« 〔東電原子力大災害 4号機核燃プール〕◇ 米NRC・東京派遣チームが日本側に、ヘリを飛ばしてプールにノズルを挿入、ホース(パイプ?)をつないで海から海水注入を提案 / 装甲車両に鉛板をとりつけ、現場に突入し、ボルトを締めて接続 ――◎ H・ペンリーさんが『プルームゲート』で、NRC情報公開文書で突き止める ★ 火災・爆発前の時点での提案のようだ! 間に合わず、プルーム大放出となったわけか! 場当たり対応(失敗)明るみに! | トップページ | 〔東電原子力大災害〕◇ 6日午後2時ごろ(推定)、フクイチのMP7・ダストモニタが「警報設定値:(高警報)1×10-5 [Bq/cm3]」超え! ――「桑ちゃん」ツイッターで判明 / 東電の「報道関係各位一斉メール」には「警報発生」なし! ★ 東電のフクイチ管理・保守態勢が、どこか崩れかけているような気がする! 投げやり過ぎる?!  »

2018-07-08

〔東電原子力大災害〕◇ フクイチ原子炉から飛散した「放射性微粒子」、900~1000°Cまで加熱すると、微粒子に含まれる放射性セシウムが大気中に脱離 / 土壌に混ぜて過熱した場合、放射性セシウム、土壌に吸着 ―― ◎ 東大チームが確認し、国際学術誌に発表 ★ 放射性微粒子(セシウムボール)に汚染された廃棄物を焼却処分した場合、煙突から出た大気プルームで、風下一帯が「脱離セシウム再汚染」される、ということではないか? やはり焼却処分は危険だ!

Screenshot12383

 ◇ 加熱前(a)と加熱後(b)の放射性微粒子の電子顕微鏡像と、組成分析の結果(c)。加熱前後で形態は変化していないが、加熱後はCs、K、Clが消失している。

………………………………………………………………………………………

 ★ 研究チームはまた、「放射性微粒子を土壌に混ぜて加熱した場合、脱離した放射性セシウムは周囲の土壌粒子に吸着されること」も発見している。

 セシウムボールからフクイチ製の放射性セシウムを脱離できるができると分かったのだから、東電は被曝地でただちに回収に取りかかり、土に混ぜて過熱し、脱離セシウムで再汚染した土を貯蔵施設で貯蔵する作業に着手すべきである。

………………………………………………………………………………………

 
〔★は大沼〕  ◎ 東大理学部プレスリリース : 福島原発事故において原子炉から飛散した放射性微粒子は加熱により放射性セシウムが脱離することを発見 奥村大河(地球惑星科学専攻)特任研究員・小暮敏博(地球惑星科学専攻)教授・Noriko Yamaguchi・Terumi Dohi・Kazuki Iijima
 (6月26日付け)⇒ 
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2018/5954/

・ つまり、微粒子を加熱するとガラス内で構成元素が拡散し、放射性セシウムのようなアルカリ元素は表面から大気中に脱離してしまうため、微粒子には放射能がなくなることが示された。

 また、放射性微粒子を土壌に混ぜて加熱した場合、脱離した放射性セシウムは周囲の土壌粒子に吸着されることが明らかになった

          *

Screenshot12382_2

………………………………………………………………………………………

 ◎ 発表論文 : Loss of radioactivity in radiocesium-bearing microparticles emitted from the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant by heating
 ⇒ 
http://www.nature.com/articles/s41598-018-28087-5

Screenshot12384

Posted by 大沼安史 at 08:46 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66915215

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害〕◇ フクイチ原子炉から飛散した「放射性微粒子」、900~1000°Cまで加熱すると、微粒子に含まれる放射性セシウムが大気中に脱離 / 土壌に混ぜて過熱した場合、放射性セシウム、土壌に吸着 ―― ◎ 東大チームが確認し、国際学術誌に発表 ★ 放射性微粒子(セシウムボール)に汚染された廃棄物を焼却処分した場合、煙突から出た大気プルームで、風下一帯が「脱離セシウム再汚染」される、ということではないか? やはり焼却処分は危険だ!: