« 〔東電原子力大災害〕★ これが、情報開示された米NRC(原子力規制委)の電話会議録にある「フクイチ4号機SFP(使用済み核燃料プール)」の「空焚き」疑惑を裏付ける決定的な写真だ! ◇ 画像解析の第一人者、岩田清さんが発掘し、ツイッターで公開! ★ この黄色はウラン・イエローケーキの色ではないか! 国会は第二事故調を設置し、真相を究明すべきだ! | トップページ | 〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ⑩〕◇ 脳内送信は最初のうち「人間(送信者)」によるものだった。語彙の差で分かった。それがその後、「合成テレパシー(synthetic telepathy)」「AIによる拷問(AI-administered torture)に高度化した! »

2018-06-19

〔東電原子力大災害〕◇ フクイチから「60マイル(96キロ)圏内」のビーチの砂が放射能汚染 / 砂浜の下にも、汚染水、流れ込み ―― ◎米ウッズホール海洋研と金沢大学の研究チームが国際学術誌に発表 ★ わたしが20歳ごろまで泳いでいた仙台の荒浜も、もう汚染されてしまったか! 

Screenshot11779

Screenshot11778

………………………………………………………………………………………

Screenshot11780

 

………………………………………………………………………………………

 ★ フクイチ・トリチウム汚染水の海洋投棄が始まったら、東北や北関東のビーチは、安心して泳げなくなるのではないか!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ (再掲)Scientists find new source of radioactivity from Fukushima disaster
 (2017年10月2日付け)⇒ 
https://phys.org/news/2017-10-scientists-source-radioactivity-fukushima-disaster.html

 ・ Scientists have found a previously unsuspected place where radioactive material from the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant disaster has accumulated—in sands and brackish groundwater beneath beaches up to 60 miles away. The sands took up and retained radioactive cesium originating from the disaster in 2011 and have been slowly releasing it back to the ocean.

Posted by 大沼安史 at 01:48 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66847032

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害〕◇ フクイチから「60マイル(96キロ)圏内」のビーチの砂が放射能汚染 / 砂浜の下にも、汚染水、流れ込み ―― ◎米ウッズホール海洋研と金沢大学の研究チームが国際学術誌に発表 ★ わたしが20歳ごろまで泳いでいた仙台の荒浜も、もう汚染されてしまったか! :