ・ One of those facilities, known as 324 Building, was used to extract plutonium from spent fuel, said Robert Alvarez, a former assistant secretary of Energy and a longtime critic of the cleanup. The facility has civilian waste from Germany, sent as part of a research project, as well as large amounts of radioactive waste that was placed in unlined burial pits, he said. Records of what lies in the pits were destroyed in 1988, he said.

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連参考 福島原発の除染作業に外国人実習生、4社で発覚 法務省調査
 (13日付け)⇒ 
http://www.afpbb.com/articles/-/3182410

 ・ 法務省は、外国人実習生を除染作業に従事させていた4社のうち1社に対し、実習生受け入れの5年間停止処分を科した。残る3社で何人の実習生が除染に関わったかを引き続き調べている。また9月末までに、さらに820社について調査する予定。

Posted by 大沼安史 at 09:24 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-17

〔東電原子力大災害 関連〕◇ フィラデルフィアの北西45キロにある「ライムリック原発」の半径16キロ圏に生活・勤労・通学している全員に、ことしも地元郡当局が安定ヨウ素剤を無料配布 ◎ 同原発は「サナトガ断層」の上に立地していると、住民から指摘されている。フクイチと同じ沸騰水型。毎年の配布は、有効期限が切れるからだが、日本では安定ヨウ素剤の1年後との定期更新配布が行なわれているのだろうか?

Screenshot12643

Screenshot12642

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ Residents Near Limerick Nuclear Plant To Receive Potassium Iodide
 (11日付け)⇒ 
https://patch.com/pennsylvania/limerick/residents-near-limerick-nuclear-plant-receive-potassium-iodide

 ・ Potassium iodide is distributed each year to residents. In the event of a radiological emergency at the Limerick Station, the tablets would protect the thyroid gland against harmful radioactive iodine, officials said.

………………………………………………………………………………………

 ◎ People in Limerick nuclear power plant threat zone urged to re-up on anti-radiation pills
 (13日付け)⇒ 
https://www.phillyvoice.com/health-department-forewarns-montgomery-county-residents-expiration-anti-radiation-tablets/

 ・ According to the Montgomery County department, the pills that were handed out in the county's most recent distribution are set to expire starting this month and in June. Officials are encouraging people in the threat zone to visit the Pottstown Health Center to get a new dose and to dispose of the outdated medication.

Screenshot12644

………………………………………………………………………………………

 ◎ Limerick should be one of the first nuke plants to close
  (2014年3月30日付け)⇒ Limerick should be one of the first nuke plants to close

 ・ Last month, we found Bechtel’s 1974 report on the “Treatment of Fracture Zones” at Limerick. A diagram shows Sanatoga Fault zone fractures running directly under a Limerick reactor. Photos show portions of the fault being filled with cement to level the surface so the plant could be built on top.

Posted by 大沼安史 at 04:56 午後 | | トラックバック (0)

2018-07-16

〔東電原子力大災害〕◇ 7月9日夜のフクイチ・ウォッチング / 午後9時49分 2号機の(海側の)上空に、緑の「閃光(スパーク」」! / そして、まるで偵察・観測でもするように、海側上空を、オレンジの光が北から南に移動 / さらに、1・2号機建屋の間に覗くフクイチ港付近の海上で、白い発光現象 ★ この場面をスクショ・公開した米国のウォッチャーは、この白い光を満月の光の反射とみているが、海面に漂う蒸気が映し出された現象かもしれない。それにしても、時々観察される「海上の空を移動するオレンジの光」は何だ!?

〔★は大沼〕 ◎ #6 WEBCAM July 2018 the Cafe Rad Lab Forum
 ⇒ 
http://caferadlab.com/thread-2510.html 

………………………………………………………………………………………

Screenshot12598

………………………………………………………………………………………

Screenshot12599

………………………………………………………………………………………

Screenshot12601

Screenshot12602

Posted by 大沼安史 at 07:20 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-14

〔東電原子力大災害〕 ◇ 安倍政権がフクイチ・トリチウムの海洋投棄など大放出を画策 ★ オウム大量処刑、カジノ強行、豪雨被災地「宴会黙殺」のあとは、「東北の海」へフクイチ放射能液処分! 倒閣はいまや「日本の悲願」となった!

 ◆ 福島第1原発  トリチウム水で公聴会 処分巡り福島などで https://mainichi.jp/articles/20180714/k00/00m/040/044000c 「敷地には処理水約107万トンをためたタンク約880基が建ち並び、『敷地内のタンク増設には限界がある』」★ ならば、タンク「用地」を拡大すればいいだけの話だ!

 ◎ ツイート・スレッド ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/1017918827030384640

          *

 ◇ 日本在住の作家、ミカエフェリエさんはこうも書いている。「。「フクイチ、それは永遠に、死の息を吐きつづけ、体液をまき散らていく怪物。それは、地に、天に、海に呪われたものだ(Elle est maudite dans la terre,dans le ciel et dans la mer.)」★ フクイチ汚染水は原子炉廃墟のおぞましい体液だ! 女性を気絶させ強姦するように、太平洋の海をレイプしてはならない。

………………………………………………………………………………………

Screenshot12559

 そもそも東電が福島県、双葉・大熊の両町と結んだ「廃炉安全確保協定書」には、発電所から出る「液体」「気体」その他は「管理」することが明確に規定されている(14条)。汚染水海洋投棄は「処分」であって「管理」ではない!
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/160877.pdf https://twitter.com/BOOgandhi/status/1017907443798437888 

Posted by 大沼安史 at 09:18 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-13

〔「美しい国」に、「核兵器」は――「兵器級プルトニウム」は、いらない〕◇ 《 「朝鮮半島非核化」の動き、さらには米ポンペオ国務長官が、イランだけでなくサウジアラビア、アラブ首長国連邦による「プルトニウム再処理」への(米トランプ政権としての)「反対」を鮮明にしたことは、安倍政権が「六ヶ所」でのプルトニウム再処理プロジェクトを終了する重要性を明確に示すものだ! 》―― ◎ 米国の専門家2人が『核科学者報』で指摘 ★ 「核武装」にこだわり続ける安倍政権への包囲網、狭まる!

Screenshot12515

………………………………………………………………………………………

Screenshot12516

………………………………………………………………………………………

 ★ ポンペオ国務長官が5月段階で、「湾岸・イラン非核化」を明言していた、とは知らなかった!

 「朝鮮半島非核化」は、「湾岸・イラン非核化」とも連動するものだった。

          *

 ★ 安倍政権がいくらサウジなどに「日の丸原子炉(プルトニウム製造機)」を売り込もうとしても、最初から無理な状況が出来上がっていたのだ。

 その流れをいち早く、知っていたから、イスラエルのネヤニヤフは、安倍夫妻を「靴のデザート」で「歓迎」し、愚弄・嘲笑したわけか?

 
………………………………………………………………………………………

 ・ The recent Korean summits emphasizing denuclearization and Secretary Pompeo’s recent stand against reprocessing in the United Arab Emirates, Saudi Arabia, and Iran are steps in the right direction. They underline the importance of Japan ending its reprocessing.

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ Make US-Japanese nuclear cooperation stable again: End reprocessing
 (6月27日付け)⇒ 
https://thebulletin.org/2018/06/make-us-japanese-nuclear-cooperation-stable-again-end-reprocessing/#.WzrBiSljSkM.twitter

          *

 ◎ 関連 VOAインタビュー : VOA Persian Interview: Secretary of State Pompeo on Iran
 (5月25日付け)⇒ 
https://www.voanews.com/a/voa-persian-interview-secretary-of-state-pompeo-on-iran-/4410116.html

 ・ Pompeo : So it is. With respect to the use of nuclear material in Iran, just as we have in Saudi Arabia, just as we did with the United Arab Emirates, we don’t believe it’s appropriate for Iran to have the capacity to create fissile material, to enrich uranium or have a plutonium facility. If they want a peaceful nuclear energy program, fine, but they could import that material. 

Posted by 大沼安史 at 09:03 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-12

〔東電原子力大災害〕◇ フクイチからは(プルーム放射能雲だけでなく)「直達・高放射線量微塵」が発射されていた! 2号機ブローアウトパネルからも! ◎ 画像解析の第一人者、岩田清さんが突き止める! ★ 双葉町の放置家屋内での着用マスクから、放射能比により「2号機」から放出されたとみられる「非球状/混成・放射性セシウム」微粒子が見つかっているが、これも岩田さんの言う「直達微塵」なのか! 「フクイチ放射能ミクロ・ダート弾」直達問題、浮上!

 ★ (書き込みは大沼)

Screenshot12492

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ 岩田清さん、ツイッター報告

  ◇ 2号原子炉建屋のブローアウトパネル窓から噴出した白煙は、実は煙ではなく高放射線量微塵だったのです。
  ⇒ 
https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1016261614431961088

          ■

  ◇ 爆発300㍉秒後。2号原子炉建屋のブローアウトパネル窓は、200㍉秒前には既に開いていて白煙が出ている事は「17」の画面で此の白煙の大半が南南東の風で左側に吹飛ばされている事で確認できるが、噴出す勢いが増して、風に逆らって右側に飛び出す「噴出し本体」が確認できる。
  ⇒ https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/1016073437922537472

Screenshot12493

 

 

        ■

 ◇ 黄色の円内中央の白い物質は、1号機ではなく2号機原子炉建屋の爆発で開いたブローアウトパネル窓から飛び出して南風に逆らって黄色の矢印(=東南)方向に「直達」した「高放射線量微粒の塊」。
  ⇒ 
https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/979273756014030848/photo/1

 

………………………………………………………………………………………

 ◎ 本ブログ既報: 2017-06-30〔フクイチ・メガ核惨事〕◇「フクイチ」の北西、直線距離2・11キロの双葉、町の家屋内での清掃作業中、着用していたマスクから、6.6~12ミクロンサイズの微少な「非球状/混成・放射性セシウム」(Non-spherical heterogeneous radiocesium-bearing particles)体を3個、検出! /放射能比から「2号機」放出の可能性 /2016年10月26日に採取 / これまで未確認の混成構造を初確認!――◎東大・東北大・産業技術総合研の研究チームが国際学術誌で論文発表
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/06/non-spherical-h.html

 ・ ★ すでに知られていた「セシウム・ボール」という球状の微粒子と、構成は同じながら、非球状でヘテロジェニアスな混成構造を持った、新たなタイプのものが見つかった。

 それも、事故後、5年7か月、放置されていた家屋の室内での着用マスクから!

 球状ではない?!……ということは、プルーム拡散によるものではなく、爆発による 「水平直達型(弾丸タイプ)」 のものではないか? もちろん、あくまで推測だが……

 

………………………………………………………………………………………

Posted by 大沼安史 at 07:25 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-11

〔東電原子力大災害 フクイチ核活火山の今〕◇ 雨上がり、8日早朝から昼前にかけ、濛々とした蒸気を断続的に噴き上げ、一時は視界ほぼゼロ状態に! これがいわゆる放射能トリチウム霧か! 米国のウォッチャーが東電ライブカメラ映像をスクショ公開! ★ 雨が降ると、地下の溶融核燃の崩壊熱で、放射能蒸気を噴き上げる、フクイチ! 風下は当然ながら被曝を余儀なくされる。もはやチェルノブイリのように気密大ドームですっぽり覆うしかないのではないか?

Screenshot12476

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ #5 WEBCAM July 201 / the Cafe Rad Lab Forum
  ⇒ 
http://caferadlab.com/thread-2510.html 

………………………………………………………………………………………

 【8日午前4時6分00秒】

Screenshot12468

………………………………………………………………………………………

 【8日午前4時6分40秒】

Screenshot12469

………………………………………………………………………………………

 【8日午前4時10分00秒】

Screenshot12470

………………………………………………………………………………………

 【8日午前4時10分40秒】

Screenshot12471

………………………………………………………………………………………

 【8日午前7時46分07秒】

Screenshot12472

………………………………………………………………………………………

 【8日午前7時46分47秒】

Screenshot12473

………………………………………………………………………………………

 【8日午前11時58分10秒】

Screenshot12474

………………………………………………………………………………………

 【8日午前11時59分00秒】

Screenshot12475

………………………………………………………………………………………

Posted by 大沼安史 at 01:33 午後 | | トラックバック (0)

〔福島原子力大災害〕◇ 「安倍とブッシュの密約で、米国から運び込まれた16トンの核弾頭(コア)は、ブローカー役のイスラエルに中抜きされた劣悪なものだった。このため経産省の傘下にある日本の核開発者は、フクイチでウラニウム核燃料を濃縮するしか選択肢がなくなった」―― ★ そして、運命の「3・11」に遭遇……『ジャパンタイムズ・ウイークリー』元エディターの島津洋一さんが2011年秋に発表した深層レポートは、いまなお衝撃的な破壊力を秘めている。「4号機」の爆発疑惑を解明するためにも、事実関係の検証が求められる

Screenshot12464

………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ◎ A Rense World Exclusive : 島津洋一(Yoichi Shimatsu)さん Secret US-Israeli Nuke Transfers  Led To Fukushima Blasts
 (2011年10月2日付け)⇒ 
https://rense.com//general94/secbb.htm

………………………………………………………………………………………

 ★ 「島津レポート」は、

 ・ 「安倍首相と経産省は日本国憲法に違反し、ずさんな貯蔵・濃縮・抽出のリスクを無謀にも顧みないで、兵器級の核物質を調達した」

 ・ 「フクシマの核惨事は、つまらない一人の独裁者に対する人権侵害の告訴にとどまらない。ニュルンベルクや東京裁判に匹敵する人道に反する犯罪だ」

 ・ 「関係する3当事者(アメリカ、イスラエル、日本)の中で、どこが最も罪深いのか? 3ヵ国とも、地域規模における大量殺人、傷害、資産破壊の罪を犯しており、国際法および各々の司法において、刑事訴追と損害賠償の義務がある」

 ―― と指摘している。

………………………………………………………………………………………

          *

 ★ もし、これが事実であるとすれば、フクイチ核惨事は、もとをただせば、一人の政治家が招いた人災の側面を持つことになるが、「島津レポート」は、日本側が国連、パレスチナの権利を支援する報復を行なったことに対し、イスラエル情報機関が反撃し、フクイチ(を含む日本の核施設)にStuxnetウイルスを送り込んでいたため、「3・11」があのような破局的事態を迎えた、とも指摘している。

          *

 ★ 「島津レポート」によれば、16トンの購入代金は、日本側が返金を求めたが、支払われなかったという。

          *

 ★ この「島津レポート」で、わたしが注目するのは、米国防総省(ペンタゴン)が、日本の核武装を阻む最大の障害になっているとの指摘である。

 そこで、ブッシュ政権は米エネルギー省ルートで、有効期限の切れた核弾頭を保存しているテキサス州の「パンテックス」から、「横流し」する方法を採らざるを得なかった、とされる。

 The chief obstacle to American acceptance of a nuclear-armed Japan was the Pentagon, where Pearl Harbor and Hiroshima remain as iconic symbols justifying American military supremacy.The only feasible channel for bilateral transfers then was through the civilian-run Department of Energy (DoE), which supervises the production of nuclear weapons.   

 日本の核武装に反対するペンタゴンとは、日本の核武装を阻止するペンタゴンでもあるだろう。

 トランプ政権が進める朝鮮半島非核化は、ペンタゴンの意向に沿って、日本の核武装解除を伴わざると得ない、と思われるのは、そのためである。

          *

 ★ 「島津レポート」によると、「安倍・ブッシュ密約」の発端は、2007年初め(2月20~22日)のチェニー副大統領の来日とされる。

 このときチェイニーは、久間防衛相との会見を拒んだが、日本の防衛省から米国のペンタゴンへの交渉内容の漏洩を危惧してのことと言われる。

 さて、これ以降の展開のなかで、わたしが注目するのは――これは「島津レポート」にはない部分だが――同年年3月25日には「能登半島地震」、同7月16日には「新潟県中越沖地震(原発事故画像解析の第一人者、岩田清さんによると、この地震の震源地については偽装工作が行なわれ、「沖合」ではなく、内陸の原発直下型だった)が立て続けて起きていることである。
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/06/238239-91c6.html

 それによって何が起きたか?

 岩田清さんが画像解析したところ、能登半島地震では志賀原発1号機が、中越地震では柏崎・刈羽原発1号機が、ともに定期点検中にもかかわらず、黒煙を噴出したり建屋屋上が焼け焦げたりする事故を起こしていた。

 定検中の原子炉を使った「内職」(プルトニウム密造)が、岩田さんによって疑われているわけだが、注目すべきは、いずれも近接地震によって作業が中断・阻止されていることである。

 ここから、次のような推測も導かれ得る。

 それは――安倍政権は内職による兵器級プルトニウムの生産をあきらめ、チャイニーが言ってきた、米日豪印の四ヵ国による北朝鮮・中国包囲網に参加するのと引き換えに、米国からの兵器級プルトニウム直接調達に踏み切ったのではないか、という観測である。

 そうして安倍首相は、ブッシュとのキャンプデービッド密談で調達交渉に成功した!(?)

 しかし、日本の核武装を認めないペンタゴンなどの勢力が動き、使える核弾頭コアをイスラエルが中抜きして、日本側の計画は頓挫!を余儀なくされる……(?)

 あきらめきれない日本側は、定期検査中のフクイチ4号機を使って兵器級プルトニムの製造を試みたが、ここでもなぜか大地震の直撃を受け、挫折!……(?)

 こうして見てくると――とくに3度も続けてタイミングよく地震が起きているところを見ると、志賀も柏崎も、フクイチも人工地震による攻撃を受けたのではないか、と疑いたくもなる。

 それどころか、日本側が禁断の核武装に向け、ドンキホーテのように突進し、そのたびに懲罰を受けたとのストーリーさえ浮上してくる。

 だとすれば、島津さんがレポートのなかで指摘しているように、「つまらない一人の独裁者」によって、日本はいま、フクイチ核惨事という「三度目の正直(?)」で、亡国の危機に追い込まれている、ことになる。

 それも、足元を見透かされ、ハメられて!!!?

 

          *

 ★ さて「島津レポート」で、島津洋一さんが依拠したのは、ワシントンの諜報機関情報筋(複数 according to intelligence sources in Washington )である。

 わたしは島津さんのこのレポートを、これまで何度か読み返し、日本および世界の政治状況と照らして、その真実性を、わたしなりに点検して来た。

 いまのわたしの暫定的な結論は――島津レポートは信憑性が高い、である。

 安倍首相は先のイスラエル訪問で、ネタニヤフ首相から会食で、「靴なめデザート」を出された。

 その屈辱的な扱いの意味を、わたしたち日本国民もまた、安倍夫妻同様、なんどもかみしめなければならない。

………………………………………………………………………………………

 

〔★は大沼〕 ◎ A Rense World Exclusive : 島津洋一(Yoichi Shimatsu)さん Secret US-Israeli Nuke Transfers  Led To Fukushima Blasts
 (2011年10月2日付け)⇒ 
https://rense.com//general94/secbb.htm

  安倍政権がブッシュとのキャンプ・デイヴィッド密約をもとに買い入れ、テキサス州の米政府核兵器貯蔵施設、「パンテックス」から、イスラエルがブローカ―役を果たして運び出された16トンの核弾頭は船積みされ、日本に送り出されたが、イズラエルがより新しい核弾頭のコアを抜き取り、濃縮を必要とする古いものを届けたことから、日本側が激怒、返金を求めたが、拒否される。

          *

◎ 「憂いの果てに」ブログ : 極秘のUS-イスラエルによる核兵器移動が福島の爆発をひきおこした(島津論文)
 ⇒ 
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-353.html

          *

◎ 島津レポート 英日対訳(佐藤荘太郎さんがyasuさんの訳をもとに加筆)
  ⇒ 
http://satouclk.jp/Shimatsu2011Oct02.pdf

Posted by 大沼安史 at 08:30 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-09

〔電磁波マインドコントロールの脅威〕◇ TVやパソコンのモニター画面を使い、イメージ(映像)パルスの照射で、視聴者の神経システムを操作も可能!/ サブリミナル強度/ 番組そのものに「埋め込める」ほか、オーバーラップも! ―― 2003年に米国で特許、成立 ★15年も前のこと。日本のテレビ放送には、何も仕込まれていないのか?

 ★ 余談だが、オウム大量処刑前後の、NHKの朝ドラ『半分、青い』が、不安を誘うようで嫌だった、という話を聞いた。

 物陰から、男が盗み見るような場面もあったそうだ。(テレビ観ない主義者なもので、観ていないで言っています)

………………………………………………………………………………………

Screenshot12419

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ グーグル・パテント Nervous system manipulation by electromagnetic fields from monitors
 (2003年1月14日、特許成立)⇒ 
https://patents.google.com/patent/US6506148

Screenshot12424

………………………………………………………………………………………

 
Abstract

 Physiological effects have been observed in a human subject in response to stimulation of the skin with weak electromagnetic fields that are pulsed with certain frequencies near ½ Hz or 2.4 Hz, such as to excite a sensory resonance.

 Many computer monitors and TV tubes, when displaying pulsed images, emit pulsed electromagnetic fields of sufficient amplitudes to cause such excitation.

  It is therefore possible to manipulate the nervous system of a subject by pulsing images displayed on a nearby computer monitor or TV set.

 For the latter, the image pulsing may be imbedded in the program material, or it may be overlaid by modulating a video stream, either as an RF signal or as a video signal.

 The image displayed on a computer monitor may be pulsed effectively by a simple computer program.

 For certain monitors, pulsed electromagnetic fields capable of exciting sensory resonances in nearby subjects may be generated even as the displayed images are pulsed with subliminal intensity.

Posted by 大沼安史 at 08:50 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

〔東電原子力大災害〕◆ フクイチは雨が降ると、死の灰が排水路を通じ、太平洋に流れ込む! 6日のK排水路、トリチウムが測定対象から外される / 2号機放水路・上流側サンプリングで同日、リットルあたり、セシウム合計4270ベクレル 全βは4800ベクレル 2号機下流側で、リットルあたり320ベクレルのトリチウム ★ 原発は「トイレなきマンション」と言われるが、しっかり垂れ流している! 東電は福島沖の太平洋の海を、「放射能・下水(未)処理場化」している!

Screenshot12422

Brg171222d_2

………………………………………………………………………………………

Screenshot12423

Screenshot12410

………………………………………………………………………………………

 ★ 政府・東電は、死の灰の混じった雨水を太平洋に垂れ流さない防護システムを早急に設置すべきである。

 回収して、タンクに貯蔵し、除染すればいいだけのことではないか!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 福島第一原子力発電所構内排水路分析結果(8日発表)
 ⇒ 
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2018/images3/drainage_180708-j.pdf

          *

 ◎ 福島第一原子力発電所構内1号機、2号機放水路サンプリング結果(6日採取)
 ⇒ 
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2018/images3/drain_1u2u_18070801-j.pdf

Posted by 大沼安史 at 08:18 午前 | | トラックバック (0)

〔北海道・旭川市で、国土交通省(旭川開建)が、忠別川河川敷に、こんな看板を設置〕◆ 「最近の毒物使用による殺人事件を踏まえ…異常を発見の場合、直ちに通報を」」! 忠別川(一級河川)のサイクリングロード(旭川赤十字病院から300m、右岸)に、こんな驚くべき「警告」が! / 市内の清掃会社にも、旭川市役所から、同様の警戒通達 ★ 集団ストーカー組織による毒物殺人のうわさも!

Screenshot12405

〔★は大沼〕 ◎ ツイッター・スレッド ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/1015866366694313984

Dhkvdwfv4aaq8pz

Posted by 大沼安史 at 06:46 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-08

〔国家権力内犯罪組織・宗教カルトによる電磁波民衆支配を許してはならない〕◇ 「リアルタイムのテレビ向け、サブリミナル音声・ビデオ処理」(1990)◆「音響デバイスを使った、ユーザーがすでに獲得している行動を変えるオーディオ示唆を、サブコンシャス・マインドに与える方法」(2013)―― ◎ 無意識操作の特許が、すでに確立している! ◎米NASA元エンジニアで、ご自身、電磁波攻撃にさらされている、リチャード・ライトハウスさんがEブック(無料)で指摘!

………………………………………………………………………………………

 ★ ここまで無意識操作テクノロジーが発達すると、テレビなどを使ったマインドコントロールは、すでに、この日本でも密かに実施されているいるのでは、と疑わざるを得ない!

 安倍政権に対する「(比較的)高支持率」の秘密も、この辺にあるのかも知れない!

………………………………………………………………………………………

Screenshot12403

……………………………………………………………………………………… 

〔★は大沼〕  ◎ リチャード・ライトハウスさんのサイト
  ⇒ 
https://www.rlighthouse.com/

 ◎ そのEブック(無料ダウンロード)のURL ⇒ https://www.rlighthouse.com/store/p46/3
https://www.rlighthouse.com/store/p46/34_Patents_on_Subliminal_Mind_Control.html

Screenshot12399

………………………………………………………………………………………

◎ ライトハウスさん関係 ツイログ ⇒ https://twilog.org/BOOgandhi/search?word=%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9&ao=a

………………………………………………………………………………………

 ◎ 本ブログ既報 2018-07-07〔国家権力内犯罪組織・宗教カルトによる電磁波民衆支配を許してはならない〕◇ 1998年2月時点の米政府機密文書に、「radiofrequency(無線周波数)directed energy(指向性エネルギー)」の記述 / マイクロ波ヒアリング(hearing 脳内音声送信)の「(人を)無能力化させる効果)」の議論も――◎ 米NASA元エンジニアで、自信、電磁波攻撃のターゲットにもされている、リチャード・ライトハウスさんがEブック(無料)で、情報自由法による2006年公開・機密文書の内容を紹介 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/07/radiofrequencyd.html

Posted by 大沼安史 at 11:13 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

〔東電原子力大災害〕◇ 6日午後2時ごろ(推定)、フクイチのMP7・ダストモニタが「警報設定値:(高警報)1×10-5 [Bq/cm3]」超え! ――「桑ちゃん」ツイッターで判明 / 東電の「報道関係各位一斉メール」には「警報発生」なし! ★ 東電のフクイチ管理・保守態勢が、どこか崩れかけているような気がする! 投げやり過ぎる?! 

Screenshot12390

Screenshot12391

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 「桑ちゃん」のツイート 
  (6日)⇒ https://twitter.com/namiekuwabara/status/1015216773728071680

Screenshot12393

………………………………………………………………………………………
 
 ◎ 東電 福島第一原子力発電所敷地境界付近でのダストモニタ計測状況
  ⇒ 
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/dustmonitor/index-j.html

………………………………………………………………………………………

 ◎ 東電 報道関係各位一斉メール
   ⇒ 
http://www.tepco.co.jp/press/mail/index-j.html

Screenshot12388

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 東電 :敷地境界のダストモニタについて ◆ 警報設定値:(高警報)ライン
 ⇒ 
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/decommissioning/committee/osensuitaisakuteam/2016/pdf/0128_3_6e.pdf

Screenshot12392

Posted by 大沼安史 at 09:43 午前 | | トラックバック (0)

〔東電原子力大災害〕◇ フクイチ原子炉から飛散した「放射性微粒子」、900~1000°Cまで加熱すると、微粒子に含まれる放射性セシウムが大気中に脱離 / 土壌に混ぜて過熱した場合、放射性セシウム、土壌に吸着 ―― ◎ 東大チームが確認し、国際学術誌に発表 ★ 放射性微粒子(セシウムボール)に汚染された廃棄物を焼却処分した場合、煙突から出た大気プルームで、風下一帯が「脱離セシウム再汚染」される、ということではないか? やはり焼却処分は危険だ!

Screenshot12383

 ◇ 加熱前(a)と加熱後(b)の放射性微粒子の電子顕微鏡像と、組成分析の結果(c)。加熱前後で形態は変化していないが、加熱後はCs、K、Clが消失している。

………………………………………………………………………………………

 ★ 研究チームはまた、「放射性微粒子を土壌に混ぜて加熱した場合、脱離した放射性セシウムは周囲の土壌粒子に吸着されること」も発見している。

 セシウムボールからフクイチ製の放射性セシウムを脱離できるができると分かったのだから、東電は被曝地でただちに回収に取りかかり、土に混ぜて過熱し、脱離セシウムで再汚染した土を貯蔵施設で貯蔵する作業に着手すべきである。

………………………………………………………………………………………

 
〔★は大沼〕  ◎ 東大理学部プレスリリース : 福島原発事故において原子炉から飛散した放射性微粒子は加熱により放射性セシウムが脱離することを発見 奥村大河(地球惑星科学専攻)特任研究員・小暮敏博(地球惑星科学専攻)教授・Noriko Yamaguchi・Terumi Dohi・Kazuki Iijima
 (6月26日付け)⇒ 
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2018/5954/

・ つまり、微粒子を加熱するとガラス内で構成元素が拡散し、放射性セシウムのようなアルカリ元素は表面から大気中に脱離してしまうため、微粒子には放射能がなくなることが示された。

 また、放射性微粒子を土壌に混ぜて加熱した場合、脱離した放射性セシウムは周囲の土壌粒子に吸着されることが明らかになった

          *

Screenshot12382_2

………………………………………………………………………………………

 ◎ 発表論文 : Loss of radioactivity in radiocesium-bearing microparticles emitted from the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant by heating
 ⇒ 
http://www.nature.com/articles/s41598-018-28087-5

Screenshot12384

Posted by 大沼安史 at 08:46 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-07

〔東電原子力大災害 4号機核燃プール〕◇ 米NRC・東京派遣チームが日本側に、ヘリを飛ばしてプールにノズルを挿入、ホース(パイプ?)をつないで海から海水注入を提案 / 装甲車両に鉛板をとりつけ、現場に突入し、ボルトを締めて接続 ――◎ H・ペンリーさんが『プルームゲート』で、NRC情報公開文書で突き止める ★ 火災・爆発前の時点での提案のようだ! 間に合わず、プルーム大放出となったわけか! 場当たり対応(失敗)明るみに!

 

 ★ わたしは、フクイチの核燃プール防火・消火態勢に不備があったのではないか、と考えている。

 是非とも再検証してもらいたいところだ!

………………………………………………………………………………………

Screenshot12357

………………………………………………………………………………………

Screenshot12358_2

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ H・ペンリーさんが『プルームゲート』
 (24頁)⇒ 
https://hatrickpenry.files.wordpress.com/2014/05/something-wicked-this-way-comes-the-story-of-plume-gate-the-worlds-largest-provable-cover-up-updated-on1.pdf

Screenshot12359

………………………………………………………………………………………

 ◎ 参考 2011-12-03〔☆フクシマ・NEWS〕 世界的な調査報道ジャーナリスト、G・パラスト記者 フクイチ暴露 第2弾 火災抑制システム 機能せず 何者かがデータを偽造し、IAEAの国際基準を骨抜きに
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/12/post-262e.html

Df7ulhpucaaomui_2

          *

 ◎ 関連ツイート ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/1008476719110545409/photo/1

Dfukiybueaax1_h

Posted by 大沼安史 at 10:02 午前 | | トラックバック (0)

〔国家権力内犯罪組織・宗教カルトによる電磁波民衆支配を許してはならない〕◇ 1998年2月時点の米政府機密文書に、「radiofrequency(無線周波数)directed energy(指向性エネルギー)」の記述 / マイクロ波ヒアリング(hearing 脳内音声送信)の「(人を)無能力化させる効果)」の議論も――◎ 米NASA元エンジニアで、ご自身、電磁波攻撃のターゲットにもされている、リチャード・ライトハウスさんがEブック(無料)で、情報自由法による2006年公開・機密文書の内容を紹介 

Screenshot12352

Screenshot12353_2

………………………………………………………………………………………

Screenshot12354

………………………………………………………………………………………

 ★ マイクロ波脳内送信は日本でも1980年代前半から、北海道(など)で実験が開始されていたらしい。

 (1998年時点の機密文書が)2006年に機密解除で公開!――ということは、よほどアウトデイティドなものであるからだろう。

 2018年のいま、軍事級の電磁波テクはどこまでエスカレートしているのだろう?

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ リチャード・ライトハウスさんのサイト
  ⇒ 
https://www.rlighthouse.com/

 ◎ そのEブックのURL ⇒ https://www.rlighthouse.com/store/p46/34_Patents_on_Subliminal_Mind_Control.html

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連ツイート https://twitter.com/BOOgandhi/status/1014646824718643200/photo/1

Posted by 大沼安史 at 09:17 午前 4.電磁波被曝問題 | | トラックバック (0)

2018-07-06

〔東電原子力大災害〕◇ フランス国民議会の原発安全保障調査委員会の一行が、フクイチを視察! バルバラ・ポンピリ委員長が視察後の結論を、ツイッターで報告! 「最も重要な教訓は、あり得ないことは起きないと、決して信じではならないことです。確信に依拠せず、わたしたちは準備しなければなりません」★ 大飯原発・控訴審で「原発の危険性は社会通念上、無視しうる程度にまで管理・統制されている」との‘妄想判決’を下した裁判官に聞かせてやりたい、理性的な言葉だ!

Screenshot12327

Screenshot12331

………………………………………………………………………………………

 ★ ところで、フランス議会調査委員会の視察を、東電は日本のメディアに知らせなかったのだろうか?

 日本のメディアに、視察後、感想を訊かれたら、ポンピリ委員長はきっと、同じような判断を示したことだろう?

 あり得ないことが起きたのに、もう二度とあり得ないといって、再稼働に驀進する安倍政権。

 ポンピリ委員長はツイッターで、「日本人は無敗感覚を持っていた(ので、フクイチを起こした)。それと同じものを、わたしたちは今、持っている」と続けていたが、その「日本人の無敗感覚」は、過去において一定の間、継続していたもの(半過去)ではまったくなく、安倍政権下、今現在進行形のものだ。

          *

 ★ それにしても……フランスの国会から調査委が、はるばるフクイチまで視にきているのに、日本の国会は何をしているのだろう?

 すぐにも第二事故調を設置し、真相究明と抜本対策に乗り出すべき時期なのに。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ フィナンシャル・タイムズ : French call for nuclear safety improvements
 (5日付け)⇒ 
https://www.ft.com/content/347980d2-8067-11e8-bc55-50daf11b720d

 ◎ Barbara Pompili委員長のツイート
 (5日付け)⇒ 
https://twitter.com/barbarapompili/status/1014836761921511425

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 : 毎日新聞 : 大飯原発控訴審 差し止め取り消し 「危険性無視しうる」
 (4日付け)⇒ 
https://mainichi.jp/articles/20180705/k00/00m/040/120000c

Screenshot12329

Posted by 大沼安史 at 08:29 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-05

〔東電原子力大災害 4号機核燃プール〕◇ 米NRC=3・16時点でのフクイチ・「重要」報告メールで判明 ―― ◆ 4号機の状況、悪化! 核燃プールの冷却水、失われる(SFP water inventory is lost.) / 4号機の高線量、突入を阻む / 750人ほど作業員は撤退、残留した50人も退避 ★ 4号機SFP空焚きは、この時点ですでに認識されていた! 東電は風下住民になぜ警報を発しなかったのだろう?

Screenshot12290

………………………………………………………………………………………
 
 ★ 先日、お亡くなりになった浪江町の馬場有町長も、当時、避難町民を率い、津島地区に避難して被曝された方だ。

 あのSPEEDI予測も「封印」され、馬場町長のもとに届かなかった。

 4号機SFPの核燃が空焚きとは、猛烈な放射能プルームの大気直接放出を意味し、風下を直撃汚染する。

 東電はなぜ、NHKラジオなどを通じ警告しなかったのだろう?

 この点もまた、いずれ開かれるであろう「フクシマ国際法廷」で追及・訴追されるべきことだろう。

………………………………………………………………………………………
〔★は大沼〕  ◎ ハトリック・ペンリーさん、『プルーム・ゲート』
 (50頁)⇒ 
https://hatrickpenry.files.wordpress.com/2013/08/95-sfp-down-to-50-percent.png

Screenshot12289

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 2011-11-09 〔フクシマ・NEWS〕 河北新報が、見殺し被曝の「津島の悲劇」を検証報道 「証言/高線量地と知らず避難/福島・浪江 沿岸部住民8000人」 福島県庁 SPEEDIメール「気付かず」 取り寄せたファクスも「公表見送り」
⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/11/post-b7a9.html

 ・ 放射性物質は風で津島地区のある北西方向に運ばれた。2~4号機が爆発した14、15日は雨と雪に見舞われ、放射性物質を付着させながら降り注いだ。

 避難者は自分が放射性物質に襲われることを認識できないでいた。「国や東電から何の情報も来なかった」(馬場町長)からだ。

 ・ (浪江町)避難者が情報の枠外に置かれたまま、津島地区の放射線量は見る見る上がった。文部科学省が15日夜に津島地区で測ったモニタリングカーの計器は毎時270~330マイクロシーベルトを指し示していた。 ……
 

Posted by 大沼安史 at 09:36 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-04

〔東電原子力大災害〕◇ フクイチ・K排水路 雨の6月20日(降雨量17.5mm/日)、トリチウム140ベクレル/リットルを雨排水から検出! / 大雨の翌日の21日、セシウム137(83ベクレル/リットル)、全β(120同)――と検出値が急カーブを描いており、トリチウムもまた増大が予想されるのに、東電、なぜかトリチウムを「測定対象外」に! ★ こういうやり方では検出値そのものの信憑性さえ疑られても仕方あるまい。太平洋に「死の灰雨水」はこれまでどれだけ流入したことだろう!

〔★は大沼〕  ◎ 東電 福島第一原子力発電所構内排水路分析結果
 ⇒ 
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2018/images3/drainage_180703-j.pdf 

………………………………………………………………………………………

Screenshot12284

Posted by 大沼安史 at 05:27 午後 | | トラックバック (0)

〔福島原子力大災害 4号機使用済み核燃プール(SFP)〕◇ 4号機SFP: (2011年)3月15日―― 火災、爆発、プール沸騰の可能性 ◎ 米原子力規制委メール(2011/3/22付)がフクイチのSRP状況を報告 ★ くどいようだが、重要なことなので! フクイチの4SFPは火災を起こし、爆発していたのだ!

Screenshot12279

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ENEニュース : NRC March Email: Spent Fuel Pool No. 4 was likely dry enough to lead to catastrophic explosion — Structural damage to pool area known to exist — Pool leakage likely
 (2012年1月7日付け)⇒ 
http://enenews.com/nrc-spent-fuel-pool-4-dry-enough-lead-catastrophic-explosion-destroying-containment-pool-leakage-structural-damage-pool-area-exist-mar-29-foia

……………………………………………………………………………………… 

 ★ 上記メールの1週間後、3月29日のメールにも、Structural damage to pool area is known to exist,……(フール・エリアに構造的なダメージがあることが知られている)との記述ふがある。

 「4号機プールは完全に無事だった。だから、プールの使用済み核燃を運び出すことができたのだ」との「公式説明」はこんご再検証されねばなるまい。

Screenshot12281

………………………………………………………………………………………

 ◎ 東電の説明 ⇒ http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/removal/index-j.html

Screenshot12282

Posted by 大沼安史 at 04:53 午後 | | トラックバック (0)

2018-07-03

〔東電原子力大災害〕◇ フクイチのタンク貯蔵汚染水が、2014年11月半ばから、2ヵ月ちょっとで、なんと「22万トン」も消えてなくなっていた! 「50万トン以上」が「約28万トン」に、ほぼ半減! AP通信・NHKワールド報道を比較し、科学者集団による『AGRジャーナル』が問題提起 ★ 考えられるのはもちろん、単純計算で1日3000トン以上もの海洋投棄だ! 

Screenshot12231

               

Screenshot12232

………………………………………………………………………………………

 ★ CBC/AP通信の報道によれば、1979年、部分炉心溶融事故を起こした、米国のスリーマイル島原発事故で出た汚染水は、「1万トン」も行かなかった(9000トン、14年かけて蒸発処分)。

 その25倍もの汚染水、22万トンが、わずか72日間で消えたのだ!

 1日平均3056トンもの計算になる!

 政府・東電には説明責任があるだろう。

……………………………………………………………………………………… 

〔★は大沼〕 ◎ AGRジャーナル : HOW DID HALF OF THE STORED HIGHLY RADIOACTIVE WATER COMPLETELY DISAPPEAR? (貯蔵高度汚染水の半分も、いかにして完全消失したか?)
 (6月11日付け)⇒ 
http://www.agreenroadjournal.com/#!/2013/08/fukushima-thousands-of-storage-tanks.html

Screenshot12229

………………………………………………………………………………………

◎ カナダCBC/AP通信報道(2014年11月12日付け) : Japan's Fukushima cleanup 3 years on: little key work done / 2014年11月12日時点で、1000基近いタンクに50万トン以上の汚染水が貯蔵されている
 ⇒ 
http://www.cbc.ca/news/world/japan-s-fukushima-cleanup-3-years-on-little-key-work-done-1.2832270

 ・ Currently, more than 500,000 tons of radioactive water is being stored in nearly 1,000 large tanks which now cover most of the sprawling plant.

Screenshot12227

………………………………………………………………………………………

◎ NHKワールド (2015年1月23日付け): Treating wastewater making slow progress / 2015年1月15日現在、1000基のタンクに、28万トンの汚染水が貯蔵されている
 ⇒ 
http://www.fukushima-is-still-news.com/2015/01/wastewater-disposal-the-awesome-task.html

 ・ As of January 15th, around 280,000 tons were stored in 1,000 tanks. The plant has little room for more.

………………………………………………………………………………………

◎ 関連 2018-07-01〔東電原子力大災害〕◇ フクイチの汚染水貯蔵タンクは、「1200基」を超えたためしがない! 米国の科学者サイト「ARG]が指摘! いまごろ「6000基」あっても不思議ない……それでいて、汚染水タンクは満杯になる(だから海洋投棄しかない)と言い張っている! ★ 言われてみれば確かにそうだ。増えるどころか、2014年段階で「1200基」あったのが、昨年11月には「830基」に減っている! まさか、こっそり海に垂れ流ししているのでは?
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/07/post-12b1.html

Posted by 大沼安史 at 06:51 午前 | | トラックバック (0)

2018-07-02

〔東電原子力大災害〕◇ 東電が青森・東通原発の建設工事再開を宣言 東京オリンピックの2020年に工事を再スタート / ◎ 『ロシア・ツデー(RT)』(国際放送)が「フクシマ型原子炉」をさらに増設と、全世界に告知報道! ★ 原子力規制委の地質調査で、現場の破砕帯が活断層の疑いが強いとの結論が出ているのに、この強引さは何だ! 下北は戊辰戦争で会津藩士が追われた斗南の地。東電にこれ以上、「東北」をかき回し、その自然を収奪する資格はない!

Screenshot12225

Screenshot12224

………………………………………………………………………………………

 ★ 東電はどうしても原発を新設したいなら、自分たちのエリアである「関東」で新設するべきだ!

 鎌倉の由比ヶ浜あたりに社員保養所があるというが、そのあたりにつくればいいじゃないか!

 「死の灰発電所」を斗南の地に、東電がつくる!

 許し難い暴挙だ!

 斗南藩については ⇒ こちら

………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ RT : TEPCO aims to build more Fukushima-type nuclear reactors, vows to ‘excel in safety’ this time
 (1日付け)⇒ 
https://www.rt.com/news/431385-tepco-higashidori-nuclear-plant/

          *

◎ テレビ朝日 : 事故の反省どこへ? 東電「原発建設」を再開宣言(2018/06/30 10:56)
  ⇒ 
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000130709.html

 ・ 東京電力が「原発建設」の再開宣言です。建設計画が中断している青森県の東通原発について、小早川社長は建設再開に向けて地質調査に入ることを明らかにしました。

 東京電力HD・小早川智明社長:「本格的な地質調査をしていく。(建設着工は)2020年からスタートを一応考えている」
 青森県の東通原発は東日本大震災を受けて、建設が止まり、更地のままです。国のエネルギー基本計画でも、原発の新設や増設が明記されなかったなかで、東京電力は今回、原発の建設再開を明らかにしました。ただ、巨額の廃炉賠償費用を抱える東電単独で建設する余力はないため、他の電力会社と共同で行うことを呼びかけています。東電は今月半ば、福島第二原発の廃炉を表明したばかりでした。

………………………………………………………………………………………

◎ 関連 : 東通原発「活断層の可能性」=調査団5人が一致-規制委
 (2012年12月14日付け)⇒ 
http://grebe.my.coocan.jp/gz/articles2/entori/2012/12/14_dong_tong_yuan_fa_huo_duan_cengno_ke_neng_xingdiao_zha_tuanrenga_yi_zhigui_zhi_wei.html

 ・ 東北電力東通原発(青森県東通村)敷地内の亀裂(破砕帯)に活断層の疑いが指摘された問題で、原子力規制委員会の専門家調査団は14日の調査終了後に記者会見し、メンバーの5人全員が活断層の可能性を指摘した。

Posted by 大沼安史 at 05:54 午後 | | トラックバック (0)

2018-07-01

〔東電原子力大災害〕◇ フクイチの汚染水貯蔵タンクは、「1200基」を超えたためしがない! 米国の科学者サイト「ARG]が指摘! いまごろ「6000基」あっても不思議ない……それでいて、汚染水タンクは満杯になる(だから海洋投棄しかない)と言い張っている! ★ 言われてみれば確かにそうだ。増えるどころか、2014年段階で「1200基」あったのが、昨年11月には「830基」に減っている! まさか、こっそり海に垂れ流ししているのでは?

Screenshot12176

 ★ 東電はタンク用地がいずれなくなると騒いでいるが、周辺に用地を確保すればいいだけではないか?

 安倍政権は沖縄・辺野古の海を埋め立てる金があるなら、フクイチの海を埋め立てて、タンク増設用地をつくるべきだ。

 原発を推進した政府・自民党は、成田空港をつくるとき、農民の土地を強制収容で取り上げたではないか!

………………………………………………………………………………………

Screenshot12173

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕◎ A Green Road Journal : High Level Radioactive Liquid Waste Fukushima Storage Tanks With High Level Radioactive Water To Be Dumped Into Pacific Ocean / NUMBER OF TANKS HAS NOT INCREASED BEYOND 1,200 (汚染水貯蔵タンクは1200基を超えたためしがない)
 (6月11日付け) ⇒ 
http://www.agreenroadjournal.com/#!/2013/08/fukushima-thousands-of-storage-tanks.html 

Screenshot12174

………………………………………………………………………………………

◎ ナショナル・ジオグラフィック(1000基) : Latest Radioactive Leak at Fukushima: How Is It Different?
 (2013年8月22日付け)  ⇒ 
https://news.nationalgeographic.com/news/energy/2013/08/130821-fukushima-latest-leak-how-is-it-different/

 ・ The latest leak comes from one of the massive array of 1,000 above-ground storage tanks built inside the plant by TEPCO

          *

◎ ネイチャー・コム(1000基近く) : Nuclear error / There are now almost 1,000 storage tanks holding the used cooling water, which, despite treatment at a purification system, contains tritium and other harmful radionuclides. (1000基近くの貯蔵タンクがある。浄化……処理されたことになっているが、トリチウムほか危険な核種を含んでいる)
 (2013年9月3日付け)⇒ 
https://www.nature.com/news/nuclear-error-1.13667

          *

◎ 英紙ガーディアン(1200基) : Fukushima operator may have to dump contaminated water into Pacific / The plant has accumulated about 300,000 tonnes of contaminated water, which is being stored in 1,200 tanks occupying a large swath of the Fukushima Daiichi site.
 (2014年3月10日付け)⇒ 
https://www.theguardian.com/environment/2014/mar/10/fukushima-operator-dump-contaminated-water-pacific

          *

◎ 毎日新聞 (約1000基): 福島第1原発事故 廃炉への道「まだ1合目」 敷地内、全面マスク不要9割 作業環境は改善 / 汚染水をためたタンクは約1000基に上り、敷地を埋め尽くすほどの数だ。
 (2016年2月13日付け)⇒ 
https://mainichi.jp/articles/20160213/ddm/012/040/024000c

          *

◎ 毎日新聞 (1000基): 福島第1原発事故 汚染水、果てなき闘い タンク1000基、林立
 (2017年2月25日付け)⇒ 
https://mainichi.jp/articles/20170225/ddm/002/040/100000c

          *

◎ 毎日新聞 (830基)〔あと3、4年で敷地いっぱいに〕: 福島からの報告  /上 タンクぎっしり830基 第1原発、増え続ける汚染水処理水
 (2017年11月17日付け)⇒ 
https://mainichi.jp/articles/20171117/ddl/k32/040/404000c

 ・ 福島第1原発(福島県)の敷地内には汚染水の処理水が入ったタンク約830基が所狭しと並んでいた。同原発は約350万平方メートルと全国有数の広さだが、東京電力の担当者は「あと3、4年で敷地がいっぱいになる」と説明する。

 ・ 東京電力の担当者は「あと3、4年で(タンクの)敷地がいっぱいになる」と説明する。

          *

◎ 豪ABC(約900基) :Fukushima: A million tonnes of radioactive water still in storage after nuclear disaster
 (2017年11月25日付け)⇒ 
http://www.abc.net.au/news/2017-11-25/fukushima-million-tonnes-of-radioactive-water-still-in-storage/9193488

 ・ The water is being stored in about 900 large and densely packed tanks at the plant, ……

          *

◎ 福島民報 〔あと5、6年で、貯蔵タンク満杯に〕 : 5、6年でタンク満杯 東電・増田氏 第一原発の汚染水処理計画に注目
 (2018年3月5日付け)⇒ 
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2018/03/post_15869.html

 ・ 東京電力福島第一廃炉推進カンパニーの増田尚宏最高責任者は福島民報社のインタビューに応じ、汚染水が現状のまま増え続けた場合、5、6年後に構内の貯蔵タンクが満杯になるとの見解を明らかにした。

 ・ 増田氏は今後も構内でタンクを増設し、2020年までに計137万トン分を確保する計画だと説明した。ただ、構内の貯蔵量は100万トンを超えており、現在の一日当たりの汚染水発生量(渇水期)である150トンのペースで増えた場合、残り5~6年で許容量を超えると語った。
 その上で、「容量がいっぱいになるなら、その前に処理の仕方を決めなくてはならないと思う」と述べ、タンクのさらなる増設などの対応が必要との認識を示した。ただ、タンクを計137万トン以上に増やすには、既存の建物を撤去するなどして構内に新たなタンク置き場を確保する必要が生じる可能性もある。

Posted by 大沼安史 at 09:39 午前 | | トラックバック (0)